こん さん プロフィール

  •  
こんさん: びよーん
ハンドル名こん さん
ブログタイトルびよーん
ブログURLhttp://toyakon.blog.fc2.com/
サイト紹介文しゃかいじんいちねんせい
自由文最近はソシャゲの話を書いたりしてるけどメインは日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/10/20 22:28

こん さんのブログ記事

  • 万能感を感じるのは夜中である。まったくもって万能ではないのだけど。
  •  夜中に書いた文章というのはたいていの場合朝起きてから書き直す羽目になることが多い。こうしたブログなんかは即公開か下書き行きなのだけど。もとよりここに綺麗な文章だとかを期待している人はいないだろう。 基本的には僕は朝方の人間でありたいので夜更かしして作業するよりは朝早く起きて活動するほうが気持ちいいしそうしたいのだけど、学校や会社といった監視の目から逃れて完全に自分の裁量に任せているとまあ、このよ [続きを読む]
  • chime
  •  天気のいい日は一つ向こうにある山の上の小学校のチャイムが聞こえてくる。空気の違いだとかなんかそういったもので遠くの音が伝わりやすくなるのだろう。難しいことはよくわからないのだけど。 そんな日はなんとなくチャイムの音に合わせて行動するようにしている。まあ詳しい時間配分なんてものは覚えていないのでチャイムを区切りにトイレに立ったり水分を補給したり、はたまた作業に一区切りつけて別の作業に取り掛かってみ [続きを読む]
  • ふらり鎌倉散歩⑥ 江の島編
  • 鶴岡八幡宮編荏柄天神社〜報国寺編寿福寺〜源氏山公園編高徳院〜御霊神社編鎌倉高校前〜小動崎編今回で最後! 江の島へわたる。足はもう棒江の島にわたるにあたって江の島岩屋というところを今回楽しみにしていたのだが、工事中で入れないらしい。残念買い食いしようにも疲れで胃に物が入らなそうなので登っていく。どこも混んでいるし。 来たね エスカー。料金とられるけどアフタヌーンパスに織り込み済み。なんだかんだ江の島を [続きを読む]
  • ふらり鎌倉散歩⑤ 鎌倉高校前〜小動崎編
  • 鶴岡八幡宮編荏柄天神社〜報国寺編寿福寺〜源氏山公園編高徳院〜御霊神社編駅から電車に乗り込んできょうのです。電車の外の景色がだんだん海になってくのが好き pic.twitter.com/pv3Qi2kAHC― こん (@toyakon) 2018年4月16日Twitterから。電車で海を見ながらすすむ。 鎌倉高校前。ここもよく見るね。なぜか人がいっぱいいた、なにかやってたのか純粋に観光スポットなのかはよくわからなかった。道路を渡って海! サーファーたちが [続きを読む]
  • ふらり鎌倉散歩④ 高徳院〜御霊神社編
  • 鶴岡八幡宮編荏柄天神社〜報国寺編寿福寺〜源氏山公園編佐助稲荷をみおとし、駅に戻ろうとする。予定的には駅前で昼ご飯のちにアフタヌーンパス(後述)をかって長谷駅、大仏のつもりだったのだが駅に戻るには早すぎる。そして大仏もう少し! の看板。また騙されることになるのだが。さて、道中何か楽しいことがあったわけでもなく1kmちょいを歩いて高徳院へたどり着く。もう足がしんどい。 外国人が多い 仁王がお出迎え。うっす [続きを読む]
  • ふらり鎌倉散歩③ 寿福寺〜源氏山公園編
  • 鶴岡八幡宮編荏柄天神社〜報国寺編バスで八幡宮前に戻って来て少し歩くここもどうやら聖地いやはやまったく記憶になんか気に入らなかったようでもう一枚撮ってある 線路。線路のわきを歩いてひと夏の冒険にいこう。それもまたよしだ。 *1ここから僕の頭悪い冒険が始まる。 岩のトンネル。寿福寺という場所の付近。先ほどの線路から寿福寺はわりとすぐで、寺経由ならこのトンネルもすぐである。すぐであるのだが僕はgooglemapを眺 [続きを読む]
  • ふらり鎌倉散歩② 荏柄天神社〜報国寺編
  • 鶴岡八幡宮編ぼたん庭園を抜けて八幡宮を後にする。あるていど行きたい場所は決まっているので歩を進める。八幡宮を出て左だ。 通りも心なしかおしゃれに見える。少し入れば地元と何ら変わりのない景色が広がっているのだが。 頼朝の墓らしい。頼朝…なにした人だったかいまいち思い出せない。これは本気でどうでもいいがモンストで頼朝の運極を持っている。出番はないが。 ここを上ってきた。 何年か前にやっていたハナヤマタとい [続きを読む]
  • ふらり鎌倉散歩① 鶴岡八幡宮編
  •  ふと歩きたくなって、どこに行こうかなと思ったときにぼーっと考えていてうかんだのが鎌倉。行ってきたよ。 9時ごろに鎌倉駅に着。小町通りを歩いて鶴岡八幡宮。通りはまだ空いている店も少なく、人通りも少なかった。 サムネ生成大きめにしようと思って忘れてたな…! このままいく…! 人が少ない。以前初詣に来たときはとてつもない人だったような記憶がある。まだ9時過ぎだしそもそも月曜日である。そりゃいない。 おなじ [続きを読む]
  • 画像の大きさをガッと変えるやつを書いた
  •  先日の話のあとがんばってかいてみた。結論から言えば2番目に試したソフトと同じような劣化が見られたのであった。以下ソース。俺はpythonしかかかんサイズを半分にしたい画像たちがあるフォルダに放り込んで実行してやればよい。resizeフォルダにリサイズ後のファイルが作成されるはずである。もうすこし融通が利くように書いたものはgithubに置いてあるのでもってってください。 劣化してしまうから何とかならないものかとお [続きを読む]
  • めんどうくさいことを楽にする。ただそれがすこしめんどうくさい
  • .drop{line-heiht:0;}.drop:first-letter { font-size: 48px; margin-right: 6px; margin-top: 6px; float: left; line-height: 1;}段落の最初の文字を大きくする表現をドロップキャップというらしい。この表現をたまに見るとかっこいいなと思うのだけどどうも日本語だと少し間抜けかもしれない。もとのスタイルとけんかしてなんかダサくなっている。なんかへんしゅうがめんばぐったし、助けてくれ。いやどうでもい [続きを読む]
  • 夢の中なら僕だってメジャーリーガー
  •  テレビというものがあまり好きではないので普段は見ないのだけど、夕飯の前後に居間でつけっぱなしになっているニュースをすこしだけ眺める時間がある。 ここ数日大谷翔平くんを見なかった日がないのだけど今日も今日とて彼のニュースが流れていた。「今日もすごいねえ」などと思いながらみていると、彼と同い年だということに初めて気が付いた。 同世代や下の世代の人たちが活躍している姿を純粋にすごいと思うのと同時に大き [続きを読む]
  • 新生活とか僕にはあまり関係ないのだけど、世間はそんなムード
  •  月が替わったのでこうして管理画面を開いた。なんだかんだで毎月頭には記事の下書きを始めることが多い。それであの内容なの? って感じだけど。書いては消してを繰り返して結局ああなるのである。下書きのまま残っている記事で一番古いのは2年前の日付だったりする。 それでも今月はなんとなく下書きとしておかないですぐに公開しようと思う。4月だしね。  仕事を辞めたのが10月のはじめだからかれこれ半年間の空白期間がで [続きを読む]
  • すこしの変化が少しのモチベーションへつながる
  •  ふと自分のブログページを開いた時に「そういえばずっとこのテンプレートを使わせてもらっているな」と思い立った。始めたときに見つけたテンプレートでわりとお気に入りだった。使っていたテンプレートを作っていた方はだいぶ前に更新を辞めてしまったらしい。今まで使っていたのはこちらのブルー。すごいおきにいりでちょこちょこ自分で手を入れながら愛用させていただいていた。 いままでにも何回か自分でテンプレートをかい [続きを読む]
  • 天気がいい日は窓を開けたい
  •  今年の花粉はくしゃみが多くでる。なるべく窓を開けたくない。目もかゆいし最悪である。 グラブルの周年アプデのお話でも書こうと思ったけれどマグナ2等々の新コンテンツにろくに触れず、さて毎日朝から晩まで共闘に引きこもりっぱなしなのである。現実でもゲームでも引きこもりとは目も当てられない。 最近ではなにか資格を取ってみようと思い立ち、本屋へ足を運んでみた。資格コーナーで見たこと聞いたことのあるものを手に [続きを読む]
  • 真夜中ひとりジャンクフードを食べる
  •  ふと脂っこいものが食べたくなった。時計の針は2時を示している。窓の外を見ると月が爛々と輝いている。夜中のカロリー、たまにはいいのではないでしょうか。 部屋着のスウェットに上着だけ羽織って棚から財布を手に取る。机の上の携帯を取り上げて、戻した。急ぎの連絡があるわけでもなし、久しぶりの夜中の散歩だし置いていこう。 学生時代と半年間の社会人時代、半年で時代というのも笑っちゃう話だが。まあ、外でご飯を済 [続きを読む]
  • 2018
  •  今年はいろいろあった。大学を卒業し、社会人になって、社会人を辞めた。 いろいろというほどのことでもないけれど数年に一度、卒業入学があった今までと比較して1年間でこれだけ環境が変わったのは初めてで。まあ仕事を辞めて3か月。楽しくやっていることは確かである。 右肩下がりに減ってゆく貯金を見て危機感を覚える毎日。これはこれでストレスになるのだけど、毎日他人と会うストレスと比べたら圧倒的にましなわけで。  [続きを読む]
  • さいきんすこしたのしい
  •  そろそろ更新時期だなと思って自分のブログを開く。すでに1か月更新なしの広告が出てしまっていた。転職サイトの広告。自分のブログにまで早く仕事を見つけろと小言を言われている気分である。まあ、こういった広告は自分の閲覧したページに依存するらしいのでつまりそういうことなのだけど。 会社を辞めて1か月がたった。1か月間休んで元気満タン! と言いたいところだけど実際はそこまで回復した感じもなく。外に出るときに限 [続きを読む]
  • ひとつの季節の終わりと、ひとつの決意と
  •  部屋の窓を開ける。セミの声が聞こえる。まだまだ夏を感じさせていた。 会社を辞めようと思った。 残業がきついとか、人間関係が無理とか少なからずはあったけれどひとつ、あえて理由を挙げるのならばただただ無理になった。それだけのことだと思う。 上司に退職する旨を伝えた。当然引き留められる。「まだ配属から3か月しかたってない」「部署を変えるのはどうか?」「すこし休んでみるのもいいんじゃないかな」テンプレー [続きを読む]
  • ひとのやりかた
  •  広げたばかりの模造紙は元の姿に戻ろうと端を丸める。各々が隅に筆箱を置いて抑える。 教卓へ道具を取りに行っていた子が戻ってくる。模造紙の上に戦利品のポスカや画用紙を並べていく。 一人が鉛筆を取り出す。シャーペンは禁止されていた。いわく、授業中にバラしたりする子や、ノックの音で集中できない子がいるから。 特に禁止されていないノック式のペンをカチカチと鳴らしながら、テキパキと分担を決めていく姿を眺める [続きを読む]
  • 7億円の使い道
  •  7月末に購入したサマージャンボの当選発表がおこなわれた。 外れるはずがないと思って、なにに使おうかなと、それを妄想しながらくそつまらない仕事を乗り切っていた。あと1か月後には辞められるし気楽にいこうと。 夏休みに入る前上司に読んでおけと言われ、渡された本がある。休み明けまとめて発表しなさいと。配属されてから何回かやらされているそういったお勉強が僕は正直苦手だった。休み前、その本は会社の引き出しの中 [続きを読む]
  • たのしくない
  •  座学を消化するだけの3ヶ月間の研修が終わり、本配属になって1週間が過ぎた。 とかいうことを書こうとして、すでに7月も末となって、配属から1か月がたっていた。 やっていたことはまあ、研修の振り返りみたいな感じで業務的には全然覚えることがあるわけでもなし、大変な作業なんて言うものもなく、他部署に配属されていった連中と比べると比較的楽な1か月だったのは間違いなかった。 この1か月、不眠から始まる様々な体調不 [続きを読む]