bakaotoko さん プロフィール

  •  
bakaotokoさん: エイズノイローゼから生還して
ハンドル名bakaotoko さん
ブログタイトルエイズノイローゼから生還して
ブログURLhttp://bakaotoko55.blog.fc2.com/
サイト紹介文ごく普通の男だった僕がエイズノイローゼになって思い悩んだ二週間の記録です。
自由文自分とは無縁、そう思っているかつての僕のような人にぜひ読んでいただきたい。手遅れになる前に。ここにはエイズノイローゼについて、そしてHIVとAIDSの区別も知らなかった僕が必死で調べまくった情報も載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/10/15 19:05

bakaotoko さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 早ければ早いほどいい
  • 病気は早期発見早期治療が肝心と言います。もちろんエイズも同じです。未だにエイズは不治の病だから病院にいつ行っても同じ。むしろ行っても行かなくても同じ。そんな風に思っている方がいたら、お願いですから知ってください。感染初期での治療と進行してからの治療では、精神的・肉体的な辛さが全く違うんです。早ければ早いほどいい。それはもちろん感染の疑いがあるご本人のためでもあり、パートナー、あるいは家族のためで [続きを読む]
  • 誰にも知られたくない!なら
  • 「私はエイズです」あるいは「私はエイズにかかった可能性があります」このことを、「私はガンかもしれません」と同じように言うことは残念ながら未だに難しいかもしれません。実際に僕も検査をして結果が出るまでは家族・友人にすらひた隠しにしていました。検査結果が出るまでの二週間は世界から切り離されたような壮絶な孤独感を味わっていました。いったいなぜでしょうか。それは「エイズ」という響きが呼び起こす様々なイメ [続きを読む]
  • 検査体験記
  • 自治体が匿名で行っているものがあると聞いたことがありました。駅前のビルの割と閑散としたフロアーの一角が検査会場です。まず問診票を渡されます。心当たりがあった日、最近の性交渉、などの項目を埋めていきます。検査キットはこちらにほんブログ村 [続きを読む]
  • 人間性が表れる〜極限の日々に
  • エイズの疑惑に取り憑かれてから僕が一番に思ったこと。それは自分の健康、将来、保身、そんなことばかりでした。もっと普通の病気だったら同情もされただろう。なぜよりによってエイズなんだ?!なんて「人聞きが悪い」んだ!?真っ当な社会人として普段押し殺していた偏見が胸の奥から噴き出してきます。僕を信じてくれている彼女になんと言えばいいだろう。信用をなくしてしまうだろう。せっかく決まった結婚もダメになる。親 [続きを読む]
  • 神頼みのその先に
  • 結果が出るまで僕は情けなくも神様にまで祈りました。もし陰性だったらなんでもする。二度と感染が疑われるようなことはしないからどうか今回は、今回だけは陰性にしてほしい。あの時の真剣な気持ちを忘れるわけにはいきません。ノイローゼが原因とはいえ僕は二週間自分を見つめ直しました。自分の人生のこと、自分の大切な人のこと、失いたくないと思っているもの全て。陰性だったからと言ってその自分に向き合った時間を無駄に [続きを読む]
  • まるで生き地獄の日々
  • ようやく我に返って検査を受けてからも結果が出るまでの二週間は「生きた心地がしない」という気持ちをリアルに味わいました。結論から言えば僕は陰性でした。検査結果の封筒は封をしたまま本人に渡され、検査室のスタッフと机を挟んで向かい合う形で自分で封を切ります。恐る恐る結果の紙を取り出して陰性の二文字を見たときは安堵のあまり涙が出そうになりました。「今回??さんは陰性でした。でも心当たりあってこの検査を受 [続きを読む]
  • 何日も丸1日ネット情報ばかりチェックしていた
  • 「エイズ」この言葉に取り憑かれた僕の生活は一変しました。頭の中を無数の「心当たり」が飛び交いました。「独身のうちに悪いこともいいことも全てやっておこう」恥ずかしながらこんな考えを持っていた僕は相当やんちゃな暮らしをしてきた自覚があります。二十代後半に月に2回ほど通っていた風俗の女性が常連になってくれたから生でしていいよと(下品で申し訳ありません)言ってくれたのに思わず乗ってしまったことが一番に頭を [続きを読む]
  • 得体のしれない恐怖との遭遇
  • もしかしたらエイズかも知れない。そんな考えは頭から離れなくなったのは、ちょうど結婚が決まった春先のことです。突然前触れもなくだるくなり熱が出たのです。最初はプロポーズが成功して気が緩んだからかなと呑気に考えていました。ところがちょうどテレビをつけた時に「国内のエイズ患者が過去最高を記録」とのニュースが耳に飛び込んできたのです。その瞬間全身の毛穴から冷や汗が吹き出したように感じました。今思えばこれ [続きを読む]
  • SEXしたことがありますか?
  • SEXをしたことがありますか?もし答えがYesなら。これからお話しすることは無縁ではないかもしれません。これは、ごく普通の男だった僕がエイズノイローゼになって思い悩んだ二週間の記録です。結果は陰性でした。でもそれは偶然だったかもしれないのです。危機はすぐそこにありました。結果が出るまでの二週間はまさに生き地獄でした。それは人生観も変えてしまうような経験でした。これは、喉元過ぎて何もかもを忘れてしまうこ [続きを読む]
  • 過去の記事 …