brick861 さん プロフィール

  •  
brick861さん: 夢見人のお絵描きコラム
ハンドル名brick861 さん
ブログタイトル夢見人のお絵描きコラム
ブログURLhttp://brick861.blog.fc2.com/
サイト紹介文似顔絵イラスト描き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2015/10/25 11:19

brick861 さんのブログ記事

  • ロックンロール
  •  樹木希林さんが、亡くなられた。75歳は、女性としては短いが濃密な人生だったと思われるので普通の人より、長い人生だったろう。 希林さんというと「寺内貫太郎一家」となるが、忘れちゃいけないのが「七人の孫」で、このドラマのお手伝いさん役で、悠木千帆が一躍人気を獲得するのだ。この時21歳の若さだった。 「時間ですよ」の浜さんも、印象に残る役で、希林さんが(この時は、悠木さん)演じると、いかにもこういう人いる [続きを読む]
  • 安室奈美恵
  •  昨日は、安室奈美恵引退のニュースで持ち切りだった。 安室奈美恵は、女性ファンが多いのが特徴だと思う。 ぼくは、年代が違い過ぎて、関心はなかったが、スーパーモンキーズの頃、偶然写真を見て、この子はスターになるという予感がした。 安室ちゃんは、正に、平成の歌姫だったが平成が終わるのを待たず、引退の道を選んだ訳だ。 引退で、これだけ盛り上がったのはキャンディーズ以来だろうか。  最近は、あまり引退する [続きを読む]
  • 冴えない中年男
  •  今日は、冴えない中年男のお話。その男は、パッとしない自分の人生を振り返って、ふと、思いつく。 今まで、自分の人生がパッとしなかったのは、自分のとってきた行動が原因なのだから、今までと、真逆な行動をしよう。 彼は、朝起きて、いつものコーヒーショップに行く。ウェイトレスが「いつものね!」と声を掛けてくる。あやうく、うなづきそうになるのをこらえて、いつもは、たのまないメニューを注文する。 やがて、彼を [続きを読む]
  • 栄枯盛衰
  •  ひと昔前だと、フジテレビが三冠王なんて呼ばれていたが、今やフジは凋落。日テレが三冠王だそうだ。 家の場合、テレビ朝日を良く見ている。次はテレビ東京でしょうか。 ついこの間まで、起きてすぐはフジテレビを、長い間の習慣で見ていたがとうとう、朝からテレビ朝日にチャンネルを合わせるようになった。 フジは局アナがタレント化するほど人気になって、人気にオンブしたなんか、楽屋落ち的安易な番組作りが、いけなかっ [続きを読む]
  • アルコール分が気になる
  •  たまに、冷蔵庫にしまっておいた昨日の飲み残し日本酒を飲むことがあります。 もったいないので、飲むのだが明らかに、味がちがう。きれがない。 これは、やはりアルコール分が薄くなっているのだろうか。 ネットで調べても、はっきりしたこと分からない。なんか、これ重要なの。大事な問題のこと。 ぼくは、一日の日本酒摂取量を二合まで、と決めているのけど薄まった日本酒一合は、たとえば0.6合位にカウントしてもいいの [続きを読む]
  • 三つのお話
  •   1973年位だと思ったが、フランス映画で「クレイジーボーイ突撃大作戦」というのを観た。フランス映画で喜劇というのも珍しい。少しして、雑誌で談志師匠もこの映画を観たと知った。出演者にジェラールフィリッペリというのがいてそのことを、面白がっておられた。映画はシリーズ化されたくらいだから中評判位にはなったが、談志師匠が観ていたとはね。 話かわって、懐かしの人が出演するクイズ番組に、すっかり変わった高樹澪 [続きを読む]
  • 血圧の話
  •  19年前に、入院した時に高血圧と診断され、以来薬を飲んでいる。 血圧の正常値は、最高血圧が130で最低血圧が90となっている。高橋克美も三船敏郎に胡麻麦茶を勧めている。だがしかし、 ここ最近では、昔言われていた様に最高が、年齢プラス90であれば問題ないという説が、復活している。 なーんだ、ぼくなんか158でOKなんじゃないか。 おまけに、塩分の取りすぎは高血圧の原因というのも、どうやらウソという医師の方もおら [続きを読む]
  • 豚もやし定食
  •  北戸田にある会社に勤めていた頃お昼は、近くのイオンモールで食べていた。 以前は、弁当を頼んで、会社の休憩室で食べていたのだが、揚げ物が多いのと、苦手のひじきが入ってるので 昼くらい、気分転換に外で食べることにしたのだった。 サンマルクカフェ、サイゼリア、マックサブウェイと色々店を変えたが、ちょっと高めだが、並ばずに済む和食店に落ち着くようになった。 そこの、豚もやし定食がお気に入りでゴハン、みそ [続きを読む]
  • 日本人の心
  •  大坂なおみさんが日本人で初めて、全米オープンで優勝という快挙。 勝ってなお、決勝を戦ったセリーナに「試合をしてくれてありがとう」と感謝の意を表す謙虚さは、日本人の心だ。 明るく、素直な性格でインタビューでの答えがユーモラスでありながら感動的と、世界中で話題になっているという。活躍を続けて欲しい。バナーを して欲しい、ぜひ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • もう少し遅く、生まれていたら
  •  クィーンのヴォーカリスト、フレディマーキュリーは1991年エイズで亡くなっている。類まれなヴォーカリストだったが・・・。惜しいことに、現在では治療の進歩により、不治の病ではなくなったようである。ロックハドソン、アンソニーパーキンスルドルフヌレエフ、ジャックドゥミキースへリング、トニーリチャードソンそして日本の装苑モデルだったティナラッツさん。 もう少し遅く、生まれていたら助かっていたのかも知れないな [続きを読む]
  • どうなってるの
  •  今、問題になっている体操のパワハラ疑惑で、圧倒的に不利だった塚原夫妻だったが、速水コーチの、宮川選手への暴力動画を見せられると、かなりひどいので、あれでは塚原夫妻が二人を引き離しにかかったのも当然のような気もしてくる。 あれだけの暴力を受けてなお、コーチの指導を受けたいという宮川選手や家族と、速水コーチの結びつきというのも、少し異常なのではと思ってしまう。 第三者委員会がどういう判断を下すのか、 [続きを読む]
  • 菅井きんさんの代表作
  •  先日亡くなった、菅井きんさんだがどのテレビ局も、必殺シリーズの姑役いわゆる「婿殿!」を代表作として取り上げていた。無理もないことだけどぼくの中では、伊丹十三の「お葬式」での喪主の役が、最も印象に残っている。 喪主として、最後のスピーチのシーンは素晴らしい演技だった。というか演じているのを感じさせない、自然さが、自分がその場に居合わせているように、錯覚してしまうほどだった。 普通のオバサンを普通に [続きを読む]
  • みかんの花咲く丘
  •  テレビのCMで、サッチモのビビデバビデブの歌声が聞こえてくる。日本でも、こんなだみ声で歌う人がいたなと、榎本健一を想い出した。 「みかんの花咲く丘」だ。ラジオのものまね番組で、エノケンのものまねといったら「みかんの花咲く丘」だったな。? みーかんのはなが、エッ! さあいているエッ!おーもいでのみちエッ! おかぁのみちしゃがれ声で、エッっとやれば、誰でも似てしまうものまねの定番なのだった。 エノケン [続きを読む]
  • 隠れ家レストラン
  •  渡鬼の大吉は、定年後自宅で料理屋を始めますが、似たような隠れ家レストランに行ったことがあります。同級生のO君のなじみの店主が始めた自宅のレストランにクラス仲間4人で食事に行った思い出があります。「おかくら」はドラマですがぼくらが集った隠れ家レストランは現実の店だった。確か中華で餃子で紹興酒を飲んだと記憶している。お客は、ぼくらだけで四方山に花が咲いた。思いがけず、贅沢なひと時だった。帰りは、奥様に [続きを読む]
  • 台風来ないで
  •  台風が近づいて来ています。子供の頃、いや二十歳くらいまでかな台風がこっちに向かって来るように願ったものです。 強い雨や風、非日常の光景を見たかったのでしょう。 あるいは、二十歳くらいだと、台風の中飲み屋等に行くと、よく来てくれたと歓待されるなんてのもあります。 今、考えると、随分と無責任な話です。今は、ひたすらそれてくれるよう願っています。 今日の似顔絵は、デヴィッドボウイさんもう、亡くなって2 [続きを読む]
  • もしかして
  •  理由は、分からないのだが子供の頃、家にはハーモニカが何本もあった。そして、不思議なことに、「おおスザンナ」だけ吹くことが出来た。耳で憶えていたメロディを練習もしないのにスラスラ吹けた。 「おおスザンナ」は、アメリカ音楽の父、フォスターの作曲である。俺はフォスターの生まれかわりか?もしかして。 似顔絵は、永遠の若大将加山雄三さんです。バナー押してもらったら幸せだなあにほんブログ村 [続きを読む]
  • 取り残された??
  •  昔、仕事で札幌に行った時、空いた時間を利用して、登別温泉に行った時のこと、ホテルに入る前にクマ牧場に寄った。高い場所から見下ろす形式で、??たちが見物客に前足を上ゲて、餌をねだっていた。 テレビで、2004年に閉鎖されたクマ牧場跡地に、今なお一頭取り残されているというニュースを見て、てっきり登別クマ牧場のことだと思ったが、定山渓クマ牧場のことだった。 そこで調べてみたら、北海道だけでなく秋田、岐阜、 [続きを読む]
  • 人が悪い
  •  今日は、懐かしいところで、刑事コロンボ この、ボサボサ頭で猫背で斜視で、ヨレヨレレインコート着用の小太りな男を見て、誰が敏腕刑事だと思うだろうか。 犯人は、この男なら、組みしやすしと舐めてかかってしまう。 「何で、犯人は○○したのか、どうしても解からないんです。わかりますか」などと、助言を求めたりする。 「コロンボ君、それは○○だからさ」 「そうか、それなら辻褄が合う。あり がとうございます」な [続きを読む]
  • どうせ拾った恋だもの
  •  昨日の「徹子の部屋」に初代コロンビアローズさんが出ていた。 1952年デビューというからすごい。物心ついたころからテレビで見ていたのを憶えている。戦時中のプロパガンダ放送で有名な「東京ローズ」にちなんだ芸名だそうだ。 なんといっても「東京のバスガール」を、よく憶えているが、「どうせ拾った恋だもの」も、ローズさんだったかと意外だった。お恵ちゃん松山恵子さんあたりが歌ったと思っていた。なにしろ小学校に上 [続きを読む]
  • 素人バンド始末
  •  二十歳位の時、会社の若い連中でバンドを作ったことがありました。O君という、とびきりギターの上手い奴がいて、そいつが中心となって、放課後じゃなくて、勤務時間終了後練習した。ぼくは、ギターをかじっていたのでベースをやれとO君に言われた。ベースもO君の持っていた、ポールマッカートニーと同じヴァイオリン型のを借りた。曲目は、主に「ビートルズ VI」に入っていた「バッドボーイ」「カンザスシティ」「ディジーミスリ [続きを読む]
  • レディポワチエ
  •  昨日、日活名画座の話をしたので、そこで見た「冒険者たち」のヒロインレティッシャを演じたジョアンナシムカス。 映画通とまではいかないけど映画好きなぼくだが、ジョアンナシムカスがシドニーポアチエ夫人になっていたのは、人見きよしじゃないけど「ちぃーっとも知らなかった」わぁ。 ナイーブな感じの個性で日本でも人気があり、「冒険者たち」の後も同じ監督の「若草の萌えるころ」で主演、ジョセフロージーの「夕なぎ」 [続きを読む]
  • 我が青春の日活名画座
  •  伊勢丹の向い、今の、新宿丸井の所にあった日活名画座は、思い出の映画館である。 前身は帝都座。1948年から日活名画座となり外国映画を上映する館になったというから歴史は古い。日活名画座といえば和田誠さんがポスターを描いていたのが有名だが無報酬だったそうだ。 ビルの5階にあって階段で上がるのだが映画好きには、苦にならなかった。色んな映画を観た。 「シェルブールの雨傘」「冒険者たち」 「合併結婚」「赤と黒 [続きを読む]
  • 人工さん
  •  東京ビッグサイト等で、行われる展示会の仕事をしていた。 「人工さん」と呼ばれる建て込みのアルバイトを、使うことが多かった。彼らの多くが、役者やバンドやダンサーで、本業だけでは生活出来ない人たちだった。人工さんが本業になってしまう人もいた。 そんな人工さんの中にH君もいた。よく現場で顔を合わせるのと、泊まりの現場の時に、一緒に飲みに行ったりして親しくなった。彼は役者志望だった。 しばらくして、テレ [続きを読む]
  • SEPTENBER
  •  きのう南沙織を描いたのできょうは、竹内まりやさん。 デビューしたての竹内さんを神宮外苑銀杏並木の青山口で見た。テレビのロケをやっていて新人紹介の態で、何人かに混じっていた。 デビュー当時の竹内さんはなんと、アイドル的扱いをされており、ぼくも南沙織に似ているアイドルが出て来たなくらいに思っていたが、ご承知のようにシンガーソングライターで高い音楽性を追求する人なのだった。 やっぱり「SEPTENBER」です [続きを読む]
  • だんだん
  •  お盆休み、出雲に帰省する友達にさそわれて彼の実家まで旅をしたことがあった。 東京から京都まで新幹線、京都からは友達が借りたレンタカーで、イージーライダー気分で出雲までぶっとばした。途中、追い越して行くバイクに言ってやった。「死にやがれ!」左手に米子駅が見えた頃は、黄昏マイラブだった。夜になって出雲の実家に着いた。友達の母上と兄上が、迎えてくれ、勧められた一番風呂は、五右衛門風呂で丸い底板を足で踏 [続きを読む]