ここまふぃん さん プロフィール

  •  
ここまふぃんさん: 海の向こうでピアノに励む日常
ハンドル名ここまふぃん さん
ブログタイトル海の向こうでピアノに励む日常
ブログURLhttp://cocomuffin.blog.fc2.com/
サイト紹介文ピアノって難しい。でも楽しい。 思うように弾けないけど、日々練習に励むピアノ大好き主婦です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/10/19 00:54

ここまふぃん さんのブログ記事

  • リーズ国際ピアノコンクールNY地区選に繰り出す
  • 今年9月に行われる リーズ国際ピアノコンクール。そのニューヨーク地区選に先日行ってきました。上の写真は受付でもらった コンクールのロゴがはいった布のバック(ピアノの楽譜を横にして入れても余裕があるような特大サイズ!)と第一ラウンド全68名の写真とレパートリーがのってる質のいいパンフレット。地区選はのロケーションはロンドン、ベルリン、シンガポール そしてニューヨーク。地区選の第一ラウンドは 事前にオ [続きを読む]
  • 再び!チャイコフスキー10月ゆっくりめ
  • 前回レッスンで合格したのが嬉しくて 間違えだらけの音源をアップしてしまって、ちょっと後悔してます。ブロ友の Nさんは 「ミスはわかりませんでしたよ」と優しいお言葉を残してくれたのですが 自分で 聞くとミスが目立つ目立つで消したくなりました。彼女はご自身のブログでたくさん演奏動画をだしてらっしゃいますが、演奏は いつも丁寧で ほとんどミスもない演奏動画なのです。私も公開するならもう少しミスが少ないの [続きを読む]
  • 練習動画 チャイコフスキー 秋の歌(10 月)
  • ずっと練習していたチャイコフスキーの10月(秋の歌)今週の始めのレッスンの前に録音してみました。この10月 秋の歌とも呼ばれている)チャイコフスキーが1月から12月まで一か月ごとにロシアの風物詩を曲の題材として作曲した全12曲のピアノ曲集(四季)の中の一曲。アレクセイ・ニコラエヴィチ・トルストイ (1883-1945)によって詩も作られています。        わたしたちの庭から秋が        金色の木の葉の [続きを読む]
  • バッハ 左の3度の和音を滑らかに弾く練習中
  • バッハのイタリア協奏曲2楽章。活気のある一楽章に比べて、あまり動きのない、ゆっくりした曲なので、パスしようかなと思ったのですが、先生の強い勧めでバッハイタリア協奏曲2楽章を練習してます。弾いてみるとなかなか難しい。何が難しいかというと、左の3度の和音を 滑らかに右手を引き立たせるように 静かに弾くこと。右手は 16分音符と32分音符が主で きれまのない旋律を奏でるのですが、ちゃんとコントロールした [続きを読む]
  • レッスン記(2/1)塊としての音の大きさで弾く
  • 2月初めに行った3週間ぶりのレッスンの記録…忘れないうちに。バッハ イタリア協奏曲 2楽章一回目のレッスン。一楽章ばかり練習してたので ほとんど譜読み状態で行ってしまいました。左は ほとんどが3度の和音と 「ボン、ボン」というベースの音。一楽章に比べるとずいぶんシンプルですが、和音の上の音のメロディをきれいに奏でるのが難しい。最後まで弾くと 先生の待ってました!とばかりの注意がはいります。今回もいつ [続きを読む]
  • バッハイタリア協奏曲 新しい練習法
  • イタリア協奏曲一楽章練習にのめり込み中です。毎日の練習をこの曲から始めてしまうのでチャイコフスキーの秋の歌(10月)も先生に『みといてね』と言われてる2楽章も時間切れで練習できてない状況。でも バッハの練習てどうしてこう楽しいのでしょう〜?他の曲だと ある程度の期間 練習したら、あきてきてしまうのですが、バッハの曲は 練習すればするほど 楽しくて のめりこんでしまう。なぜこんなにバッハの練習は面白 [続きを読む]
  • この方法で毎日練習を続けたら、、、
  • ・・・・プロより上手いトリルが弾けるようになるよ!な〜んて嬉しい事を提唱している方がいます。みなさん この方のことご存知でしょうか?名前は Josh Wright. ジョッシュ ライトアメリカに住むピアニスト・ピアノ教師。YouTubeのチャンネルで ピアノ演奏のチュートリアルをたくさん 出してらっしゃいます。それもご自身の実演で。彼自身も前回の ショパンコンクール で ワルシャワの舞台に立った経験もある優秀なピアニストで [続きを読む]
  • やっぱりやる事になった2楽章
  • 先週 今年一回目のレッスンに行ってきました。今回は 前のレッスンから二週間ちょっとしか経ってなくて まずまずのスタートです。最高気温でもマイナス10度ぐらいだった寒い〜日が続いていて、「寒いですね〜」と言いながらレッスン室に入ると、「ロシアでは これが普通です」とタフな先生です。スケール/アルペシオ/コードはCマイナー。旋律的短調音階が逆行の時またひっかかってまた次回に持ち越し。レッスン 一日前にし [続きを読む]
  • 2017年のまとめ
  • 2017を振り返るにあたり 去年初めからの 自分のブログを読み返して見ました。年明けは 結構意気揚々とピアノに望んでたな〜ブログも結構頻繁に更新してました。でも 引っ越しなど忙しい事が続き夏は四ヶ月もレッスンに行けなかったな〜年越しで練習してたのが シューマン トロイメライシューマンって、譜読みが面倒で避けてましたが、先生の勧めで初挑戦しました。みなんさんが言うように、短いけど難しかった。なかなか理想の [続きを読む]
  • 2017年最後のレッスンと新年のごあいさつ
  • 新年あけましておめでとうございます〜! とは言っても、こちらはまだ2017年の大晦日です。予定では、朝早くから このブログで今年の反省、最後のレッスン記、そして、新年のご挨拶を書いたあと、みっちりピアノの練習 ??????のはずでしたが、やっとこうやってパソコンの前に座れたのは夕方になってしまいました。もちろんきのうからピアノには指一本ふれてません。。。きょうは、イブのパーテイをうちでやる事になっ [続きを読む]
  • メトロノーム vs 数えながら弾く
  • 最近 レッスンが 1ヶ月ぐらいあく状態がつづいてて、コツコツ練習はしてますが、これって独学とあまり変わらないなあ〜って感じの今日この頃です。最後にレッスンに行ったのは 11月の後半だったかな〜。そのとき 先生がやけに うきうきされてたので、「どうしましか〜?」って聞いたら 「12月に2週間カリブに行くのよ。楽しみでもう荷造りしちゃった』と子供のようにはしゃいでいた先生。という事でまたレッスンがあい [続きを読む]
  • くじけそう〜 でも楽しいバッハ
  • (☆ 間違って 前の記事消してしまいましたので再度・・・)また更新があいてしまったので 近況です。今取り組んでる バッハのイタリア協奏曲。む・ず・か・し・い〜!!なんでこんな曲選んでしまった・・・身の程知らず・・・なんて 自分をののしっても もう遅い・・この曲って 最初から、最後まで 一体 全体 まるで チェル二ーの練習曲ではありませんか〜!youtubeでみたシフさんの演奏。いかにも簡単そうに 楽しそう〜に弾いてらっし [続きを読む]
  • ♪苦しくったって〜 平気なの ♪ 手強い バッハ様
  • また更新があいてしまったので 近況をちょっと・・・今取り組んでる バッハのイタリア協奏曲。む・ず・か・し・い〜!!なんでこんな曲選んでしまった・・・身の程知らず・・・なんて 自分をののしっても もう遅い・・この曲って 最初から、最後まで 一体 全体 まるで チェル二ーの練習曲ではありませんか〜!youtubeでみたシフさんの演奏。いかにも簡単そうに 楽しそう〜に弾いてらっしゃる。シフさん、マスタークラスで「チェル二ー [続きを読む]
  • シフさんレッスン 〜 イタリア協奏曲編
  • ジュリアード学院での アンドラス シフ氏のマスタークラス。時間が経ってしまって覚えてるだけですが 書いてみます☆マスタークラスの 大まかな内容と曲目は 前の記事をご覧くださいね。これ→ シフさんマスタークラス 10/19私の勝手なシフさんの印象は すごく真面目そうで、優しくて、教え方も そういう感じなのかなと思ってました。ところがどっこい。私が思ってた印象とは ちょっと違う方でした。まず、しょっぱなから、「イ [続きを読む]
  • 夢のフランス組曲♪ 練習音源
  • フランス組曲2番アルマンド。 今週初めに行ったレッスンで、「 ま、いろいろ言うことはありますけどね。大分 良くなったので これで終わりにしますか? あとは自分で練習するといいわね。」と言うことで 一応 終了になりました。よく 「自分の演奏を録音して聞くのが上達の近道」なんて事を 聞きますけど この曲は この録音が初めて。というのもこの曲を練習してると 永遠~・・に弾いてしまうのです。 それに この美しいメロディ [続きを読む]
  • シフさんの マスタークラスに行って来た〜 ♪!
  • 先日 ニューヨークのジュリアード音楽学院で行われた アンドラス シフ氏のマスタークラスに行って来ました!マスタークラスと言っても もちろん私は聴講の身です。それでも まるで 自分が レッスンを受けているような 錯覚も覚えるくらいとっても丁寧な、実になるマスタークラスなのでした。シフ氏といえば 世界各地で マスタークラスを教えられいて、youtubeでも動画が 沢山出てます。 私も たまに 動画をみていたので 「実物の [続きを読む]
  • ダニールトリフォノフによる 幻想即興曲 (動画)
  • 私の好きな ダニールトリフォノフ君の 新らしいCDが発売になりました。最近 ローカルの クラシックのラジオ局で 頻繁に 流れてるので知りました。タイトルは 「 Chopin Evocations」 ドイツグラモフォンから 10月6日に発売。(アメリカ)2枚組で ショパンの曲のほかに、グリーク、モンポウ、シューマン、チャイコフスキーなどの曲も 含まれているようです。ダニール君といえば 今 超 売れっ子で休む暇もなく 世 [続きを読む]
  • レッスン♪ ハーモニーの変化を感じて弾く
  • 今週 行った レッスン記録です ♪レッスン室に入るなり、  「イタリア協奏曲の楽譜は 持って来た〜?」と 先生。  「はいっ」と答えると  「グッ〜ド!」先生、 なんだか 嬉しそう。よほど 先生の 好きな曲なんだなと思いながら ピアノの椅子に 向かう♪フランス組曲 2番 アルマンド 今日は 2回目と言うことで 細か〜い注意が入る。○ 長さの違う音符を全部同じ音で弾かない! あ〜 また注意されてしまった。8分音符 [続きを読む]
  • グレングールドのこんな本 「テンポから外れた? 人生」
  • 最近 まんねり〜な日常を 送ってますが、先日は こんな素敵な出会いがありました。それは これっ! ↓図書館で 料理の本を探してて 偶然 出会ったこの本。グールド氏の顔が 大アップ!!! よく見ると 写真では なく、イラストです。タイトルは Glenn Gould - A Life Off Tempo (テンポから外れた人生・生涯!?)”変なタイトルだな” と思いながらパラパラ とページをめくると グールド氏が ピアノに向かっている姿と [続きを読む]
  • 4ヶ月ぶりのレッスン♪
  • きのうは4ヶ月ぶりのレッスンに行ってきました。「久しぶり~」と円満の笑顔とハグで迎えてくれる先生。まずはスケールから。(ずっと練習してなくて どの調かも忘れてたけど、レッスンノートで調べたら E♭ dur のスケールでした )スケールは 前日速攻で練習して、まあまあ弾けた。次は アルペシオ で ショートとロングの2種類。先生が 「ショート」と呼ぶこのアルペシオは 4音のアルペシオを1音づつづらして 4オクターブ登って降 [続きを読む]
  • 心機一転!?
  • 最後の更新からまた随分経ってしまいました。やっと 子供の新学期が 始まったかと思ったら家の修理とかあったりして、忙しい日々を過ごしてました。先日 先生に やっと 予約のメールを入れたら、"I'm so glad to hear from you" (連絡してくれて嬉しいです!)きっとあまりにも 長い間レッスンに来なかったので、自然消滅で辞めたと思われてたのかな〜なんて思ってしまいました。夏の間 真剣にピアノに向かうことのなかった私。レッ [続きを読む]
  • バッハシンフォニアのお手本見つけました
  • 久しぶりの更新です。更新も ピアノブログの訪問の方も怠っていますが、ピアノの練習は 「ボチボチ」してます。いや、「ボチボチ」の「ボ」程度しかしてないかも。よくひいてるのは ショパンノクターン一番。練習と言うより 「流し弾き」を何回かして、終わり〜って感じで部分練習しないので 弾きにくい所はいつまでも弾きにくいまま。エチュードの25ー2もたまに弾いてますが、未だに指のもつれ度はなかなか解消できない〜レッスン [続きを読む]
  • 練習音源♪バッハシンフォニア4番
  • 昨日の きょうですが シンフォニア4番録音してみました。メランコリーなメロディが好きです。テンポは遅いです。私が速く弾くと メランコリーさがなくっなってしまう気がしてゆっくり弾いてます。3声の横のラインが流れていないところ多々あり〜。3声を常に フォローしながら、弾くのは本当に難しい。耳が3つあったら常に3声を弾き分けらるかしらん〜?。間違えないで上手くいきそう!と思ったとたん、間違えてます。♪── [続きを読む]
  • 復活 ⁉? 近況です(#^.^#)
  • 暑中お見舞申し上げます・・・毎日暑いですね。日本の あの 朝から汗が吹き出るような暑さはないですが こちらもそれなりに暑いです。冷たいものばっか飲んで胃腸も荒れ気味(≧∀≦)更新滞ってて ごめんなさい。一体毎日何してるかって?何をしてるわけでもないですが、毎日慌ただしく ピアノからかけ離れた生活をしてます。子供の夏休みが始まって、(大学は 5月中旬から 、高校までは 6月中旬から夏休み)もう、2ヶ月近く この いつ [続きを読む]