ロッシ さん プロフィール

  •  
ロッシさん: されど低糖質な日日
ハンドル名ロッシ さん
ブログタイトルされど低糖質な日日
ブログURLhttp://roshi02.hatenablog.com/
サイト紹介文糖尿病食をカロリー制限ではなく糖質制限で行っています。そんな低糖質な日日をたんたんと綴ります。
自由文4年前、糖尿病の合併症である糖尿病網膜症を宣告される。失明の危機からなんとか生還し、現在、食生活では糖質制限を続けながら自分でパンを焼くなど、僕自身が体験している低糖質な日日をたんたんと綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/10/27 18:30

ロッシ さんのブログ記事

  • 佐伯一麦さんの『渡良瀬』を読んだ感想
  • 佐伯一麦さんの『渡良瀬』を読んだ。東京で電気工をしていた主人公の南條拓。長女の緘黙症(特定の場面や条件で話せなくなる症状)と長男の川崎病そして自身のアスベスト禍による後遺症に悩まされつづけ妻の幸子はかつて拓が文芸誌の新人賞をとったこともある小説に自分たちの結婚の経緯をことこまかく書いたことで頑なに心を閉ざすようになっていた。そういった諸々の事情を抱えながら一家は茨城の古河に移り住み拓は配電盤の製造 [続きを読む]
  • もしタイムマシンが発明されたら
  • 昔の自分に戻ってやり直したいとかいつのころなら戻ってもいいかという話になっても僕には戻りたいと思う過去なんてないし清算したいと思う過去もない。誤解しないでほしいのはだからっていまがいちばんいいわけでもいまのままで十分なわけでもないということだ。それではなぜかというとどこに戻ってやり直しても結局またおなじことをくり返すだけのような気がするからです。どこへ戻ってもしょせん楽しいこともツラいことも悲しい [続きを読む]
  • 『サマーウォーズ』感想(劇場公開時の感想です)
  • 8月18日の金曜ロードSHOWには『サマーウォーズ』が登場する。もはやこのアニメ映画のテレビ放映も日本の夏の風物詩となりつつあるなあ。ということはさておきこっちも恒例になりつつある「僕が以前やっていたブログからこの映画を劇場公開時に見たときの感想を一部加筆修正して再投稿します企画」懲りずにまたやります。『サマーウォーズ』半分だけの感想面白い。出だしからぐいぐい惹きこまれた。人工知能が仮想空間で暴走をは [続きを読む]
  • ジャパネットたかたでルームエアコンを買った
  • 買ってから10年以上経つエアコンの調子がすこぶる悪かった。ふだん電気関係のことでなにかと面倒を見てもらっている町の電気屋さんに来てもらった。さすがにもう古すぎて室外機がほぼ使いものになりませんねと最後通告を受けた。数週間前のまだ7月になったばかりのころのことだ。洩れてしまっているガスを補充すればもしかしたらしばらく動くかもしれないがそれもいつまで持つかまたすぐダメになるかとにかくはっきりしたことがい [続きを読む]
  • 屋根修理詐欺に遭いかけた話
  • 「屋根修理詐欺」というよくあることなのか非常に珍しいことなのかわからないけれどともかくそいう詐欺に遭いそうになった。あとから振り返るとこれがなかなか面白い話だったので(実害がなかったからいえることだが)記録的な意味もこめて時系列に沿って事実を書きしるしておこうと思う。それはある日の午前中の遅い時間のこと。僕がそろそろ仕事に出かけようとする間の悪いタイミングで玄関のインターフォンが鳴った。いつものク [続きを読む]
  • 『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』感想
  • 『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』を読んだ。同シリーズは第1部『ドラゴン・タトゥーの女』第2部『火と戯れる女』そして第3部『眠れる女と狂卓の騎士』と順調に3部作が刊行されてきたがその時点で物語はまだ完結したとは言い難かった。ところが著者のスティーグ・ラーソンさん急死。たちまちシリーズの存続が危ぶまれた。というか本来なら完全にもうアウトですよね。なのですが遺族の意向か出版社の意向かそこは知る由もないがた [続きを読む]
  • Amazonプライムデー2017に参加してKindle paperwhiteを買った
  • 福岡と大分を襲った九州北部豪雨の被害はいまだ全貌がつかめないまますでに多数の死傷者や家屋の倒壊・集落の孤立などまさに壊滅的な様相を見せている。「被災地」という言葉がけっして他人事ではなく次いつ自分が住む町や地域に冠せられるやもしれぬという不安感がますます拭いきれない現実的なものとなってきた。という言い方ももはや手垢にまみれた感があるけどね。一方東京ではいったいいつ梅雨明けしたの?と皮肉のひとつも言 [続きを読む]
  • 映画は途中から見て見はじめたところまで見るのが当たり前だった
  • 映画が好きだという人は僕の周囲にも案外たくさんいる。そういう人と話をするとたいてい家のテレビやパソコン・タブレット・スマホ等でDVDやBlu-rayを見たり映像配信サービス(AmazonプライムビデオとかWOWOWオンデマンドとか)で好きな時間に好きな映画を見ていることが多い。つまりソフトとしての映画が好きだということのようだ。ではもっぱらテレビのロードショー番組でしか映画を見ない人たちのことまで含めてそういう人たち [続きを読む]