きよ さん プロフィール

  •  
きよさん: 鎌倉への付箋
ハンドル名きよ さん
ブログタイトル鎌倉への付箋
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/note_in_kamakura
サイト紹介文鎌倉の寺社や建造物、行事、食、草花や自然、路地探索などの鎌倉・湘南をテーマにした写真ブログ
自由文学芸員資格を持つデザイナーが撮りためた鎌倉写真。小町通りより裏路地、行列のスイーツより珈琲の美味い喫茶店へ行く方が多いかな。鎌倉の寺社や建造物、行事、食、草花や自然、路地探索など鎌倉・湘南をテーマにした写真を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/10/20 09:47

きよ さんのブログ記事

  • 瞬刻・渚にて【逗子海岸】大日本弓馬会、今年最後の流鏑馬
  • 第27回 逗子海岸流鏑馬は良い天気に恵まれました。海岸ならではの開放的な流鏑馬。そして大日本弓馬会の今年最後の流鏑馬。最近体調が悪かった秀月も頑張った。吉田射手の涼し気が眼差しが印象に残りました。また、来年も追いかけます。鶴岡八幡宮、三浦荒井浜、三嶋大社、逗子海岸。寒川も行ってみるか。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。 [続きを読む]
  • 鎌倉流鏑馬【材木座海岸】 鎌倉の海岸で5年ぶり
  • 鎌倉なのに鶴岡八幡宮じゃない!弓馬故実礼法 武田流による鎌倉宮の神事として 開催された今回の流鏑馬。 鎌倉の海岸で開催されるのは5年ぶり3回目らしい。暴れん坊将軍みたいと言った友人。いつもよりのんびりした海岸流鏑馬でした。 ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。 [続きを読む]
  • 瞬刻・秋 Part2【鶴岡八幡宮】流鏑馬射手の表情を追ってみた
  • 10月7日、鎌倉八幡宮崇敬者大祭流鏑馬神事。的を射抜く瞬間を収めるのと同じく、射手の表情を上手く収められないか悩みます。流鏑馬前の緊張感。集中力を高める場面。昨日の小笠原流は的間に射手が「陰陽〜!」と叫びながら駆けていいきます。射手の表情が豊かなのはそのあたりもあるかも知れません。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。 [続きを読む]
  • 鎌倉の迎賓館【旧川喜多邸別邸】秋の一般公開に行ってきた
  • 10月6日(土)鎌倉市川喜多映画記念館、旧川喜多邸別邸の秋の一般公開に行ってきました。映画記念館はいつでも公開していますが、庭園の山の手に鎮座するあの旧邸は普段は非公開なので貴重な2日間なのです。旧川喜多邸別邸は、哲学者・和辻哲郎が江戸後期の民家を居宅としていた建築、和辻の死後、川喜多夫妻が移築しました。川喜多氏は海外をはじめ有名人を招く時の迎賓館的使い方をしたようです。明るい縁側から続く和室 [続きを読む]
  • 禊のしるし【鶴岡八幡宮】今年は短縮版の浜降式
  • 夜明け前。霧雨。本日から始まる例大祭。浜降式は前日14日。材木座、朝5時半。海で身を清める神職たち。採取した海藻が運ばれる。境内の彼方こちらに禊のしるしが捧げられる。砂交じりの海藻から磯の香がわずかに漂う。鶴岡八幡宮の例大祭はこの浜降式から始まる。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。 [続きを読む]
  • 処暑の候【報国寺】久しぶりの人気の竹寺
  • 9月に入った。少しだけ秋の気配。久しぶりに報国寺へ。木々の間から僅かに覗く赤は宅間ヶ谷に咲く百日紅。竹林も久しぶり。竹の青さはやはり初夏だと思うが、今も十分美しいと感じる。雲行きが怪しい。でも霧雨くらいならここは濡れない。処暑の候。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。 [続きを読む]
  • 美しい切通【長窪の切通】円覚寺から歩いて辿る
  • 円覚寺雲頂庵から八雲神社、住宅街を抜ける。途中、大船高校の学生とすれ違う。ここは大船。住所は高野。忽然と現す見事な切通。形がとても美しい。振り返ると、こんな感じ。近くには「かまくら景観百選」でもある高野の切通もある。その昔、山ノ内荘と六浦荘とを結ぶ道だった。そこは次回に。ブロトピ:今日の写真日記仲間と運営中のFacebookページ【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい [続きを読む]
  • 【番外編】火の粉舞う『手筒花火』三嶋大社大祭りの一コマ
  • 毎年この時期は三嶋大社の祭りに合わせて帰省する。源頼朝が伊豆に島流しにあった時、源氏再興を祈願して日参したのが三嶋大社。夏の三嶋大社大祭りの中日には頼朝行列がある位、三島にはお馴染みの武将。日中、頼朝行列が出発した参道では日没後手筒花火が執り行われました。噴煙が諸々の厄を祓い、福を呼ぶとされる除災招福の神事です。火の粉は無理ですが煙はたっぷり浴びてきました。ブロトピ:今日 [続きを読む]
  • 【番外編】『ナインアワーズ竹橋』に宿泊してみた!
  • 【番外編】は鎌倉とは何ら関係のない内容です。悪しからず。プロダクトデザインを柴田文江氏、館内のサインやグラフィックスを廣村正彰氏が担当しているのカプセルホテル『ナインアワーズ』。最初のナインアワーズ体験は北新宿店だった。この日は3月にオープンした皇居ランナー向けのランニングステーションの機能を併せ持った竹橋店に宿泊した。到着は22:00。ライティングされた9h nine hoursの下には無灯火 [続きを読む]