きなこ。 さん プロフィール

  •  
きなこ。さん: 転妻愛歌
ハンドル名きなこ。 さん
ブログタイトル転妻愛歌
ブログURLhttp://momokodokin.hatenablog.com/
サイト紹介文転勤族の妻として母として、日々思うことやお出掛け情報などを書いています。二人育児に関することも。
自由文転勤族の妻となり、2ヶ所の異動を経て現在3か所目です。
転勤生活はしんどい。でも楽しく過ごしたい。
そういう思いから哀歌ではなく、愛歌とタイトルをつけました。
http://momokodokin.hatenablog.com/entry/2015/10/03/231436
http://momokodokin.hatenablog.com/entry/2015/10/10/210000
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/10/16 19:57

きなこ。 さんのブログ記事

  • わたしのほしいやさしさと、旦那のくれるやさしさと。
  • うちの旦那はやさしい。ママ友からも「やさしい旦那さんでうらやましいわぁ」と言われる。そのたびにわたしは反論したくなる気持ちをぐっとこらえて「そうかなぁ」とヘラヘラと笑う。うちの旦那はやさしい。頼めば洗濯物を畳んでくれる。掃除機もかけてくれるし、ごみ出しだってしてくれる。「うちの旦那はそんなことしてくれへんで」……そっか、大変やなぁ。でもわたしの欲しいのはこんな優しさじゃないんやけどなぁ……。 [続きを読む]
  • 転勤族の幼稚園選び、やっぱり不利なことが多いなぁ。
  • 今の住まいに引っ越してきて驚いたこと、それは3年保育の公立幼稚園がないことです。幼稚園といえば今は3年保育がメジャーだと思っていたので、これにはちょっと驚きました。 というのも、4月生まれで超しっかり者の次女を、3年保育の幼稚園に入れようと思っていたからです。在宅で仕事をしたいという思いもあって、あと1年家で見るのは厳しいな…と感じていました。 公立は2年保育しかないので、もし3年行かせたいなら私立の幼 [続きを読む]
  • ママ友のLINEグループを抜けたけど、今のところ何の支障もないはなし。
  • LINEが普及しだした当初、できればDLしたくないなと思っていたわたし。でもまわりはみんなLINEを使いだして、メールを使ってる人がどんどん少なくなって…。使わずに逃げきろうと思っていたのに、わたしは結局けっこう早い段階でLINEにつかまってしまった。 便利なところはある。仕事中の旦那にこどもの写真を送ったり、遊んだ日の写真をアルバムにして複数の友だちと見ることができたり。ひとつの話題を共有できるのってありがた [続きを読む]
  • 転勤生活と定住生活、どちらがいいか?隣の芝生は青いという話。
  • 転勤生活は、楽しかったけれど本当に大変だった。転勤先が関西で、子どもが一人だけだったときは楽しいことの方が断然多かったけれど、 地方に転勤になって二人目が生まれた後は、控えめにいってもツラかった。頼れる実家のあるなしと、夫が育児参加できるかどうかで転勤生活の難易度は大幅に変わると思う。私は典型的な「里なし、ワンオペ転勤生活」だったので、まぁまぁハードな生活だったと思うよ。自分で言うのもなんだけ [続きを読む]
  • 寒い地域への転勤は、お金がかかるし荷物が増える。
  • 寒いです。まじで寒い。 寒い地域の冬、めっちゃ舐めてました。最近のわたしの様子をお伝えしますので、寒い地域への引っ越しのさいの参考にしてください。わたしの嘆きが主なので、たぶん参考にならない…かもしれない。北国で生活するうえで参考となる、わたしがすきなサイト▽北海道に移住した転勤主婦の生活(ホットカーペットで丸くなる猫)手袋さまがないと手の感覚がなくなる今まで「手袋なんてすぐなくすし…」と邪 [続きを読む]
  • インフルエンザが蔓延して、在宅ワークが死んだ話。
  • 先月から在宅でWEBライター始めました。www.ten-uta.com今月もガッツリやったるで!!と意気込んだところまではよかったんですが、エレカシの新春ライブに浮かれ眠れない夜を過ごし、何を思ったか超混雑するイオンの初売りに行った数日後。わたし、30年ぐらいぶりにインフルエンザになりました…。30年もインフルエンザにかかってないとろくに対策もしてません。子どもたちにはうがい手洗い、アールワンを推奨していたけど [続きを読む]
  • 浪人して大学に入ったわたしの話とそれから。
  • 「浪人して大学に入りました」と言うと、「浪人しても入りたい大学があったんだ」と思われるんだろうけど、実はそうではない。そして浪人中、予備校に通って勉強に浸かってたわけでもない。深く考えずに受験をやめて、深く考えずに浪人して、深く考えずに1年遅れで大学に入った。両親は、わたしが高校3年生の時に離婚した。これに関してはもう別に恨みもなにもないんだけど、高校3年の冬。受験まっただ中。のっぴきなら [続きを読む]
  • 転勤族の妻だった頃は、強くなるしか生き残る方法がなかった。
  • 昨日の記事について追記?したいと思います。【二人目出産の壁は高かった。頼る実家のない転勤族の妻の話】3/3 臨月での転勤 - 転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)旦那は空気だった、いや空気でさえなかった。と書きました。まぁそうなんやけど、それだけ書くと旦那がめちゃくちゃ冷酷な人間かのように思われるかな…と思って。書いたら止まらなくなってめっちゃ長文です。旦那が勤めていた会社は「男性の育休取得率100%必 [続きを読む]
  • いつもと違うわたしは、ドラえもんが作ってくれる。
  • わたしは昔からドラえもんがすきで、とにかくあの青さ、まるさ、あの声、可愛すぎて愛しすぎてキューンってなります。今回書くのは、愛するドラえもんが女子力の低いわたしに与える影響についてです。前から何度か書いてる気がしますが、わたしはeverydayすっぴんで、ここ何年かは洗顔料さえ使っておりません。シャワーでぐわーーーーっと流して終わり。化粧水と乳液もしません。たまーに乾燥が気になりすぎた時に、思い出したら使 [続きを読む]
  • 子育てのスタンスが違いすぎる人とは仲良くなれない。
  • 子育てしていて思うのが「子育てのスタンスがあまりにも違う人とは仲良くなれない」ということ。いや、仲良くなりたくもないということ。 たとえば幼稚園のママ友だとか、どっかの児童館で知り合った人とかならアデューできるんだけど、それが職場関係だとか親戚関係だとどうしても避けられない場合がある。 今のわたしはまさに、全然子育てに対する考え方が違う人と週3レベルで顔を合わせている状態で、ストレスがたまって仕方が [続きを読む]
  • 自分がいないときのことが気になりすぎて、トイレにいけない女。
  • 早速ですが、ランチ会でも飲み会でも、友だちどうしの話の輪の中でも、とにかく自分が複数の人としゃべってるところを想像してください。想像しましたか?話の途中でトイレ行きたくなった時、どうします?そりゃ行くでしょ?でもわたし、極限までめっちゃ我慢します。なんなら若干決壊しかけても我慢します。自分のおらんところで、自分の話をされてるんじゃないかと怖いんです。トイレから戻ってきたときにちょっと微妙な間 [続きを読む]