又三郎 さん プロフィール

  •  
又三郎さん: 関西有名進学校進学実績
ハンドル名又三郎 さん
ブログタイトル関西有名進学校進学実績
ブログURLhttp://kansai-highschool-jyuken.com/
サイト紹介文関西有名高校の進学実績を紹介します。
自由文関西有名高校偏差値と進学実績
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供411回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2015/10/16 13:06

又三郎 さんのブログ記事

  • 新ブログのご案内
  • この度2つあったブログを統合し、新ブログを設立することにしました。新しいブログのURLは以下となります。今後は当ブログの記事を上記に加筆修正した上で移していきます。ですので、新ブログをご覧いただくと幸いです。よろしくお願い致します。 [続きを読む]
  • 立命館高校(コア)偏差値2019と合格最低点
  • 立命館高校(コア)偏差値2019と合格最低点●偏差値専願 64併願 68※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点※専願2018年前期305/5502018年後期226/400総評立命館高校は立命館大学の内部進学を目指すコアコース東大京大阪大神大+医学部を目指すMSコースに分類される。コアで普通に頑張れば、立命館大に行けるようになっている。専願で合格ラインは6割、6割5分で安全圏、併願もほとんど差はなく、専願の5点上乗せ程度。人気校だけに競 [続きを読む]
  • 大阪府有名私立高校偏差値2019と合格最低点
  • 大阪府有名私立高校偏差値2019と合格最低点大阪星光学院高校偏差値2019と合格最低点清風南海高校(3か年特進)偏差値2019と合格最低点四天王寺高校(理数)偏差値2019と合格最低点四天王寺高校(英数)偏差値2019と合格最低点大阪明星高校(文理選抜)偏差値2019と合格最低点大阪明星高校(文理選抜)偏差値2019と合格最低点清風高校理Ⅲ編入偏差値2019と合格最低点清風高校理数偏差値2019と合格最低点大阪桐蔭高校(Ⅰ類)偏差値2019と合格最 [続きを読む]
  • 関西最難関私立高校偏差値2019と合格最低点
  • 関西最難関私立高校偏差値2019と合格最低点灘高校偏差値2019と合格最低点東大寺学園高校偏差値2019と合格最低点西大和学園高校偏差値2019と合格最低点洛南高校(空パラダイム)偏差値2019と合格最低点洛南高校(海パラダイム)偏差値2019と合格最低点大阪星光学院高校偏差値2019と合格最低点清風南海高校(3か年特進)偏差値2019と合格最低点四天王寺高校(理数)偏差値2019と合格最低点智辯学園和歌山高校偏差値2019と合格最低点 [続きを読む]
  • 同志社付属系列高校内部進学率一覧2018
  • 同志社付属系列高校内部進学率一覧2018同志社高校 84.7%同志社香里高校 94.8%同志社国際高校 ※非公表同志社女子高校 ※非公表同志社は関大系列校と違いほとんどが同志社大や同志社女子大へ内部進学する。同志社高校は例年一割ぐらいが京大・阪大・神大・京都工芸繊維大、早慶上智など同志社以上のレベルの難関大に現役合格。しかし、以前に比べると合格者数は減っており、同志社大へ進学する生徒が増加。それだけ同志社大の [続きを読む]
  • 近畿大学泉州高校(英数特進)偏差値2019と合格最低点
  • 近畿大学泉州高校偏差値2019と合格最低点●偏差値英数特進専願 50併願 54※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点英数特進※専願2018年270/5002017年285/500総評近大泉州は近大系列高校で付属高校ではない為全員が推薦で近大に内部進学出来るのではなく、推薦枠があるので要注意。英数特進クラスの生徒80名は近大の内部進学を視野に入れつつ国公立大や関関同立等の難関私大を目指すクラス。今年和歌山大2名、立命1名、関大3名、近 [続きを読む]
  • プール学院高校偏差値2019と合格最低点
  • プール学院高校偏差値2019と合格最低点●偏差値※S文理専願 56併願 60※特進専願 53併願 57※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点非公表総評プールのS文理は今年専願で22/23名合格、特進は80名全員が合格。ほとんど全入に近い。S文理からは国公立大や関関同立の上位の大学に進学。岸和田高校、畝傍高校、高津高校等の併願先として受験される。今年府大1名、大教大3名、奈良女子大2名、関関同立39名、産近甲龍35名、京都女子30 [続きを読む]
  • 梅花高校偏差値2019と合格最低点
  • 梅花高校偏差値2019と合格最低点●偏差値アドバンス専願 50併願 54リベラル専願 45併願 50※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点非公表総評梅花高校アドバンスクラスは国公立大や関関同立等の難関大進学を目指すクラス。リベラルは梅花女子大の内部進学などを目指すコース。今年、府大1名、奈良女子大1名、同志社1名、関学11名、立命1名、関大11名、近大9名、京産大13名、甲南5名等に合格。合格ラインは非公表ながらア [続きを読む]
  • 関学付属系列高校内部進学率一覧2018
  • 関学付属系列高校内部進学率一覧2018関西学院高校 92.4%関西学院千里国際高校 54.1%啓明学院高校 96.5%総評関学付属系列高校は関学千里国際を除くとかなり高い割合で関学に内部進学しており、他大学進学者は少ない。啓明学院は関学よりも難易度が低く入りやすい割に関学内部進学率はかなり高いので、関学へ行きたいあなたにはめちゃくちゃおすすめの学校。関学千里国際は留学生が多く海外の大学へ進学する生徒が多いので、や [続きを読む]
  • 立命館付属高校内部進学率一覧2018
  • 立命館付属高校内部進学率一覧2018立命館高校 71%立命館宇治高校 81.6%立命館守山高校 85.9%立命館慶祥高校 42.3%総評立命館付属は北海道にある立命館慶祥は42.3%と低いものの、他は7割、8割が立命館大へ進学。近年立命館高校の他大学合格実績が伸びており、今年現役で東大1名、京大4名、阪大3名、神大2名、慶應3名などに進学。立命館を確保しつつ他大学進学を視野に入れたいあなたにおすすめ。立命館大の内部進学を [続きを読む]
  • 関大付属高校内部進学率一覧2018
  • 関大付属校内部進学率一覧2018関西大学第一高校 88.5%関西大学高等部 69.7%関西大学北陽高校 65.4%総評関大内部進学率では関大一高が群を抜いて高く、9割弱の生徒が関大に進学。関大高等部はこの3校の中で最も他大学合格実績が良く、今年京大2名、阪大5名、神大7名、市大2名等に合格しており、上位1割は難関国公立大へ進学。関大北陽は年々関大進学率が上がってきており、この3校の中ではワンランク難易度も低いことから関大 [続きを読む]
  • 洛南高校(空パラダイム)偏差値2019と合格最低点
  • 洛南高校(空パラダイム)偏差値2019と合格最低点●偏差値専願 70併願 72※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点専願 257/500併願 348/500総評洛南高校の旧Ⅲ類が空パラダイム。灘や東大寺・大阪星光といった関西最難関高では高校からの外部募集が1クラス程度でかなり少ないが、洛南は以前から高校からの外部募集が多く、3か年で東大京大国公立大医学部を目指すカリキュラムが整っている。関西の公立高校は東大京大の合格者が一部を [続きを読む]
  • 洛南高校(海パラダイム)偏差値2019と合格最低点
  • 洛南高校(海パラダイム)偏差値2019と合格最低点※2016年度受験用●偏差値専願 68併願 70※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点専願 225/500併願 290/500総評洛南の旧Ⅰ類が海パラダイム。年度にもよるが、専願で5割の得点で海パラダイムで合格ライン。海パラダイムからも阪大神大早慶上智等の難関大に進学しており、成績下位でも同志社や立命館には合格しているエリート校京都の私立の進学校は洛南の下の差が大きく、大学合格実 [続きを読む]
  • 京都女子高校(Ⅱ類)偏差値2019と合格最低点
  • 京都女子高校(Ⅱ類)偏差値2019と合格最低点●偏差値専願 61併願 66※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点※専願2018年260/6502017年300/650総評京都女子高は難関国公立大を目指すⅡ類と京都女子大の内部進学を目指すウィステリアの2コース編成。Ⅱ類は平均5割で合格ライン、今年14/17名が合格。京女は京都で最も難関大合格実績が良く、今年京大4名阪大4名神大3名京都工芸繊維大2名、早慶5名、同志社43名等安定した合格実績を残 [続きを読む]
  • 大阪体育大学浪商高校偏差値2019と合格最低点
  • 大阪体育大学浪商高校偏差値2019と合格最低点●偏差値I類専願 50併願 53Ⅱ類専願46併願49進学スポーツ専願 44併願 46進学総合専願 40併願 43※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点※非公表総評大体大付属浪商高校進学コースは国公立を目指すI類、難関私大を目指すⅡ類、スポーツメインの進学スポーツコースと大体大の内部進学を目指す進学総合コースに分かれる。大体大は体育教師を目指す生徒が関西のみならず、東海地方や中国四 [続きを読む]
  • 近大付属高校(英語強化)偏差値2019と合格最低点
  • 近大付属高校(英語強化)偏差値2019と合格最低点●偏差値専願 58併願 61※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点専願 288/600併願 308/600総評近高の英語強化クラスは英語のみ配点が200点(他4科目は100点)の600点満点。英語が得意なあなたに最適の進学校。入学後は、ネイティブ教員による英会話、TOEIC等みっちり英語が勉強できる環境が整っている。難関大の国際学部や外国語学部に行きたいあなたにおすすめしたい。 [続きを読む]
  • 大谷高校(京都)偏差値2019と合格最低点
  • 大谷高校(京都)偏差値2019と合格最低点●偏差値マスター専願 60併願 65コア専願 55併願 60インテグラル専願 49併願 52※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点マスター専願 385/500併願 405/500コア専願 315/500併願 340/500インテグラル専願 235/500併願 265/300総評大谷高校のマスターは旧バタビアコースで難関国公立大受験に特化したクラス。コアは関関同立・産近甲龍などの有名私大を目指すコース。インテグラルは大谷大の内部 [続きを読む]
  • 奈良育英高校偏差値2019と合格最低点
  • 奈良育英高校偏差値2019と合格最低点●偏差値※選抜専願 57併願 60※総合進学専願 50併願 53※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点※併願(選抜)2018年330/5002017年352/500総評奈良育英選抜クラスは大阪の入試日程の前に試験があるので併願で受けて場馴れするのも良い。清風や桃山学院、近大付属の併願として受験する生徒も多い。選抜クラスで今年は1866名中1023名が合格。競争率は1.82倍。 [続きを読む]
  • 京都産業大学附属高校偏差値2019と合格最低点
  • 京都産業大学附属高校偏差値2019と合格最低点※2016年度受験用●偏差値※特進専願 56併願 59※進学専願 50併願 53※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点※特進2018年265/5002017年240/500※進学2018年234/5002017年205/500総評京産大付属は開校以来大学合格実績を伸ばし続けており、今年京大3名、阪大1名、神大5名、京都府立医科大3名、同志社46名、立命館83名、関学4名、関大49名合格している。特進クラスは上記の大学に [続きを読む]
  • 龍谷大学付属平安高校偏差値2019と合格最低点
  • 龍谷大学付属平安高校偏差値2019と合格最低点●偏差値選抜特進専願 56併願 58プログレスコース専願 50併願 53※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点※選抜 専願2018年290/5002017年310/500※進学 専願2018年246/5002017年300/500総評龍谷大付属平安は選抜クラスとプログレスクラスに分かれていてプログレスは龍谷大への内部進学を目指すクラス。今年285/476名が龍谷大へ内部進学。京産大付属は進学クラスでも他大学の受験 [続きを読む]
  • 大阪桐蔭高校(Ⅱ類)偏差値2019と合格最低点
  • 大阪桐蔭高校(Ⅱ類)偏差値2019と合格最低点●偏差値専願 63併願 65※進研V模試の偏差値を基準●合格最低点※専願2018年215/5002017年230/500総評大阪桐蔭高校Ⅱ類は問題の難易度が高い分合格最低点が低い。6割5分、7割取らないといけない難関高校は1教科で大きく失敗すると取り返しがきかないことがあるが、大阪桐蔭高の場合他の教科でカバーできる。得意教科も苦手教科もある受験生はこういうところも踏まえて受験校を決定した [続きを読む]