asuhana さん プロフィール

  •  
asuhanaさん: 明日咲く花
ハンドル名asuhana さん
ブログタイトル明日咲く花
ブログURLhttp://asusakuhana.blog.fc2.com/
サイト紹介文花より男子の2次小説になります。牧野つくしちゃんを主人公に書いてます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/10/23 12:18

asuhana さんのブログ記事

  • 紅蓮 108
  • つくしの虚偽記憶を再構築するためには、設楽の力が必要だ。でも……永久と玲がこれ以上会って良いものなのか?と宗谷は、ジレンマに陥った。悩んだ末に出した結論は一つ。己 [続きを読む]
  • baroque 88
  • つくしを送り出した後、総二郎は雛子との待ち合わせの美術館に向かった。雛子と二人で会うようになって何度目になるのだろうか? コロコロと楽しそうによく笑う雛子との時 [続きを読む]
  • 紅蓮 106
  • 高層ビルの眼下を見下ろしながら、眉の付け根を二本の指で解した。宗谷の胸の奥に芽生えた小さな疑念は、日増しに大きく膨らんでいく。思い出すのは、以前、司に投げられた [続きを読む]
  • 紅蓮 105
  • 「わたし、とわちゃん 」巻き毛を風に揺らしながら玲の前に手を出した。黒真珠のような玲の瞳が永遠を見つめたあと、白い歯を見せながらニッコリと笑う。同じ年頃の子故に [続きを読む]
  • baroque 87
  • それは誰かが意図したわけではなく、偶然だった。薫は一緒に乗り込んでいた護衛の者に声を掛けてから、眠るつくしを起こさないように静かに隣に腰掛けた。何か夢でも見てい [続きを読む]
  • baroque 86
  • 「私の顔に何かついてます?それとも見惚れちゃいましたか?」雛子に真っ直ぐに見つめられた。「あっ、ごめん……あっ、いや、すみません」「あらっ、そのごめんと、すみませ [続きを読む]
  • baroque 85
  • 「ふぅっーー」浴びるほどに酒を飲みグデングデンに酔っ払った薫を部屋まで担ぐ様に連れて来た。ベッドに寝かせて靴を脱がせたあと、悠斗は薫の眠るベッドの脇に腰を掛けた [続きを読む]
  • baroque 84
  • 甘い匂いを感じて視線を這わせば、切り花にしては珍しいほどに月下香が見事に花開いている。清らかな花姿なのにも関わらず、甘く人を惑わす香りをもつ月下香。鼻を蠢かし愛 [続きを読む]