spica さん プロフィール

  •  
spicaさん: ある乳がん患者の記録 [スピカの乳がんリアルライフ]
ハンドル名spica さん
ブログタイトルある乳がん患者の記録 [スピカの乳がんリアルライフ]
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/spica2015/
サイト紹介文発見→全摘→抗がん剤→分子標的薬→乳房再建→ホルモン療法…乳がん患者のリアルライフをつづります。
自由文spica、51歳、専業主婦。50代夫、10代後半息子2人。2015年3月、左乳がん(1.4cm)発見。 6月、左乳房全摘+エキスパンダー挿入。リンパ節廓清なし。 7月、病理結果:左乳頭腺管癌(浸潤癌部1.5cm×1.0cm×1.0cm、非浸潤部全体の広がり4.0cm×2.8cm×1.2cm)、T1cN0M0、Stage I、ER70%、PgR70%、HER2(3+)、Ki-67(30%)、Nuclear Grade 2。7月よりEC療法→ドセタキセル+ハーセプチン→ハーセプチン単独→ホルモン治療5年の予定で治療中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/10/27 14:39

spica さんのブログ記事

  • ある黒猫のものがたり 最終回 幸せを運ぶ猫。
  • ブンはあまり遠出をしない猫だったし名前と電話番号を書いた赤い首輪もつけていたので、きっと帰ってくると思ってわたしたちは待っていたが、とうとうそれきり、ブンは帰ってこなかった。その後、わたしの母が亡くなったりいろいろなことがあったのち、1年半後に、彼とわたしは結婚した。彼はブンと暮らした古い一軒家から新居に引っ越した。アルバムの中に何枚か、ブンの写真が残った。ブンは幸せを運ぶ猫だったのかもしれない。 [続きを読む]
  • ある黒猫のものがたり 7 秋の月夜に。
  • ブンが彼と暮らし始めて、ちょうど1年経った頃の晩秋のある日のことだった。「ブンが帰ってこないんだよ」彼に言われて、わたしは驚いた。いつも家の周りにいて、塀の上を歩いたり停めてあるバイクのシートの上でのんびり日向ぼっこをしていたブンがこつぜんといなくなってしまったのだという。彼とわたしは、ブンを探して歩いた。少し肌寒くなってきた秋の夜、月が照らしている道をブンの名前を呼びながらあちこちのぞいて何日も [続きを読む]
  • ある黒猫のものがたり 6 ねこのはみがき。
  • 新しい暮らしにブンが慣れてきたので、彼は居間の窓を少し開けて固定しておき自由に出入りできるようにした。そしてブンに、「もう迷子にならないように」と、「○○ブン太」と電話番号を書いた赤い首輪をつけた。黒猫ブンに赤い首輪はよく似合った。ブンはとても人懐っこい猫だったから、誰かに飼われていたのかもしれない。手術をしてくれた獣医さんによると、ブンは6歳か7歳くらいとのことだった。穏やかで愛想のいい子でよく [続きを読む]
  • ある黒猫のものがたり 5 はじめての写真。
  • 猫は裂けた顎の手術を受けて10日くらいで退院した。手術でも完全に修復することはできず、下顎の先の方は前歯や牙がむき出しになってしまったけれどものが食べられるようになり、体に少し肉もついてだいぶ元気になった。この顎では他に里親を見つけることは難しかったと思う。飼うと言ってくれた彼に深く深く感謝した。黒猫の名前をふたりで考えた。「文化の日に拾ったから『ブン』にしよう」「正式名は『ブンタ』。強そうな名前だ [続きを読む]
  • ある黒猫のものがたり 4 ほんとうの救い主。
  • 「この猫、あなた飼えますか?」わたしが黙ってしまうと、獣医さんは「飼えないのでしたら、治療はできませんよ」と続けた。わたしのアパートの隣には、大家さんのお宅があってそこのおばあちゃんにはいつもよくしていただいていたので、ルール違反はできなかった。正直言って、猫を助けなくてはと夢中でその後のことまでしっかり考えていなかった。浅はかだった。診察台の上で黒猫はおとなしく獣医さんに押さえられている。短い沈 [続きを読む]
  • ある黒猫のものがたり 3 病院で言葉に詰まる。
  • 当時わたしが住んでいたワンルームアパートに猫を連れて帰った。とにかく何か食べさせないと。彼に猫を見ていてもらい、コンビニに走ったがキャットフードは店にはなかった。猫の食べそうなもの…と焦って探し魚肉ソーセージと牛乳を買ってきた。ところが、ソーセージはしきりに匂いを嗅ぐだけで食べない。口のケガのせいで食べられないのだろう。お皿に牛乳を入れてあげるとものすごい勢いで飲んだ。ひとまずよかった…と安心して [続きを読む]
  • ある黒猫のものがたり 2
  • ニャーニャー鳴きながら近づいてきた黒猫はひどいケガをしていたのだった。下あごが裂けて、歯も牙もむき出しで胸から前足にかけて毛がなくなり皮膚があらわになっていた。ケガをしてからだいぶ日が経っているようだったが、この口では何も食べられなかっただろう。ガリガリに痩せて、毛もバサバサだった。そんなボロボロの猫が、わたしを見るなりよろめきながらやってきて何度も何度も飛び上がるようにしてすがらんばかりにニャー [続きを読む]
  • ある黒猫のものがたり 1
  • 25年以上前の話…。実家ではずっと猫と一緒だったが就職が決まると、猫のいない一人暮らしが始まった。秋も深まったある休日に、つきあっていた彼とドライブに出かけた。箱根だったかな、どこに行ったかはもう忘れてしまったがまだカーナビが高くて、そうそう買えなかった時代。もちろんスマホもない。知らないところへ行く時は、私が助手席でロードマップを見て道を教えていた。帰り道にふとマップを見ると、そばに小さな湖がある [続きを読む]
  • 結婚記念日に。
  • 先日、少し遅れたが23回目の結婚記念日の食事に行った。4月に誕生日のお祝いをした、ホテルの懐石料理店がとてもおいしかったのでまたそこへ出かけた。春には少し暑いくらいだったが今回はもっと蒸し暑く雨模様。ガラス越しに見える水面に、無数の波紋が立っている。前菜玉子豆腐 ジュンサイ太刀魚南蛮漬け鱧寿司南部丸十(さつまいも)チーズのスモークサーモン巻き合鴨ロース蒸し海老ひとくちサイズの鱧寿司がおいしい。合鴨は [続きを読む]
  • 術後3年の検査。
  • 6月最終週に、乳がん手術から3年後の検査を受けた。・血液検査・健側のマンモグラフィ・両胸・リンパのエコー・胸部レントゲン検査費用は約6500円。翌週、A医師から検査結果を聞いた。画像をモニターで全て見せて説明してくれる。結論から言うと、再発を疑わせる所見はなかった。マンモグラフィでは健側に何ヶ所か石灰化がみられたが、良性とのこと。腫瘍マーカーの CA15-3、CEA、I型コラーゲンCテロペプチド(=ICTP、乳がん骨転移 [続きを読む]
  • 乳房再建からタトゥーまでを振り返る。
  • 6月末、再建乳頭・乳輪にタトゥーを入れてから2ヶ月目の経過観察を受けた。今回もB医師が「いいねぇ!最高だね!」と嬉しそうだった。次回は2か月後、術後4ヶ月目に診察予約。入浴後のヒルドイドクリームは続けるよう言われた。以来、それまでたっぷり塗っていたクリームの量は減らし、ガーゼでなくてもたたんだティッシュで問題ないことがわかったのでティッシュで覆って優肌絆でちょっととめている。2015年6月に全摘し、8ヶ月後 [続きを読む]
  • 再建乳頭・乳輪タトゥーの経過
  • 【術後3日目】再建乳頭と乳輪にタトゥーを入れて3日後、形成外科外来で経過観察を受けた。術後に出血が少しあったのか、ガーゼがくっつきぎみだったのでガーゼを少し濡らしながらB医師が慎重に剥がした。見ると、乳頭・乳輪部分はかさぶたのようなものがびっしりついていて皮膚がよく見えない状態だ。この日から、シャワーが患部に多少当たってもOKになった。ただし、決してこすらず、ボディーソープの泡を優しくのせて流す程度。 [続きを読む]
  • 再建乳頭・乳輪にタトゥーを入れる。
  • 4月下旬に、再建乳頭と乳輪に医療用タトゥーを入れた。当日は、特に事前の準備は不要で食事などの制限もない。診察室で位置決めをし、マジックでガイド線を描かれる。2回前の外来から、診察の時に左右の乳頭・乳輪の色を機械で測定していてこの日にももう一度測定した。処置室で横たわると、目の上にタオルを乗せられたので行われていることは見えなくなったがB医師や看護師さんが、都度声掛けして何をするか説明してくれるので [続きを読む]
  • ふしぎなできごと
  • ともだちがなくなった時、ふしぎなことがあった。ともだちが化学療法を始めてしばらく経った頃、ふと思いついて、わたしは彼に本を1冊送った。ともだちの趣味のジャンルの本で、写真がたくさんで薄くて軽いから元気のない時にもパラパラめくれるかな、と思ったのだった。ずいぶん長いつきあいだったが奥様もいらっしゃることだし、今まで何か品物をあげたことはなかった。これが初めてのプレゼントだ。短いメモ書きを添えて送った [続きを読む]
  • ともだちをなくして
  • ひとつ前の記事で書いたともだちがこの世界からいなくなってしまった。お目にかかったことのない奥様が突然電話をくれたので、やっぱり本人は具合がよくないのかなと思ってご挨拶すると、長い長い沈黙。ああ、父母をなくしたわたしにはわかる。それがなにを意味するのか。奥様は泣きだした。わたしの頭の中は真っ白になってことばを失った。電話を終えてすぐには信じられなかったけれどしばらくして気がついたら声を上げて泣いてい [続きを読む]
  • ほんとうに言いたいことば。
  • 以前の記事(「闘病ブログは消費される。」に書いたともだちから誕生日のメッセージの返信が来て先日転移が見つかり、放射線治療を経て化学療法を始めた、とあった。久しぶりにご飯でもと思っていたのだけれど、歩くのもなかなかつらいから、また今度。と書かれていた。かける言葉が見つからない。自分が化学療法でつらかった時、他人に「がんばれ」と言われるのが嫌だった。もうがんばってるよ。軽い気持ちで言わないでよ。内心そ [続きを読む]
  • 乳頭・乳輪タトゥーの費用は、病院によってかなり違う。
  • 3月上旬、形成外科を受診した時に乳頭・乳輪へのタトゥーについて詳しく聞いた。■ 時間は30〜40分ほど。■ 局所麻酔をし、機械で彫る。■ 費用は自費。この病院では8万円+税。おお…。心づもりはしていたが、金額に思わず少し顔を引きつらせると、B医師 「保険でできればいいんだけれどねぇ。でもウチは安い方ですよー。都内で有名なA病院は10万、S病院は20万だと聞いてますから」■ 中にはタトゥーの色が入りにくい人もいる。術 [続きを読む]
  • 誕生日を祝いに。
  • 転移してはいないようだとわかり胸をなでおろして、翌週わたしの53歳の誕生日を祝いに夫と食事に出かけた。4月の少し暑いくらいのお昼、ホテルのロビーから、水面にかかる渡り廊下を抜けて離れにある日本料理店へ。月替わりの懐石をいただいた。誕生日の食事ではいつも夫が「これから一年の抱負を聞かせて」と言う。「病気が見つかって、A先生のところに転院して治療を始めて3年経ったところなんだよね。そして、まだホルモン療法 [続きを読む]
  • 医師のつらさ。
  • MRIの結果を告げられる診察を待っているとわたしの前の順番の患者さんが目に入った。お友達が並んで座っている。おそらく、検査の結果を聞きに来たのだろう。二人で話し合う声はやや早口で緊張しているようにも思われた。ほどなく二人は呼ばれて診察室に入り長いこと出てこなかった。ああ、たぶん、いい話ではなかったのだろう。面識のないかただが、胸が痛む。だいぶ経ってから出てきた彼女はハンカチを握りしめたまま興奮ぎみに [続きを読む]
  • Hope for the best and...
  • MRIの結果を聞く日まで、夫の前では普通にしていたけれどわたしはひそかにこれからのことをあれこれ考えていた。転移していたらどうしよう、ではなく転移していたらどうするか。治療後に保険に加入したので、たぶん治療費の心配は少ないだろうけれど軌道修正しなくてはならないことがたくさんある。いろいろやりかけなことの段取りも頭の中で組み直してみたり。そんなことを考えて、気が滅入ってきた時そういえばこんな言葉があっ [続きを読む]
  • 春の夜に検査結果を聞く。
  • ふだんあまり自分の病気のことは意識していないわたしだが、MRIを受けると決まり、検査してその結果を待つ日々は、さすがにぞわぞわとした不安にときおり襲われた。珍しく夫もすこし苛立つことが増えている。口には出さないけれど、本人よりも周りの方がストレートに悪い結果を予想してしまうことはありがちだ。結果を聞く診察の予約時間はA医師の最終枠だったようで、いつもは患者さんでいっぱいの待合室も寂しいほどにすいている [続きを読む]
  • 全身MRIと小さな心遣い。
  • 腰のレントゲンを撮る程度だろう、と思っていたのにまさかの全身MRIをやるはめになった。そういう検査をするからには転移の可能性もあるということだ。自分自身、そんな展開に動揺もしたがそれよりも夫に何と言ったものか悩む。きっと心配するだろう。隠すわけにもいかないので、できるだけ軽ーく、なんでもないふうに「腰が痛いと言ったら、A先生が、MRIやりましょうって」と話すと、夫は「そう」と普通の顔で返してくれてひとま [続きを読む]
  • まさかの全身MRI。
  • 1月末頃から、夜寝ていると左の腰が痛むようになった。脚の付け根の外側、骨の出っ張っているところだ。左を下にしているとすぐに痛くなって寝ていられない。ホルモン療法や年齢のせいか睡眠が浅くなりがちなのでベルソムラを飲んで寝てもその痛みで夜中に目が覚め、あとはどうやっても痛いのでほとんど眠れなかったりする。タモキシフェンの副作用の関節痛が悪化したのかな?とずっと困っていた。3月中旬、乳腺外科の診察で「どう [続きを読む]
  • 春の熊本へ。
  • 3月に初めて熊本へ行った。夫が向こうで人に会うので、ついでにわたしも(自費で)行き用事が終わったら合流して観光しようという計画だ。夫の用は熊本市から離れた八代市なのでレンタカーを借り、熊本ラーメンの有名店へ。巨大な龍がすごいインパクト。中は幸せそうにどんぶりを抱える人でいっぱいだ。熊本ラーメンは豚骨ベースで、見た目はかなりガッツリ系の感じだが、全然臭みがなくてとても食べやすい。麺は博多ラーメンなど [続きを読む]