orange*peel さん プロフィール

  •  
orange*peelさん: ぼちぼちdiary
ハンドル名orange*peel さん
ブログタイトルぼちぼちdiary
ブログURLhttp://orangepeel2015.blog.fc2.com/
サイト紹介文仕事リタイア。専業主婦になれるかな?(^_^;)観劇・映画・テレビ・読書の感想も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/10/27 02:18

orange*peel さんのブログ記事

  • ペットを飼うことの難しさ
  • 我が家で飼っていたオカメインコが急逝しました。年齢にして、約10歳。人間で言えば中年ぐらいの年頃で、健康であればまだまだ長生きできる年齢でした。急逝、といっても、私たちにそのように思えただけで、もしかしたらかなり具合が悪かったのかもしれないと思える節もあります。我が家ではオスメス1羽ずつのオカメを飼っていましたが、今回旅立ってしまったのは姫ちゃんの方でした。もともとが、籠から出してもあまり動かず、食 [続きを読む]
  • 映画「ダンケルク」
  • 今の時期、見たい映画が目白押しです。どんどん行かないと、どんどん終わってっちゃう。映画は、スクリーンで見たいと思ったら時期を逃すわけにはいかないので焦ります。アカデミー賞の呼び声高い「ダンケルク」、IMAXで観てきました。ドキュメンタリーのような映画でした。第二次世界大戦の初期に、独軍に負けてダンケルクの浜辺に追い詰められた英・仏連合軍をイギリスが国を挙げて撤退を支援し30万人の兵士が救われた、という史 [続きを読む]
  • 映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」
  • 基本、恋愛系映画は避けて通るのですが、奥田民生好きだし、キャストにも惹かれて、ラブコメもたまにはいいかな〜と思って観に行ってみました。オッシャレーな映画です。「今どき」がたくさん詰まってる。30年後ぐらいに見たらどう思われるのかな。一つは、水原希子を鑑賞する映画。もう本当に、大げさでなく「お人形さんのような」完璧美女です。そんな希子ちゃんが演じるのが、「狂わせるガール」天海あかり。容姿が完璧であるこ [続きを読む]
  • 映画「散歩する侵略者」
  • 黒沢清監督作品。・・・というのは後から知ったことで、もともとこういうアヤシイ雰囲気の映画が大好物なので、先週末に行ってきました。◆あらすじ数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。 急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。 夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか…? その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。 ジャーナリスト [続きを読む]
  • 仕事決まった・・・けど・・・
  • 10月からまた仕事に出ることが決まりました。「平日、週3日」「身体を動かす仕事」を絶対条件として探していましたが、「これ!やってみたい!」という仕事が見つかり、年齢的にどうかな?と思ったけど、「無問題」と言っていただき採用となりました。ま、言えば「非正規」だし、大量募集だったし、「働けるときに働いてくれればOK」的な仕事ではあるわけで、私もその辺は割り切って「最低限、自分のおこずかいが稼げれば」と思っ [続きを読む]
  • 「トリガール!」
  • 大好きなクリスピークリームドーナツ今日は、作業を1日お休みにして、映画を観に行ってきました。観てきたのは「トリガール!」鳥人間コンテストに関わる大学生の物語。なんていうか、人生における一瞬の光、みたいな映画でした。土屋太鳳ちゃん、ちょっと「ぶりっ子」的なイメージがあったけど、今回の「陰」というものを一切感じさせないコミカルな演技は、とても良かったです。間宮祥太朗くんは、お得意な役どころ?という感じ [続きを読む]
  • クロゼットの整理も追い込み
  • ウォークインクロゼットの整理が佳境を迎えています。昨日、ついに10年以上放置してあった、頭より高いところにある棚の上を一掃しました。もー、大変だった。埃も量も多かったというのもだけど、「捨てるもの」と「捨てないもの」の選別に、気力を使ったって感じ。ぶっちゃけ、10年以上も放置してあったってことは、もう全部「いらないもの」に分別されるわけです。でも、なんというか「思い出」というものをまとったものであるわ [続きを読む]
  • ネイルの憂鬱
  • ネイルは私の精神安定剤。指先だけでもキレイだと、心なごみ、イヤな事も忘れられる。私にとっては大事なものになっています。ところが。今回、約3週間前にネイルチェンジしたのですが、それがトラブル続きでモヤモヤが晴れません。まず、デザインが。いつも「こんな風にしてほしい」っていうデザインの画像を用意して行ってお願いします。私もいい歳なんで、画像サンプルそのまんまでは派手すぎるため、それをもとにアートを1か所 [続きを読む]
  • 「天声人語」書き写し
  • 2011年といえば、私は51歳。子育ても一段落して、もう家でのんびりしよう、なんて思い始めた頃で、でも「家でのんびり」していると、身体の衰えばかりが気になって母親の認知症がはっきりしてきた頃でもあり、その母がどんどん字が書けなくなっていくのを目の当たりにもしていたので、新聞屋さんから「天声人語書き写し 体験版」をもらったのをきっかけに、「脳活になるかな」と思って始めたのでした。↓これはその、記念すべき最 [続きを読む]
  • 「三度目の殺人」
  • 話題作を、公開初日の1回目で観てきました。エンドクレジットの最後に浮かび上がる「原案・脚本・監督・編集 是枝裕和」是枝氏の想いがストレートに深く伝わってくる作品でした。重厚ではあっても、決して難しくはない。テーマはわかりやすく提示され、深く考えさせられました。公開前になにかの映画評で、「映画冒頭で客観的な事実(殺人)が描かれるのに、後半でその事実自体に疑いを持たせるような脚本はいかがなものか」と書 [続きを読む]
  • 夜更かしはダメね
  • ここ数日、気持ちが少しダウナーです。気持ちも体調もイマイチな状態。実は今、ここに、どんなふうに調子が悪いかつらつら書き連ねてみたんだけど、それで原因がわかった。夜更かしだわ。それしかない。最近、就寝時間が大体3時です。でも、朝は家族が出勤していくから、一応6時〜7時ぐらいには起きる。でもその後、特にお昼ごはんの後がどうしようもなく眠くなって、ついお昼寝をしてしまう。気持ち的には「夜の不足分を補うため [続きを読む]
  • 宝塚宙組「神々の土地/クラシカル・ビジュー」
  • まぁ様のサヨナラ公演、観てきました。◆神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜安定の“ウエクミワールド”。「翼ある人々」や「星逢一夜」などと比べるとイマイチ、という評価もあるようですが、私は好きです。全体的に抑えられたトーンは「黄昏」という空気感を劇場内に漂わせています。まぁ様の「皆さま、本日はようこそ・・・」のアナウンスからしてもう、雰囲気たっぷりで、否が応でも物語の世界へ引き込まれます。説明を必要最小 [続きを読む]
  • wowowドラマ「アキラとあきら」
  • 今日は久しぶりに、朝から家に一人。8時前に最後の一人が出て行ってから、午前中は弛緩してました・・・・・ぐで〜っとしたまま、録りだめしてあるドラマを2本観て。もう1本、とか思ったけど、多分頭痛がしてくるのでやめました。その日の調子にもよるけど、1時間のドラマをいっぺんに3本観ると、眼精疲労から片頭痛の発作が起きる、ということが多いです。片頭痛は厄介だから。バファリン効かないし。ロキソニンは胃が荒れるし。 [続きを読む]
  • 映画「関ケ原」(☆2つ)
  • この夏は見たいと思う映画が何もなく、8月末公開のこれを楽しみにしていました。平日の昼間でしたが、映画館はほぼ満席。中高年の、特にご夫婦連れが多かったです。さて、映画は。感想を、何度か書き直してみたけど、どうしても前向きな感想が出てこず。勢いに押されて、観終わったその時は「面白かった!」と思ったのだけど、あとから思い返してみると、全体的にテンポが速くてどんどん場面が変わっていき、セリフも早口で、細か [続きを読む]
  • 宝塚の「ポーの一族」
  • 主な配役が エドガー・ポーツネル 明日海 りお シーラ・ポーツネル男爵夫人 仙名 彩世 アラン・トワイライト 柚香 光 と発表されました。永遠の時を生きるポーの一族の物語の、どの時代を取り上げるのだろうと思っていましたが、ゆきちゃんがシーラ・・・ということは、やっぱりかなり初期の時代の物語になりそうです。もしかしたら、ストーリーはイケコ・オ [続きを読む]
  • マツタケって、どんな味?
  • 頂き物で、マツタケ1kgが届きました。さすがに国産ではないですが、それでも世に高級品の代名詞のような「マツタケ」です。ありがたいことです。なのですが・・・私、恥ずかしながらマツタケというものをちゃんと食べたことがありませぬ。レトルトの「マツタケご飯の素」での炊き込みご飯とか、プリンみたいな感じで売っている「マツタケ入り茶わん蒸し」とか、せいぜい「カケラ」で売っている外国産マツタケをちょっとだけ入れて [続きを読む]
  • ちょっこし働く
  • 仕事辞めて3か月かぁ〜やっぱり「専業主婦」は憧れのままで終わりそう。若い頃のように、家にいるのが苦痛ということはなく、毎日「All Free 」な生活を満喫してはいるのですが。ただ一つの懸案は 収入がない ということで。家族から「家のお金を使うな」とか言われているわけではないけれど、結婚以来30数年、自分のことには自分のお金を使って来たので、人様の稼ぎに手を付けることにはどうして抵抗があります。それなりのヘソ [続きを読む]
  • なんか、ビミョー(-_-;)
  • 宝塚歌劇・宙組の新トップお披露目公演が発表されました。・ミュージカル・オリエント『天(そら)は赤い河のほとり』・ロマンチック・レビュー『シトラスの風−Sunrise−』〜Special Version for 20th Anniversary〜 「天は・・・」は篠原千絵さんのマンガが原作のものですが、あらすじを読むと、まるで「〇家の紋〇」。うーん・・・・・ついこないだ観てきたばかりで、結構ハマったので、余計に、うーん・・・・・篠原さんのマン [続きを読む]
  • 正座椅子
  • 床に座ることのない暮らしになって、何年になるでしょう。厳密に言えば、今住んでいるマンションにも和室はあるし、リビングはソファがあってもカーペットの上に座椅子を置いているので、地べたに座ること自体は今でも日常です。でも、「正座」をしなくなってどのくらいになるかな?自宅では、和室でもリビングでも、床に座る時には横座りか、座椅子にもたれて足を投げ出して座ることが普通になりました。ただ、横座りもね、膝を左 [続きを読む]
  • やば〜い(;゚Д゚)
  • もともとスマートな体型ではありません。身長は157?。高校1年の時(この頃の身長はまだ155ぐらいだった)に最高潮に太り、60?の大台を超えたことがあったけど、高2の夏休みにスイカダイエットで10?の減量の成功して以来30数年、50?台を行き来しながら生きてきました。通常、53〜54?。一番増えても57?を超えることはなかったのだけど・・・・・。3月に、勤めていた会社の健康診断があって、その時の体重が57。「ヤバい」とは [続きを読む]
  • 帰省
  •         ※竹田城址からの眺め8/11〜14で、夫の田舎に帰省してきました。行きがけに立ち寄ったのが「天空の城」と言われている竹田城址。一応下調べはしていったものの、結構な山登りで大変でした。会社を辞めて2か月余り。てきめんに体力が落ちてるなーと感じました。なんとかせねば・・・お天気があまり良くなかったのですが、そんな「山登り」だったのでピーカンのカンカン照りじゃなくて良かった〜って感じ。晴れてな [続きを読む]
  • 観劇忘備録
  • なんだかんだ忙しくて、ゆっくり感想を書いている暇がないので、忘備録として。この1週間で3つ、舞台観てきました。◆宝塚星組「オーム・シャンティ・オーム」きらびやかで楽しくて、ちょっとしたドラマありで、よい作品でした。ただ、1本ものだし、もっとドラマティックにしたら「笑えるけど、泣ける」的な、もっとボリュームのあるものにできたんじゃないかなと。黒かいちゃんがよかった。かいちゃん、上手くなったよね〜。べに [続きを読む]
  • イタイ過去
  • 今日は引き出しの整理をいたしました。大きな上置き鏡がのっている、ドレッサー兼用キャビネットの一番の上の段が、私の私物入れとなっているのですが、もうかれこれうん十年(?)整理したことがなく・・・・・さすがにいっぱいいっぱいになってきていて、開ける度に閉めるのにコツがいる、という状態になっておりました。両手を左右にいっぱいに広げて持てるぐらいの、結構大きな引き出しを、いちど丸ごと引き抜いて食卓テーブル [続きを読む]
  • サンゴノフトヒモ
  • こないだの東京旅行の時に、上野の国立科学博物館でやっている「深海展2017」というのにも行ってきました。深海の珍しい生き物が見られるのかな〜と期待して行ったら、見るには見られたけど標本ばっかりでちょっとがっかり・・・だったのですが、それでも見たことも聞いたこともない生き物に出会うことができました。その筆頭がこれ。「軟体動物門 溝腹綱 サンゴノフトヒモ科」って、そのまんまじゃん同族の同じような生き物は他 [続きを読む]
  • 気になった人たち
  • ※ホテルの部屋からの眺め東京、すごいねー。昭和生まれの私には、未来都市に見えるよ。大好きなファイナル・ファンタジーの世界のようで、ワクワクもしたけど。先週末、東京に遊びに行ってきました。お台場のホテルに泊まって2泊3日。ディズニーランドやスカイツリー、すみだ水族館、そしてお台場周辺散策(?)と、ベタなコースで遊んできました。お天気に恵まれ楽しい旅行でした。ただ、今回はね・・・・・観光旅行って、目的地 [続きを読む]