spica さん プロフィール

  •  
spicaさん: ある乳がん患者の記録 [スピカの乳がんリアルライフ]
ハンドル名spica さん
ブログタイトルある乳がん患者の記録 [スピカの乳がんリアルライフ]
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/spica2015/
サイト紹介文発見→全摘→抗がん剤→分子標的薬→乳房再建→ホルモン療法…乳がん患者のリアルライフをつづります。
自由文spica、51歳、専業主婦。50代夫、10代後半息子2人。2015年3月、左乳がん(1.4cm)発見。 6月、左乳房全摘+エキスパンダー挿入。リンパ節廓清なし。 7月、病理結果:左乳頭腺管癌(浸潤癌部1.5cm×1.0cm×1.0cm、非浸潤部全体の広がり4.0cm×2.8cm×1.2cm)、T1cN0M0、Stage I、ER70%、PgR70%、HER2(3+)、Ki-67(30%)、Nuclear Grade 2。7月よりEC療法→ドセタキセル+ハーセプチン→ハーセプチン単独→ホルモン治療5年の予定で治療中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/10/27 14:39

spica さんのブログ記事

  • 春の夜に検査結果を聞く。
  • ふだんあまり自分の病気のことは意識していないわたしだが、MRIを受けると決まり、検査してその結果を待つ日々は、さすがにぞわぞわとした不安にときおり襲われた。珍しく夫もすこし苛立つことが増えている。口には出さないけれど、本人よりも周りの方がストレートに悪い結果を予想してしまうことはありがちだ。結果を聞く診察の予約時間はA医師の最終枠だったようで、いつもは患者さんでいっぱいの待合室も寂しいほどにすいている [続きを読む]
  • 全身MRIと小さな心遣い。
  • 腰のレントゲンを撮る程度だろう、と思っていたのにまさかの全身MRIをやるはめになった。そういう検査をするからには転移の可能性もあるということだ。自分自身、そんな展開に動揺もしたがそれよりも夫に何と言ったものか悩む。きっと心配するだろう。隠すわけにもいかないので、できるだけ軽ーく、なんでもないふうに「腰が痛いと言ったら、A先生が、MRIやりましょうって」と話すと、夫は「そう」と普通の顔で返してくれてひとま [続きを読む]
  • まさかの全身MRI。
  • 1月末頃から、夜寝ていると左の腰が痛むようになった。脚の付け根の外側、骨の出っ張っているところだ。左を下にしているとすぐに痛くなって寝ていられない。ホルモン療法や年齢のせいか睡眠が浅くなりがちなのでベルソムラを飲んで寝てもその痛みで夜中に目が覚め、あとはどうやっても痛いのでほとんど眠れなかったりする。タモキシフェンの副作用の関節痛が悪化したのかな?とずっと困っていた。3月中旬、乳腺外科の診察で「どう [続きを読む]
  • 春の熊本へ。
  • 3月に初めて熊本へ行った。夫が向こうで人に会うので、ついでにわたしも(自費で)行き用事が終わったら合流して観光しようという計画だ。夫の用は熊本市から離れた八代市なのでレンタカーを借り、熊本ラーメンの有名店へ。巨大な龍がすごいインパクト。中は幸せそうにどんぶりを抱える人でいっぱいだ。熊本ラーメンは豚骨ベースで、見た目はかなりガッツリ系の感じだが、全然臭みがなくてとても食べやすい。麺は博多ラーメンなど [続きを読む]
  • 衝撃の次男飯。
  • 桜が咲いてくる頃には、毎年急に日々が慌ただしくなる。息子たちがそれぞれ春休みで帰省するからだ。夫と二人の生活にすっかり慣れてしまったから息子たちがいると振り回される感じで全く落ち着かない。なんであんなに四六時中おなかをすかせているのか?買い出しに行く食料もいつもの倍以上。わたしは一日中、次のご飯に頭を悩ませてばかりである。洗濯機は久々の満タンで重たげに回っている。それでも、見るからにろくなものを食 [続きを読む]
  • 去るときには。
  • 父が亡くなって半年が経ち季節は秋から移り変わって春になった。24年前の母の時は病院で立ち会うことができたが父の時には間に合わなかった。母が亡くなった後に夫と結婚してから、自分が病気だったり、いろいろと重なってなかなか帰省ができず、父とはあまり会っていなかった。そして臨終も立ち会えなかったので、今でもなんとなく、父がもういないことがぴんときていない。葬儀も済ませて、頭ではわかっているのだがまだ実感が伴 [続きを読む]
  • シリコンインプラントはうつ伏せ禁止。
  • 3月上旬、再建乳頭の経過観察のため形成外科を受診した。乳頭・乳輪の経過はその日も順調とのことでB医師はとても満足そうだった。写真撮影の後、前回と同様に機械を使って左右の乳頭の色を記録した。このデータをもとに、タトゥーの色を選ぶ。B医師にいくつか質問をした。spica「(乳輪用の皮膚を取った)右脇腹にまだテープ(優肌絆)を貼っていますが、花粉症の季節で肌が敏感になり、かぶれがちです。もうやめてもいいですか [続きを読む]
  • バトルとか炎上とか。
  • 他の方のブログを見ていると、けっこうな頻度でコメント欄や記事でバトルや炎上が起きている。昔から、育児や教育などバトルが起きやすい分野というのはあったがわたしがにほんブログ村で登録している病気ブログのカテゴリーでも、同病者らしい人たちの間でのバトルが散見されるのには少し驚いた。ツイッターやブログ、フェイスブックなどで発信をする人はいまやものすごい数だ。ひとの価値観は様々で、他人に何から何まで同意する [続きを読む]
  • カフェとクルミと、夫と父と。
  • 時々行くカフェは、テーブルの小皿に殻ごとのクルミが盛られていてコーヒーを飲みながら自由につまむことができる。クルミ割り器も各種備え付けだ。リスの形のくるみ割り器は可愛いけれど上手に割るのは意外と難しい。このキノコのような形のやつが、力も入れやすく、殻も飛び散りにくくていい感じ。こんな殻つきクルミとか、バーで出るピスタチオとか、そういう自分で殻をむくナッツは会話の隙間を埋めるのにちょうどいい。そして [続きを読む]
  • 敏感肌でも使えたプチプラ美容オイル。
  • それまであまり肌の乾燥を気にしたことはなかったけれど、抗がん剤治療を受けた頃からずいぶん乾燥するようになった。その後ホルモン療法も続いているし、年齢的にも乾燥しやすくなったのだろう。そんなわけで、せっせと保湿に励むようになったのだがなにしろ敏感肌で、合うアイテムを探すのがいつも大変だ。春夏は、以前ご紹介した無印良品の敏感肌用クリームを使っているのだが、今の季節はさすがに力不足。けれども、保湿効果の [続きを読む]
  • 冬の夜、ホテルのバーで。
  • 夫もわたしもあまり飲めないのだがたまの旅行ではだいたい泊まったホテルのバーに行く。お高いけれどそれぞれ2杯か3杯しか飲まないから、旅ならではの贅沢気分だと思って楽しむ。ホテルのバーは人間交差点だと思う。街のお店のような常連さんはあまりいなくてほんの一晩か二晩訪れて去っていく旅行者が多い。昨年の冬に連泊したホテルでもそんな「ほんの一晩」のつもりでバーに行った。ホテルのバーもいろいろな店構えがあるがそこ [続きを読む]
  • 全摘後1年半〜2年半の乳がん治療費の総額は。
  • 医療費控除の申請のために、昨年の領収書を発掘してまずは乳がん治療関連のみを計算してみた。わたしは2015年6月に左乳房を全摘し、トリプルポジティブだったので7月から術後化学療法とハーセプチン、その後ホルモン療法(タモキシフェン)を開始。2016年4月に自家組織(腹直筋皮弁法)での再建を行った。昨年、2017年は全摘手術から1年半〜2年半にあたり、4月に再建乳房の修正手術(外来)、11月に乳頭・乳輪再建手術(外来)を形 [続きを読む]
  • いなくなっていく。
  • 私たちきょうだいを、子供の頃から可愛がってくれた大叔母がなくなった。母は幼い時に自分の母(わたしの祖母)を亡くし、大叔母にずいぶん面倒を見てもらった。母は結婚して関東を離れたが、時々私たちきょうだいは夏休みに大叔母の家に遊びに行って何日も泊まった。大叔母は大正生まれの女性としてはたいへん良い教育を受けた人で、イギリス人宣教師に英語を学び、ピアノも弾けたそうだ。ひと夏を過ごさせてもらっていた家は、古 [続きを読む]
  • ホルモン療法の関節痛を改善する(2)
  • (前回の続きです)コンドロイチンを数ヶ月試してみようと思ったが、市販の第3類医薬品は結構高く、1ヶ月分が7000円以上になってしまうものもある。そこで、医薬品ではなく健康食品であるサプリメントを調べてみた。ディアナチュラのコンドロイチンのサプリ。1日量(3粒)中に、コンドロイチンとして455mgが含まれていると表示されている。医薬品である、ゼリア新薬工業の「コンドロイチンZS錠」(1ヶ月分5600円)には、1日量(6 [続きを読む]
  • ホルモン療法の関節痛を改善する(1)
  • 2015年の夏から半年間の抗がん剤で生理が止まり、その後ホルモン療法でタモキシフェンを服用しているのでもうほぼ閉経状態らしい。それにともなって、更年期症状を感じるようになった。メンタルの方は以前と変わりないのだが、手足の関節にこわばりと痛みが出たので困った。朝起きた時などはぎくしゃくしているし、コーヒーをいれようとしても指がこわばっていてフィルターを開くのに手間取る。しばらく動かしていると少し良くなる [続きを読む]
  • 形成外科を受診。むくみについて尋ねる。
  • 昨年12月の乳腺外科受診の時に、このような質問をした。spica 「11月の乳頭・乳輪再建手術の前に左足だけ少し(足首周りで約1cm)むくみ、3週間ほど続いたことがあったのですが、リンパ浮腫は足でも起きるのですか?」乳腺外科A医師 「子宮がんでのリンパ節郭清などで、足でもリンパ浮腫が起きることはあります。しかし、spicaさんの乳がんの全摘手術(わたしはリンパ節郭清なし)とは関係ありません。spicaさんは自家組織での再建 [続きを読む]
  • ひとごとと思えなかった引退会見。
  • 夫がインフルエンザにかかりバタバタしていてニュースを見ていなかったのだが、小室哲哉さんが看護師との不倫疑惑を週刊文春に報じられ、今日の記者会見で音楽活動からの引退を発表したとのこと。会見の動画は見ていないが、小室さんの妻でボーカリストのKEIKOさんは2011年に39歳でくも膜下出血を起こして現在も病前の状態には回復しておらず「小学4年生のドリルをやっている」そうだ。わたしは39歳の時、ウイルス性脳炎で脳死寸前 [続きを読む]
  • 敏感肌のテープかぶれ対策。
  • 昨年12/29の記事で書いたように、再建乳頭を保護するため、穴を開けたコットンをテープで貼りつけている。乳輪の皮膚のドナーとなった脇腹の傷も、幅が拡がらずきれいに治るよう、自家組織での乳房再建後にお腹の傷に貼り続けたのと同じようにテープを貼って固定している。(乳房再建時のテープに関する記事は→こちら)このテープは、わたしが通っている形成外科ではスキントーンテープを使うのが標準らしい。わたしも乳房再建の [続きを読む]
  • 術後2年半の経過観察と、むくみについての質問。
  • 年末年始は、息子たちが帰省したりでもろもろ忙しく、ブログを書く時間がなかった。昨年12月中旬に、全摘手術後2年半の血液検査を行った。血算、生化学は、少し参考値を外れたものがいくつかあったが、問題ない程度とのこと。腫瘍マーカーのCA15-3、CEAはともに正常範囲内。FSH、E2の数値は後日出るが、ホルモン療法開始後はずっと閉経に近い状態の値が続いているので、こちらも問題なさそうだ。この日の費用は約5200円+薬代。次 [続きを読む]
  • 再建乳頭・乳輪のその後の経過。
  • 抜糸してから1週間後に、経過観察のため通院した。抜糸直後は赤みが強かった乳頭・乳輪だが日を追うにつれて赤みは落ち着いてきて、それとともに、乳頭の大きさが少し縮んだように思えた。B医師 「傷は順調ですね」spica 「乳頭が少し小さくなったような気がするのですが…」B医師 「傷が落ち着いてくると、多少引き締まります。軟骨の芯があるから、これ以上どんどん小さくなるなどということはありませんよ」前回の抜糸の時にい [続きを読む]
  • 再建乳頭・乳輪の抜糸と、驚く研修医さん。
  • ドナーになった脇腹の傷を抜糸した1週間後、再建乳頭と乳輪の抜糸だった。乳輪の周りに5mm間隔くらいで黒い糸が結ばれていて、切った端が毛のようにモサモサとなっている。乳頭にも縫った糸が見える。どうやって肋軟骨を皮膚でくるんだのか不思議だ。B医師はわたしよりずっと手芸が得意そうだ…。抜糸が済むと、立ち上がって写真撮影がある。ちょうど、なりたて?の女性研修医さんがいたのでB医師が彼女を呼んでわたしを見せた。研 [続きを読む]
  • ドナー側の抜糸と、再建乳頭との驚きの対面。
  • 乳頭・乳輪再建手術の2日後に、再建で使う皮膚のドナーとなった脇腹の傷の消毒のため通院した。この日は、脇腹の傷の状態を見て消毒とガーゼ交換をしただけで、乳頭の方はガーゼを開けることなく終了。引き続き、抗生剤とロキソニン・胃薬を飲んでいた。傷の痛みはもうほとんどなかったのだが、ロキソニンには炎症を抑える効果があるので続けるように言われていたのである。しかし、わたしはロキソニンを続けて飲むとむくみが出や [続きを読む]
  • 乳頭・乳輪再建手術を受ける。
  • 11月上旬、外来の日帰り手術で乳頭・乳輪の再建を行った。当日は食事などの制限はなく、再建乳房の修正手術の時のように点滴のルートをとることもない。手術はB医師と助手の医師の二人体制。手術台で目の上にタオルがかけられる。乳頭部分と、皮膚のドナーとなる脇腹に局所麻酔の注射が数本打たれる。乳頭の方はほとんど感覚がないのだが脇腹の方の注射は結構痛い。しばらくして麻酔が効いてきた。B医師が乳頭を作る部分を切開し、 [続きを読む]
  • 乳頭・乳輪再建の術前説明を聞く。
  • 10月下旬、形成外科で乳頭・乳輪再建手術前の診察と術前説明を受けた。手術の流れは以前に書いたが、結構前の記事なので概要を再度載せます。・手術は外来で日帰り手術。時間は1時間半〜2時間。費用は5万円台(保険適用)。・自家組織再建のために腹直筋と脂肪を取ったお腹の傷の一方の端を、わざと少し皮膚が余るように縫ってある。この余っている脇腹の皮膚を切り取る。・全摘手術の際、術側の乳頭のあたりに、切った肋軟骨のか [続きを読む]
  • 相続は大変だ。
  • 早いもので父の四十九日が過ぎ後妻さんの友人の弁護士さんのご尽力で相続の具体的な話がまとまってきた。不動産は面倒なので処分せず、後妻さんが全て相続。預貯金は後妻さん、わたし、わたしのきょうだいの3人で3等分することになった。母親の時には、わたしときょうだいは相続を放棄した(父が全て相続)ので今回が初めての相続になった。しかし相続というのはものすごく面倒なものだ。後妻さんは連日金融機関などに出向き書類の [続きを読む]