はんなりママ さん プロフィール

  •  
はんなりママさん: 育児は宝!!
ハンドル名はんなりママ さん
ブログタイトル育児は宝!!
ブログURLhttp://hannarimama.seesaa.net/
サイト紹介文子育てや子どもの成長や病気などを含めた 何気ない日常生活をつづった日記です。
自由文6歳娘、4歳息子、2歳娘の3児のママをしています。子育ての仕方や成長、病気などを含めた
日記をつづる事で、一人でも多くのママに共感してもらったり、私の日記で元気になれたりお役にたてたらいいなと思っていますのでよろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2015/10/20 13:41

はんなりママ さんのブログ記事

  • 難治性下痢症とはどんな病気か
  • こんにちは(^_-)-☆はんなりママです(^^♪難治性下痢症の原因は何か 主な原因として、腸管において(1)炭水化物、蛋白質そして脂肪などの栄養素の消化ができない、(2)栄養素の吸収ができない、(3)水分(水、電解質)の吸収ができない、あるいは水分の分泌が著しく亢進している、(4)腸蠕動(ちょうぜんどう)が著しく亢進している、などがあります。  (1)に該当するのは、先天的に膵臓(すいぞう)から分泌される消化酵素の一部、また [続きを読む]
  • 尿路結石症の症状や原因・診断・治療方法
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆尿路結石症とはどんな病気か 腎盂(じんう)から尿管、膀胱(ぼうこう)へと続くおしっこの通り道を尿路といいますが、そのなかにカルシウムやシュウ酸、尿酸などを主成分にして結石ができるものを、尿路結石症といいます。小児の尿路結石症の頻度は成人に比べて少なく、全患者数の1%以下です。 尿路結石症の原因は何か 成人では食生活の影響などが大きいのですが、小児に尿路結石症が起こ [続きを読む]
  • 動脈管開存とはどんな病気か
  • 大動脈と肺動脈とをつなぐ血管を動脈管と呼びます。動脈管は赤ちゃんがおなかのなかにいる時には大切な血液の通り道ですが、出生後は必要がなくなり、生後1日から数日で閉じられます。この動脈管が閉じられない場合を、動脈管開存と呼びます(図5)。  動脈管開存では大動脈から肺動脈へ血液が流れ、肺、心臓に負担をかけます。 動脈管開存の症状の現れ方 成熟児の場合、多くは無症状です。健診で心雑音を指摘され、検査の結果 [続きを読む]
  • 統合失調症の治療法
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^^♪統合失調症の治療方法薬物療法の進歩は目覚ましい統合失調症の症状が、ドーパミン系やセロトニン系といった神経系で作用している神経伝達物質のアンバランスと関連が深いことが認められて以来、多くの治療薬が開発されてきました。とくに近年、第2世代の抗精神病薬と呼ばれる治療薬が開発され(リスパダール、ジプレキサ、ルーラン、セロクエル、エビリファイなど)、より好ましい成果をあげ [続きを読む]
  • 統合失調症
  • こんにちは(^_-)-☆はんなりママです(^^♪統合失調症とは、どんな病気?「統合失調症」という病名を聞いて、「どんな病気?」と首をひねる人は少なくないでしょう。実は、日本ではつい最近まで「精神分裂病」と呼ばれていました。この病名なら聞いたことがある人が多いと思いますが、ではどんな病気かと尋ねられたら、これまた首をひねる人が多いに違いありません。ここでは、その実態が広く理解されているとはいいにくいこの病気 [続きを読む]
  • 運動会!!
  • こんにちは(^_-)-☆はんなりママです(^_-)-☆今日は、次女の幼稚園の運動会です(^_-)-☆次女は今年から幼稚園に入園したので今回、次女にとって初の運動会になります(^^♪しかも、お昼までなのでお弁当は作らなくていいという神がかったお話?娘は踊ったり4人一組でかけっこをするようなのでとっても楽しみにしています(^^♪3連休の真ん中なので遠くにおでかけしたりもできないですが運動会があるので思いっきり目にやきつけたい [続きを読む]
  • ジム!!
  • こんにちは(^_-)-☆はんなりママです(^_-)-☆最近の話ですがパパは最近ジムに行くようになったんです。娘から、おなかが出すぎて嫌だと言われてしまい健康のことも考えて行く決意をしたようです。なので、ご飯もお弁当はいらずで夜も野菜やささみ、大豆などのたんぱく質の多いもの以外食べないのでこれを機にわたしも一緒にダイエットをしようと思いまして。最近禁酒をして夜6時以降は食べたりしない。究極におなかがすいたらする [続きを読む]
  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • とびひ(伝染性膿痂疹)の原因や特徴とは?○水疱性膿痂疹症状:水疱(水ぶくれ)、ただれ、かゆみ虫刺されや湿疹、すり傷などから発症し、小さな水疱ができて次第に紅斑を伴ってきます。水疱は破れてびらんとなり、離れた部位にも伝搬(でんぱん)します。なりやすい季節:初夏から初秋なりやすい年齢:乳幼児・小児原因:黄色ブドウ球菌。○痂皮性膿痂疹症状:炎症が強くかさぶたが厚く付く、小さな水疱から、膿疱(のうほう)とびら [続きを読む]
  • 結婚記念日10年目に突入
  • こんにちは(^_-)-☆はんなりママです(^_-)-☆昨日は結婚記念日だったので夜、家族5人でご飯を食べに行きました。でも普通に外食な感じで次の日も仕事に小学校に幼稚園だったのでゆっくりすることもできず…しかも、今日わかったんですが 昨日がスウィートテンだったみたいなんです|д゚)あとで、知ったんですが特にパパからは何のサプライズもなしでいつも通りの感じで何事もなく過ぎていってしまいました。まぁ、こんな夫婦関係もいい [続きを読む]
  • 結婚10年目?
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆今日は、私たちの結婚記念日でもありパパの誕生日でもある大切な日なんです(^^♪たまたま、結婚式をあげるタイミングの時パパの誕生日が大安でたまたまあいていたのでその日に結婚式をあげることができたんです(^^♪パパは誕生日だけど、結婚記念日でもあるかお祝いごとを一つにまとめられてしまうから嫌かも??笑とにかく色々あった深い9年でした。でも、なんかあっという間にすぎていっ [続きを読む]
  • 伝染性単核球症
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆伝染性単核球症の原因は何か EBウイルスというヘルペスウイルスの仲間の感染症で、キスなどで唾液を介して直接あるいは飛沫感染します。ウイルスが体のなかに侵入してから発病するまでの潜伏期間は長く6〜8週間です。乳幼児では同じ仲間のサイトメガロウイルスが原因になることが多いようです。EBウイルスやサイトメガロウイルスにかかったことのある人は終生ウイルスが体内に潜伏 [続きを読む]
  • 伝染性紅斑(リンゴ病)
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆伝染性紅斑(リンゴ病)の原因は何か ヒトパルボウイルスB19という小さなウイルスが原因です。学童期(6〜12歳)にかかることが多く、冬から春にかけて、施設、学校で流行性に発生します。経気道感染といわれ、発疹が現れた時には伝染力はないといわれています。 伝染性紅斑(リンゴ病)の症状の現れ方 16〜17日の潜伏期のあと、頬部に紅い斑状丘疹(はんじょうきゅうしん)が現れます。 [続きを読む]
  • 点頭てんかんの症状や原因・診断・治療方法
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆点頭てんかんとはどんな病気か 生後4カ月〜1歳ころの小児に発症する予後不良のてんかんです。1841年、ウエストという医師が彼自身の息子の病状と経過を報告したのが最初で、ウエスト症候群とも呼ばれます。  大田原症候群(新生児期〜乳児早期)、レノックス・ガストー症候群(1歳〜6歳、コラム)とともに年齢依存症てんかん性脳症と呼ばれ、(1)乳幼児期にそれぞれのてんかんの [続きを読む]
  • ウイルス関連血球貪食症候群
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆ウイルス関連血球貪食症候群とはどんな病気か 1979年に報告された疾患で、ウイルス感染に続発して汎血球(はんけっきゅう)減少症、播種性(はしゅせい)血管内凝固症候群、多臓器障害に至る、時に予後不良な疾患です。  その病態はウイルス感染を契機に起こるTリンパ球とマクロファージの異常活性化と、サイトカインストームと呼ばれる高サイトカイン血症によってもたらされる全身性炎 [続きを読む]
  • ウイルス性肝炎
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆ウイルス性肝炎の原因は何か A型、B型、C型などの肝炎ウイルス、EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルスなどの感染が原因です。  感染経路はさまざまです。A型肝炎ウイルスによる肝炎は、海産物(生牡蠣(かき)など)を食べたあとに多く発症します。  B型肝炎ウイルスは母子感染、とくに出産時の母体血との接触(産道感染(さんどうかんせん))が原因になります。新 [続きを読む]
  • 陰門腟炎の症状や原因・診断・治療方法
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆陰門腟炎の原因は何か 子どもの外陰部や腟の皮膚はとても薄く、細菌などの侵入を受けやすいうえ、成人女性で腟内を酸性に保ち感染を防いでいる外陰部の常在菌もいないため、女児に起こりやすいと考えられます。ブドウ球菌や溶連菌(ようれんきん)などが原因菌になります。 陰門腟炎の症状の現れ方 女の子のおむつやパンツに黄色や薄緑色のおりものが付いていることがあります。年齢によっ [続きを読む]
  • インフルエンザ
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆インフルエンザの症状の現れ方 例年12〜3月下旬が流行期です。潜伏期は1〜3日で、突然の高熱(39℃以上)で、ぐったりする症状(全身倦怠感(けんたいかん))から始まります。  成人や年長者では関節痛や筋肉痛があり特徴的ですが、乳幼児はその症状のはっきりしないことが多い傾向があります。咳(せき)、のどの痛み、頭痛、下痢、嘔吐、腹痛なども伴います。発熱は1週間程度続くこと [続きを読む]
  • 陰嚢水腫
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆陰嚢(いんのう)に水がたまってしまう病気です。大きくふくらんだり、左右の大きさが違ったりするので気づきます。痛みもなく、ほとんどは片側だけに起こります。 陰嚢水腫の原因は何か 母親のおなかにいる時には、赤ちゃんのおなかのなかにあった精巣(せいそう)(睾丸(こうがん))が、生まれるまでには陰嚢に降りて袋に入ります。陰嚢が通った道は、普通は自然に閉じます。陰嚢水腫は、こ [続きを読む]
  • 咽頭結膜熱(プール熱)の原因は何か
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆アデノウイルスと呼ばれるウイルスが原因になります。このウイルスは多くの血清型に分類され、多くはアデノウイルス3型で引き起こされますが、1995年以降、7型と呼ばれる新しい型が流行するようになりました。アデノウイルス7型は以前の型に比べて熱が長く続き、重症化することもあります。しかし、アデノウイルスが感染しても必ずしも咽頭結膜熱の症状を来すわけではありません。 [続きを読む]
  • いぼ
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆ほくろといぼの違いとは? ほくろはどうやってできるの?ほくろの正体は、皮膚の表面(表皮)にある 色素細胞(メラノサイト)が高い密度で集まってできた斑点 (はんてん)。色素細胞は表皮の下のほうに一定間隔で離れて存在していますが、かたまって増えることがあり、それがほくろです。顔だけでなく体のどこにでも見られます。一方、いぼは、 ヒトパピローマウイルスが皮膚に感染して [続きを読む]
  • 異物誤吸入
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆異物誤吸入の原因は何か 異物の種類は、マメ類を中心とした食物が最も多いのですが、そのほか乳幼児の身のまわりにあるものはすべて気道異物の原因になる可能性があります。安静時でも起きますが、これらを口のなかに入れて泣いたり、笑ったりした時などに、異物が気道内に進入してしまいます。 異物誤吸入の症状の現れ方 誤嚥(ごえん)直後には激しい咳(せき)をします。この時点で異物を [続きを読む]
  • いぼ(尋常性疣贅)の治療・切除方法
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆いぼ(尋常性疣贅)とはどんな病気?ヒト乳頭腫ウイルス (ヒトパピローマウイルス)にはたくさんの種類があり、大別して 皮膚型 と 粘膜・性器型 に分けられます。 尋常性疣贅は、皮膚型 のウイルスが皮膚に感染して、良性腫瘍の「いぼ」ができる病気です。 尋常性疣贅(いぼ)の症状や原因・診断・治療方法いぼ(尋常性疣贅)の症状とは?外傷を受けやすい露出部、とくに 手指、足底、膝 [続きを読む]
  • いぼ(尋常性疣贅)の治療・切除方法
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆いぼ(尋常性疣贅)とはどんな病気?ヒト乳頭腫ウイルス (ヒトパピローマウイルス)にはたくさんの種類があり、大別して 皮膚型 と 粘膜・性器型 に分けられます。 尋常性疣贅は、皮膚型 のウイルスが皮膚に感染して、良性腫瘍の「いぼ」ができる病気です。 尋常性疣贅(いぼ)の症状や原因・診断・治療方法いぼ(尋常性疣贅)の症状とは?外傷を受けやすい露出部、とくに 手指、足底、膝 [続きを読む]
  • 遺伝性球状赤血球症
  • こんにちは(^^♪はんなりママです(^_-)-☆遺伝性球状赤血球症の原因は何か 赤血球膜の骨格をなす物質の遺伝的異常(バンド3やバンド4・2などの欠損)が原因であることが知られています。これらの蛋白質は赤血球の形態維持や変形機能に重要な役割を担っており、赤血球が壊れやすくなります。 遺伝性球状赤血球症の症状の現れ方 主要な症状は貧血、黄疸(おうだん)、脾臓(ひぞう)の腫大(はれ)です。学童期以降は骨髄(こつずい) [続きを読む]