赤いたこ さん プロフィール

  •  
赤いたこさん: 雨垂れ
ハンドル名赤いたこ さん
ブログタイトル雨垂れ
ブログURLhttp://akaitako.seesaa.net/
サイト紹介文主に水彩で落書きをしています。 和風・着物などの女性の絵が多めです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 287日(平均0.2回/週) - 参加 2015/10/16 21:02

赤いたこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あなたの視線が語るもの
  • 何度も、何度も繰り返す。あなたの視線が、わたしを責めるそう、あなたは、すべての人を責めていた。何度も、何度も、何もかも…憎むことでしか、責めることでしかそこに立っていられなかったよね。逃げることを良しとせず、差し伸べられた手を払いのけ、戦い続けてもうボロボロ。その目…あなたはわたしを責めるでしょう?何一つ解決してないくせに変わってしまったってつまらない女になったって…。でもねぇ、あなた。あなたが必 [続きを読む]
  • 順番の前後のお詫び
  • ご覧いただきありがとうございます。投稿ミスで、「人生という名」の道順番が前後してしまい見辛かったことと思います。気にかけて、見に来てくださった方、失礼いたしました。そして、見に来てくださってありがとうございます! [続きを読む]
  • 人生という名の道 1 立ち止まる人。
  • 足元が、ぐちゃぐちゃだわ。ぬかるんでて、歩くだけで私は汚れてく。なんで、あの子の足元には綺麗な絨毯が敷いてあるのかしら?綺麗な靴。泥のしみた靴が冷たくて、なんだか哀しい。私はきっとあの子より遠くまで行けないわ。歩くの、やめようかな。ふと立ち止まって周りを見たら、私みたいな人もいるし、あの子みたいな人もいる。泥道に足をとられ挫折したり、意気揚々と敷かれた絨毯の上を歩いて決まった場所にむかっていったり [続きを読む]
  • 人生という名の道 3 その先を目指す人
  • 時間が決まってるの。私たちには時間が決まっていて、のんびり歩いてたらきっと新しい一歩まで踏み出せない。悲しんでる暇はない、見下してる暇もない。誰も踏んだことのないこの道のさきの一歩きっと歩くことをやめちゃう様なこんなぬかるみの先にこそ、誰も踏んだことのない一歩があると思うの。諦めという名の怠惰を、浅ましい優越を、振り払って、どうかこの先に希望があります様に。世界は変わらないわ、それでもあと一歩、先 [続きを読む]
  • 人生という名の道 2 敷かれた絨毯の上の人
  • あぁ、よかった。私の道には絨毯が敷いてある。やだ、あの子あんなに泥だらけでかわいそう。冷たい泥が靴に染み込んで、私なら耐えられないわ。そうだわ、あの子の道の前に藁を敷いてあげたらいいんじゃないかしら?少しはマシになるでしょ。あ、でもだめね。藁を取りに行くのに、私の靴が汚れちゃうもの。 [続きを読む]
  • それで満足
  • お風呂上がり、ふと鏡にうつった自分を見て今日はまぁまぁだなと思う。そしてすぐ、さっきテレビに映っていたあの綺麗な人が、いきなりこの顔になったら、絶望のあまり死んでしまうかもしれないとも、思う。希望のないところには絶望もない。今日の私は、まぁまぁの顔だ。 [続きを読む]
  • 足るを知る
  • ビルとビルの間隔が狭い。内倒し窓の三角の隙間から見えるのは、隣のビルの汚れた壁と、私が幼かった時にはまだ小さかったコボレダネの木の成長した頭だけだ。ビルの隙間は狭すぎて、手入れがされていない。こんな狭い隙間からじゃ、前のビルが邪魔で空なんか見えない。三角に切り取られた世界は人が作った矛盾だ。空はどこにあるんだろう、私は鬱々とし、不満を抱えながら、矛盾だらけで身動きの取れない三角の世界のせいで、何も [続きを読む]
  • 持ち得たもの
  • お姉さん、貴女は私の事を恨んでますか?貴女はどんな気持ちで、母と私の前に現れたのでしょう?父の妹だと紹介された貴女のその時の表情を、幼かった私は少しも覚えていないのです。お姉さん。貴女がうちから借りて行ったファミコンを、そのまま返してくれなかったのは、貴女の平安を壊した私達への、貴女なりの抗議だったのですか?私は大きくなるまでずっと、自分だけが愛されている一人娘だと思って生きてきました。でも、よく [続きを読む]
  • 救い
  • 僕のことまだ覚えてる?そう、早よ忘れて 君の記憶から綺麗さっぱり消えられたなら君を救えそうな気がするんや僕、君が傷つく綺麗な姿好きやったんやどうして、そこまで人のことに心痛められんねやろって不思議やったしわからなかったけど、愛しかった僕が君から離れる言うた時、君の指先が震えてて、あぁ、傷つけるのは、これが最後だから、どうか幸せになってと思ったんや。今、君は幸せなんかな。もう会わへんけど、僕を思い傷 [続きを読む]
  • 過去の記事 …