ビルメンマン さん プロフィール

  •  
ビルメンマンさん: 釣り好きおやじのビルメンライフ
ハンドル名ビルメンマン さん
ブログタイトル釣り好きおやじのビルメンライフ
ブログURLhttps://ameblo.jp/odakyuturisk8/
サイト紹介文釣りが好きな40代ビルメンマンがビルメンライフ を書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/10/17 00:29

ビルメンマン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 設備系の専門はエネルギーにしようかな..
  • ブログでも書いてきましたが、私は、経理、営業出身で、プロパティマネジメント(運営管理)要員として雇われております。入社面接の際に、役員から「現場の知識が不足していると思うので、3年くらい修行にいってきて」と言われて、2年半程たってます。プロパティーマネジメントと設備管理の両方をしている事業所で、当初の業務負担は、「プロパティーマネジメント30%        +設備管理70%」、今は、「プロパティーマネジメント70%        +設備管 [続きを読む]
  • 資格って大事ですね〜
  • 詳しくは書けませんが、ある作業で冤罪を受け、バタバタしてました。妬みからの嫌がらせという分かり易いものです。自分と一年違いで入ってきた人(Aとする)が、何故か自分をライバル視してました。何故かもなく、妬みなのですが、「俺のほうが、設備員としての腕がいい。だから、会社で優遇されるのが当たり前だ。それなのにこいつの方が優遇されている。こいつを貶めて、自分の立場を良くしよう!」という短絡的な思考の人物です [続きを読む]
  • 寒さにも負けず走ってます
  • すっかり冬ごもりでした。年始に長野にスキーに行って以来、寒さに負け、朝早く布団からでられないでいたら、1月が終わってました。疲れもとれず、ますます寒がりになっていたある日のこと.......上の子供が、スケボーから戻ってきて、「疲れてても、スケボーするとスッキリするんだよな〜」との言葉。小学4年の子供の言葉に改めて気づき、2月に入り、ジョギングを再開しました。どんどんスッキリし、不思議と寒がりでもなくなりま [続きを読む]
  • ビルメンテナンス職場環境は変わりやすい
  • 自分の所属する事業所は、設備員5名、警備員5名だ。昨年の5月までは、かなり大人し目の人が多いい事業所だった。5月に攻撃的タイプの設備員が1人入り、大人し目の人が1人抜けた。1人体調崩して、12月に攻撃的なタイプの設備員がまた1人入った。1人目入ったところで、ギスギス感が浸食してきていたが、2人目でギスギス感が主流となってきた。そして、心の病気を患う人がでた。その人は、「技術得意+事務苦手」で、攻撃的な人 [続きを読む]
  • 父母との関係......なんか、吹っ切れました
  • 親の洗脳というか...ここ暫く、父母のことで悩んでましたが、吹っ切れました。悩みの理由、 ■父母が好きになれない⇒  親孝行できない⇒ダメな奴?というものでした。ちなみに父は、大手企業のエリートサラリーマン、相続財産持ちの人です。確か、40くらいで、大手金融企業の部長でした。63歳までリストラされることもなく働いてました。今も、「うちの会社」と言うのは、少し痛いです。母は、専業主婦。・誕生日、クリスマス [続きを読む]
  • いくつになっても、親との関係は大人になれませんね..
  • にほんブログ村 先日、車が納車されました。その数日前に母親から連絡があり、「(私名義の)郵便局の通帳をあげる。車購入の足しにして。」とのこと。その時は、一応、有難うと言いました。しかし、そもそもこの通帳は、私に貰ったお年玉を母親が預金したものです。そもそも、あげるというその点がおかしい(かっこ悪い)のです。お年玉が親通しのお金の交換だとしても。だいたい、自分のお金で問題なく買えるのに恩を着せられた [続きを読む]
  • 建設業経理士1級申し込みました
  • にほんブログ村 2016年3月13日の建設業経理士1級に申込みました。3科目あって、9:30〜16:10と1日がかりの試験です。費用も、13,680円と結構高額です。申し込んだからには、一発合格して、会社から結構な報奨金を貰わなければなりません。この前の1冷と合わせると結構な副収入になります。なんで、会社がこの資格に(うちの会社では評価、報奨金とも高いです)報奨金を払うかと言うと、建設業経理士1級、2級は、入札時に社内の保 [続きを読む]
  • 氷河期世代とバブル世代の発想の違い
  • にほんブログ村 自分は、就職氷河期世代で、大学の偏差値が最高を記録していた時代を生きた、いわゆる貧乏くじ世代です。この世代は、設備を中心に結構いますが、警備員にも少しながらいます。また、職場には、警備員を中心に、45歳過ぎ〜60歳前後のバブル世代が多くいます。警備員の主要構成世代と言っていいでしょう。自分の学生時代の友人を含め、職場で、この2つの世代を見てると、社会に対する基本的なスタンスに大きな [続きを読む]
  • 読書記録「黒革の手帳(松本清張)」
  • にほんブログ村 家にたまたまあった「点と線」を読んで、松本清張を読み始めました。文体は古いですが、本当に上質な小説群です。読まず嫌いでした。「黒革の手帳」は、TVドラマのイメージがあり、読みました。TVドラマは、見てません。読後の感想は、「救いようもなく、悲しい話し」というもの。「なんでこれがドラマ化されるのか?」と疑問に持ち、ネットでアラスジを読みました。ドラマでは、結末が、小説とは全く異なるん [続きを読む]
  • ビルメンは人間関係の勉強になります
  • にほんブログ村 ビルメンは、人間関係の勉強になります。理由は、■少人数で同じ部屋に  長時間いるので本性が  出易いこと、■基本、仕事が忙しくない  こと、■人格矯正されていない  人が多いいこと、■他の業界から廃除された  人が多いいこと、というような職場環境だと思われます。どちらかと言えば、高校迄のクラス環境という感じです。大学、社会人生活ではなく。自分が、営業、経理といった、どちらかと言えば、個 [続きを読む]
  • 過去の記事 …