HARRY II さん プロフィール

  •  
HARRY IIさん: サンクチュアリ NEWS
ハンドル名HARRY II さん
ブログタイトルサンクチュアリ NEWS
ブログURLhttps://nqj17437.wordpress.com/
サイト紹介文サンクチュアリ教会の最新ニュース、説教の内容を日本語でお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/10/23 01:03

HARRY II さんのブログ記事

  • 「国際勝共連合」前事務局長 川原徳昭氏の退会届と5つの提言
  • 「国際勝共連合」前事務局長 川原?昭さんが、ブログを立ち上げられた。 「家庭連合の研究」−世界平和統一家庭連合 は神に帰れ氏のブログから退会届のみを引用させていただきます。 関心のある方はぜひブログ「家庭連合の研究」をお尋ねください。*お断り:川原さんの下のお名前は「?明」ですが、ブログ村のシステムはこの字を認識できないので、「徳昭」としています。ご了承ください。余は如何にして「家庭連合」を退会し [続きを読む]
  • デミアン・ダンクリーの誠実と憂鬱
  • アメリカの家庭連合にデミアン・ダンクリ―という公職者がいる。 私は直接会って親しく話したことはないが、ある公的な仕事を通して日本とアメリカで何度かやり取りしたことがある。だからUC用語でいう「情因縁」が少しあり、彼には今でも親しみと愛情を感じている。何気なしにYOUTUBEを見ている時、デミアンが米家庭連合最大の教会、ニュージャージ、クリフトン教会で4月8日に説教をしている動画を見つけた。その中で [続きを読む]
  • 亨進ニムの怪我の説明【日本語訳】
  • 「洋介のブログ」でアップされた動画の日本語訳です。写真も「洋介のブログ」から。2018年4月12日、天一宮のスタジオから二代王がライブで放送しています。神の王国の王、王妃の皆さん、おはようございます! 現在の時刻は午前6時47分です。私が肋骨の筋肉に怪我をしたので、大声を出さないことを喜んでいる人もいるかもしれません。何と言えばいいのでしょう。まったくおかしなことであり、憤りを呼ぶものです。この様 [続きを読む]
  • 400万のロシア人が見た、鉄のつえ祝福式
  • これは、4月8日の日曜礼拝で亨進様の指示により流された2月28日の祝福式を伝えるロシアのニュース動画です。英語訳から翻訳:管理人西洋のメディアの半分以上が、一般大衆にトランプが、まるでクレムリン(ロシア)の操り人形か何かであるかのように報道しています。 しかし時には、全く相反する言葉が大衆の頭にはしっくりくることもあるようです。 アメリカのニューファンドランドの住民は用心深げに宗教的祭日を眺めては、 [続きを読む]
  • それでも二代王は外部に発信する
  • 4月6日金曜日に、亨進ニムが胸の痛みをおして、フェイスブックを中心に動画発信しているDEGENX Radio(ディジェネックス・ラジオ)に出演した時のその様子の一部。やあ!紳士淑女のみなさん。 フェイスブックの皆さんいかがお過ごしですか。金曜日(4月6日)夜、東部時間8時30分。 Degen X ラジオです。私はレイル、タックルベリーもいます。旗の前に座っている。今日のスペシャルゲスト・ゲストは「鉄のつえミニストリ」 [続きを読む]
  • グレッグ・ノル(本部総務)からのお知らせ
  • 2018年4月8日 日曜礼拝での伝達事項今朝、お知らせがあります。どうか王様のために祈ってください。 ブラジル柔術を練習している時に怪我をされました。王様に起こることである限り何であるかにかかわらず それは重大なことです。今朝祈っている時、感じたことがあります。 私たちのために傷ついて下さったのではないかということです。胸に打撲を受けられました。 その場所はまさにイエス様が十字架上で槍で刺された脇腹の [続きを読む]
  • 全米最大のキリスト教大学が学内に最新式の射撃場を開設
  • FOXニュース:By Caleb ParkeLargest Christian university opens ‘sophisticated’ gun range for studentsより翻訳:管理人銃器をどのようにして学校のキャンパスから排除するかとアメリカ中が議論する中、リバティ大学(VA)は数百万ドルを投じて、学生たちの活動と競技のための射撃場を、月曜(3月26日)にオープンした。ヴァージニア州リンチバーグにあるアメリカ最大のキリスト教大学(バプテスト派)では以前から学 [続きを読む]
  • イエス様の王国は実体の王国−4月1日鉄のつえの王国11(英語説教その1)
  • 4月1日鉄のつえの王国11 2018年4月1日翻訳:BAMBOOS鉄のつえの王国11に入ります。マルコ10章です。13節から一緒に読みましょう。13:イエスにさわっていただくために、人々が幼な子らをみもとに連れてきた。ところが、弟子たちは彼らをたしなめた。14:それを見てイエスは憤り、彼らに言われた、「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい。止めてはならない。神の国はこのような者の国である。15: [続きを読む]
  • ダボス会議でトランプがソロスに放った一言
  • 翻訳・字幕:管理人  USA BREAKING NEWSよりトランプ大統領がジョージソロスに面と向かって?GO TO HELL!“といい放った。ダボス会議(スイス) 2018年1月23日〜26日この写真はスイスのダボス会議で取られた一枚。ダボス会議といえば世界の金融エリートたちが集まって将来の計画について語る場だ。トランプ大統領も億万長者ジョージソロスに対する本音が押さえられなかったようだ。 ドイツ訛りのある英語で [続きを読む]
  • 「鉄のつえ」【参考動画3】
  • 天のお父様、今日の一日を感謝いたします。主よ、どうかわれわれが政治家を覚醒させ、良民である我々が成すべきことを成し得るように、われらの羊の群れを守ることができるように導いて下さい。イエスの名によって感謝いたします。アーメン祈り、ピストル、そして銃。私は今日の午後、ニュージャージー州のジャクソンにある戸外射撃場に行ってきました。そこでニュージャージーの2人の牧師さんと話をしました。教会を守るために2 [続きを読む]
  • 毛沢東のモットー3月25日 鉄のつえの王国10【英語説教その3】
  • 2018年3月25日 鉄のつえの王国10翻訳:管理人どの国を見ても、ほとんどの人は神の似姿に造られた正しい人です、もちろん神様の前では罪人であったとしても。大半の人はいい人です。大抵の人は他の人を傷つけたいなどと思いません。力ずくで何か奪うことは悪いことだという自覚があります。イランを考えてみましょう。もしイランが修正第2条(国民の武装権)を持っていたとしたら、ムッラー(イスラム教師)たちがあのよ [続きを読む]
  • 「鉄のつえ」に戸惑う人へ【参考動画その2】
  • 「自存」「自衛」は世界に類を見ない、それゆえに理解し難い、アメリカの建国精神の柱の一つ。しかもいまや天一国の建国精神でもある。だからこそ、政府に依存せず自分は自分で守る気概を持たなければならないのだ。コロラド州ライフルという町にあるレストラン「シューターズ・グリル」警官:とてもいいビジネスモデルだと思うよ。美味しいハンバーガーを作って、銃器の宣伝までしている。だからこのライフルという町は最高だよ。 [続きを読む]