May さん プロフィール

  •  
Mayさん: Dear my lovely cheeky monkey
ハンドル名May さん
ブログタイトルDear my lovely cheeky monkey
ブログURLhttp://erizuin513.blog.fc2.com/
サイト紹介文イギリス人彼氏・旅・遠距離・海外生活。彼と出会ってガラリと変わった私の人生。どうなる2017年!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/10/31 07:19

May さんのブログ記事

  • いよいよ結婚式のセレモニーが始まる
  • 予定通りにいかなかった私達のファーストルックだったけど(こんなはずじゃなかったファーストルック)、私は予定よりも早くジェームスに会えた事で、昨日の夜から感じてた心細さがスーッと消えていくのを感じた。ジェームスも相当私の事を心配してくれてたみたいで、そこからセレモニーが始まるまで私の手をずーっと手を握りしめてくれてた。レジストラーからはもう一度、Giving Noticeの時にされたいくつかの質問事項(自分の名前、 [続きを読む]
  • こんなはずじゃなかったファーストルック
  • 結婚式当日。ファーストルックを希望していたジェームスだけど、私がどうしても1人でバージンロード(Aisle)を歩くのは嫌だと言う事で、セレモニーの直前、ドアの前で2人だけでファーストルックをすることになった。「MayがUncomfortableな事は絶対にしたくない。だから僕はどんな形のファーストルックになったとしても幸せだよ」そう言ってくれた。本当はできることはなるべくイギリス方式でしてあげたかったし、最初はそのつもり [続きを読む]
  • イギリスのOur Sweet Homeの今
  • 今年の2月に右往曲折の末、ようやく手に入れることができた私達のSweet Home。家購入までの流れ→House Hunting築100年以上のVictorian Houseの我が家は、全部屋DIY/リノベーションが必要な状態。業者さんに頼むと莫大なお金がかかるっていうのもあるけど、何よりジェームスは昔から購入した自分達の家を、自分達の手でリノベーションしたい!っていう夢があった。で、今その夢を実行している最中のOur Sweet Home。全然落ち着かな [続きを読む]
  • ファーストルック:結婚式前夜は別々に過ごすのがイギリス流
  • ファーストルックをしようと決めた時、Bristolに家族も友達もいない私は、この自分達の家で結婚前夜を1人で過ごすか、ジェームス両親の家で過ごすかの2つの選択肢しかなかった。実はまだ、この自分達の家で夜を1人で過ごす勇気がない私。そしてジェームスも、私をひとりぼっちでこの家に残すことは絶対に嫌だということだったので、ファーストルックをしようと決めた時から、必然的に私が彼の両親の家で過させてもらうことは話し合 [続きを読む]
  • Just Married
  • 2017年10月11日(水) 14時半彼と出逢ってからちょうど3年目になるこの大切な記念日に、私達は晴れて夫婦になることができました。彼と出逢った3年前のこの日、まさか3年後に結婚してイギリスに移住してるなんて想像もしてなかったなぁー。彼は当時、1年以上かけてアジアを1人バックパッカー中で、私はそんな彼の、たった1日の観光にお供しただけだった。その日から色んな歯車が噛み合ってタイミングが合って、その時その時のお互い [続きを読む]
  • 久しぶりのLondonへ
  • 先日行ってきました。なんとなんと!偶然にも私がLondonへ行く日、ジェームスもITカンファレンスに出席する為に急遽Londonへ行くことに!私はバスで、ジェームスは電車でだったし、滞在場所も全然違うエリアだったけど、同じ時間帯に同じLondonにいると思うとお互いとても安心だった(=゚ω゚)ノ朝ジェームスも早い時間帯の電車だったのに、私をBristolのコーチステーションまで送り届けてくれて、その後は自分も急いで駅へ。Bristolか [続きを読む]
  • 結婚式の前にしておきたいこと
  • 結婚式までのカウントダウンが始まった。結婚式とは言っても、今回はRegistry Officeでおこうなう15分程のセレモニーのみだし、ウェディングドレスも着ないし、なんだか実感は全然ないんだけど、とりあえず少しは花嫁さんらしいことをしたいと思い、ヘアカット、ネイル、マツエクに行くことにした。100歩譲ってネイルはローカルのサロンでもいいとは思ったけど、ヘアカットとマツエクだけは絶対日本人の人にして欲しかったのでググ [続きを読む]
  • 行き先は…
  • ジェームスの出張にお供させてもらって行った場所はニューカッスル。●のブリストルからはかなり遠い。車でほぼ休みなく走って約5時間。スコットランドには何度も行った事あるけど、イングランド北部は初めてだったので少しワクワクしてた。みんな口を揃えて「ニューカッスルの人達はとてもフレンドリーだよ!」って言うし、何より初めて生で聞くニューカッスル独特のアクセントも楽しみだった。ニューカッスルで一番有名なランド [続きを読む]
  • こんな事が許されるなんてさすがイギリス!
  • 少し前の話しなんですが、8月後半のバンクホリデーがあった週に、ジェームスの出張にお供しました。パートナーの出張について行くなんて、イギリス(外国)じゃなくても、日本でも普通にある事なのかもしれないけど(私の周りでは聞いた事ないけど)、今回私がビックリしたのは、ジェームスのその出張、職場の同僚数名と上司も一緒だったこと!(・Д・)ノさすがに最初それを聞いた時には、「ムリムリ!」って断ったんだけど、ジェーム [続きを読む]
  • 思ってたのと違ったGiving Notice②
  • 父の業種とジョブ・タイトルを急に聞かれて焦ってしまった私。(→前回の話しはこちら)思わず、「〇〇です」と答えたものの、実はその業種って、父が現職に就く以前に身を置いていた業種(°_°)今の業種も仕事内容的には似ているけど、厳密に言えば違う業種だと思う…。でも焦っている上に、その英単語を知らなかった。とにかく答えなきゃ!って焦ってしまった…。もうそれ以降、私の心臓はバクバクしっぱなし!嘘をついてしまった [続きを読む]
  • 思ってたのと違ったGiving Notice①
  • イギリスで現在に至るまでずっと残されている昔からの風習の1つとしてGiving Noticeというものがある。→イギリスで結婚して正式に夫婦となるまでの5つのプロセス- Giving Notice -ネットで情報収集をしていると、結構みなさん「あっさり和やかに終わった」と言ってらっしゃる方が多くて、私もジェームスも「VISAであんなに厳しくUKVIが審査したんだから、もう偽装結婚を疑われることもないし、気楽に行けばいいよね」って感じで全 [続きを読む]
  • 憧れのジョイントアカウントと人生初ピンクレインボー
  • イギリスに移住して来て今日でちょうど1ヶ月。まだ「移住してきた」って実感は殆どない。ジェームスと一緒に過ごせている今のこの生活が、期間限定じゃないなんてまだ何だか信じられないし、今までのように別れの日の事を考えて切なくなったり、帰国日のカウントダウンする必要がない事が何だかとっても不思議な気分。イギリスに着いて2〜3日経った頃、ジェームスから「ジョイントアカウントを作りに行こう」って言われた。ジョイ [続きを読む]
  • ただいま!
  • 7月31日に日本を発ち、5ヶ月ぶりにイギリスへ戻ってきました。イミグレーションでは、今までにないくらい感じのいい30代半ばくらいの男の人にあたった。思っていたより色々質問されたけど、終始にこやかで、気さくに優しく話してくれるオフィサーだったので、とてもリラックスしながら答えることができた。主に・これからどこに住むのか・パートナーの仕事の事・いつ結婚するのか・結婚した後はどうするのか・私の前職の内容・仕事 [続きを読む]
  • 彼に会える喜び、家族と離れる悲しみ
  • 大阪ビザセンターからパスポート受取りメールが来た日の夜、私達はイギリス行きの航空券を購入した。これでやっと会える!やっと一緒に暮らせる!やっと色んな準備ができて、計画が進められる!!ストレスから開放された私達は、未来への楽しい事をやっと考えられるようになりウキウキしてた。「今、航空券買ったよ!後2週間以内にイギリスに発つよ」リビングにいた母にそう伝えに行った。その時の母の、何とも言えない悲しそうな [続きを読む]
  • UKフィアンセVISA Timeline - 60営業日を過ぎてから -
  • 私達のフィアンセVISAは結局、VISA&パスポート受取りまでに81営業日、約4ヶ月もかかった。私達は決して珍しいケースではなく、ごく一般的な条件の元の申請だったつもり。1つ懸念していた事は、私の今までのイギリスへの渡航履歴。私はこれまでに過去3年間学生ビザでイギリスに滞在し、帰国以降も毎年1週間程度のホリデーでイギリスを訪れ、ジェームスと出逢ってからは4ヶ月&6ヶ月の長期滞在をしている。学生ビザやホリデーならと [続きを読む]
  • 永遠に続くんじゃないかと思ったUKフィアンセVISAの審査
  • 本当に本当に本当に長かった。もう一生連絡なんてこないんじゃないかって何度も思った。この苦しみが永遠に続く気がした。毎日病的なまでにメールをチェックする生活が当たり前になってた。メールチェックする度に落ち込むんだけど、期待度ほぼ0だったので、落ち込んでる割にはやっぱりねって感じで変に納得してる自分もいたりなんかして、よく分からない精神状態だった。友達に「VISA取れた?」とか「まだVISAでないの?どうして [続きを読む]
  • イギリスで結婚後、日本で代理で婚姻届を提出してもらう方法
  • VISAの事をグジグジ悩んだり心配してばかりいても仕方がないので、日本で確認できる事は今の内にサッサと確認しておこうと数週間前、市役所に電話してみた。■イギリスで結婚後、ロンドンにある日本大使館経由ではなく、日本で婚姻届を提出し戸籍謄本を変更する事は可能?■上記がもしできるなら、その際に必要な書類は?■本人ではなく、代理人(母親)に頼んで代わりにしてもらう事は可能?私は結婚後すぐ日本に一時帰国をする予定 [続きを読む]
  • UK VISA processing times がまたまた変更したみたい
  • これから↓これに変更になったみたいです。↓ーーーーーーーーーーーーー最大にかかる日数は前回と同じ60営業日だけど、注目はそれまでにかかる日数のパーセンテージ。前回は、30営業日までに審査完了する確率は50%だったのに対して、今回は14%にまで減ってる!!14%なんて言ってるけど、ほぼほぼ無理だと思った方がいいと思う。今の時期優先サービスを利用していなかったら最大60営業日は覚悟してた方がいいし、優先サービスを [続きを読む]
  • イギリスから届いたもの
  • 今日でフィアンセVISAを申請してから60日(土日祝除く)が経過した。UKVI/ビザセンターからの連絡は突然くるものなんだろうけど、それにしても全くもってくる気配がない。まだまだ今週中、もしくは今月中にVISAが取れるという希望は捨ててないけど、期待はしていない。とは言え、もし今週中に連絡が来なければ、こちらからUKVIに何かしらのアクションは起こそうと思ってる(`o´)昨日の夕方、仕事帰りの妹が家のポストを見て、私宛の [続きを読む]
  • 空よりも広い彼の包容力
  • 今日でフィアンセVISAを申請してから58日(土日祝除く)が経過した。申請当時、まさかこんなに時間がかかるなんて夢にも思ってなかった。Settlement visa の processing times が最大60日(土日祝除く)かかるって言われてたけど、ハッキリ言って「万が一審査が遅れた時の為に、文句が出ないよう長めに設定してるんでしょ(*´v`)」って楽観的に考えてて、全然信用してなかった。絶対そんなにかかるはずがないって思ってた。・・・・・ [続きを読む]
  • UK VISA processing times が延びてる!!! (*`皿´*)ノ
  • 最近沢山の方からメールを頂いています。どうもありがとうございます(^-^)/頂いたメールにはちゃんとご返信させて頂いておりますので、メールアドレスの間違いがないかのご確認をお願いします♪私がフィアンセVISAを申請しようとネットでリサーチをし始めた頃、イギリスのフィアンセVISAに関しての情報があまりなくて、殆どが配偶者VISAを申請された方の情報ばかりでした。(フィアンセVISAも配偶者VISAも、提出書類やプロセスはほ [続きを読む]
  • ひどすぎる!!!
  • 今日でフィアンセVISAを申請してから47日(土日祝除く)が経過した。ウンともスンとも言ってこないUKVIの仕事の遅さにもう何も期待していないんだけど、ここにきて、UKVIが更にあり得ない暴挙にでたので久しぶりにプリプリしてしまった。今までVISAの提出書類等のルールで分からない事があったり、申請後のVISAの状況を確認する際には電話かメールで質問に対応していたUKVI。電話での問い合わせには、通常の通話料金+1分£1.37(約¥ [続きを読む]
  • パートナーの両親の呼び方
  • 以前Blogに書いた>どうしても慣れない文化の違いの中の、私が慣れないイギリス文化の1つにパートナーの両親をファーストネームで呼ぶというのがあったんだけど、あれ、未だに実践できてない。先月くらいだったかな?ジェームスとFacetimeしてる時にまたこの話しを持ち出してみた。「ジェームスは気付いていないかもだけど、私まだジェームスパパ・ママの事ファーストネームで呼べてないんだよねー」「そうなの?どうして?」「日本 [続きを読む]