Roocy さん プロフィール

  •  
Roocyさん: Globe Samponista Diary~世界各国お散歩日記~
ハンドル名Roocy さん
ブログタイトルGlobe Samponista Diary~世界各国お散歩日記~
ブログURLhttps://samponista.hatenablog.com/
サイト紹介文60を越える国々を旅した記録。ひとり旅やふたり旅、ときどきグループ旅。100日旅の記録など。
自由文気負わず、心が赴くままに。
それが私の旅スタイル。
近所を散歩するように、世界もぶらっとお散歩してみる。
きっと新しい発見があるから、、、。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/10/19 23:21

Roocy さんのブログ記事

  • 【スリランカ】ゴールの街を見学
  • スリランカでの滞在中は、デトックスが主な目的。ホテル内での食事以外は一切しませんでした。大好きなチョコレートももちろん厳禁。 コーヒーやコーラも厳禁。ホテルで毎日様々なアクティビティを用意していて、近隣の観光スポットへ遠足へ連れて行ってくれたりもします。近場の川でボートに乗って、鳥やカメレオンやワニを見たり、寺院を見学に行ったり、紅茶工場にも行きました。ホテルで個人のリクエストにも対応してく [続きを読む]
  • 【スリランカ】初めてのアーユルヴェーダにドキドキ
  • 翌朝。チェックインの際に明日の朝ドクターに診察がまずあります、と言われていはいたものの、何時にどことは言われていなかったので、ゆっくり支度をして、9時ころにホテル内をうろうろしていると、日本語をしゃべれるスタッフに「早く行った方がいいですよ」と言われ、慌ててヘルス・センターと呼ばれる所へ。体重を測ってから先生の診察を受けました。治したいところを聞かれたので、まず、体重を減らしたいのと、肩こり [続きを読む]
  • 【スリランカ】アーユルヴェータの体験エピソード
  • ≪2011年に体験したアーユルヴェーダ日記です≫アーユルヴェーダのマッサージを受ける際は、あらかじめ渡された布を一枚体に巻いて、ヘルスセンターへ向かいます。下着はパンツのみ。マッサージルームに入るとオイルのにおいがぷーんとします。部屋の中で何やらハーブオイルをお鍋で温めています。まず、鏡の前に座り、頭のマッサージから。頭のてっぺんからオイルを垂らし、(温かい)頭皮をマッサージ。続いて肩、 [続きを読む]
  • アブダビの新名所ルーブル美術館アブダビが気になる
  • 2017年11月11日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビに、フランスのルーブル美術館の別館「ルーブル・アブダビ」がオープンしました。サーディヤト島に位置する美術館には23のギャラリーがあり、600点の所蔵作品に加えて、フランスの13の美術館・博物館から貸し出された300点が展示される。ポール・ゴーギャン、ゴッホ、ピカソ、サイ・トゥオンブリーなどの作品が鑑賞できるという充実ぶり。 実はこの「ルーブル・ア [続きを読む]
  • 【ドイツ】格安でお城に泊まるならバッハラッハのシュターレック城へ
  • バッハラッハ bacharachはライン渓谷の途中に位置する歴史的な街並みを残すドイツらしい可愛い街です。ワインも有名な街で、夏場はライン川クルージングの観光スポットしても有名です。ここに街が作られたのは、7世紀くらいからだと言われており、4世紀に民族大移動を経て、ライン川付近はゲルマン系民族の土地となりましたが、ヨーロッパにローマ・カトリックを広めたと言われているクロヴィス1世が7世紀にこの街も含んだフラ [続きを読む]
  • 【ドイツ】フランクフルト観光の目玉ゲーテハウスを見学
  • 100日旅1日目②マインツ散策を終え、電車に乗って30分程、フランクフルトに戻ってまいりました。日没までにはまだ時間があるので、フランクフルトも散策することに。フランクフルトの観光名所と言えば、ゲーテハウス。言わずと知れたドイツを代表する文豪であり、詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家としても名を馳せています。そんなゲーテの生家がフランクフルト旧市街にあり、「ゲーテハウス(Goethe Haus [続きを読む]
  • バルカン半島を南下する旅にかかった交通費のまとめ♪
  • 私が約1か月をかけてバルカン半島を旅してまわった際のルートをまとめてみました。少し駆け足になってしまったのですが、全体的に網羅できたので、とても満足しています。クロアチアのザグレブから始まり、最後はトルコのイスタンブールまで抜けました。ほとんどバスを使って移動しました。1.ザグレブ ⇔ リュブリャナ(スロベニア)(往復) ユーレイルパスを使って列車で日帰りしました。 コスト0円★ 2.ザグレブ [続きを読む]
  • 奈良の世界遺産を巡る旅〜平城宮跡、東大寺、春日大社、元興寺~
  • 奈良の世界遺産を巡る旅2日目は平城宮跡からスタート。電車で西大寺駅へ向かいそこで下車。駅から3分程のところに西大寺があるとのことだったので、寄り道していくことに。周囲の喧騒が嘘のように静かな空間が広がっていました。平城宮跡へは西大寺駅からだと徒歩10分程ですが、この日はGWでイベントが開催されていたため、無料のバスが出ていました。バスに揺られ10分程で到着。バスを下りると目の前には朱雀門が。朱雀 [続きを読む]
  • 奈良の世界遺産を巡る旅〜法隆寺、薬師寺、唐招提寺~
  • 言わずと知れた古の都奈良。関東で育った人は中学や高校の修学旅行で訪れたことがあるのではないでしょうか。私は、中学でも高校でも修学旅行で奈良は行かなかったのです。そのまま時は流れ、ずーっと奈良ヴァージン(笑)でした。、、という訳でこの度思い立ったが吉日、奈良へと行ってまいりました。テーマは世界遺産。奈良には複数の世界遺産に登録されている文化財があります。それらを重点的に回ってきました。まず、 [続きを読む]
  • アブダビの新名所ルーブル美術館アブダビが気になる
  • 2017年11月11日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビに、フランスのルーブル美術館の別館「ルーブル・アブダビ」がオープンしました。サーディヤト島に位置する美術館には23のギャラリーがあり、600点の所蔵作品に加えて、フランスの13の美術館・博物館から貸し出された300点が展示される。ポール・ゴーギャン、ゴッホ、ピカソ、サイ・トゥオンブリーなどの作品が鑑賞できるという充実ぶり。実はこの「ルーブル・アブ [続きを読む]
  • ロンドンからストーンヘンジへ日帰り旅行
  • ≪2011年の旅行記です≫ロンドン2日目。5時半起床(笑)まだ真っ暗の中、荷物をまとめ、身支度をし、チェックアウト。別のホテルへ移動。会社側で用意してくれたホテルへ。荷物をコンシェルジュヘ預け、即出発。ストーンヘンジへ電車で一時間半の小旅行です。チケットは往復で確か28ポンドくらいだったような。バスで行くと3時間くらいかかるそうなので、電車を選びました。8時15分発の電車に乗り、ストーンヘンジがある駅、Sailsb [続きを読む]
  • シンガポールからロンドンへ4泊のショートトリップ
  • ≪2011年11月の旅行記です≫ロンドンへ4泊のショートトリップへ行ってきました。何故もっとゆっくりしなかったかと言えば、ちょっと仕事関係で行ったため。金曜日、仕事を終えて家に帰って支度をして、空港へ。シンガポール航空の午後11時45分発の便でいざロンドンへ。13時間超の長旅です。時差の関係で、ロンドンには土曜日の早朝到着★弾丸旅行のスタート。まず、空港から自力でホテルへ。地下鉄の駅で日本でいうSuicaみたいなカ [続きを読む]
  • ブルネイ
  • **こちらは2011年の旧正月を利用して行ったブルネイ旅行記です**P2031517.jpgブルネイの航空会社、ロイヤルブルネイ航空で、いざブルネイへ。 厳格なイスラム国の航空会社というだけあって、フライトアテンダントの方々も、頭をおおっていました。 そして、離陸前には必ず、コーランが流れます。 イスラムの神アラーに、この空の旅が安全に、早く終わるように 祈りを捧げます。 P2031510.jpgシンガポールから2時間ほどでブルネイに [続きを読む]
  • ロンドン近郊のアウトレットへ
  • ≪2011年の旅行記です≫第3日目。この日は一日中会社関係の研修を某企業のオフィス内で受けておりました。夕食はセッティングされていて、皆で行ったのですが、中華料理でした。私の感覚だと、旅行に行ったらその土地のものを食べる!!と思いますが、さすがは中華系が多数派のシンガポーリアン、夕食は中華なのですね〜。なかなかいい感じのレストランだとは思いましたが、私の口には合いませんでした。第4日目。研修で学んだことを [続きを読む]
  • ロンドン観光最終日
  • あっという間のロンドントリップ。夜便で帰るので最終日もたっぷり時間あり。時差ぼけのため早朝にどうしても起きてしまう私は、最終日も朝7時より始動。散策をしてから、National Galleryへ。あの有名なゴッホの「ひまわり」などが展示してあります。こちらも大変大きな美術館ですが、私はゴッホと、ルソー、レンブラント、モネ辺りの有名な作品のみクイックで鑑賞。gallery.jpg美術館の次はバッキンガム宮殿へ。どうしても見てお [続きを読む]
  • 【ニュージーランド】ミルキーブルーのテカポ湖と世界一の星空
  • テカポテカポは、ニュージーランドの南島、マッケンジー・カントリーと呼ばれる高地の北端に位置するテカポ湖の湖畔にある小さな街のことです。テカポ湖の水は氷河が削った岩石の粉が溶け込んでいるために深いターコイズブルーをしています。湖周辺は人気の高い観光地になっていて、数軒のリゾートホテルや飲食店があります。更に テカポは、ニュージーランドで最も晴天率が高く、空が澄んでいるため、世界でも有数の美しい星空を [続きを読む]
  • ミルキーブルーのテカポ湖と世界一の星空
  • テカポテカポは、ニュージーランドの南島、マッケンジー・カントリーと呼ばれる高地の北端に位置するテカポ湖の湖畔にある小さな街のことです。テカポ湖の水は氷河が削った岩石の粉が溶け込んでいるために深いターコイズブルーをしています。湖周辺は人気の高い観光地になっていて、数軒のリゾートホテルや飲食店があります。更に テカポは、ニュージーランドで最も晴天率が高く、空が澄んでいるため、世界でも有数の美しい星空を [続きを読む]