kasasagi さん プロフィール

  •  
kasasagiさん: noy very…
ハンドル名kasasagi さん
ブログタイトルnoy very…
ブログURLhttps://ameblo.jp/kasasagi-tane/
サイト紹介文*読んだ本を忘れないように記録するブログ*
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/10/24 19:44

kasasagi さんのブログ記事

  • 古見さんはコミュ症です。
  • 古見さんは、コミュ症です。(1) (少年サンデーコミックス) Amazon 古見さんは、しゃべれない系のコミュ症のようです。 黒板、紙など筆記は大丈夫みたいです(笑) 主人公の頭に花がついているのが、気になります。 古見さんの目標は、友達百人作ることです。主人公の只野くんが一番目で1巻で3人まで増えました。 コミュ症の古見さんにも楽しい高校生活が訪れることを祈っています。私もコミュ症気味だったので……うっ頭が割れ [続きを読む]
  • ヴァニタスの手記1
  • ヴァニタスの手記 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) Amazon すごい絵柄書き込まれてて上手ですね。 なんか設定がぶっとんでますね。 吸血鬼のお話ですが、昔、戦争して吸血鬼が滅んだとか。 生きていた吸血鬼は解放されたけど、『改竄式』によって『真名』を歪められて暴れてると。 正しい『真名』に戻すために戦ってるのが、主人公?(ノエ)とムルということになるのでしょうか。 ノエは吸血鬼だけど、ムルは人間らしい [続きを読む]
  • 文豪ストレイドッグス10
  • 文豪ストレイドッグス (10) (カドカワコミックス・エース) Amazon 短編っぽい感じでした。 敦くんの孤児院のお父さんの話。 国木田さんの列車爆発事故の話。 元探偵社の花袋さんの恋物語。 そして、9巻の最後にも出ていた盗賊団の頭目。これからの火種が出てくる話です。相変わらずやり方がエゲツナイ感じです(笑) 11巻からこの戦いが始まりそうですね。 [続きを読む]
  • 文豪ストレイドッグス9
  • 文豪ストレイドッグス (9) (カドカワコミックス・エース) Amazon この巻は敦×芥川ですね……あ、違った(笑) 敦くんと芥川さんが主役のお話です! ギルドのボスとこの二人が戦います。 そして、鏡花ちゃん!彼女の行先が決まる話。太宰さんが鏡花ちゃんに言った台詞がなんだかじんわり熱いですね。 『成りたいモノと向いているモノが違う時 人は如何すればいい? 生き方の正解を知りたくて 誰もが闘ってる 何を求めて闘う?  [続きを読む]
  • 文豪ストレイドッグス8
  • 文豪ストレイドッグス (8) (カドカワコミックス・エース) Amazon 敦君の提案により探偵社とマフィアが手を組むか?!というようなお話しです。 太宰さんと中也の共闘が見れる巻でした。太宰さん傍観者すぎ(笑) あと、乱歩さんの推理の話がありました。エドガーさんとの推理話(?)復讐劇とでもいうのかしら。 叙述トリック(氷菓を思い出すw)でしたねぇ。 意外と話は面白いですね。 ちゃんと異能が考えられて使われているので [続きを読む]
  • 最後の晩ごはん ふるさととだし巻き卵
  • 最後の晩ごはん ふるさととだし巻き卵 (角川文庫) Amazon なぜか、いつも電子買いが基本なのですが、サイン入りの紙の本を買うという(笑)それならいいかという結論に至りました(笑)物理な紙本だとどうしようもなく増えすぎてしまうので……。 〇ニミュ俳優が卒業して、朝の料理番組(〇コズキッチン的な)に出て、小さな事務所だったばっかりにスキャンダルで芸能界追放な感じに思えました(笑)スキャンダルは、嘘という、悲しいく [続きを読む]
  • 文豪ストレイドッグス7
  • 文豪ストレイドッグス (7) (カドカワコミックス・エース) Amazon この巻は面白いと思います。私は好きな巻です。 メイさん(若草物語書いた人)が好きです(笑) Qちゃんがかわ……いいのか、かわ……そうなのか良くわかりません。 モンゴメリちゃん、やっぱ好きです、一番かわいい(笑)台詞が粋ですね、感動! 終盤の敦くんが銃で撃たれてるとこは胸熱でした。 素直に面白いと思いました。 次巻、期待。 [続きを読む]
  • 文豪ストレイドッグス6
  • 文豪ストレイドッグス (6) (カドカワコミックス・エース) Amazon 大変!探偵社の事務員さん達が人質になっちゃう! でも、お兄ちゃんパワーで解決☆ って感じでした。 最後に掌編「心なき狗」っていう小説が入っていました(読んでません) あと、芥川さんを見てるといつでも痛々しいです(物理でも) さて、6巻を飛ばして7巻を読んだわけですが(笑) 7巻、おもしろいです(笑)明日更新できるかな☆乞うご期待! [続きを読む]
  • しあわせのねだん
  • しあわせのねだん (新潮文庫) Amazon 人生に値段はつけられないけれど、人生にかかるものに値段はつけられるよねーという感想。「私たちはお金を使うとき、品物といっしょに、何か別のものも確実に手に入れている。大事なのは品物より、そっちのほうかもしれない」という煽りがあってこの本をよみました。2005年出版の本。物価が変わってますよね。煙草が250円って安いよね……。私は一度も買ったことがないけれど。たぶん、安い [続きを読む]
  • そして生活はつづく
  • そして生活はつづく (文春文庫) Amazon 星野源さんって多才なんですね。 ただ、これを読むとめちゃくちゃ生きにくそうですが(笑) 役者でバンドのボーカルで曲も作ってってすごいですが、携帯代を払い忘れたりします(笑)あれ、電気代だっけ? 読んでると淡々としたあの声で文章が再生されるのが良かったです(笑) なんだか自分に似てるところとかあって、面白かったです。 私は最近、悟りを開いて出家したいとか思います(笑)まだち [続きを読む]
  • 文豪ストレイドッグス5
  • 文豪ストレイドッグス (5) (カドカワコミックス・エース) Amazon 尾崎紅葉さん出てきたのですが、私は知らないなぁ。金色夜叉って鏡花ちゃんの夜叉白雪と似てるし、迎えに来てるし。 あとは、ギルドとマフィアの戦いっぽくなってます。マフィアがギルドを奇襲って感じですかね。 敦くんがばっさばっさ攻撃されて怪我しても超再生能力で大丈夫なので、他の人が怪我するとどうなのでしょうね。 さ〜て、6巻飛ばして7巻を読む気がし [続きを読む]
  • 文豪ストレイドッグス4
  • 文豪ストレイドッグス 04 (角川コミックス・エース 437-4) Amazon わーい、鏡花ちゃんが仲間に! 同僚の宮沢賢治さんと敦くん(たぶん主人公)の話。 いろんな意味で破天荒☆ 樋口一葉と芥川さんの話が入っています。樋口さんの能力ってなんでしたっけ???いろんな人にマフィア向いてないっていわれまくってます。 そして、『組合(ギルド)』と呼ばれる組織と赤毛のアンちゃんとの戦い。 どうやら、探偵社とマフィアとギルド [続きを読む]
  • 文豪ストレイドッグス3
  • 文豪ストレイドッグス (3) (カドカワコミックス・エース) Amazon 鏡花ちゃんがめっちゃ可愛いです(笑) 中原中也がかわいいです……弄ばれてて……。 芥川さん……ちょっと何言ってるかわかりません(笑) そんな感じの3巻でした。 外国の文豪も出てきます! あえて言うなら、私が好きなのは国木田さんかな! [続きを読む]
  • モリー先生との火曜日
  • 普及版 モリー先生との火曜日 Amazon ちょっと人生に迷って疲れて悩んでいた時に読んだ本。すいません、実は完全に読めてなくてごめんなさい。だって、モリー先生の終わりは見たくなかったんです。 ちょっとだけ感銘を受けた言葉だけ。 『われわれのこの文化は人々に満ち足りた気持ちを与えない。文化がろくな役にたたないんなら、そんなものいらないと言えるだけの強さを持たないといけない。』 『多くの人が無意味な人生を抱え [続きを読む]
  • 宝石の国8
  • 宝石の国(8) (アフタヌーンコミックス) Amazon フォス月へ行く(笑) 月の王子はイケメンでした(笑) いろいろ発覚するのですが、私には何か腑に落ちない感じです。 事実なのかなぁという。 というか、宝石達の末路は加工するより酷い感じでした。よくそんな酷いことを思いつくものですね……。原作お読みください。泣いちゃいます。 いろいろ難しい設定があるようです。 そして、7巻でもまだ出し切られていない秘密もあるような [続きを読む]
  • 宝石の国7
  • 宝石の国(7) (アフタヌーンコミックス) Amazon フォスは二百年寝てました(笑) そして、ラピスラズリの頭を手に入れました。 フォスは頭良くなりました(笑) あんなにおバカで愛される子だったのに(笑) フォスちゃんはつぎはぎしても大丈夫な菌だったとうことでした!気になる方は原作読んでください(笑) そして、肉の女王の子孫と出会います。 忘れているフォスと知るはずもない女王の子孫。 忘れてても同じことを話し聞くこと [続きを読む]
  • 宝石の国6
  • 宝石の国(6) (アフタヌーンコミックス) Amazon フォスがどんどん不思議構造になっていきます(笑) とうとう一番大事な部分が……。 そして、月人に連れ去られる宝石も増えています。 遺された者は、悲しみますよね。 『心情や物事は 決着がつく方が稀で』 『悲しむのも忘れるのも自然でいなさい』 なんだか、今の私にしっくりきた言葉だったので。 [続きを読む]
  • 宝石の国5
  • 宝石の国(5) (アフタヌーンコミックス) Amazon パパラチアの話から。 『清く正しいが本当が』 ちょっと気になった言葉だったので。 考えてみれば、月人は意思を持った宝石を装飾品として使っている。 無機物の。でも、それには心があって、自分の意思で動いている。 そう考えるとこの話はすごい話だな〜と思います。 ここらへんから、フォス月へ行く計画が本格化するのでしょうか(笑) 今の状況に疑念を抱くほど、成長したって [続きを読む]
  • 文豪ストレイドッグス1
  • 文豪ストレイドッグス(1)【期間限定 無料お試し版】 (角川コミックス・エース) Amazon アニメ入り。 そして、なんと、図書館で借りられるという!!!! 小説かと思っていたのにビビリました(笑) お話は昔の文豪の名前と能力を持った人たちが戦う的な。そういう能力を持っている人は異能の者って呼ばれてました。 基本主人公は中島敦と太宰治でしょうか。 マフィアと探偵社の闘いという不思議な構図です(笑) 図書館にある本がアニ [続きを読む]
  • 宝石の国4
  • 宝石の国(4) (アフタヌーンコミックス) Amazon 宝石のウニって入れ間違いました(笑) あ、3巻では、皆冬眠してました。主人公のフォスは、足が違うものになった影響か、起きてました。フォスは手を失ってました。どろどろ手になってました。そして、冬だけの大事な人も失っていました。 ふぉすはどんどん変わっていきます。 全然話していませんでしたが、月人という月から来る来訪者に宝石たちは狙われていて、何人かは、連れ去 [続きを読む]
  • 宝石の国3
  • 宝石の国(3) (アフタヌーンコミックス) Amazon そういえば、2巻でホスの足がなくなりました。記憶もなくなってしまうんです。 宝石なので、砕けるんですね。でも、身体を繋ぎ合わせれば、また動けます。不老不死なんです。身体に住んでる微生物が気に入れば動くみたいです。 1巻で重要だったのが、シンシャですね。ホセは彼の秘密を知るんです。ホセとパートナーにはならないのかなぁと思います。7巻では遠ざかってる気がしま [続きを読む]
  • 宝石の国2
  • 宝石の国(2) (アフタヌーンコミックス) Amazon 印象的なのは王の話。 魂と肉と骨の話。 一気に7巻まで読んだのですが、ここは主人公のホセがとっても平和。 この辺が一番好きです。 魂は、肉と骨を欲する。 あと、宝石たちは不老不死なので、とっても平和です。アニメでは宝石のことを『彼』と称しています。でも、声も身体も女性的です。きゃっきゃしてます。 明日、3巻の感想です。 [続きを読む]
  • 宝石の国1
  • 宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス) Amazon アニメ入り。3D?な感じでめっちゃ綺麗。 不思議な世界観です。 たぶん、SFチックな気がします。現代のだいぶ未来的な。 宝石の擬人化的な感じでしょうか。 割れちゃうっていう発想がすごいですね。 「過酷で役に立つ仕事は 自分の存在に疑問を抱かないためのよく効く麻薬です」っていうセリフになんだか悲しくなりました。 明日、二巻の感想書きます。 [続きを読む]
  • 食戟のソーマ26
  • 食戟のソーマ 26 (ジャンプコミックス) Amazon 表紙通り、竜胆先輩の巻ですね。ど迫力です。ワニかっさばきます。あと、3席の人のお話がちょこっと。ラーメン。久我先輩がんば! 久我先輩VS司先輩3席の人VS竜胆先輩真似っこの人VSちょっと良くわかんない4席の人(笑) 6品一緒に実食みたいなので、勝敗は、次の巻ですね。毎度、やってくれますよね。楽しみに待ってます。 [続きを読む]