ともきっく さん プロフィール

  •  
ともきっくさん: 風街BREEZE
ハンドル名ともきっく さん
ブログタイトル風街BREEZE
ブログURLhttp://dj-tomokick.hatenablog.com/
サイト紹介文アラフォー独身1K賃貸生活を送る私が考えるミニマムライフ
自由文「自分の中心軸」を見つけるためにミニマリストライフを目指しています。30代も残り5年、心豊かで幸せな40代に向けて物を減らし、本当に必要なモノだけを心がける日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/10/30 13:45

ともきっく さんのブログ記事

  • 2018年は?真剣に遊ぶ?と?健康第一?
  • 絆!『髑髏城の七人』観てきました!ランニングで来た…わけではなく。来たぜ!髑髏城! pic.twitter.com/u3oGZ5zs7v— tomokick. (@harrytomo55) 2018年1月6日豊洲市場付近は私のランニングコースの一つ。IHIステージアラウンドまで走ったら片道約30分。最近ではららぽーと豊洲から有明までのランコースも整備されているので、更に期待大のエリア。とはいえ走って行くのも何なので歩いて向かいました。語彙力なくて申し [続きを読む]
  • 人付き合いは距離感と無理をしないこと
  • 今日の月も明るくて眩しかった。2018年は厄除けをする2017年は本厄にも関わらず、お祓いに行かずして1年を過ごす。信じるか信じないかは人それぞれだけれど、私はまんまと厄年に翻弄された。なんせ、全てがうまくいかない。とうとう秋にはココロが壊れ、冬には胃腸が壊れた。女性30代、最初の厄は大厄というのもあってとにかく入念に3年間全て厄祓いをした。そのおかげが何もなく過ごせたわけで。だから大丈夫、なんて何の根拠も [続きを読む]
  • 走ることは生きること
  • 厄祓い帰りの佃大橋。ニューイヤー駅伝と箱根駅伝お正月3が日は、駅伝三昧。朝早く起きてお雑煮食べながら駅伝を観ます。ドラマ「陸王」の影響もあって、改めて駅伝の楽しみが増えました。箱根を走った選手が実業団で活躍する姿も感慨深いものがあります。NIKEのヴェイパーフライとは?ランナーの命綱でもあるランニングシューズ。「陸王」でもシューズメーカーが開発と宣伝に右往左往する様子が描かれていました。こはぜ屋 [続きを読む]
  • 2018年のテーマと目標
  • あけましておめでとうございます。2018年もともきっくと風街BREEZEをよろしくお願いします。っていうか2017年更新しなさすぎ…いつの間にかはてなPro契約終わってたし(笑)2017年は振り返らず前を向いて生きていくいや、、、振り返る要素がない。。。2016年はブログ更新していたから振り返る要素もあったけどね。いや〜、2017年早かった。全ては本厄のせいにしたいくらい、なんだかうまくいかなくて。10月は精神的にも追い詰め [続きを読む]
  • 他人軸で生きていてツラくなってしまう自分への魔法の言葉
  • 22時に就寝すると幸せ感度が上がるらしいです。温かい食事を摂って、バブのお風呂に入れば更に良し。仕事がうまくいかなくなってしまった理由転職してから1年経ち、本来であれば業務に慣れてくる頃なのですが、まだ慣れない。業務もそうなのですが、人間関係が慣れず、悩んでいます。社内の調整役を担っており、人と人の間に入ることが多く、板挟みに。つい先日、とうとうその状況に耐えられなくなってしまいました。「私が我 [続きを読む]
  • 温かい食事は自分を救う!? ご飯とお味噌汁生活始める
  • この3連休は、22時に就寝しています。久々にご飯を炊いてみたwww.ii-toki.comあきさんの記事を読んで、稲垣えみ子さんの新刊が出ていることを知りまして。dj-tomokick.hatenablog.com私、えみ子さん、好きなんです。アフロだけど、元朝日新聞記者ということもあって、文章が面白い!私もこういう文章を書きたいな、と思っています。で、さっそく読んでます。もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓作者: 稲垣えみ子出 [続きを読む]
  • なぜ私は「走る」のか? を考えてみた。
  • 2か月ぶりに走ってきました。無理せずに40分JOGをキロ7分30分ペースで。走る余裕がなくなっていた学生時代は帰宅部で生徒会役員、習い事を長く続けていたので運動とは無縁でした。走ることに興味が湧いたのは社会人になってからで、初フルマラソンは30歳を過ぎてから。週末に10km前後の距離をゆるく走る程度ですが、トレーニングをしていた時は月間走行距離100kmは走っていました。フル完走し、転職をしてからは月に1〜2回走れば [続きを読む]
  • もう無理はしないって決めたんだ。
  • ただいま戻りました。9月・10月に起こった出来事ブログをお休みしたときは、まだ平気だったんです。9月の始めには、源くんのcontinuesの千秋楽、行ってますし。でも、このあとくらいから、ちょっとココロがやられてしまいまして。鬱っぽくなっていたんですよね。ボーッとしてたら火事寸前。あっぶな。— tomokick. (@harrytomo55) 2017年10月11日前日に食べた鍋をコンロにそのまま置いておいたので、温め直そうと火を付けたら [続きを読む]
  • 少しの間、ブログをお休みすることにしました。
  • 8月は波乱の予感…と言っても始まらないので、とにかく9月にある試験の勉強をコツコツやることとその次の週にある源ちゃんたまアリオーラスを楽しみに生きる。お金がないとか言ってられない。働け。— tomokick. (@harrytomo55) 2017年8月1日星野 源 - Family Song 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】おげんさん!2017年は大厄らしいです。ご無沙汰しております。私は元気です。7月8日の誕生日以降、パタリとブログ更新ができ [続きを読む]
  • 誕生日だから好きな人に祝ってもらいたい!
  • 今、札幌にいます。星野源 オフィシャルサイト星野源くんのライブに参戦するためです。誕生日に北海道で星野源今日7月8日は私の誕生日。36歳になります(本厄)。pic.twitter.com/fE7cQo2je8— tomokick. (@harrytomo55) 2017年7月8日星野源アリーナツアー『continues』の日程が発表になったとき、これは行かねばならぬ!と勝手に思い込んだのです。自分の誕生日、源くんと同い年になる日、場所は北海道。私の人生を変え [続きを読む]
  • 手帳ジプシーが下半期を共に歩むと決めたのは?
  • 手帳遍歴は小学生から始まる初めて手帳を手にしたのは、小学4年生のとき。当時愛読していた雑誌『ピチレモン』の付録がファースト手帳。その後、ミスドのポイントを集めてもらえる手帳を使っていました。小学生の私が、手帳に何を書いていたのかは忘れましたが、どんなデザインの手帳を使っていたかは今でも覚えています。手帳ジプシーは続くよ、どこまでも時を経て、社会人になり早十数年。アナログからデジタルへ。スマホやPC [続きを読む]
  • 「欲しいモノリスト」より「会いたい人リスト」を作る
  • 毎年この時期の日中に走って後悔する。蒸し暑くて、30分で汗だく!ポカリ1本をすぐに吸収。脱水注意!今、手元にあるモノで十分自称ミニマリストの私。一時期、狂ったようにモノを減らして今に至る。会社行くにもポシェット一つ。出かけるときは手ぶら。買い直したのはテレビで、理由は『逃げ恥』を観たかったから。手放したテレビを買い直しました。 - 風街BREEZE逃げるは恥だが役に立つ DVD-BOX出版社/メーカー: TCエンタテイ [続きを読む]
  • 誕生日月、自分で自分をお祝いしよう!
  • 今日から7月。1年も半分が過ぎて、下半期突入。大好きな夏がやってくるとともに、私の誕生日月が始まります。▲滅多に食べないケーキを自らオーダーお祝い①: 誕生日当日に星野源ライブ参戦誕生日当日、私は北海道へ行ってきます。この日は、星野源アリーナツアー『continues』真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演1日目。ツアー発表があった日、「これはもう、行くしかない!」と。自分の誕生日に、源さんのライブがあるな [続きを読む]
  • 好きの搾取反対! 好きな気持ちを無駄遣いしない
  • こっちは本気で仕事してるんだよ。片手間で手伝おう、なんて思い上がるのもいい加減にしろよ。前職の人に言われた言葉。そんなのわかってるよ。ちょっとでも未練を残した私が悪いんだね。はいはい、すみませんでした。決して、もう二度と。せめて、もう一度。腹立たしいので、「昼顔」観てきました。昼顔 - 映画・映像|東宝WEB SITE2014年夏にドラマ放映していたときにどっぷりハマっていまして。斎藤工氏にもハマっていました [続きを読む]
  • 好き嫌いは、距離感のバランス
  • 私は何でも食べるし、好き嫌いはない。人に対しても同じで、嫌いな人というのはいない。嫌いは好きの裏返し、ではないよね?わざわざ嫌いな食べ物を、無理に食べることってあるだろうか?私は少し果糖アレルギーがあって、メロンとパイナップルを食べると喉がイガイガする。メロンはもともと好きではないので、自ら積極的に食べることはない。高校時代のクラスメイトがメロン農家なので毎年実家に送ってくれたり、仕事でお付き合 [続きを読む]
  • 梅雨時の気分の落ち込み対処法を教えてもらった
  • 気圧の変化で、気分が落ち込む。連日の飲み会で胃腸が疲れているのも原因の一つ。お風呂に入るのもままならず、布団を敷いて寝るので精一杯。 気持ちが落ち込んだときの対処法気分が落ち込むときの対処法を聞いたところ、お風呂に入る好きなものを食べる早く寝るという回答。簡単なことなんだけれど、心身ともに疲れているときって、それさえも出来ていないことが多い。 秘策のデトックス法で軽くなる早速、スーパーで清酒と塩を購 [続きを読む]
  • オンナとオカマと本音と建前
  • 年に1度の恒例行事になりつつあります先日、「ひげガール」に行ってきました。ちょうど1年前にも行っている…。【#自分ゴト】大人の社会科見学 〜おかまバー訪問〜 - 風街BREEZEこのとき、女性は私一人という紅一点で攻めた訪問だったけれど、今回はおかまバーお初の女性が3名。むしろ男性より多い比率。引率のリースさんと私と同じく2回目の訪問となる箱さん、私も男子枠に入れば3:3で同率か。体験レポは、ちえりさん、りささん、 [続きを読む]
  • 自分で自分のご機嫌を取ることも処世術
  • ひと山越えました。お疲れ様でした。仕事終わりで逆走の金曜日に渋谷ひと段落したので、よぉし! 飲みにいくぜぃ! と意気込んだものの、飲みに行った相手が私よりも疲れており、イマイチ盛り上がらず。私のお疲れ様会なのに、私がお会計を済ませて、タクシーを捕まえて送り出す。奥渋エリアから駅まで、夜はこれから! という人並みと反対方向にテクテク歩く。いつもなら、なんだよってふてくされる場面なんだけど、ちょっとは落 [続きを読む]
  • いつまでもネガティブのままでいられない
  • 夜の一人寿司は私を救ってくれた短時間でも土日も出勤したご褒美に、近所のお寿司屋さんでお寿司を食べた。カウンター席で、好きなネタを1貫ずつ頼んで、ビールとレモンサワーで流し込む。全部で8貫くらい食べたから、もしかしたらセットで頼んだほうが安かったかもしれない。でも、好きなネタを食べたかった。お腹いっぱい食べるんじゃなくて、好きなものを自分で選んで食べる。「もう、いいかな」くらいで止める。活たこを「塩で [続きを読む]
  • ココロが疲れるとキラキラが眩し過ぎる
  • とりあえず、今月が終われば一旦落ち着く。逃げるは恥だが役に立つ、のか?ここ1〜2週間、自分でもわかるくらいにココロが弱っていて、それはもう仕事だけの話ではなく、プライベートも浸食するように。小さな責任とかやらなきゃいけないこととか、終わりが見えないことをやり続けることがツライ。あとちょっとで終わるってときに舞い込んでくるものや、まだ自分一人でやることだったらいいけれど、上から横からいろんなことを言わ [続きを読む]
  • 仕事と餃子、どっちを取りますか?
  • 終わっていない仕事をそのままに、会社を出てみた現在、絶賛仕事量のピーク真っ只中。資料を作っても作っても終わらないし、締切が過ぎた原稿がわんさかあって、電話をかけてもかけても終わらない。いや、今週でこの波は終わるはずで、来週はラストスパートな感じなのですが。あえてそんなタイミングで、定時をちょっと過ぎた頃に会社を出てみました。美味しいごはんと仕事、どっちを取りますか?全然仕事が終わっていないのに、 [続きを読む]
  • 仕事モードからプライベートモードへ切り替える方法
  • "お酒を飲む"ことがオフモードのスイッチだった頃前職では、仕事が終わるとそのまま街へ繰り出して飲みに行くのが習慣。お酒を飲みながら、その日一日あった出来事を話す。お腹いっぱいごはんを食べて、お酒を飲んで、家に帰ったらすぐにお風呂に入って寝てしまえば、嫌なことのほとんどを乗り越えることができた。お酒を飲まない日はなかったし、真っ直ぐ家に帰る日もコンビニに立ち寄って缶チューハイ1本だけ買って帰ることも。 [続きを読む]
  • いいことも悪いことも、思いや気持ちは溜め込まない
  • 話すこと、書くことで気持ちを表に出していく仕事が佳境を迎えており、5月いっぱいは踏ん張り時。うまく自分の気持ちをコントロールして、乗り越えたいところ。先日、自分の気持ちと向き合いながら人と話す機会があって気付いたこと。日々の生活の中で、自分が思っていることを表に出すことってないので、文字で書いて口に出して話すことで、いろんな気づきがあった。自分の気持ちを客観的に見る人と話したり、ブログに書いたり [続きを読む]
  • 企画書もコピーも、手書きで書くとアイデアがまとまっていく
  • 恥ずかしながら、コピーライター目指していました決して文章は上手ではないので、こんなことを言うのは恥ずかしいのですが、社会人なりたての頃はコピーライターを目指していました。新卒で入社したのは、小さな編集プロダクション。広告営業からライター、デザイナーが在籍していて、外注には出さずに社内で冊子やカタログなどを作っていました。学生の頃から、文章を書くことを生業にできたらいいな、という漠然とした夢を持って [続きを読む]
  • 運命は、信じた方が楽しいのかもしれない
  • 『ボク、運命の人です。』を観ていて思ったこと4月からのクールで始まったドラマ『ボク、運命の人です。』を観ています。『野ブタ。をプロデュース』の「修二と彰」でおなじみの亀梨和也さんと山下智久さんコンビが再復活したドラマ。テーマは「運命の人」について。主人公の亀梨和也さんが演じる誠が、山下智久さん演じる自称・神を名乗る男に、晴子(木村文乃さん)が運命の人であることを告げられて翻弄されていく…という話な [続きを読む]