雲 さん プロフィール

  •  
雲さん: 快楽ジャズ通信
ハンドル名雲 さん
ブログタイトル快楽ジャズ通信
ブログURLhttp://jazzpleasure.seesaa.net/
サイト紹介文JAZZの魅力をご案内♪ 気軽に楽しむジャズブログ!
自由文おすすめのジャズのアルバムを紹介するとともに、聴きどころも紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/10/18 11:36

雲 さんのブログ記事

  • HAPPYのトップコミュニティストになりました
  • あ、そういえば、こちらで告知をするの忘れていたんですが、京都は宇治市にある高級ブランド服などをケアメンテする企業「Happy」の、「つなぐ」というSNSにて、「音楽」のコミュニティのトップコミュニティストになりました。この「つなぐ」というSNSは、まだ始まったばかりの新しいSNSなので、みなさん、どんどん登録してください。で、こちらのほうでも交流しましょう!(・∀・)b▼こちらからどうぞ!https://www.kyoto-happy.c [続きを読む]
  • 直立猿人のラヴ・チャント
  • 決シテ朝カラ聴カナイデクダサイ。。。もうすでに過去に何度も書いていることかもしれないけれど、ミンガス『直立猿人』のラストナンバー《ラヴ・チャント》が大好きだ。14分の長尺演奏の冒頭を飾るマル・ウォルドロンのピアノのリフレイン。このメランコリックで、重たく、曇り空を想起させる、無骨でちょっと不機嫌なピアノの音型が、この曲のムードを決定付けている。マルにしか出せない、このムードだが、しっかりとミンガス [続きを読む]
  • マイルスの自叙伝を英語で読もう!
  • 多くのジャズファンの皆さんは、中山康樹氏・訳の『マイルス・デイヴィス自叙伝』をお読みになっていると思いますが、英語で書かれた原書は読まれていないと思います。英語が苦手、英語で読むのが面倒くさい。いえいえ、私も英語が苦手だし、英語を読むのが面倒な人なのですが、『マイルス自伝』だけは例外。面白くスリリングでサクサク読めるのです。このニュアンス、スピード感を日本語に違和感なく置き換えた中山氏の力量とマイ [続きを読む]
  • 『深夜食堂』シーズン2のBGM ホンキートンクピアノ
  • 深夜食堂 第二部 ディレクターズカット版小林薫が主演のドラマ『深夜食堂』。このドラマのシーズン2のバックで流れるBGMが良い。調律がわずかにズレた感じのホンキートンクピアノ。スローなテンポで奏でられるストライドピアノ。エコーとコーラスのかかり具合から、本物の生ピアノではなく、電子ピアノの音だと思われるが、あまりコテコテにブルージーな感じではないので、ジャズやブルースに縁が無い人も、あっさりと気軽に聴け [続きを読む]
  • セシル・テイラー『フォー・オリム』評
  • For Olim/Cecil Taylorセシル・テイラーの『フォー・オリム』評をアップしました。▼こちらです(・∀・)bフォー・オリム/セシル・テイラーピアノソロです。テイラーのアルバムの中では、比較的聴きやすい部類に入るのではないかと思います。というのも、冒頭の《オリム》というナンバーが、結構、穏健というか内省的な演奏なのですね。目まぐるしく移り変わる、他のテイラーの演奏に比べると、耳で追いかけやすいのです。じっくり [続きを読む]
  • Miles In Tokyo 1975/Miles Davis 評
  • Miles In Tokyo 1975/Miles Davisマイルス・デイヴィスの『マイルス・イン・トーキョー・1975』評をアップしました。▼こちらですライヴ・イン・トーキョー 1975/マイルス・デイヴィス最高傑作の誉れ高い『アガルタ』と『パンゲア』は、来日した時の大阪公演のライヴ。その10日前に東京で行われたコンサートの模様が収録されたのが、『マイルス・イン・トーキョー・1975』です。「アガパン」超えをしていると評する人も多い作品 [続きを読む]
  • ライブ情報 鈴木良雄(b)のBASS TALK
  • 日本ジャズ界のリーダー的存在・鈴木良雄が2002年に結成したカルテット「Bass Talk」。卓越したフルートの音色、美しい広がりのあるピアノサウンド、カラフルでステディなリズム、それら全てを支える暖かいベースが聴きどころです。ベテランミュージシャンが奏でる極上の大人の音楽が松濤の夜に響き渡ります。鈴木良雄Presents 松濤JAZZ BASS TALK日時:2017年9月1日(金)場所:アルファロメオ/フィアット/アパルト松濤  〒15 [続きを読む]
  • ヤヴァかっこ美しいJRモンテローズ
  • In Action/J.R.Monterose幻の名盤!ジャケット良し、もちろん音も良し!ブルーノートのモンテローズも独特の味わいだけれども、こちらのモンテローズのテナーは「美」。で、むんむんとジャズなテイスト!以前も紹介した記憶があるけれども、やっぱりこのアルバムはヤヴァ凄い! ▼収録曲1.ワルツ・フォー・クレア2.アイ・シュッド・ケア3.ザット・ユー・アー4.レッド・デヴィル5.ラヴァー・マン6.ハーキー・ホークス [続きを読む]
  • 『ソロ・モンク』が表紙の『文春』
  • そういえば、渡辺謙の浮気が報じられている『週刊文春 7/13号』の表紙は、『ソロ・モンク』でした。週刊文春 7月13日号[雑誌]いつみても味わいのあるジャケットです。モンクのピアノの音が聴こえてきそうなジャケット。個人的には、このジャケットを見た瞬間、《ダイナ》や《ルビー・マイ・ディア》が頭の中に鳴り響きます。 [続きを読む]
  • デビシルアルバムのケニー・ホイーラーを聴こう
  • Gone To Earth/David Sylvianフリューゲルホーン奏者のケニー・ホイーラーは、ECMの『ヌー・ハイ』などでご存知の方も多いことでしょう。ヌー・ハイメロディアスで抒情的なフリューゲルを吹くホイーラーですが、デヴィッド・シルヴィアンの1枚目と2枚目のソロアルバムに参加した彼のプレイも、なかなか心に染みてきます。デヴィッド・シルヴィアンの耽美的世界との相乗効果で、切なさ倍増!秋!(今は、思いっきり梅雨の6月です [続きを読む]
  • ギタリスト ジーン・シモサト ジャパンツアー!
  • Absurdist Theater/Gene Essギタリスト、ジーン・シモサト(英語表記Gene Ess)。その名前を初めて目にする方も多いことでしょう。それもそのはず、ジーン・シモサト(ジーン・エス・シモサト)は、アメリカを拠点に活動しているベテランギタリストです。あの晩年のコルトレーンを支えたドラマー、ラシッド・アリとも共演していますし、カルロス・サンタナとの共演を果たしています。これまで9枚のアルバムを発表しているのです [続きを読む]
  • 真夏の夜の「信州ジャズ」
  • 「信州ジャズ」を聞きに行こう!今月6月12日。信州ジャズ”の本拠地、松本市にある松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)にて!8月12日(土)真夏の夜の”信州ジャズ”〜風景の見える音楽〜伊佐津さゆり(p)坂上領(fl)平石カツミ(b)平井景(ds,per)会場:長野県松本市・松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)/小ホール開場 17:30開演 18:00料金 : 一般 3000 / 大学生以下 1000※全席自由席(未就学児童の入場はご [続きを読む]
  • 中村尚子「春犬バンド」春犬バンド with RIQUO@BIT
  • 2017年7月7日(金)に江戸川区小岩のライヴカフェ「BACK IN TIME@Tokyo」にて、春犬バンドのライブが行われます。春犬バンド with RIQUO@BIT中村尚子 (p)ズズキケンタロー (b)ゲスト:RIQUO (vo)2017年7月7日(金)開場:19:00開演:20:00【料金】2,500+オーダー「BACK in TIME Tokyo」TEL&FAX 03-3659-0351江戸川区南小岩8−16−4http://www.bqrecords.net/backintime.htm [続きを読む]
  • 平井景スペシャル-Early Summer Tour 2017- 六本木C*LAPS(クラップス)
  • 2017年6月30日!今週金曜日!東京都港区六本木の「六本木クラップス」にて、ドラマー平井景率いるピアノトリオのライヴが行われます!平井景(ds)榊原大(p)村上聖(b)新曲を含む、感動と興奮の90分。さあ、六本木に“平井景ワールド”を体感しに行こう!!開場 18:30開演 19:30(90分1ステージ/休憩なし)料金:予約 3,800当日 4,300/学割あり(学生証ご提示で1,000引き)※別途、1ドリンク(700)をご注文ください※美味しい [続きを読む]