morio_roji1111 さん プロフィール

  •  
morio_roji1111さん: 波動幾何学研究所
ハンドル名morio_roji1111 さん
ブログタイトル波動幾何学研究所
ブログURLhttp://wave-geometry.hatenablog.com/
サイト紹介文四十歳からの相対論的量子力学勉強ブログ。物理学、量子力学の話題からその他まで幅広く…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 8日(平均14.9回/週) - 参加 2015/10/27 00:16

morio_roji1111 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 研究者の研究が何の役に立つのか
  • それを考えるのは、その研究者以外の全員の仕事だと思っています。ワタクシは研究者ではありません。あくまで中国語の技術通訳です。それも中の下程度の。しかし、専属通訳で入れていただいた工場の、お仕事内容を理解するために勉強しました。勉強と言うのは、オープン論文や技報、特許明細とかを読むのをやりましたわ。さておき、工学の先生は「それが役に立つかどうか考えないといけない」と頑張っておられます。応用物理だから [続きを読む]
  • 遠藤龍介先生の「量子力学を学ぶための数学入門」
  • 皆さんは参考書や問題集の解答は、頑張って見ないようにするタイプ?ワタクシは早々にあきらめて解答ページに手が伸びます(泣そりゃあ、そういうの見ずに自分の頭である程度めどがつけられたら、それに越したことはないですが、いかんせん基礎がないのでちとキビシイ。例題や解答を書き写す、手の練習から入る、いわゆる「写経」です。かといって、少しもセンスを磨こうとしないのはよくない。そこでこの一冊、山形大学の理論物理 [続きを読む]
  • やる気ない2日目
  • です。とほほ〜。こういうときは、本来やらなきゃいけないことはとりあえず置いといて、しょうもないことでもいいから(ゲームとか、マンガ読むとか)動きたくなることやったほうがいいんだきっとそうだ(適当 [続きを読む]
  • やる気の出ない
  • 月曜日、皆さんどうお過ごしでしょうか。今日はせっかくの量子物理の授業一コマさぼっちゃって(正式に取ってはないんですけど)…。お昼なんてトップりすぎてから起きて、そのままグダグダモード。家で動画見たり、SteamやGOGのゲームしたり…完全にダメ人間モード。やる気って、出ないときはホントでないのな…。おやつの時間だろって時間にお昼を買いに出かけようとしたら、マンションの管理人さんが「荷物きとるよ」と。なんじ [続きを読む]
  • 違うものは違うのだの巻
  • 何が言いたいのかというと、異なる物理現象を同じ言葉で表現したらよろしくないというお話。最たるものが「昇華」よな。これ、固体⇒気体のことだと言われたらしっくりくるんですけど、気体⇒固体も同じ「昇華」。だからしっくりこないのだ。それについて日本化学会さんが2015年から議論しておられる。公益社団法人日本化学会 | 新着情報 | 高等学校化学で用いる用語に関する提案(1)ところで昇華はsublimationだ。その逆は、英語 [続きを読む]
  • 喉飴の缶について
  • 発見したのであります。この缶、公差良すぎて蓋が閉まらんのであります。何を言っているのかというと、空気が抜けなくて蓋が押し込めない(笑なんと…日本のカンカンでは、こいつは経験したことがない。缶の蓋一つとっても、工夫が隠されている可能性、アリですな… [続きを読む]
  • 日曜は息抜き
  • の日です。 具体的には台北中心にある楽器屋さんの練習室で、レッスン。 楽器は二胡。「せっかく留学したのに、研究がうまくいかずに成果ゼロで博士も取れなかったらどうしよう」 そんないやなプレッシャーともおさらば。 そう、「マジ最悪、自称胡弓プレイヤーにはなれる」 というすばらしいエスケープウェイ!  息抜きは大事だよ、というお話ですよ…。 [続きを読む]
  • マテリアルズ・インフォマティクス③〜チャレンジ〜
  •  材料開発とスケーリングのプロセスにおける情報学の将来を信じる人は多いが、多くの課題が残っています。 Hillらは、「今日、材料コミュニティは、このデータ加速化パラダイムがもたらした深刻なチャレンジに直面していますー材料内の研究領域の多様化や、データ標準の不足、共有することのインセンティヴの欠如などー。それにもかかわらず、ランドスケープは材料研究企業全体に利益をもたらす方法で急速に変化しています」[3]  [続きを読む]
  • マテリアルズ・インフォマティクス②〜計算機的手法を超えて〜
  • (英語版Wiki「Materials Informatics」の続き…copyleft all rights reversed万歳)題がBeyond computational methods?とあるんですね…情報科学視点ということかしら?- マテリアルズ・インフォマティクスの概念は、Materials Research Societyによって取り上げられています。例えば、マテリアルズ・インフォマティクスは、MRS Bulletinの2006年12月号のテーマです。このお題は、Cambridge UniversiyのDavis Cebon、Innovative [続きを読む]
  • マテリアルズ・インフォマティクスとは?
  • 英語版Wikiのパクリなんで、訴えないでちょうだいね泣-アブスト マテリアルズ・インフォマティクスは、材料の用途、選択、開発、発見のためのよりよい理解のために、材料科学・材料工学に情報科学の諸原理を適用する研究分野です。 これは、通常なら20年以上はかかるであろう、新しい材料の開発、生産、展開に必要な時間とリスクを大幅に削減することを目的として、多様な材料データの迅速かつ確実(原文robustです)な取得、管 [続きを読む]
  • はてブロで思い出したんだけど
  • 有名人がやってるブログといえば、「渡辺電機」師匠だよな。いやあ、名前すっかり忘れて、「なんたら電機」だったのまでは覚えてたんだけどもぉ。。。やっと思い出したよ!リィド社の紹介文に、「この世への怨みを毎日つづったブログも好評です。」ってあって草w [続きを読む]
  • 理学部とは
  •  句読点切り替えました。 なんでコンマピリオドだったかは、同業者のみなさんはお分かりと存じますだ。。。 そう、論文モードの時は常に投稿予定の学会誌の規定にあわせてるんですね。句読点。 さて、なんちゃって理学部のワタシですが、よく聞くのが「実験、大変ですね!」 です。 ゴメンナサァイ。実験、やってません(汗 計算機しかさわってません。 だって専門はシミュレーションだもん。 確かに、別の研究室の子たち [続きを読む]
  • 一週間の終わり
  • って,まだ木曜じゃん・・・そうお思いのあなた!そうです.気が早いですが,木曜が一番授業が多くて朝は2コ〜3コマ「多体物理」,午後からは「量子物理」の授業を受けてます.博士って,昔は研究に没頭してたらよかったみたいなんですけど,現代では単位が課せられるんですよね….量子物理?シュレーディンガー方程式とか昇降演算子とか.そんなの学部じゃんっそうお思いのあなた!そうです.先生が気を遣ってくださって,「お [続きを読む]
  • 驚ガクの荒野
  • へへ・・・俺、このmake終わったらinstallするんだ・・・そしたら、そしたらさ・・・へっ、やけに長いぜ、気を持たせやがる。え・・・?なんだ?permission denied...ぱあみっしょん・でぃないど・・・でぃないどだと・・・どういうことだ・・・なぜなんだ・・・あ・・・そうか・・・アタマにsudoつけんの忘れてたぜ・・・いけねぇ・・・俺としたことがよ・・・スド負けいんsたっl・・・はは・・・落ち着こうぜ・・・いや・・・ [続きを読む]
  • 日本が恋しくなったら
  • 半年しかたってないのに唐突にホームシックをカミングアウトです.・水道の水が飲めないなるほど,ド田舎出身の森尾にはなかなかのストレス.家の裏の用水路に直接風呂の取水ポンプをぶち込んでもモウマンタイな生活が恋しい!でも,スーパー行けばでっかい4リットルくらいのミネラルウォーター売ってますし.ブランド名が「多喝水」ってやつ.・食べ物が脂っこい.胃にくるなるほど,同級生の男の子が,「台湾の三寶(三種の神器 [続きを読む]
  • 理系,はじめました
  • はじめまして.森尾路地です.このブログはタイトルの通り,ワタクシめが40にして純然たる文系から理系に転じ,苦闘するザマをさらすもので御座います( ノД`).高校では数Ⅰしか学んどりません.だって文系なんだもの.そんなこんなでいろいろ精神的ドMっぷりを十全に活かした生きざまをお届けいたしますね.何のためかは知らねども.あ,そうだ!森尾は現在台湾の大学に留学中です!留学手続きや生活文化の違いなどを記録しておけ [続きを読む]
  • 過去の記事 …