金森秀晃 さん プロフィール

  •  
金森秀晃さん: 金森秀晃オフィシャルブログ「リアルライフ」
ハンドル名金森秀晃 さん
ブログタイトル金森秀晃オフィシャルブログ「リアルライフ」
ブログURLhttps://ameblo.jp/hidez51/
サイト紹介文ZAC(http://f-zac.com/)代表、金森のオフィシャルブログです。幅広く綴っています。
自由文近著「凹んだ数だけ強くなれる29の法則(http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862804497?refRID=JWYTX9EK27K9C04HF4VX&ref_=pd_rhf_gw_p_img_3)」がアマゾンの2部門で第3位を飾るなど、絶賛重版出来、好評発売中です!落ち込まされることも多い、社会の荒波を泳ぎきっていくための技術が詰まった一冊です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2015/10/18 21:53

金森秀晃 さんのブログ記事

  • 夏から始めるハンドリフレボランティア!その魅力とは
  • こんにちは。ハンドリフレトレーナー・講師の三上絢愛です。今日は金森のブログをジャックいたします。 ハンドリフレのボランティアに参加するようになってから約10年。 昔の私はボランティアには全くといっていいほど興味がなかったのですが、今ではハンドリフレでボランティアに参加できるチャンスがあることに毎回感謝をしています。 皆さんは「ボランティア」というとどのようなイメージがありますか? ボランティアをする [続きを読む]
  • 「割れ窓理論」で強い組織を作る
  • 先日ブログでご紹介しましたが、6月下旬に本社を移転しました。何らかの形で移転のご経験がある方も少なくないと思いますが、移転はとにかく大小様々な決断の連続ですよね。(とか言いつつ、ほどんどスタッフのみんながやってくれていたのですが(^^ゞ) 日常業務や移転や転職など、環境が目に見えてガラッと変わった時、何とか適応しようと目の前の対処にやっきになってしまいがちです。そんな時、スタッフの皆に大事にしてもらっ [続きを読む]
  • 女性が“本当の意味で”活躍できる会社を目指す!
  • ワークライフバランス、女性の活躍が叫ばれる昨今ですが、果たして本当に女性が生き生きと活躍できる世の中は作られているのでしょうか? 今のところ、私にはただ、女性に無理を強いている世の中のような気がしてなりません。 ・男女平等、男と同じように、闘え・男性と同じように同じ土俵で勝負せよ・妻として夫を支えよ・女なんだから妻として家事をせよ・母親になれ、子どもを作れ・母親として子どもに愛情を注げ・預ける場所 [続きを読む]
  • 優秀な人って、どんな人?
  • こんにちは!コンサルティング事業部、バリーこと榊原です。今日も金森社長ブログをジャックします! 皆さんは、「優秀な人」の条件って何か考えたことがありますか? ・営業マンなら、売上を上げられること?・人事担当なら、いい人を沢山採用できること?・お医者さんや看護師さん、介護士さんなら患者さんのケアが丁寧かどうか?なんてことも考えられるでしょうか。 …敢えてこう表現しますが、「ただ」現場実績が優秀なだけの [続きを読む]
  • じゃあ、どうする?
  • 壁にぶつかる。恐らく経験がない方は、ほどんどいらっしゃらないのではないかと思います。壁への対応としては、挑む、別の方法を考える、時が過ぎるのを待つ、見なかった事にする…など様々な選択肢があります。 様々な選択肢のうち、私が選ぶようオススメしているのがまず「自分に原因がある」と考え・言葉にすることです。それは人間は壁にぶつかった時、無意識レベルで「○○が悪い」「??がああしてくれてれば」「▲▲がなか [続きを読む]
  • 本当のワークライフバランスとは?
  • 「働き方改革」という言葉が社会に広まるにつれて、「ワークライフバランス」という言葉が一般化してきたように思います。一般的には仕事とプライベートのバランスと捉えられており、特に勤務時間の問題は「家族との時間や自分の勉強など、プライベートの時間をどのように確保するか?」といった観点からも重要視されていると思います。 自分の時間を確保するコツとして、大事なのは「スケジュールの組み方を変える」ということで [続きを読む]
  • 「?実るほど、頭を垂れる稲穂かな?」は“リアル”だと思った瞬間
  • 私は今でも、年に200回以上の研修を直接担当させて頂いているのですが、1日の中で2回研修を行うこともございます。先日、たった1日で、両極極端のリーダーにお会いする機会があったのでその時、感じたことをブログにしてみようと思います。 いやぁそれにしても濃い1日になりました。笑?午前そのリーダーとの出会いは、全体向けのコミュニケーション研修。 “いやぁなんだかこの病院の方々はみんな気持ちいい方ばかりだなぁ” [続きを読む]
  • 律するのも仕組み化が大事!
  • 「自分を律する」って難しいですよね。(つい先日も大の甘党の私は、お客様から頂いたお菓子を「一コだけ・・・」と思ってたのに、一気に半分以上食べてしまいました(^^ゞ)ご存知の方も多いかもしれませんが、アメリカ合衆国建国の父の一人であるベンジャミン・フランクリンは、自分を律するための自分ルールを作成し、それを週替わりで実践していたと言われています。 そのルールとは、「暴飲暴食をしない」「自分にも他人にも不利 [続きを読む]
  • ピンチをチャンスに!“本気の”ハラスメント対策で組織を変える???!?
  • 教育、研修という分野は、「わかっちゃいるけど・・・」というわかっていてもなかなか手が付けられない分野だったりします。いわゆる、第二象限、「緊急性は低いけれど重要性は高い」ものです。確かに、やりたいとは思っていてもなかなかコストをかけづらい分野でもありますよね。(長年、教育の分野に携わっている者として非常に強くその傾向を感じます) しかし、今、あるキーワードをきっかけにして、風土改善、教育、仕組み作 [続きを読む]
  • 責任感の形
  • 自分に厳しくて真面目で責任感がある人物に、役職を任せる。これは組織からすると期待の現れになります。一方で、役職を担うにあたり、そういう人物だからこそのお悩みも多かったりします。 その中のひとつに「自分の仕事を他人に頼めない」というものがあります。例えばプレーヤー業務の割合はそのままで仕事量だけが増えてしまった。まだ自分が不慣れだからなと、持ち前の責任感でやっては来たものの、一向に状況を変えられず、 [続きを読む]
  • 7/1 Fee’zコースリニューアルします!
  • こんにちは!エナジーサロンFeez店長の富久です!今日は私がブログをジャックします! 突然ですが、なんとなく体調が優れないなんとなくやる気が出ないなんとなく何をやっていても楽しめない最近こんな事をお感じになったことはありませんでしたか? Fee’zがオープンしたのは17年前。時代は変わり、生活環境や社会背景の変化に伴い、お客様が抱えてらっしゃるお悩みにも、変化が感じられ、時の流れを実感せずにはいられません。 [続きを読む]
  • ブレイクスルーしよう! 〜変化することを前提に〜
  • 「勉強が出来ることと仕事が出来ることは、必ずしも比例するとは限らない」こんなことが話題にあがることってありませんか? 例えば、学校の勉強や資格試験であれば、過去の問題をある程度解けば、出題のパターンや前提条件がわかるし、成功(合格)への近道も明確にしやすい(答えが分かりやすい)ですよね。 ですが、仕事では答えが分からないことの方が多いですし、それが正解かどうかはすぐに決められるのは難しいと思います [続きを読む]
  • これからの?組織に「理念浸透」が求められる本当の?理由
  • 理念浸透のために色々工夫をしているのに、一向に浸透していないような気がする、どうしたらよいのだろうか?というお悩みを伺うことが増えてきました。 それほど、多くの法人様が理念の重要性について認識なさる方が増えてきたということなのだと思います。 ?「企業理念浸透に関するアンケート調査」結果報告 必要性は認識するも進まぬ理念の浸透https://www.hrpro.co.jp/research_detail.php?r_no=77 こちらの記事からも読み [続きを読む]
  • サッカー日本代表 本田圭祐選手の美学に迫る
  • 「他人のせいにするな!政治のせいにするな!!生きてることに感謝し、両親に感謝しないといけない。今やってることが嫌ならやめればいいから。成功に囚われるな!成長に囚われろ!!」 サッカー日本代表の本田圭祐選手が、若者の自殺に関する記事を引用し、上記のメッセージをTwitter上に載せました。 身近な方を自殺で亡くした方からは配慮にかけるのではないかという物議も醸しましたね。 デリケートな分野だけに、言葉足らず [続きを読む]
  • 「いつか」ではない、任せるときのために
  • こんにちは!コンサルティング事業部、バリーこと榊原です。今日も金森社長ブログをジャックします!先日、大学時代からの友人と会って食事をする機会がありました。彼らは卒業後早々に結婚し、今では1男2女の父と母!その日は「おばあちゃんちに子供は預けてきた!」とのことでしたが、お母さんの方からこんな話が出てきました。 「今でこそダンナに子供達を任せて、一人で出かけられるけど、最初はすっごく不安だったのよ!ただ [続きを読む]
  • スルー力を身に着ける
  • 「良い人なんだけど、ちょっとこの人苦手だな・・・」そういう方の対応について、どうしたらいいでしょうか?研修中にこのような質問をいただくことがあります。誰かを苦手に思うのは、心が狭いのではないか、自分のコミュニケーション能力が低いのではないか、などと、良心的で我慢強い人ほど自分を責めてしまいます。 ですが、大事なのは苦手な人を好きになる方法を考える事ではなく、苦手だと認めた上で相手と関わっていく事を考 [続きを読む]
  • ”やる気モード” スイッチON!
  • 先月、マリナーズのイチロー選手が球団の特別顧問に就任したニュースをご存知の方も少なくないと思います。このような役割を担うことになったのは、他の選手が教えを乞うモデルになることで、チームの勝利に貢献できると考えたからなのだそうです。 イチロー選手といえば、ルーティーン。ルーティーンが生産性を上げることは既知のことと思いますが、それだけではなく、ストレスに強くなるトレーニングとしても有効なんです(^^)毎 [続きを読む]
  • 成果を出すためには勉強を止めるのが効果的?!
  • コンサルに伺うと、「彼は休日に勉強したり、セミナーなんかにも自主的に行ってるんだけど、なかなか結果に結びつかないんだよね・・・」という相談を受けることがあります。(やる気もあって非常によいように思いますが、確かにこうした事例はなんだかもどかしいですよね。)そんな時によくお伝えするのは、「成果が出ない勉強はいち早くやめさせてあげてください!そして、まずは小さくてもよいので行動して失敗させてあげてくださ [続きを読む]
  • 二人の「ママ」の注意の仕方に想いを馳せる
  • 先日、待ち合わせの時間に早く着きすぎてしまった私は、その時間まで一息つこうと思い、ファミリー向けのレストランに入りました。 その中にはある二組のママさんとお子さんが(*´▽`*) 微笑ましく眺めていると・・・ ママとレストランにきて、テンションが上がってしまい、大きな声で話す子供をみて・・・ひとりのママさんは、 「うるさいよ、静かにしなさいって言ってるでしょ(>_いうこときけないなら、もう連れてこないからね! [続きを読む]