kumakuma さん プロフィール

  •  
kumakumaさん: 京都発 マリーンズ、沖縄、ロックンロール、なblog
ハンドル名kumakuma さん
ブログタイトル京都発 マリーンズ、沖縄、ロックンロール、なblog
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kuma2015kuma/
サイト紹介文京都から千葉ロッテマリーンズを応援しています。マリンへの「遠征」や、沖縄、ロック、バンドのことも。
自由文京都人ですが、落合博満三冠王、山本功児巨人から移籍、などをきっかけに、長年ロッテを応援しています。千葉、札幌、仙台、埼玉、名古屋、博多、石垣島などへの遠征や、京セラ、甲子園など地元での観戦、そして沖縄への節約旅行、草バンドマンとしてロックのことなども徒然と書き記していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供633回 / 365日(平均12.1回/週) - 参加 2015/10/17 21:45

kumakuma さんのブログ記事

  • 今江、大松、ショーゴの合同自主トレ。
  • ショーゴ中村が沖縄の恩納村で合同自主トレを行っているそうで、そのメンバーが、・ショーゴ・今江(楽天)・大松(ヤクルト)・田中(広島)と、なかなか興味深いところです。下に引用した複数の記事の内容、タイミング、出どころから推測すると、イチミネくんもそのメンバーの一人と思われます。そしてこの合同自主トレは、今月9日から無休で行っているそうで、タフな毎日を過ごしていることでしょう。今季から二塁にコンバート [続きを読む]
  • 「藤岡>平沢くん」
  • 現時点で2018年のマリーンズの正遊撃手候補である、ミッキー、平沢くん、そしてルーキー藤岡。ミッキーが浦和で黙々とトレーニングを続けているエピソードは先日紹介しました。藤岡は現在、新人合同自主トレの真っ只中。「(開幕スタメンには)そこを狙っていきたい。試合に出てなんぼですから。この世界は。自分のできることをやっていく」と大胆にも、頼もしいです。肩の強さには自信満々のようで、「まずは守備でアピールしてい [続きを読む]
  • 涌井残留でも、唐川くん。
  • 1月も真ん中を折り返しましたが、涌井のメジャー移籍についてのニュースは聞こえてきません。一度はそれを覚悟して、その挑戦を応援しようと決めた我々マリーンズ・ファンにとっても残念なことにもなますが、チーム残留の可能性が高くなってきていることを感じます。以前にも書きましたが、その場合でも、今年の開幕戦は涌井ではない投手に任せてほしいと考えています。それは、涌井がどうのということではもちろんなくて、涌井不 [続きを読む]
  • 小さくてすばしっこい、マリーンズ。
  • オギノタカシさんイチミネくんカトショーY岡田大木ミケカズマさらに、ショーゴ中村ピヨタカクナカ根元…“小さくて、すばしっこくて、ちょこまか動く” 選手たちがダイヤモンド狭しと駆け回って、相手バッテリーをかく乱して、走って、つないで、点を取る。大砲不在のマリーンズが、ソフトバンクに勝つための “唯一の” 戦法のはずです。ところが昨シーズン、現実は・・・・盗塁78はリーグ3位 (1位は西武の129。ソフトバ [続きを読む]
  • Lamigoとマリーンズ。
  • 1月も半分が過ぎて、待ち遠しかった2/1のキャンプインも、いよいよ近づいてきました。マリーンズの石垣島といえば、もはや恒例になりつつある、台湾・Lamigoモンキーズとの交流試合。3年目となる今年は、2月17日、18日に開催予定です。Lamigo側にもいろいろ事情があるようで、“2年連続打率4割” “昨年は3冠王” という、プレーヤーの目玉である王柏融が、マリーンズとの交流試合には来日しないそうです。登板が予想される若手 [続きを読む]
  • シェッパーズとは、こんな人。
  • 本日1/15(月)お昼に発表があった、タナー・シェッパーズ投手(30)の獲得。報道にもあるように、“新・守護神” としての期待を込めての助っ人です。先にも書きましたが、メジャーで活躍した全盛は、2012、2013年頃のよう。昨季は・・・メジャーでは5試合に登板して、0勝1敗1ホールド、防御率6・75マイナーでは31試合に登板して1勝3敗3ホールド、防御率4・84ストレートの最速は162キロとのことですが、年々スピー [続きを読む]
  • シェッパーズ入団、スタンリッジ退団。
  • マリーンズが、前テキサス・レンジャーズのタナー・シェッパーズ投手(30)の獲得を発表しました。また、ジェイソン・スタンリッジ投手との契約を更新しないことも発表に。シェッパーズは、『Wikipedia』によると、「94〜100mph(約151.3〜160.7km/h)のフォーシームを軸に」「94〜99mphのツーシーム」「80〜86mphのカーブを組み合わせる」「主に対左打者用に85〜90mphのチェンジアップも」との、リリーフの専門家。2012年6月に [続きを読む]
  • 安田&藤岡の、開幕スタメン。
  • 新人合同自主トレが始まって、本日1/14(日)で3日目。ドラフト上位入団の2人が話題になっています。安田くんは今日、初めて屋外でロングティー打撃を行い、イグチ監督の見守る前でパワーの片鱗を披露。「ライナー性の打球が外野の頭を越えてそのまま入るのが理想です」「清宮はフライですが、自分は逆にライナーですから」「(将来は)30本を打ちたい」と、本当に頼もしく、楽しみな、マリンの宝の原石です。藤岡くんも、昨日 [続きを読む]
  • ミッキー、守備も大丈夫?
  • 昨シーズン、レギュラー不在のショートストップで、伏兵ながらメキメキと頭角を現し、秀でた守備能力だけでなくバッティングでもいいアピールをしていたミッキー。8月下旬の試合中に右手に死球を受け、「右手母指末節骨折」「右手第二指中手指節関節剥離骨折」で全治4週間。シーズン中には戦列に戻ることは出来ませんでした。エラー連発(とくに送球時)、ゲッツーとれない、が(厳しい言い方になりますが)当たり前のようになっ [続きを読む]
  • 大地か、ドミンゲスか。
  • 元メジャーの正三塁手・ドミンゲスを獲得したことで、気になるのはその起用法。「ホットコーナーには熱い気持ちが前面に出る選手がふさわしい」とのイグチ監督の意図で、もともとは鈴木大地がコンバートされて、そのポジションを任されるはずでした。秋季キャンプでもその練習をスタートとしていたところでの、ドミンゲス。「サードは鈴木大地、安田君、ドミンゲスもいますし、色んなパターンを考えています」そう、注目のルーキー [続きを読む]
  • 素敵な鈴木大地。
  • 静岡新聞で、鈴木大地が自身が所属していた中学硬式野球チームの新年初練習を訪れ、自らの経験や技術を後輩に伝え続けているとの記事がupされていました。今年も、「努力の大切さ」を訴えたとのことです。当時、外野手から転向した際に、「史上最低のショートだ」と指導者からゲキを受けたことをバネに、「見返したい」「人生で一番練習した」「あまりの厳しさに泣きながらやっていた」「内野手の基礎をたたき込まれた中2の冬練習 [続きを読む]
  • ドミンゲスは、守備も最高。
  • 先月にアメリカでの報道が先行した、マット・ドミンゲスの入団が決まったことを、マリーンズが本日1/10(水)、発表しました。28才とまだ若く、“メジャー通算42発” の実績を持つ大砲がチームに加わります。本塁打ベースでみると、キャリアハイが2013年の21本、14年の16本で、昨年はマイナーで116試合に出場して16本、打率は.264とのことなので、本人のコメントにあるように、あまりに長打を意識したりプレッシャーを持ちすぎると [続きを読む]
  • 新人入寮、一言コメント。
  • 本日1/9(火)、ドラフトでの新入団選手たちが続々と入寮しました。各選手の一言コメントは・・・●ドラフト1位・安田尚憲内野手(18)「きょうからプロ生活が始まるんだという充実感。不安もあるが、早くプロの舞台でプレーしたい」●ドラフト2位・藤岡裕大内野手(24)「肩の強さをアピールしたい。他の人が刺せないところからアウトにできるところをアピールできれば一番いい」●ドラフト3位・山本大貴投手(22)「社 [続きを読む]
  • 内、助っ人、益田、大谷。
  • 3連休の最終日となる本日1/8(月・祝)、内、荻野、益田の3選手がビックカメラ柏店でトークショーを行ったとのこと。なかなかに豪華かつ、異色の組み合わせの印象の3人です。このオフは、イケメン枠としては年長者に入りつつあるオギノタカシさんがトークショーに駆り出される機会も多く、チームメイトに “関西人なのにおもろない” とまで言われたりもする、人前に出るのが苦手な♪トゥ〜・シャ〜イ・シャイ♪(古いヒット曲 [続きを読む]
  • 今年も、オチツキのフタキ。
  • 次代のエース、フタキコウタ。一昨年、昨年とその片鱗を十分に見せ、我々マリーンズ・ファンの夢と期待がますます膨らんでいます。それはブレイク前にイースタンで快進撃を続けた成瀬の成長過程を見るように、嬉しく、そして楽しいものです。昨年、規定投球回数をクリアしたのは、他のどんな実績や記録より、本人にとって何より大きな自信になったはず。「真っすぐのスピードが上がり、(武器である)フォークの球速も上がった」22 [続きを読む]
  • 佐々木くんに望むこと3つ。
  • プロ2年目をむかえる佐々木くんが、本日1/6(土)、母校・桜美林大野球部グラウンドで自主トレを公開したとのこです。「(いま現在)まずまず投げられていると思う」「昨年は納得いかない数字だった」「数字も結果も、昨年以上は当たり前。規定投球回は投げたいし、2桁勝ちたいと思っている」と決意を語っています。ドラフトでは2巡目ながら多球団競合となり、マリーンズがご縁をいただいて入団となりました。マスコミの話題や注 [続きを読む]
  • 新・助っ人2名、週明け発表。
  • 仕事始めの本日1/5(金)には発表が無かったマリーンズの野手助っ人獲得の件。『Full-Count』によると、林球団本部長が、「具体名は避けたが、「週明けには」と正式発表の見通しを明らかにした」とのこと。・アメリカでの報道が先行した“メジャー42発オトコ”マット・ドミンゲスの正式契約は「最後の詰めとみられる」・「抑え投手の獲得も最終段階」林球団本部長のコメントとして、「(週明けの発表は)野手、投手の2人になる」と [続きを読む]
  • マリン観戦のお楽しみ。
  • みなさまは、2018年のライブ観戦計画は立て始めているでしょうか。千葉や首都圏在住の方はマリンのホームゲームより、パ・リーグや交流戦のビジター球場や、地方開催試合などにいかに足を伸ばすか、と腕を撫しておられるかもしれません。ワタクシのような地方のマリーンズ・ファンは、連休やお盆などの長期休暇の際に、いかに効率良くマリンに遠征出来るかと毎年、楽しみに計画を立てています。もちろん我々なら、地元にあたる京セ [続きを読む]
  • 成田、平沢、大木、三家。
  • お正月三が日も終わりまして、リアルタイムの野球ニュースにも飢えてきたところです。マリーンズについては、越年となってしまった新しい野手助っ人獲得の件がとくに気になるところで、年末年始期間中はそれもいったん休止中なのか、水面下で担当者は交渉を継続してくれているのか、考えれば考えるほど、ドキドキしたり、モヤモヤしたり…。一方で日本人の若手選手にも、当然、期待がかかるし、選手によっては「やってくれないと困 [続きを読む]
  • イグチ監督、「1年目の目標は優勝」と宣言。
  • 『web Sportiva』にイグチ監督の、読み応え十分なロング・インタビューが掲載されています。ホークス現役時代のチーム内競争のこと。高いレベルで競争するチーム、をマリーンズでも選手の意識として植え付けようとしていること。キャンプの練習は、効率よく、そして内容濃くしていくこと。マリンスタジアムはホームランが出にくいという理由から、足で攻める野球を目指して、選手の走塁の意識は変えていくこと。平沢くんと安田くん [続きを読む]