桔梗 さん プロフィール

  •  
桔梗さん: まっぴら御免なすって
ハンドル名桔梗 さん
ブログタイトルまっぴら御免なすって
ブログURLhttp://banbanzai777.blog76.fc2.com/
サイト紹介文坂東玉三郎さんの大ファンの皆様と舞台の感想や最新情報を交換しつつ玉さん愛を熱く語り合うお座敷です
自由文坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも!すべてに魂を揺さぶられ〜!みなさんに気軽に上がっていただいて玉さんのお喋りにうつつをぬかし酔いしれるお座敷「玉さんブラヴォーーーッッッっ!」の間。八つ橋さんが、お園さんが、お座敷に上がる時の一声、まっぴら御免なすって〜」が大好きでタイトルにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/10/19 20:51

桔梗 さんのブログ記事

  • またまた、びっくり仰天。
  • 16日に歌舞伎座「夜の部」に行って参りました。玉三郎さんが岩永左衛門で、梅枝さんが阿古屋のBプロです。岩永さんは、観れば観るほど、オオォォォ〜ッ!となりました。首を動かす時に、文楽人形のかしらと胴体のように、べつべつのパーツで組み立てられているように見えたのです、ひょぇ〜。肉体をどうやって動かすと、あんな風にカクカクと動くのでしょう。岩永さんが胡弓を弾くところでは、場内がワッと沸いてホッと心が和みま [続きを読む]
  • 勘三郎さんの追善特別番組
  • 16日に勘三郎さんの七回忌追善特別番組が放送されます。玉三郎さんもご出演の予感が。きっと、あの舞台と、あの舞台と、あの舞台と…お二人のご共演が拝見できるのではないかなぁ、と、妄想しております。16日は、岩永さんと傾城様に会いに歌舞伎座へ行って参ります。帰ってから、テレビで玉三郎さんに御目文字が叶いますように。下記、歌舞伎on the webのサイトより、抜粋させていただきます。「<BSフジサンデースペシャル>七回 [続きを読む]
  • 14日は、テレビで玉さん。
  • 玉三郎さんがご出演になられる番組が、続々と。「おはよう関西」は、文字通り関西地域のみの放送なので、関東勢は涙を飲みましょう。ゴクリ。あぁ、しょっぱい。■にっぽんの芸能12月14日(金)午後11時00分〜 午後11時55分 「伝心〜玉三郎かぶき女方考〜“仮名手本忠臣蔵 お軽”」歌舞伎女方の人間国宝、坂東玉三郎が「仮名手本忠臣蔵」に登場する恋する女「お軽」の心と役作りの工夫を語る。恋人・早野勘平と駆け落ちしたお軽。 [続きを読む]
  • 特選歌舞伎〜坂東玉三郎特集〜@衛生劇場
  • 来年1月は、「衛星劇場」にて、特選歌舞伎〜坂東玉三郎特集〜が放送されます。何と豪華6本立てです。シネマ歌舞伎をお家で楽しめるとは嬉しいですね。伝説の「桜姫東文章」も拝見できます。お正月は、シネマ歌舞伎「沓手鳥孤城落月」と「楊貴妃」もありますからね。玉さんの公演はありませんが何とか越冬できるかな。その1 <シネマ歌舞伎>「阿古屋」 その2 <シネマ歌舞伎>「二人藤娘/日本振袖始」 その3 <シネマ歌 [続きを読む]
  • 「片岡仁左衛門さんに聞く…歌舞伎役者と松竹のフシギな関係」
  • 9日(日曜日)放送のTBS「がっちりマンデー」は、特集「年間興行収入127億円!歌舞伎ビジネスのウラ側に潜入!    歌舞伎チケットの法人営業って?小道具さんもスゴい!とのことです。ゲストは、なんと松竹株式会社代表取締役社長 迫本淳一社長そして、片岡仁左衛門さんへのインタビューもあるようです。予告にも、仁左衛門さんがご登場。歌舞伎俳優の舞台稽古に密着が、玉さんだったらいいですねぇ。[番組内容]★今回は「松竹 [続きを読む]
  • 驚愕&陶酔!@ Bプロ
  • 5日は、歌舞伎座夜の部「Bプロ」を拝見いたしました。玉三郎さんが岩永で、児太郎さんが阿古屋の日です。玉三郎さんの岩永左衛門は、想像を遥かに超えた人形振りでした。と言うよりも、振りじゃなくって、人形です、人形そのもの。玉三郎さんがまったく消えているのですが、その消え方も鬼や蜘蛛や大蛇などの変化ものの時とはまた打って変わって人間に近い人形なのに、よくもまぁここまで変われるものだなぁ、と。憎々しいけど愛嬌 [続きを読む]
  • NHK「ニュースウオッチ9」に、玉三郎さん。
  • 歌舞伎on the webに、玉三郎さんのテレビご出演情報が掲載されています。うわぁ〜い。「阿古屋」の稽古風景や初日の舞台映像が拝見できるみたいですっ。明日の夜は、歌舞伎座なので録画予約しました。帰ってからのお楽しみです。NHKさんに感謝!下記、歌舞伎on the webのサイトより抜粋させていただきます。12月5日(水)21:00〜22:00 NHK総合「ニュースウオッチ9」坂東玉三郎ほか出演 今回は今月歌舞伎座の「十二月大歌舞伎」 [続きを読む]
  • 玉三郎さんの阿古屋に逢えました。
  • 十二月大歌舞伎の初日に、出かけて参りました。Aプロですから、玉三郎さんの阿古屋です。2015年10月に歌舞伎座で上演されて以来ですから3年2ヵ月ぶりに、逢瀬が叶いました。花道から、あの素晴らしい孔雀の俎板帯で登場された瞬間、私の全身の60兆の細胞がジュパジュパジュパ〜ッと秒速でうるおいました。あぁ〜阿古屋だ〜阿古屋だよ〜阿古屋〜っと、また逢えた喜びで胸がいっぱい。なんて美しくて、華麗で、品が良くて、カッコい [続きを読む]
  • 初日おめでとうございます!
  • いよいよ本年を締めくくる十二月大歌舞伎が開幕です。玉三郎さんの阿古屋に岩永に傾城に、そして梅枝さんと児太郎さんの阿古屋に、と見どころいっぱい。何回通うのでしょうかね、うしし。そしてそして、二月大歌舞伎の演目が発表になりました。うひょ〜〜〜〜〜!「名月八幡祭り」でございます。初世尾上辰之助さんの三十三回忌追善狂言なのですね。噂に聞いた、あの美代吉さんを拝見できるなんて!!!!!嬉しい嬉しい〜嬉しい〜 [続きを読む]
  • 京都南座で、阿古屋!
  • 来年3月「坂東玉三郎特別公演」の演目がついに発表になりましたね。新しくなった南座の、あのほどよい広さの劇場で、阿古屋と傾城にお目にかかれるとは嬉しい限り。南座から歩いて11分程(細かい)のところにある六波羅蜜寺には阿古屋塚がありますから、これまた思いもひとしおです。また、なで牛くんも、あちこちなでなでしてこなくちゃ。早春の京都に思いを馳せて、いつ行こうかなぁと来年3月のカレンダーを早くもめくって計画開 [続きを読む]
  • 二月大歌舞伎に玉三郎さん!
  • 歌舞伎美人ではまだ発表されておりませんが、チケットセディナというサイトにて、二月大歌舞伎にご出演の皆さまの顔写真がずら〜〜〜〜りと、豪華に出そろっています。坂東玉三郎さん片岡仁左衛門さん尾上菊五郎さん尾上菊之助さん中村吉衛門さん尾上松緑さんするってーとー何かい?仁左玉コンビの共演はあるのかい?と聞いてみたくなりますよね。演目はなんでしょうか。それは来月2日のお楽しみに。二月は豆まきもありますね。玉 [続きを読む]
  • 「伝心」の第4回目は!
  • 玉三郎さんのホームページのメディア出演のご案内がだいぶ前に、下記のように更新されていました。「にっぽんの芸能」放送局: NHK Eテレ日 時:2018 年 12 月 14 日 (金) 23 時 〜 23 時 55 分 再放送:2018 年 12 月 17 日 (月) 12 時 〜 12 時 54 分きっと「伝心」かな、何が出るかな、何が出るかなぁ〜♪と、あれこれ想像してはニマニマしていました(不気味)。NHKの番組サイトではまだ発表になっていませんが、小耳にはさ [続きを読む]
  • 「愛の讃歌コンサート」グランドフィナーレ♪♪♪
  • 17日に大阪狭山市で開催されました「越路吹雪を歌う 愛の讃歌コンサート」の大千穐楽へ行って参りました。待ちに待っていたのですが、とうとうラストになっちゃったと思うと、うぅ、さびちー。関西空港から南海本線と高野線を乗り継いで約1時間、14時過ぎに大阪狭山駅に到着。初めて訪れる地でしたので無事に辿り着いてホッ。SAYAKAホールの近くにある自家焙煎のカフェ「リトルアイランド」にて小休止しました。珈琲豆の種類が豊 [続きを読む]
  • 八千代座ブラヴォーッ! その3
  • 今回の八千代座の解説では、後見の役割についても、玉三郎さんがくわしく説明してくださいました。そして、八千代座ではたぶん初めてお弟子さんのお名前をご紹介になり、後見とシテ方がひとつになってこその歌舞伎役者でございます、とお弟子さんのお仕事ぶりをたっぷりお話してくださいました。玉三郎さんがお話をされている時、玉雪さんは、笑いをこらえる表情になったり、一点を見つめて感無量の表情をされたり。いつも無表情の [続きを読む]
  • 八千代座ブラヴォーッ! その2
  • 今年の八千代座の「映像×玉三郎さん本体コラボ企画」で、何より狂喜乱舞しましたのは、「鏡獅子」の獅子のパートも実際に演じて見せていただけるというサプライズの追加変更があったことでした。うわぁ〜ヤッタ〜!の段ではございません。弥生さんだけでも大歓びでしたが獅子さんにも会える!と嬉しくて飛び上がりました。キャッホー!なんたって玉三郎さんの獅子は、カッコいい!カッコ良すぎます!あんなに凛々しくて精悍な人間 [続きを読む]
  • 八千代座ブラヴォーッ!その1
  • 今年は11月2日から4日まで、二泊三日で八千代座へ玉さん詣に行って参りました。初詣よりも、大事な年中行事になっております。まずは11月2日の玉三郎さんの「口上」について書かせていただきます。羽織りとお着物姿でご挨拶される玉三郎さんのピンクの帯締めがパッと目に飛び込んで、なんて綺麗なピンク!と思いました。お着物の裾の方の生地のピンクと同じ色合いで、すごく素敵でした。今年も、京丹後のお着物の展示がありました [続きを読む]
  • 八千代座三日目熱々レポ  by 京にんじんさん
  • 今日も!三連チャンで八千代座に参戦された京にんじんさんが、熱々レポ第三段を送ってくださいました。毎度、どうもありがとうございます。感謝の嵐です。明日の山鹿行きに備えて、もう眠ろうかなぁと思っていましたが(はやっ)レポを読んで、目がパッチリ冴えました。寝ている場合じゃないっ。こちらにご紹介させていただきます。3日目の八千代座3日目も無事終了しました。口上ではいきなり新ネタ。「ホタル」の話をされました。 [続きを読む]
  • 八千代座二日目熱々レポ  by 京にんじんさん
  • 八千代座遠征中の京にんじんさんが、二日目の熱々レポを送ってくださいました。どうもありがとうございます。舞台上の玉三郎さんの御姿が浮かんできました。そして、今からワクワクドキドキが止まりません。楽しみだなぁ〜楽しみだなぁ〜がどんどん膨らんでソワソワと明日の荷物の準備をしているところです。京にんじんさんによると、山鹿の気温は現時点では20℃前後。風もなく穏やかなお天気だそうです。コートはあってもなくても [続きを読む]
  • 八千代座初日 熱々レポ by 京にんじんさん
  • 八千代座初日おめでとうございます。今日の初日、どうだったかなぁ、うぅ、気になる気になる、寝られないよー、と思っていたところへ、我らが遠征クィーンの京にんじんさんが、さっそく初日の熱々レポを送ってくださいました。ありがとうございます!うれしーです。しかも、玉三郎さんの超ウルトラうれしー情報があってもうもうもう大喜びです。うれしくて寝られないよー。獅子獅子〜。こちらにご紹介させていただきます。10月30日 [続きを読む]
  • 政岡の衣裳と鬘について
  • NHKで放送されました「坂東玉三郎の古典芸能図鑑」についてまた機会があったらご紹介しますね、とクリスさんにお伝えしていたのですが2015年9月に歌舞伎座で「伽羅先代萩」が上演された際に、政岡の衣裳と鬘について、玉三郎さんが語ってくださった内容をご紹介させていただいておりましたあらためて、こちらにご案内させていただきますね。〈衣裳〉では、政岡の「打掛」が仕上がるまでのプロセスについて、くわしくお話ししてくだ [続きを読む]
  • 千穐楽の熱々レポ by えつこさん
  • 我らが遠征クィーンのえつこさんが、十月大歌舞伎千穐楽の感想を送ってくださいました。ありがとうございまするるるる〜。えつこさんの熱い熱い感動が伝わって参りました。またまたいろいろ思い出して反芻しています。こちらでもご紹介させていただきます。ようやっと桔梗さん千穐楽に、私もようやっと行って参りました。きっと桔梗さんやお座敷のみなさまも同じ空間でご覧になっているのだろうなと思いを馳せておりました。玉三郎 [続きを読む]
  • 千穐楽おめでとうございます。
  • 爽やかな秋晴れです。今日は、十月大歌舞伎の千穐楽。勘三郎さんもご出演されているかのような大大大盛り上がり&大フィーバーの歌舞伎座でした。心よりお祝い申し上げます昨日は、仕事が終わってイザ!幕見に走りましたら「吉野山」は札止め、「助六」には立ち見の札が。うぐぐぐ〜(泣)。静御前に逢いたかった―逢いたかった―逢いたかった―よー。お昼前から並んでいらっしゃる方もいるそうですから当然ですね。すごい人気。1 [続きを読む]
  • 21日の熱々レポ by 京猫さん
  • 21日に遠征された京猫さんが、連日満員御礼十月大歌舞伎夜の部の熱々レポを送ってくださいました。どうもありがとうございます!超うれぴーです。こちらに、ご紹介させていただきます。************************************私も!背中の風呂敷になりたいですもひとつ言えば、あの金色の扇になって、玉様の指先ではらはら舞ってころがされたいだいそれた妄想ですが…21日に行ってまいりました玉三郎さんは桜の花が一番似合う!あ、 [続きを読む]
  • 玉三郎さんと勘三郎さんの対談@古典芸能図鑑〈衣裳〉
  • 2004年1月1日〜3日にNHK BS-hiで放送された「坂東玉三郎の古典芸能図鑑」。玉三郎さんが案内役となられて能や文楽、歌舞伎を紐解く、それは贅沢な番組でした。先祖代々、舞台で使われてきた面や装束、衣裳や鬘など貴重なお宝の数々をスタジオに並べて、ひとつひとつをアップで写しながら、先人たちの汗が染みついた面や衣裳にまつわる芸談、それぞれのお役の性根などを、玉三郎さんが演目に沿って丁寧に解説してくださるのです [続きを読む]