ccccccccat さん プロフィール

  •  
ccccccccatさん: サイケデリック・奇譚
ハンドル名ccccccccat さん
ブログタイトルサイケデリック・奇譚
ブログURLhttp://kmpjt1.blog.jp/
サイト紹介文何故、人は非日常に魅かれるのか。本当にあったオカルト・事件・ミステリー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1486回 / 365日(平均28.5回/週) - 参加 2015/10/20 15:45

ccccccccat さんのブログ記事

  • 【閲覧注意】未解決事件 切り裂きジャック 2
  • 1888年にイギリス・ロンドンで起きた連続猟奇殺人事件はあまりにも有名だが、現在でも犯人は不明。公式に被害者と認定された女性は5人だが、実際にはもっと多くの被害者がいる可能性がある。また、事件が起きる度に各新聞がこぞって犯行の詳細を書き連ねたためか、よく似た模倣犯と思われる事件も起きた。当然だが、売春婦を狙った事件が全て「切り裂きジャック」によるものとは限らない。とはいえ、関連を推測される猟奇事件が複 [続きを読む]
  • 【閲覧注意】未解決事件 切り裂きジャック 1
  • あまりにも有名なこの未解決事件は、1888年のイギリス・ロンドンで起きた猟奇連続殺人事件。詳細は知らなくとも「切り裂きジャック」の名を一度も耳にしたことがないという人はあまりいないだろう。最初の被害者が発見されたのが1888年の8月31日。最後の被害者とされる女性が発見されたのが同年11月9日。その約2ヵ月の間に5人の女性が殺害された。遺体はバラバラに引き裂かれており、そのため犯人につけられた渾名が「切り裂きジ [続きを読む]
  • 【閲覧注意】犬の首
  • 【動物好き閲覧注意】表に出てない、あなたの知らないヤバイ話114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/09 19:22徹子の部屋に大和田伸也?(獏の兄貴)が出た時に、徹子に怖い体験をしたそうですが・・って聞かれても絶対に話そうとしなかったけど、誰かその話しを知らない? 番組の中で徹子も聞きたくて、ウズウズして何度もそっちのほうに話しをもって行くんだけどついに話さなかった。よっぽど怖いんだな 121 :sage: [続きを読む]
  • 呪いの儀式
  • 不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part2363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/02 00:58何年か前の話です。 買い物を済ませて、ゲーセンにでも行ってみるかと思い、普段は入ったことの無いゲーセンに入りました。このゲーセンは昔からあったのですが、繁華街から少し離れてたので今まで入ったことは無かったのです。 やはり、繁華街から離れてるだけあってお客も少なく、ゲームも少し前の物しか置いてません。 なんだ、 [続きを読む]
  • お母さんと子供
  • ほんのりと怖い話スレ その70116 名前:本当にあった怖い名無し :2011/01/30(日) 12:09:50 ID:Jf648gntO父と母が新婚で、団地に住んでいた時の話。 両親の部屋は7階にあった。 夕方、母が買い物から帰ってエレベーターを待っていたら、下りて来たエレベーターには幼稚園児くらいの男の子がにこにこしながら乗っていた。 1階なのにその子は降りようとしなかったから、母は「遊んでるのかな?一人で危ないな」と思いながら7階のボ [続きを読む]
  • おもちゃの消防車を探す幽霊
  • 心霊ちょっといい話VER.1 24 :あなたの横にも名無しさんが・・・:2001/02/13(火) 10:07知っている方も多いかと思いますが、書き込みします。 これは毎日新聞の記者さんが実際に聞き、掲載したお話です。 ある日の雨の降る夜、会社から家路を急いでいたAさんが、田んぼのあぜ道で何かを探している人に気付きました。「どうしました?」Aさんが問い掛けると、その男性は消え入りそうな声でこう言いました。 「長男に買ってきた消 [続きを読む]
  • 船幽霊のはなし
  • 海にまつわる怖い話・不思議な話206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/11 00:53海を職場にしている漁夫や船員たちが、その長い海上生活の間の奇妙な体験と言えば、 誰もが、先ず第一にあげるのに船幽霊がある。 最近は余り耳にしないが、昭和の初め頃までは、随分あちこちでこの噂はあったと古老たちは語る。 それは、油を流したようなどんより曇った夜や、また、天気が時化(しけ)る直前、 生暖かい風がぴたりと止 [続きを読む]
  • 祖父のメッセージ
  • http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1019891278/212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/09 01:51家に祖父の写真があるんだけど時たま口をパクパク動かしてます 声は聞こえないんだけど何が言いたいのかしら・・・ [続きを読む]
  • 隣人トラブル
  • http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1019891278/224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/09 11:49実家に帰った時に母から聞かされた話です。 なんでも母の実家、俺の叔父夫婦の娘夫婦に子供が出来て家が手狭になったため増築する話になったそうだ。で3階建てにすることになったが建築士がきて測量?やらなにやらするときにとなりの家の人とすごくもめたそうだ。 要は何センチ俺の土地にかぶったのかぶらないだの [続きを読む]
  • 会社に適合できない 3
  • 291 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)23:52:15 ID:E89VaDZn7整形したらいいのかもなそうすればモテるよな?293 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)23:52:53 ID:Fl8rgtqpy>>1はもっと生身の人間の話し聞こうやそれとここに書いてあるお前への指摘をよく読めじゃなかったらどーにもならん 294 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)23:52:57 ID:yzo3q1aNW自分もコミュ障だけど、酒の力で話したりして笑ってると意 [続きを読む]
  • 会社に適合できない 2
  • 158 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)18:39:46 ID:vLzkTAwDp もうわかんねぇよわかんねぇよ160 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)18:40:39 ID:vLzkTAwDpううう…彼女ほしいよ…誰か認めてよ162 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)18:42:45 ID:xL4jfiThL 彼女欲しかったら飲み会に参加しとけ、人間てのは接触を増やすと好感度が上がる生き物なんだまあ新しい職場見つけたら今までのこととこのスレのこと教訓 [続きを読む]
  • 会社に適合できない 1
  • 会社の飲み会に参加しなかった結果www http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1402388236/1 :名無しさん@おーぷん:2014/06/10(火)17:17:16 ID:rJb1hRtJE 今日クビだとよ違法だよな?4 :名無しさん@おーぷん:2014/06/10(火)17:19:12 ID:B5OdxHgXb ほんとにそれだけか?7 :名無しさん@おーぷん :2014/06/10(火)17:20:53 ID:CIHQrYVdkもっと詳しく説明しろよ。>>1だけの理由なら労働基準監督署に訴える案件だ [続きを読む]
  • 映画「シェラ・デ・コブレの幽霊」
  • 「シェラ・デ・コブレの幽霊」は、原題The Ghost of Sierra de Cobre、単にThe Hauntedと称される事もある。1964年にアメリカ合衆国で公開予定のホラー映画だったが、あまりにも怖すぎるとの理由で封印されてしまった幻の作品。もとはテレビシリーズ「The Haunted」から始まった企画であり、45分ほどの中編作品。だが、その試写会で体調が悪くなる者が続出し、その結果公開に適さずと判断されてしまった。その一方で、製作の資金を [続きを読む]
  • 映画「女優霊」
  • 「女優霊」という映画作品がある。1996年公開の中田秀夫監督の日本のホラー映画であり、中田監督のデビュー作となる。脚本は高橋洋。現在でこそジャパニーズホラーの先駆者として評価の高い中田秀夫監督ではあるが、デビュー作である「女優霊」は当時はあまり評価されなかったらしい。とはいえ、実際に見てみると、非常に恐ろしく現代でも充分に通用する作品であることがわかる。ジャパニーズホラーの礎となった映画でもあり、後 [続きを読む]
  • 幽霊を信じていない人が体験した話
  • 幽霊を信じていない人が体験した話46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 02:27私、鎌倉に住んでいるんですけど仕事が夜遅いのでバイクで通勤しているんです。 夜中に帰るとアパートの前にある川沿いにバイクを停めてシートを掛けアパートに入るのですが ある日誰もいない真っ暗な道を(外灯がないので本当に真っ暗!) 若い女の子が一人で歩いていて 「すみません、逗子の方はどちらですか。。。」と聞いてきました [続きを読む]
  • きっと夢
  • 幽霊を信じていない人が体験した話45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 00:22父が交通事故で亡くなった夜か次の日の夜か忘れたけれど、 母が親戚の家で寝ていたら、朝の5時ごろに、誰かがこっちへ歩いてくる足音を聞いたと言います。 怖くて目を開けられなかったそうです。 自分も横に寝ていたそうですが、まだ、3歳か4歳だったのでまったく記憶にないですが、なぜか、病院で死にかけている父が看護婦に抱かれて運 [続きを読む]
  • 科学とオカルトは紙一重
  • 幽霊を信じていない人が体験した話4 :1:03/11/16 12:19うちのダンナは「幽霊はいない」と言い切りますが子供の頃に、それらしき体験をしたことがあるそうです。 「深夜、トイレに行きたくなって、お父さんの部屋を通った(トイレには、そこを通り抜けるのが一番早い) お父さんの部屋の窓は雨戸が閉まっていて、もちろん外からは覗けないしこちらも外は見えない。(カーテンは閉まっていなかった) で、通りすがりにふとその窓 [続きを読む]
  • 夢に見る世界
  • 不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part2810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/16 22:01不眠症気味で、布団の上で眠ろうとがんばっていて、 だいぶうつらうつらしてきてもうそろそろ眠れるかというとき (半分寝ていて半分起きているような感じ) いつもその時に思いついたんであろう音楽と歌詞が頭に流れてくる。 起きてるときは詞なんて考えても書けないし、メロディなんかも思いつかない。 そもそも音楽に関する知識 [続きを読む]
  • 首に巻き付く
  • 子供の頃の変な記憶 その17174 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 02:16:09 ID:YJvRDai9O記憶とはちょっと違うけど、首の周りに何か触れてると気分がかなり悪くなるってのが昔からある。 今はあんまりだけど、子どもの時が酷かった。 タートルネックの服着ると吐いてたし、マフラーも気持悪くなるし、親でも兄弟でも、首に触ってきた人に対して何でそんなに?ってぐらい泣いたり怒ったりした。 前世なんかあった?w 203 [続きを読む]
  • 海にまつわる怖い話・不思議な話190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/09 22:27梅雨時の小坪港、この時期の小坪は霧が非常に出やすくこの日も霧が出ていました。 ただ、湾の外から立岩までは視界が確保できていたのと、海上だけの霧だったのでエンジン船で走り始めました。ところがそれまでべた凪だったのに午前9時頃からそよそよと風が吹き始めました。それも霧を運んで来るたちの悪い海からの風・・ 見る見るうちに [続きを読む]
  • 大蛇
  • 不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part3 640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/01 02:37鍵っ子だった小学2−3年の頃の話。 当時、家の前は空き地でした。家は坂の途中なので、その空き地と道路の間には1m程の段差がありました。梅雨時で、その空き地には、名前は知らないけどカメ虫が好んでつく、つる草がおそろしく茂ってました。 で、ある日、そこを「大蛇」が這っているのを見たわけです。 太さは、子供の私の胴 [続きを読む]
  • 百物語「忘れたい話」
  • http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1471687321/ 99 :わらび餅(代理投稿) ◆jlKPI7rooQ :2016/08/20(土) 23:16:48.69 ID:3Scplele0.net【第二十六話】 みどりいろ ◆/1zwn0rSvM 様 『忘れたい話』 中学生の時の親友の家は、入り組んだ下町の路地の突き当たりの住宅地にあった。 その住宅地は大小の家が6軒並んでいて、一番奥の大きな家が親友の家だった。 ある日、親友の家から一番離れた家の一人娘が、飛び降り自 [続きを読む]
  • やっぱりアメリカは怖い
  • ほんのりと怖い話スレ その70785 名前:本当にあった怖い名無し :2011/03/03(木) 04:06:30.27 ID:0t+6amMu0アメリカ留学してた時の話。 語学留学で1年間アメリカの東海岸の某大都市に行ってた時の話。 日本人の友達んところで夜中2時くらいまで飲んでて、俺明日があるから帰るわって友達んとこを出た。彼は実家が金持ちで、そこの大学に留学してて、凄くいいアパート住んでた。昔の高層ビル的な。建物は古いって言うか歴史ありげ [続きを読む]
  • 【師匠シリーズ】雲 後編
  • 師匠シリーズ407 :雲 後編◆oJUBn2VTGE :2013/09/06(金) 22:25:48.72 ID:kIaSDyGu0外は雨だ。額に、顔に、大粒の雫がかかる。雨脚はさほど強くないが、空を見上げようとしても、なかなか目を開けられない。 それ以前に、真っ暗な空にはどれほど目を凝らそうとも何も見えなかった。 目を細めていた師匠が「くそっ」と短く叫ぶと、家の中に取って返した。一分と経たずに飛び出してきたその手には、車の鍵が握られていた。 「来い [続きを読む]
  • 【師匠シリーズ】雲 前編
  • 師匠シリーズ386 :雲 前編◆oJUBn2VTGE :2013/08/30(金) 22:56:46.20 ID:1HZDzmsI0師匠から聞いた話だ。 大学二回生の夏だった。 ある時期、加奈子さんという僕のオカルト道の師匠が、空を見上げながらぼんやりとしていることが多くなった。 僕の運転する自転車の後輪に乗り、あっちに行けだのそっちに行けだのと、王侯貴族のような振る舞いをしていたかと思うと、ふいに喋らなくなったので、そうっと背後を窺うと、顔を上げて [続きを読む]