Hugo さん プロフィール

  •  
Hugoさん: HugoのBlog
ハンドル名Hugo さん
ブログタイトルHugoのBlog
ブログURLhttp://hugonoblog.com/
サイト紹介文シンガポールの情報を中心に、好きな映画や本の紹介などもして行きます。ライバルは駐妻です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/10/21 10:47

Hugo さんのブログ記事

  • 最高に美味しいのにバカみたいに高くない!大阪焼肉DonDon
  • 当事者ではなく、シンガポールに住む日本人として客観的に見た意見なのですが、 シンガポールでは、最近、焼肉戦国時代を迎えております。 発端は、焼肉王が「牛一頭まるごと買い!」を文句に、安くて美味しいお肉を出したことからではないでしょうか?これはシンガポールで長年、高い焼肉を食べ続けてきた私たちにとってはまるで、ゴールド・ロジャーが死に際に放った一言、「この世の全てをそこに置いてきた。探せ!」と同じく [続きを読む]
  • サラリーマン必見 安くて美味しい呑兵衛のための居酒屋 徳(TOKU)
  • ようやく前回で八重山諸島への旅行に関する投稿を終え、ようやくシンガポールに関する投稿に戻ってくることが出来ました。長かった。。。 旅行から帰ってきた興奮で、最初の投稿1発目(こちら参照)を大きく書いてしまったものだから、引くに引けずに、途中はブログをアップすることすら苦行に感じて、もう無かった事にしようとさえしましたが、なんとか無事に終える事が出来ました。大仕事を終わった後の反動からか、ここ数週間 [続きを読む]
  • 石垣島をちょこっとだけ観光して、存分に八重山諸島を味わう
  • 長く続いた八重山諸島の紹介も、今回で最後になりました。思い返せば長かった。最初の1回目を書く時、旅行から帰ってきた興奮が冷めやらず、まるでガイドブックを書いているようなボリューム感で文章を書き始めてしまったため、最後までその調子で書き続けるしか無くなってしまいました。このままブログの記事を色々と手直しして、ガイドブックにして出版して、お金を設けて、そしてそのままライターへ転向、、、なんて道もありじ [続きを読む]
  • 波照間島 日帰りモデルコース。限られた時間の中で出来る事
  • 突然ですが、質問です。日本人が観光で行ける日本の一番端って、それぞれ(最東端・最西端・最南端・最北端)どこだか分かりますか? うーん、日本は右上から左下に伸びてる島国だから、最北端と最東端は北海道だろうし、最南端と最西端は沖縄でしょう。 そんなことは誰にでも分かります。 私が聞いているのはもっと、詳細な場所。正解はこちらです。 最北端 … 宗谷岬(北海道)最南端 … 波照間島(沖縄県)最東端 … 納 [続きを読む]
  • 八重山諸島に行く前に読んだ本と、見た映画、聞いた音楽
  • 各地の美味しい食べ物や、お土産が写真で並んだガイドブックに良い点もあるけれども、想像力をかきたてられる活字にも良い点がある。 旅行に行く前は、写真ばかりのガイドブックではなく、活字を読もう! ということで、毎度ですね。最近は旅行に行くたびに、どんな本を読んだか感想を載せています。どの本が良くて、どの本が良くなかったか。今回も例にもれず、載せて行こうと思います。今回は、八重山諸島に関する本、それに映画 [続きを読む]
  • 星のや竹富島で過ごした夢のような5泊6日間 (その他アクティビティ編)
  • 前回の投稿では、星のやに宿泊した場合に体験できる衣食住の紹介を紹介しました。途中、レストランの紹介に差しかかったところから気合が入り過ぎて、いつものレストランレビューのようになってしまい、その結果、超長文になってしまいました。それでもホテルの雰囲気は大体は分かって頂けたでしょうか?見やすい記事が1000から2000文字と言われいているブログ業界で、どうやら前回は7000文字近く書いていたようです。 [続きを読む]
  • 星のや竹富島で過ごした夢のような5泊6日間 (衣食住編)
  • さて、前回から始まりました沖縄八重山諸島編。まずは旅の拠点となる宿泊先、星のや竹富島の紹介から始めていきます。この投稿では、基本的な衣食住の紹介をし、次回の投稿で、その他アクティビティなどを紹介していきます。グーグルで探してみると、星のや竹富島の紹介をしているブログがいくつかありますが、このhugoのブログでは、他のどんなブログよりも詳しく!正確に!!そして綺麗な写真とともに!!!紹介していきたいと思 [続きを読む]
  • 八重山諸島の離島、竹富島に泊まる5泊6日の旅 (沖縄)
  • 平均して週に2〜3回はアップしておりますこのブログですが、7月はあまりブログをアップ出来ませんでした。というのも実は10日間ほど休暇を頂いておりまして、一時帰国をしておりました。我が家では夫婦ともに、「一時帰国休暇=旅行に行こう!」という思考回路なので、少し前からコツコツと、旅行の計画を立てていたのです。で、今回の旅行先に選んだのは「竹富島」。沖縄の南方、八重山諸島に浮かぶ小さな島です。この小さな [続きを読む]
  • シンガポールで食べる小龍包、厳選ベスト9を紹介します。
  • 店員さんが運んできた瞬間に湯気がテーブル全体を包み、湯気の去った後に “それ”を恐るおそる取り出し、レンゲの上にのせた後は、一息でぷちっと皮をつぶすとスープが溢れだし、フーフーしながらその極上のスープを飲み、その後には極薄の皮に包まれた餡を堪能する料理、なーんだ? 正解は小龍包。(なぞなぞ風ですが、全然なぞなぞではないですね。笑)これは箸を完璧に使いこなす人のみに許された幸福です。以前、箸を使わな [続きを読む]
  • Pixy bar & Cuisine隠れ家としての条件を完璧に備える素敵なレストラン
  • 今回紹介するのは、とても素敵なレストラン。Pixy bar & Cuisineというレストランです。ここはあまり知られていないレストランだと思うのですが、それもそのはず。広告をあまり出していないレストランなのです。シェフによると、お金を払って出した広告に寄ってきてくれたお客さんよりも、美味しいと思って頂いたお客さんが他に連れてきたお客さんを大切にしたい、そんな思いがあるようです。なんて素敵な!ここは、本当は秘密にし [続きを読む]
  • Pixy bar & Cuisine隠れ家としての条件を完璧に備える素敵なレストラン
  • 今回紹介するのは、とても素敵なレストラン。Pixy bar & Cuisineというレストランです。ここはあまり知られていないレストランだと思うのですが、それもそのはず。広告をあまり出していないレストランなのです。シェフによると、お金を払って出した広告に寄ってきてくれたお客さんよりも、美味しいと思って頂いたお客さんが他に連れてきたお客さんを大切にしたい、そんな思いがあるようです。なんて素敵な!ここは、本当は秘密にし [続きを読む]
  • チョンバルのバクテー屋さん団縁(Tuan Yuan)
  • Old Bak Kut Theはチョンバルマーケットの近くにあって、朝から賑わっており、私も好きなバクテー屋さんです。チョンバルマーケットに行っていた時は、そこで工夫茶を頼んだりしながら朝ごはんを食べたりしていました。最近ではチョンバルマーケットの代わりにヨガでチョンバルに行くことが多くなりました。ところが、なかなかヨガの後にホーカー的な佇まいのお店に入りたくならないんですよね。でもやっぱりバクテーは食べたい。 [続きを読む]