ひろっさん さん プロフィール

  •  
ひろっさんさん: Fishing Boat Style - We are Coast Patrol
ハンドル名ひろっさん さん
ブログタイトルFishing Boat Style - We are Coast Patrol
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shoreline_express/
サイト紹介文2馬力船外機BF2Dでのミニボートのプチオフショア日記です。ルアーやジグでの釣り全般やってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/10/16 08:53

ひろっさん さんのブログ記事

  • 船舶検査を受けました
  • 昨日、マイボートの船舶検査を受けてきました。6年に1度の定期検査です。停泊している港へ日本小型船舶検査機構の検査官に来て頂いて、20分ほどで終わりました。ボート仲間からはすぐに終わるよと聞いていたので、法定装備品をデッキに並べて待ってました。検査項目を淡々と... [続きを読む]
  • 小遣い稼ぎで釣りの経費を補填
  • 「億り人」なんて言葉が使われて、怪しげだけどなんか興味を引く「仮想通貨」自分は恥ずかしながら、この歳になっても、株も為替も未経験でさっぱり判りません。周りの友達も仮想通貨をやってる人も無く、なんか儲かってる若者がいるらしいねという程度でした。そんな私が年末から、挑戦してみてます。サラリーマンですから、小遣いの範囲で釣りをしてますが、正直、小型船舶の維持費(停泊料)はきついです。これを仮想通貨で補填 [続きを読む]
  • 小型船舶と小型船舶免許の住所変更
  • 秋に引っ越しをしたんで、いろいろと住所変更の手続きをしていたんですが、船舶関係の住所変更は後回しなったままでした。3月までには、船検があるのと、PB(プレジャーボート)責任保険の更新があるんで、仕事を休んで日本小型船舶検査機構の各県の支部に行って手続きをすることにしました。郵送でも出来るみたいですが、自分は名義変更など自分で行ったので、今回は気楽に行けます。用意するものは  変更・移転登録申請書 ・・ [続きを読む]
  • 電動ジギング18'Playsの限界
  • 1月は正月に錦江湾のカンパチ狙いにいきまして、友人が8キロのカンパチを揚げましたが、自分はちっこいアラカブのみ。波乱の年の幕開けの予感か‥新年から仕事に追われ深夜帰宅の毎日で休日出勤まで、遊漁船の予約した日は時化で流れる。マイボートはずっと港の中です。それでも2月に入り、やっと遊漁船に乗れて、壱岐沖まで出る事ができました。冬の玄界灘は、凪の日がなかなか無く、凪予報でも朝はウネリが高く、やや船酔い。そ [続きを読む]
  • 電動寒ブリジギング(16’Plays3000)
  • さっそく、新しく買った電動リールをゼロドラゴンの電動リール専用竿に取り付けました。箱はダンボール生地のままで、廉価版といった感じが漂います(笑)リールの袋とかも付いて無いんですね。しかし、16’Plays3000を手にしてみると、そんな気持ちは吹っ飛びますね。自分は、年数回の釣行に使うだけの電動リールなので、上を見たら限が無いが、そんな気持ちを払拭させるようなスタイルを持っていると感じた。電源に関しては、金銭 [続きを読む]
  • 電動リールを買いました(16’PLAYS3000)
  • 先週は、いつも好意にさせてもらってる福岡市の遊漁船ナインブルーに乗って寒ブリジギングに行ってきました。玄界灘の寒ブリジギングは、七里ヶ曽根周りの水深100m以上を200gから300gのジグをしゃくります。でかい10kgオーバーのブリが魅力なんだけど、最初のひと流しが終わる頃には腕がパンパンになり、帰る頃には腕が上がらなくなるという副作用があり、年齢を重ねる度に限界を感じていました。しかし、釣りは魚と対等に戦うも [続きを読む]
  • マイボートのトイレ事情
  • 玄界灘の寒ブリで遊漁船をチャーターしていたんですが、見事に時化で欠航。急きょ、鹿児島錦江湾のカンパチジギングに仲間4人で行った時の話です。桜島のすぐそばのポイントは、水深10数メートルからすぐに水深90メートルになる玄界灘では味わえないポイントでジグの選択が判らづ苦戦してました。水面近くはハガツオも喰うという事でしたが、今回はカンパチ狙いでガチタックルでシャクリ倒します。午後便だったので、夕マズメにキ [続きを読む]
  • ホロフラッシュフックでアシストフックを自作
  • 先週の平日に、魔界に立ち寄ったら、クレージーオーシャンの新しいアシストフックが出てるんですね。アシストフックもツインの#2/0サイズになると1個500円する時代になったんですか…溜息が出ます。【メール便OK】【アシスト】クレイジーオーシャン:フラッシュアシストEX #2/...価格:970円(税込、送料別) (2017/11/16時点)早速、ハヤブサのホロフラッシュアシストフック(L)を買って帰りました。フックはハヤブサとオーシャ [続きを読む]
  • SRVに乗せてもらった
  • 久しぶりに海に浮かびます。今回は、マイボートを係留している港のお仲間のボートに便乗して沖に繰り出しました。ボートはヤマハSRV20、70馬力です。SRVは、ミニボートに乗る前から欲しかった船でした。      ※ヤマハ発動機(株)HPよりセンターウォークスルーで流線形を多用したデザインがかっこよく4人分の座席がセットされてて快適です。この日はウネリが残っていたのですが、流石、ウェイクボードに最適なボートなだけあ [続きを読む]
  • ブログタイトルを変更します。
  • 私のブログも3年目に入りました。皆様のおかげで26万ページも見て頂き、励みになっております。ホープのミニボートとホンダの2馬力船外機で始まったボートライフも、古いヤマハのU-19とスズキ40馬力を手に入れてstyleも変わってしまいブログタイトルと合わなくなってきました。2馬力のミニボートもまだ維持しており、遠征にも行くつもりですが、2馬力の記事が少なくなっているのも事実です。そこで、2馬力ボート「ショアライン」号 [続きを読む]
  • クーラーボックスをうまく運用して美味しく魚を食べる
  • 釣った魚を美味しく食べる事に目覚めた今年の夏は冷やすという事に気を使いました。私のボートにも生け簀が付いているのですが、サゴシなどの魚は生け簀に入れても直ぐに死んでしまいます。アラカブ、ヒラメなどは生け簀でも生きてますが、なるべく生け簀は開けたくない(燃費が悪くなるのと水抜きなどの掃除が面倒)2馬力のミニボートの時は、振動子を生け簀に取り付けていたので常時開けてましたが、速度を上げれば生け簀の水が [続きを読む]
  • グロー系ジグを買う時は蓄光チェック!
  • オフショアでのジギングにおけるグロー(蓄光)のカラーは、タチウオやナイトジギングなど限られた用途になるんで、ゼブラグローを使うぐらいというアングラーが多いだろう。また、使う時間も朝マズメが多く、光り方を実際に目で確かめてないとおもう。ナイトジギングに行った時に、ジグにライトを照らして蓄光させようとしたけど、光らないジグがあった。闇夜なら光ってるのが判るかなって程度。グロー(蓄光)を使うのは、暗い海 [続きを読む]
  • 時化の時は、次の準備を
  • 10月の北部九州は時化続きで、週末アングラーの私はマイボートどころか、遊漁船の予約をいれてても釣りに行けてません。ショアからの釣りをすればいいのですが、単独磯釣行をしないと家族に約束させられてからは、友人とのタイミングが合わず。先日の21号台風は、北部九州を大きくそれてくれたものの、波は立つと予想して係留ロープの補強や船底に溜まったビルジ(雨水)を抜いたりして台風に備えました。周りのプレジャーボートの [続きを読む]
  • ジグについて
  • 前回、ジギングロッドの話をしたので、今回はリールについて書こうと思ってましたが、今年シマノから良さげなリールが次々と発売されたので、もう少し後にしたいと思います。今回はジグの話。魔界(釣具店)には、昔と違ってたくさんのメーカーからいろんなジグが並んでますよね。正直、何を買っていいか判らなくなる。選択肢が多いのはいい事でしょうが、ビギナーは迷ってしまうでしょうね。すべてのジグを試して使いこむなんて無 [続きを読む]
  • 初めてのジギングロッドの選び方
  • 今年に入りマイボートの出船が22回となりました。この他遊漁船や友達の船に乗ってるので、月5回は海に浮かんでることになります。毎週のようにボート釣りをしていると、数を釣る事より如何にして釣るのかに興味がシフトしてきて、ロッドの数が増えてきつつあります。この頃、ビギナーの友達に、ジギングロッドはどれがいいのかアドバイスを求められるようになりました。まだまだ勉強中で、その友達に合うロッドをセレクトしてあげ [続きを読む]
  • ジグが凶器になる瞬間
  • 前回の釣行の際に、肝を冷やした事があった。サワラを掛け、船縁まで浮かせてきて、友人にタモ入れを頼んだ。たまたま、タモを持ってくれた友人はミヨシに居て、自分とその友人Aの間にもう一人友人Bがいて、丁度友人Bの目の前で採りこむ形になった。サワラがタモを嫌って暴れた時に、トレブルフックが外れて、ジグが友人Bの帽子のツバに飛んで行った。幸い怪我など無かったが、もし、顔や頭に当たったら、まして目に当たったらと思 [続きを読む]
  • 美味しく釣り魚を持ち帰るために
  • 博多湾周辺でも、サワラやコシナガマグロが跳ねるようになってきました。まだ残暑の残る海、せっかく釣った魚の処理を間違うと、味がまったく違うものになってしまいます。特にこの時期のハガツオ、サワラ(サゴシ)、シビ、コシナガなど、赤身の魚は処理のやり方が大切。ボートにイケスが付いてると、放り込んでしまいがちですが、この種の魚はイケスではすぐに死んでしまい、海水温も高いで、血が廻って刺身にしたときに臭みとな [続きを読む]
  • ドラゴン太刀魚を求め鹿児島遠征へ
  • 8月末と9月初めに2週連続で鹿児島に行ってきた。狙いは指10本のドラゴン。博多湾ではこの時期指3本がレギュラーサイズとなってしまい、なんとも面白さに欠ける。鹿児島の錦江湾では5キロオーバーが釣れると聞いて、行って来ました。夕マズメはハガツオがガンガン釣れる。OceanrulerのガンガンジグSLの80gゼブラグローがよくアタリました。ライトジギングロッドで遊んだんで小ぶりなハガツオでもロッドが折れそうなベントカーブを [続きを読む]
  • 意外と簡単、太刀魚の干物に挑戦。
  • 今年、太刀魚ジギングにかなりの回数出航したので、いろんな料理を試してみた。大きい脂の乗った太刀魚は炙りにするのがいい。 しかし、この頃の博多湾タチウオは、サイズが指3本ほどがメインになり、炙りにしても初夏のドラゴンのように脂が乗ってない。 充分おいしいんだけどね。あれを知ってしまうと(笑)天ぷらや唐揚げにはいいサイズなんだけど、ご近所にお配りするのも指3本は気が引ける(^_^;)数釣りは出来るので、去年から [続きを読む]
  • 太刀魚に噛まれる、牙に注意
  • この夏、ほぼ毎週末、博多湾にタチウオを釣りに出かけてます。もう終盤なんですかね、8月に入ってサイズが指3本前後に落ちてきて、いまいちテンションが上がりませんが、朝マズメの尺アジが釣れるんです。マルアジですが、じゅうぶん旨いです。この日も朝マズメからアジを釣って、太刀魚をパラパラと拾い釣りといった感じで遊んでました。ガーミンのおかげで、太刀魚の魚影はもちろん、活性の高さまで判るようになりました。「今 [続きを読む]
  • 簡単!ラインブレーカーを自作
  • 前回は友人の船で青物調査に出たのですが、お留守のようで、アコウとタチウオに遊んでもらいました。その日は風が強く船が2ノット程度で流されていて、ジグが根掛かりしたときラインが切れずに大変でした。シーバスの時はネオプルーン生地のノットサポーターで根掛かりも対応出来たし、締め具は別の市販品を使ってました。マイボートを持って、相方のTさんの持っているタカ産業のラインブレーカーを使わせて貰ってたんだけど、そろ [続きを読む]
  • タチウオジギングのワイヤーリーダーについて
  • 毎週のように海に浮かんではいろいろ試しています。今シーズンの博多湾タチウオは、なかなか渋くてみなさん苦戦しているようです。タチウオジギングにおいてのリーダー切断によるジグロストについて、去年からいろいろ想いを巡らせています。 去年は安いジグでロスト上等釣果主義と考えていましたが、今年は考えを改めました。 タチウオのポイントで、漁師の方がエビ漕ぎ漁をしているのですが、海底に落ちたジグで漁の妨げになって [続きを読む]
  • 必読、遊漁船に乗るマナー
  • ミニボートに乗っていても、たまには遊漁船で自分の行けないエリアで釣りをするのもいいものです。船長のポイントへのアプローチの仕方やナブラへの付け方などの操船技術を見ておくのも自分の操船のヒントになるし、キャビン横で竿を出して、魚探を覗きながら、魚探の反応を覚えるのも役にたつと思います。何度か通えば、いろいろ教えてもらうこともできるようになります。よく、遊漁船は敷居が高くてっいう声を聞きますが、船にも [続きを読む]
  • 博多湾太刀魚で起きてる問題
  • このところ、博多湾の太刀魚はサイズが下がり、指3本がメインになり数も釣れないという寂しい状況です。それでも能古島沖のポイントは、プレジャーボートや遊漁船は多いですね。船の間隔が15mほどでドテラ流しで釣りをしてます。大小の船がひしめき合ってるポイントなので、暗黙のルールというか自然発生的にルールがあります。 〇 アンカーやパラシュートアンカーを使わない。 〇 流してる船の潮下に入らない 〇 漁船の操業 [続きを読む]
  • 太刀魚料理
  • 春からドラゴンサイズのタチウオを食べてきましたが、夏の指4本とは違って旨かったです。一番のお勧めは、なんと言っても「炙り」。三枚に下ろしてちょい厚めに切って、皿に盛って、皮が少し焦げ目が付くくらいまでバーナーで炙って冷蔵庫で冷やすだけ。あと、定番の太刀魚の塩焼き。後、腹身のところをがば焼きにして、ご飯に乗せて煮汁をかけるて太刀魚丼も旨いです。この頃はバジルを栽培してるので、バジルソースのムニエルが [続きを読む]