orange*peel さん プロフィール

  •  
orange*peelさん: ぼちぼちdiary
ハンドル名orange*peel さん
ブログタイトルぼちぼちdiary
ブログURLhttp://orangepeel2015.blog.fc2.com/
サイト紹介文50代主婦のひとりごと。舞台、映画、ドラマ、読書、音楽、の感想と、日々の出来事。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/10/27 02:18

orange*peel さんのブログ記事

  • 5月の観劇、映画、ドラマ
  • 明日から3連休。その間に、引越し です。ついに、ようやく、終わる〜\(^o^)/この一か月、毎日ヒマしてたわけではなく、実は結構、舞台や映画を観に行ってました。ただ、気持ち的に、普段ほど楽しめなかったというか。感想を書く、気持ち的な余裕がなかったというか。なので、記録としてだけ、一言感想を書いておきます。宝塚歌劇宙組「天は赤い河のほとり/シトラスの風」東京に行ってきました。宝塚の東京公演にはいつも、ムラ [続きを読む]
  • 良き日
  • 1年の後半が始まる本日、めでたいことがありました。息子に就職の内定が出たのです。なんだかんだで2年、転職活動をしていました。接客業のアルバイト経験しかないまま20代の半ばを過ぎてからの、事務職への転職・・・私の方が、もう無理なんじゃないかなと思ってしまうこともありました。でも、息子は粘った。そして、ついに内定をゲットしたのです。決まったら泣いちゃうんじゃないかなとか、嬉しさで気持ちが爆発するんじゃない [続きを読む]
  • 生きてることが無駄に思えるほどヒマ
  • 今日もお仕事はお休みだったのだけど・・・。まー、ヒマだった。もー、何もすることがない。映画観に行こうかなとも思ったけど、特に「これが観たい!」というのもないし、近くの映画館は今日ってなにも割引のない曜日だし、電車代使って暇つぶしに都会まで出て行くというのもどうかと思って、結局映画に行くのはやめました。夫を送り出してから「半分、青い」観て。朝ごはん食べて。部屋(6畳一間ぐらいの広さ)に掃除機かけて。 [続きを読む]
  • 仮住まいはつらいよ
  • 仮住まい生活もようやく、あと10日というところまで来ました。マラソンなんか走ったことのない者が長い長いマラソンを走っているような気分です。走り出してすぐ息切れし、でも引き返すことも止まることもできないので、ヘロヘロになりながらもとにかく走る、そんな感じ。遠くにゴールが見えてきたものの、まだまだ遠い・・・ハアハア・・・・・仕事が休みでも「お休みだ〜♪」という喜びもなく、むしろ「この落ち着かない部屋でど [続きを読む]
  • 離れてみてわかること
  • 子どもたちと離れて暮らしてみて、わかったことがあります。わかった、というか、悟った、というか・・・それは・・・彼らは、私たちにとても気を遣って暮らしていたんだな、ということ。私はそれにとても甘えていたんだな、ということ。家で暮らしていた頃は、ちょっとしたことでもLINEのやり取りがあったり、日常的にどうでもいいことで会話したり、わたし的には「子供たちももう大人だし、親子というより友達みたいになってきた [続きを読む]
  • はやくおうちにかえりたい
  • 1ヵ月と9日ぶりのブログ。現在、絶賛仮住まい中です。GW開けに引越ししたのですが、大変でした・・・・・24年暮らしてきた部屋。マンションで、家財道具がそんなに多くないつもりでしたが、あっちからもこっちからも細かいものが出てくる。「その時」に捨てられなくて、「とりあえず」段ボールに詰めてしまっておいた、というもの・・・・・そういうものをどこまで捨てるか。いえ、いっそのこと全部捨ててしまえばいいのですが、そ [続きを読む]
  • 壁紙に悩む
  • 壁紙・・・・かべがみ・・・・あ〜、壁紙・・・・・・先日の打ち合わせ以来、壁紙のことで頭がいっぱいです。リフォーム会社から見本帳をいくつか預かって、大体のところは決めたのでしたが、リビングとキッチンという、どうしても妥協したくないところについては決断できず。ネットでいろんな施工例なんかを見てたら、今回のリフォームで使うメーカーの壁紙、リフォーム会社から預かったものの他にもいくつかシリーズがあって、デ [続きを読む]
  • とても疲れてしまって
  • 土曜日、仕事に加えて、帰宅してからいろんな用事ですごく忙しくて、お昼ごはんを食べる暇も、ちょっとお茶を飲む余裕もありませんでした。季節外れにものすごく寒かったのもあって、なんだか気力、体力をものすごく消耗して疲労困憊してしまって。翌日の調子の悪いことと言ったら。仕事でいくつもミスしてどよーんとした気持ちで会社をでて、スーパーに寄ったものの夕飯の献立も思いつかず店内をいたずらにウロウロするばかりで更 [続きを読む]
  • 仮住まい決まった、ホッとした〜
  • 前回、リフォーム関係の事を書いてから、約1ヵ月。この間、なにがどのくらい進んだかというと・・・・あんまり進んでないかな・・・・・(^_^;)お風呂とキッチンの商品は決まりました!お風呂は、TOTO「ほっカラリ床」!キッチンは、クリナップ「クリンレディ」!最初は、夫がLIXILのシステムバスが気に入って、ほぼ決めていたのでしたが、TOTOのショールームで実際に「ほっカラリ床」を見て、触れてみて(乗ってみてというか、歩い [続きを読む]
  • シアタードラマシティ「マディソン郡の橋」
  • ミュージカル「マディソン郡の橋」を観に行ってきました。 キャストロバート(写真家)・・・山口祐一郎フランチェスカ(農家の主婦・イタリア移民)・・・涼風真世(以下、ポスター左→右)マリアン(ロバートの元妻)/フランチェスカの姉・・・彩乃かなみマイケル(フランチェスカの息子)・・・石川新太キャロライン(フランチェスカの娘)・・・島田彩others・・・加賀谷一肇チャーリー(仲の良い隣人・夫)・・・戸井勝海マー [続きを読む]
  • 宝塚宙組「天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-」
  • 桜が満開の花の道を通って、宙組公演を観に行ってきました。 天は赤い河のほとりう、うーん・・・これは・・・・・うーん・・・・・真風さんのお披露目だし、良いところを観てあげたいんだけど、うーん・・・・・まあ、原作読んでなかったですから。やっぱり、読んでおかないとダメですね。宝塚は、やっぱりそこはこちらが歩み寄らないといけないなと、ファンとして反省しました。次回、千秋楽近くにもう一度観に行く予定なので、 [続きを読む]
  • 心のお薬、身体のお薬
  • 本日は、フル稼働。午前中はお仕事。終わってから、会社近くのスタバでランチして、ネイルチェンジに。今行っているネイルサロンは、デザインのセンスがとても良いです。毎回、「今月のオススメ」として3種類ぐらい新たなデザインの提案があって、その中から一つを選ぶのにいつも悩みます。もちろん、それ以外の、自分でこうしたい、というのがあればお願いできるのだけど、今のところ毎回「オススメ」で満足しています。今回は春 [続きを読む]
  • 「ポーの一族」大千秋楽(ライブビューイング)
  • 奇跡の舞台作品、宝塚歌劇団花組「ポーの一族」、ついに大千秋楽でした。ライブビューイングで行った映画館、上映のシアターはいつもの倍の大きさのところで、まさに老若男女問わずのたくさんの観客が入っていました。みりおのエドガーは大劇場の舞台で観た時よりもさらにエドガーそのものに進化していました。カメラで寄っても、感情的な演技をしても、決して「明日海りお」のほころびを見せない完璧なエドガー。最後の挨拶で一瞬 [続きを読む]
  • キビシイ現実
  • 定年退職後、継続雇用として会社に残った夫の、定年後初めてのお給料が出ました。先に定年を迎えた同僚たちからいろいろ話を聞いていた夫から、「給料、半減するってよ」とは聞いていましたが・・・・まさか本当に半減するとは・・・!あまりのキビシイ現実に打ちのめされました。半減するったって、ホントに半分になったら生活できないじゃん、まさかねー、と思っていた私が甘かった。ホントに半分になってた。しかも、あと1年ぐ [続きを読む]
  • ドラマ「anone」
  • 今日は、久しぶりに予定のない休日。午前中、録画してあった「anone」最終回を見ました。 現代の寓話、とでも言いましょうか。坂元裕二の脚本はいつもそうなんだけど、今回は特にその色が強くて、そして、物語というよりは詩のようなドラマだったなと思います。ストーリーは「犯罪」を縦糸に綴られるけれど、不思議に暗さも後ろめたさもなく、毎回、登場人物たちに対して「どうかみんなが幸せになりますように」と祈るような気持ち [続きを読む]
  • 映画「去年の冬、きみと別れ」
  • 中村文則は大好きな作家です。この作家さんの小説は、ストーリーを夢中で追って読後に「面白かった」となるのとは逆で、登場人物たちの想いや感情や考えを夢中で追って、読後には「あれ?で、どんな話だったっけ?」となることが多いです。なので、「去年の冬、きみと別れ」の映画ポスターの「すべての人が、この罠にハマる」ってキャッチコピーを見て、「そんな罠なんて、あったっけ?」ってなりました。そんな言葉で盛り上げる程 [続きを読む]
  • 映画「坂道のアポロン」
  •      原作は全巻持っています。大好きな作品。舞台が1960年代ということで、私なんかにはいろいろと雰囲気が良くわかるのだけど、映画になって今の若い人に通じるかな、と思いながら観に行きました。原作ファンとしては、他のキャストはともかく、主人公の西見薫の知念侑李くんが少々心配でした。原作の薫は、私が日ごろ知念くんに対して抱いている「明るい」イメージとは少し違っていたし、なによりもジャズピアノ。演奏シ [続きを読む]
  • 宝塚月組「カンパニー/BADDY−悪党は月からやって来る−」
  • 今回、あまり期待せずに行ったのですが・・・・・とってもよかったです!(* ´ ▽ ` *)「カンパニー」、原作を読んでなかったので、ちゃぴはバレエ団のプリマ的な役割かな、みやるりはタカビーなプリンシパルかな、なんて単純な想像していたら全く違っていて、その二人に限らず登場人物それぞれがとてもリアルな人物造形で、ストーリーにとても引き込まれました。主役はたまきち演じる青柳誠二、というのがはっきりしている反面、 [続きを読む]
  • 久々の、のんびり
  • 3月からの新しい仕事は、フルタイムではなく半日です。シフトが午前中だとお昼には帰路につけるわけで。このところめっきり春めいてきていますが、そんな暖かな日差しの中を「今日のお仕事、終わり」という充足感に包まれて家に向かう時の幸せ感と言ったら今日も朝からお昼までだったのですが、今日は他の家族がみんな仕事で出払っていて、夕方までは家に一人。はー、久々の解放感だわ〜帰りにコンビニに寄って、大好きなチョコク [続きを読む]
  • 業者決定・・・疲れた〜
  • 家のリフォーム、ようやくお願いする業者が決まりました。最初の見積もり依頼をしてから2か月近くかかった(>_私たちが忙しくて頻繁に業者さんと会えなかった、ということもありましたが、それに加えて。実は2月半ばには大手老舗A社にほぼ心は決まっていました。ただ「安い」だけで決めるならB社だったけど、営業の姿勢がどうしても好きになれなかったというのがあり。だけど、こういうことに不慣れ&気の弱い私たちは、「一生懸命 [続きを読む]
  • ついにこの日が・・・!
  • ついに夫が定年を迎えました。知り合った時はお互い、入社2年目とかそのくらいだったのに、こんな日が来るなんて。でも、定年とは言え、所属部署も役職も変わらずそのまま継続雇用なので、会社で花束をもらってくるとかいうこともないし、家でごちそうを作って待ってるとかいうこともなく。ま、一応弁解しておくと、家では夫の還暦祝いと定年お疲れ様会をちょっと良いレストランとかでする予定です。会社からは継続雇用の契約書を [続きを読む]
  • また、転職
  • 仕事、変えることにしました。10月から行っていた「軽作業」の仕事が、結局、最初に聞いていた業務ではない、かなりの肉体労働系の仕事になってしまったので、週3日にしても身体が続きませんでした。そもそも面接時に「Aという仕事とBという仕事があって、それぞれこんな仕事です。どっちがいいですか?」と聞かれて、「Bの仕事は体力的に自信がないのでAでお願いします」って言ってあったのに。昨年のうちはまだ、希望していた仕 [続きを読む]
  • 最近見た映画
  • 平昌オリンピック、カーリング女子銅メダル、バンザーイ\(^o^)/今回のオリンピック、フィギュアスケートよりも熱心に見て来た競技がカーリング。日本の黄色い石が真ん中に来て勝利が決まった瞬間は、思わず涙が。そして、その勝利の瞬間の動画を何度も見てしまっているワタシ。幸せをありがとう〜、とカーリングチームの皆さんに伝えたいわ************************************************************************さて、ここ1 [続きを読む]
  • 宝塚星組「うたかたの恋/Bouquet de TAKARAZUKA」
  • 紅ゆずるのルドルフを観に、名古屋までプチ遠征してきました。※このプログラムの写真は、今回の紅ルドルフをとても良く表現していると思う。行って良かった、行けてよかった・・・もう、もう、素晴らしかった35年前の雪組初演(麻実れい・遥くらら)から何度も再演されてきていて、私とてそれらを全部観てきたわけではないけれど、でも私の中では不動の一位だった麻路さき・白城あやかの星組と甲乙つけがたいものとなった今回の公 [続きを読む]