izu さん プロフィール

  •  
izuさん: うつ病SEのやるせないブログ ・ω・
ハンドル名izu さん
ブログタイトルうつ病SEのやるせないブログ ・ω・
ブログURLhttp://utu-sigoto.blogspot.com/
サイト紹介文うつ病になって仕事を休む日が続き休職、そして復職。SEがうつ病になってからのいきさつ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/10/18 12:15

izu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • うつ病患者の配偶者の心のケア
  • うつ病というと、患者さん本人に対する接し方。気遣いの方法等は、本で調べれば大抵の場合載っています。しかし、うつ病を看護する配偶者の方の心のケアと言うものについては、そう多くはありません。うつ病の患者に大抵ついてまわる不眠症に一緒に付き合っていたら、世話をする配偶者までが場合によってはうつ病になってしまう可能性がある非常にデリケートな問題なのです。よってここで配偶者の心のケアというものについて、簡単 [続きを読む]
  • うつ病患者に頑張れという前に知っておくべき当事者の気持ち
  • うつ病患者に「頑張れ」は禁句。そんな教えはネット上には見飽きるほど転がっています。しかし、うつ病もひとつの病気ですから、頑張って病気を克服することは必要ですし、つらい状況から立ち直るには「頑張る」という努力無しでは不可能です。つまり、どこかのタイミングで頑張らなければならないのは、うつ病患者といえども例外ではないのです。では、そのタイミングとはいつなのか? うつ病患者に接する者が「頑張れ」というエ [続きを読む]
  • うつ病患者として迷惑だった接し方&嬉しかった接し方を全て書きます
  • ご家族、ご友人がうつ病罹ってしまった場合、どのように接したらよいのか?この問題については、多くの本に書いてあります。大抵は「頑張れ」は禁句という言葉で記されていて、では具体的に患者さんが何にどのように苦しんでいるのかはあまり書いてありません。そして、接し方について書かれていても、当事者がどう接して欲しいか? の生の声が世の中に出回ることは多くない現状です。そして「頑張れ」という言葉は確かに禁句と言 [続きを読む]
  • 復職後は減薬と寛解の正しい解釈が大事です
  • 職場復帰も軌道に乗って、調子が安定してきたから、やはり誰もが「寛解」もしくは「完全寛解」を目指そうと思うのは当然のことだと思っています。抗鬱剤・安定剤・眠剤を毎回毎日服用しているのはやはり普通だとは考え辛いものがありますから…でも、あえて言わせてもらうなら、減薬は慎重に慎重を期して医者と相談の上で焦らず行って下さい。「うつ病」に対する世間の認知度は高くなりましたが、うつ病の再発予防には、症状が出な [続きを読む]
  • うつ病患者が語る復職後の注意点
  • 復職はゴールではなくスタート。うつ病になって、休職と治療に専念した先に復職という、ひとつのステップに到達するとそれがゴールであるかのように感じてしまい、ひいてはうつ病が完治したと錯覚してしまう人が少なくありません。もちろん、復職できたことは大変喜ばしいことには違いないのですが、本当に大事なことと大変なことは、復職後の人生なのです。そういうわけで、うつ病発症から休職を経て復職しようとするあなたに私か [続きを読む]
  • 体験版 復職に向けた睡眠薬の調整方法
  • うつ病で休職後、治療の効果があって、お薬を飲めば何とか一日を無難に過ごせるようになった場合。このあたりから復職というひとつの再出発が視野に入ってきます。診断書の期限が残り1ヶ月となった場合なのですが、今までと特段意識して変更しなければならない生活方法はありません。そうは言っても、うつ病で苦しんだわけですからそれなりの対策をしなければ、うつ病の再発という願わない結末が訪れてしまいます。現実に1ヵ月後 [続きを読む]
  • うつ病患者が転院する前に考えて欲しい二つのリスク
  • 主治医との相性が悪かったり通院先の治療方針に納得がいかなかったりすると誰だって転院を考えるものです。とりわけ、うつ病の治療については主治医との信頼関係の元で治療関係が成立していると言っても過言ではありません。その治療関係が、ひとたび崩壊してしまえば、転院を検討するのは患者としての権利でもあります。ただ、内科のかかりつけを変更するかのように簡単に病院を変えられるわけではないのが心の病気です。いずれの [続きを読む]
  • 過去の記事 …