亀左伊門 さん プロフィール

  •  
亀左伊門さん: もしもしカメさんの柔らを目指す日々
ハンドル名亀左伊門 さん
ブログタイトルもしもしカメさんの柔らを目指す日々
ブログURLhttp://kamezaimon.blog.fc2.com/
サイト紹介文剣術、柔術、居合等の古武道、古武術を楽しく実践中 稽古日誌を中心に亀有のアレコレ
自由文古武道柔剣雷心会亀有教室長の稽古日誌
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/10/19 23:14

亀左伊門 さんのブログ記事

  • 亀有教室稽古と発表会
  •  気づけばバタバタしてきて師走感が出て来た今日この頃。稽古記録ブログも止まりがちですが、日々の稽古は変わらずに。 午後はうちわの発表会なので稽古はそれぞれの課題を中心に。まずは杖から。初伝杖のポイントを中心に解説を交えながら明確にしっかりメリハリをきかせて。剣術は二刀の交点を活かした受けのポイントから。基本は剣術の受けと同じ、ただ二刀の場合は片手受けになるのでより体で受ける形が出来ないといけない。 [続きを読む]
  • 12月4日 火曜稽古
  •  稽古前にここ最近行っている、スクワットダイエットを。スクワットの回数は60〜80回を毎日する様にする簡易版で(毎回順次回数を増やす正式版は体力的にかなりきついので)この日は膝にまだ痛みがあったので70回で終了(^^)/あとは腕立伏せと腹筋2〜3種類を織り交ぜて。 稽古は肩のマッサージから。相手の横に立って肩を詰抜きして完全に崩さずライトに柔らく。相手の基底面から軸を出さずに、腰、膝、軸その他を丁寧に観察し [続きを読む]
  • 12月1日・2日 稽古徒然
  •  今年もあと一か月となり、振り返れば月日が経つのは早いなぁ〜と思ってしまう。不惑の歳も過ぎて数年、今年の纏めと来年への展望が少しでも見えれば良い感じ。亀有教室 再来週は年末発表会なので、杖と薙刀の型を中心に稽古を実施。初伝杖はだいぶ馴染んでも貰えたのでサラッと流して、薙刀の型へ。三本目の型での仕側が行う縦の動きに難儀している感じ。打側の弾きを貰って縦への捌は直線を意識して動く事と下半身の柔らかさを [続きを読む]
  • 稽古は徒然に
  • 日曜稽古 この日は久しぶりに三河島での日曜稽古。自主稽古でしばし居合の縦抜、腹抜の練習。しっくりくる時と来ない時の差がいまいち掴めず考えていたら、稽古開始。 午前中は二刀剣術をしっかりと練習。卍受はまずまずだがそこから先が詰まり易いので、もう少し楽な受け場所で受けられる様に。小太刀からの中心立てはまだまだかな。 午後は薙刀の型を再確認。やっと仕太刀側の動きが入って来たかな('ω')もう少し流れとやるべ [続きを読む]
  • 11月24日 亀有教室
  •  前日、横浜で素晴らしい満月を観る事ができて幸せいっぱいな感じで稽古場へ。この歳で、海から立ち昇る満月を観る事ができるとは思ってもいなかったので、その大きさに数秒息が止まるほどの驚き得る事が出来た事は良い思い出。 稽古は薙刀の素振りから。稽古場の天井は程々の高さだが、さすがに薙刀では出来ないので杖で。まずは基本の素振りで薙刀の構造を意識して。刃がある事で振り方が変わるので、その意識ができれば良い感 [続きを読む]
  • 稽古徒然に 
  •  月曜日の稽古には長野支部長のSさん来られたので、上級稽古を一緒にして貰いました。さすがの対応力と各技術に関して慧眼をお持ちなので稽古をしながらその身体の使い方を学ばせて貰いました(^^)/本部で稽古していると師匠の庇護下になるので甘えが出やすいので、対応力と稽古への意識の持ち方の向上は一朝一夕では伸びませんが諦めずに前へ。 Sさんの下段後手での受けは基本に忠実で、かなりの動き。あの感じはぜひ自分のモノ [続きを読む]
  • 日曜稽古 11/18
  • 午前 稽古は剣術から下段小手から二刀へ。 下段後手。逆下段の構えから寄って行き、真っ直ぐに相手を突く形から下段からの受けへ。通常の下段受けと比べると一動作増えるので、この辺の処理をスムーズにできる様になるのが重要。 次は打太刀への誘いを明確にして打たれるのを受ける。誘いの形をしっかりと作ると前方不注意に(笑)相手の気配が有るから、問題はない!(^^)! 最後は、通常の形で練習。ここで自分の動きの大きな欠点 [続きを読む]
  • 亀有稽古 11/17
  •  稽古前に年末の諸行事の連絡。今年もあと数回で2018年の稽古も終了なので丁寧に重ねて行きたいところ。 稽古は歩法系を幾つかから。歩法の基本は膝、股関節を緩めて軸を意識して歩く事から、早歩き、対人縮地歩法へ。対人縮地歩法では、膝の緩みで相手を躱す様に、その際にどちらか行くか決めずに流れのままで行くように。躱す方向を決めているとその事が、相手への意識を途切れさす可能性かあるので。 小手返し、手解き肩返し [続きを読む]
  • 火曜稽古
  •  軸造りから丹田呼吸→丹田歩行→肩崩?へ。軸の意識づけから丹田呼吸を行って下丹田感覚の養成を。その感覚を維持しながら縦横な動きに繋げて行きます。この時足の動かし方は、内側から足を動かして行く。身体が浮きやすいので、丹田の意識が途切れない様に。肩崩?は相手の軸を観てその軸に合わせて相手の腕を引き崩す(基本的な崩し稽古ですが、この稽古から人を見る基本的な学びを得られると思います) 手解から捌稽古。手解 [続きを読む]
  • 11月11日・12日 稽古徒然
  • 日曜日 この日は午前中のみの稽古。年末発表会に向けての課題を中心に稽古。二刀の卍受、横卍など集中稽古のお蔭かボチボチ良くなってきた。相捲、正眼破はあいかわらず微妙な感じ〜。特に打太刀の学びが個人的には大きい。刀を二本持つ間の怖さの理解が進んできているので、それに対応する打太刀もできる様にならない。 華〇刀…足斬りの受けを師匠から教えて貰う。膝、股関節に緩みから余計な事をせずに間を切りながら受ける。 [続きを読む]
  • 11月10日 亀有稽古
  •  稽古blogを書いていると一週間が過ぎるのが早いなぁ~。先週祝日の稽古記録を書いたばかりなのに。 今日は久しぶりにAさんが来てくれて、稽古場も賑やかに。有段者の方が来てくれるとその稽古の姿が良い学びの機会になるので凄くありがたい!(^^)!骨盤、胸の細分化法をゆっくりと。呼吸法の時間配分について少し解説。基本は吐く時は長く細く、無理のない配分で慣れてきたら徐々に長く。 前受身も軸上に真っ直ぐに崩れて行く感覚 [続きを読む]
  • 11月9日 金曜稽古
  •  終日雨模様かと思っていたら稽古場に向かう時間には、おちついてくれたのでさほど傘を差さずに済んで気が重くならず良かった。 稽古は丹田呼吸をゆったりとしてから、肩のマッサージを少し時間を掛けて。相手の肩をまずは単純な上下動で緩めることから。その後は、相手の呼吸を図りながら肩周辺の緩める動きに転換して。自分の課題ととしては、相手にゆだねる感じと胸とその周辺の緩みがもう少し欲しいところ。心理的な問題も有 [続きを読む]
  • 11月6日 火曜稽古
  •  昇級昇段審査や神田明神奉納演武も終わって、年末発表会までまだ間があるので、稽古前はのんびりモードで過ごしているこの頃。下旬までは仕方がないかな。 稽古は肩のマッサージから。相手の肩甲骨周辺を肘を当てながら緩めていく。強く当ててしまうと相手にダメージが入るのでちょうど良い加減で。真面目にしてしまうと良い加減からずれてしまいうので、適度な気持ちを持つ余裕が重要かな。 正面打ちと一教の練習。相手の体が [続きを読む]
  • 稽古録 11月3日・4日
  •  11月3日 亀有教室文化の日で祝日ですが、土曜日という事で気にせず稽古を(笑)どれぐらい来てくれるか心配でしたが、いつものメンバーが来てくれたので一安心。 稽古場のエアコンが壊れたようで、暖房のスイッチが入らず少し冷えてしまったので足首からしっかりと伸ばして(^^)/稽古は上の基本から。突きから袈裟打ち、初伝杖(表)をしっかりと。Tさん、Sさん慣れないなか付いて来てくれて良かった。細かい部分は気にせずに、大 [続きを読む]
  • 11月3日 金曜稽古
  •  今日の稽古の出だしは瞑想から。楽な姿勢で軸と丹田を意識してユックリ呼吸を重ねてゆらゆらと意識を深く静かに。その感じを残しながら上半身の体操をして心身を楽に。 まずは柳雪刀体操から二刀柔術へ。正面打ちを卍で受けてから相手を崩すまで。右足の出し方、両手の立て方、下半身の使いなど師匠が見せてくれた。ゆっくりとそれらを個別に表現できる動きに脱帽…自分がすると動きを重ねてしまったり、続けてしまう。どんな体 [続きを読む]
  • 10月30日 火曜稽古
  •  稽古前の雑談で、自分の家系をたどれば山梨の農家だったことを話の流れで。小学校時代に父から自分の家について聞かされ、江戸の終わりごろに東京の郊外に移り住んだと。足軽として戦ったとの話も聞かされた。思い返せば懐かし話だぁ~。 稽古後に昇級試験受験者がいたので、その級の課題を全員で。内容は基礎基本になるが、これが中々難し。精度をどこまで求めるかは各自の段階によるが、自分の立ち位置で考えるとまだまだ満足 [続きを読む]
  • 10月30日 亀有月曜稽古
  •  この日は日中に時間が出来たので、月曜稽古に参戦。稽古場は地区センターだったので土曜日稽古でも使った事がある場所なので問題ないが、月曜日という事で違和感が(笑)これから少し時間が出来るから行ける時は。 稽古は肩のマッサージから小手返へ。基本の肩を抜いてから螺旋を掛けて崩すやり方を始めそれぞれの段階で。受けは柔らかに受けて崩れない様に。小手返しは受けも取りも固めると関節が直ぐに決まり、腕力勝負になり易 [続きを読む]
  • 10月28日 日曜稽古
  •  今日は川越で古武道演武大会があったもよう、毎年時間があえば行ってみたいと思いながら後から気づく。この時期はしかたないよな~。 午前中 今日は稽古前にしっかりと体力トレーニング。久しぶりに動いたせいか息が切れて汗もしっかりとかいてしまった。WさんとMさんと七〇流の稽古も。 稽古は二刀から。二刀卍受を単独でそれから対人で受け稽古。交代しながら、通常の打ち、重さを掛けた打ち、緩みを掛けた打ちと個人的に工 [続きを読む]
  • 亀有教室稽古 10月27日
  •  10月最後の稽古、今年の稽古もあと数回と数えられるところまで来ると一年が過ぎるのをまんじりと感じたりします。それでもまだまだ年内でやるべき事はあるので、意識を切らさない様に気をつけて引っ張って行きたいところ。  稽古は杖の構えから。稽古の趣旨として、素手も武器もその内在される要点は変わらないというのがあります。当然道具の特徴にあわせて目に見える部分は変わりますが、やるべき要点はかわりません。そ [続きを読む]
  • 日曜稽古 10月21日
  •  一度書いたBLOGがなぜか消えていたので再度思い出しながら。記事の設定を少し触ったから、バグって消えちゃったかな。今後は気をつけないと('ω') 午前中 神田神社での奉納演武翌日というのもあった人数は静かな感じ。今年は演武会も予定していないのでこれからは年末発表会を意識して稽古を進めていく感じに。 小手返しで体をゆっくりほぐしてから剣術二刀へ。まずは卍受から、真向、右袈裟、左袈裟をしっかりと受ける。慣れ [続きを読む]
  • 神田明神奉納演武 10月20日
  •  昨日、神田明神奉納演武に参加して来ました。神田明神での奉納演武は今年で7回目となります(第一回が2012年か~気づけば遠くに来たもんだ(^^♪)昨年は生憎の雨模様でしたが、今年は天候にも恵まれ気持ちの良い秋晴れで演武日和!!  本殿にて正式参拝をして、少し間をおいて煌びやかな神楽殿で師匠の剣舞から始まりました。演武内容は剣術の基本から奥伝型、居合は初心者から上級者がそれぞれの型を奉納させて頂きました。 [続きを読む]
  • 10月20日 金曜稽古
  •  明日が(正確には今日か)神田明神での奉納演武という事で演武内容とリハーサル稽古といった内容で稽古。 先ずは基本組太刀初伝表を確認。二本目・四本目・五本目の打仕の要点と打太刀の注意点など。うちの形はヤラセで打たず仕太刀を活かして見せるのが打太刀の仕事。なのである意味立派に負けるのが打太刀とも言える。これはなかなか難しく呼吸と技術を要するが、先ずは打ちの意識が問題になる。それから修正するとかなり変わ [続きを読む]
  • 火曜稽古 10月16日
  •  この日は岩槻の職場から稽古場へ。東川口駅から日本戦を観に行く人たちとは反対側のホームから王子経由で日暮里へ向かう事に一寸した面白さを感じながら。 稽古前にKさんと基本組太刀の練習。打太刀の難しさを師匠から教えて貰う。いくつ稽古を重ねても打太刀の使い相手との呼吸かと。先手先手と相手を導きながら仕太刀を活かし、最後は負ける。その負け方も嘘ではなく如何に全うして負けるか。打太刀の醍醐味の一つかな。 稽 [続きを読む]
  • 日曜稽古 10月13日
  • 午前中 翌週の土曜日に神田明神にて奉納演武があるので演目の二刀・小太刀型の内容確認と練習。打太刀の仕事を意識しながら練習。Mさんの鷹羽の剣捌きがナチュラルで良い感じ。地道にコツコツと稽古を重ねている動きが少しずつ表に出て来てる様だ。小太刀は自分も久しぶりに。動き的には悪くはないが良くもない感じ、今の自分其の侭かな。 師匠が奥伝型を指導して下さった。難しい~~( ;∀;)怖がってにげてしまう。形になるには [続きを読む]
  • 亀有教室稽古 10月13日
  •  この日は地区センターでの稽古。本試験も終わったのでちょっぴりのんびりな感じを持って稽古をと思っていたら、稽古後に試験なので気持ちを引き締めて。 歩法各種の確認から。軸の傾斜と膝の緩みで中心を開けずに。自分自身まだまだ整っている感じが薄く、今後の課題の一つかなと確認。ただ歩くそれだけでも考察を深めていくと…迷宮へ?? 試験者とそれ以外に分かれて。試験者以外は中心立、格子を丁寧に練習を上級者には打太 [続きを読む]