ukochan さん プロフィール

  •  
ukochanさん: ベティに首ったけ 〜ロマンス小説に夢を込めて〜
ハンドル名ukochan さん
ブログタイトルベティに首ったけ 〜ロマンス小説に夢を込めて〜
ブログURLhttp://redrosesbluelady.blog.fc2.com/
サイト紹介文♪ロマンス小説(主にハーレクイン)の感想・レビューと日々のあれこれを綴っております♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/10/31 22:27

ukochan さんのブログ記事

  • 「タンゴは踊れない」とミランダ・リー
  •  駆け引きは危険PART1「タンゴは踊れない」 音楽もダンスも大好きなのですが、リズムの刻み方に年齢を感じてしまいます。キンタローさんが社交ダンスで活躍されている姿をテレビで拝見して、「やっぱ社交ダンス良いわ〜♪」とまたもや思ったのですが(⇒その前は「ウリナリ社交ダンス部」を見て感動!)……「女子率が高くてパートナー探しが大変」という話をちらりと聞き、断念しました。 今回の作品ではタンゴが鍵になってい [続きを読む]
  • 「妻になる資格」とミシェル・リード
  •   メソメソするなよ!「妻になる資格」 近所で街路樹の刈り取り作業がおこなわれていました。何気なく脇を通り過ぎようとしたところ、オバちゃん2人が何やら這いつくばって集めている……よく見ると、それは銀杏。あの独特の臭いが辺りに漂っていました。そして、私は銀杏を必死にかき集めるオバちゃんを尻目に、残り物を頂戴してきました(⇒あのパワーに負けて、仲間に入れなかった)。 初めて目にする銀杏の実に頭の中は? [続きを読む]
  • 「ぼうやはキューピッド」とレベッカ・ウインターズ
  •  同じ作家さんだから、仕方ないのかしら!?「ぼうやはキューピッド」 上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が「シャンシャン(香香)」に決定しました! 愛らしいまん丸ボディにふさわしい可愛い名前は、もちろん黒柳徹子さんのお墨付きです。その一方で、未だにルンルンとかノンノンを押す人たちが多いことに驚きました(⇒漢字表示できないじゃん! 「中国との協議などを経て決定。名前は漢字をあてるなど、補作・修正する場合 [続きを読む]
  • 「完璧な結婚」とエマ・ダーシー
  •  完璧なアウト「完璧な結婚」 40歳の誕生日に引退宣言をした安室ちゃん。彼女よりもうんと年上の私は未だ志半ばで、必死にもがいています。何はともあれラストの2018年9月16日まで、有終の美を飾るためにも頑張っていただきたいです。 今回の作品は大恋愛の末に結ばれた夫婦でも、結婚すると男女としての関係は冷めてしまうのか⁉ 問題を提議したような内容になっています……設定とか結末はしっかりハーレクインだけどね。  [続きを読む]
  • 「追憶のひと」とペニー・ジョーダン
  •  よくよく聞けば一途な2人「追憶のひと」 今年の夏は涼しかったのに、夏バテなのか調子が今ひとつです。避難訓練のせいで筋肉痛だし、お腹は痛いし、体はだるいし……借りていたハーレクイン小説もあまり楽しく読めないような状態でした(⇒借りた作品に問題があったのかもしれない)。 今回は夏真っ盛り(⇒いつだ⁉)の元気な頃に読んだ作品です。25歳のヒロインは友人と一緒に秘書派遣サービスの仕事を立ち上げたキャリアウ [続きを読む]
  • 「もつれた歳月」とリン・グレアム
  •  散々振り回されたのに、文句の一つも言わないの!?「もつれた歳月」 いつもいつもロマンス小説のヒロインは言われっ放しで、どうして反撃しないのか腹立たしく思っています。山ほどヒーローが勘違いをして、罵倒して、冷たくあしらっても、ヒロインは愛しているの一言でOKサインを出す。そのあまりの馬鹿さ加減にガッカリです。 今回のリン・グレアム作品も、毎度お馴染みオレ様系ヒーローの勘違いが炸裂します。弟が警察に逮 [続きを読む]
  • 「聖母の住む島」とナタリー・フォックス
  •  夏が来るから海に行こうよ〜♪(by YUI)「聖母の住む島」 残暑お見舞い申し上げます。まだまだ暑い日が続きますが、今年も何もなく私の夏が終わりを告げています。気分だけでも夏を感じようと、録画していたTBS「世界さまぁリゾート」を視聴。その結果、余計にどこかに行きたくなってしまいました(⇒逆効果だったわ)。 今回の作品の舞台はカリブ海にある高級リゾ−トホテルです(*なんとなく夏気分♪) 夫と死別したヒ [続きを読む]
  • 「あなたの腕に帰りたい」とサラ・オーウィグ
  •  やはり身内はわかるもの。記憶喪失のヒロインPART3「あなたの腕に帰りたい」 今年の夏は猛暑の予定だったはずですが、天候も今ひとつで涼しい毎日が続いています。それでも何となく夏バテ気味の私は、上野のパンダ赤ちゃんの映像で日々の疲れを癒しています(*名前募集に322,581件! その中に私が応募した名前《リァンリァン》〜亮亮、ピカピカ、キラキラとかいう表現の時に使う〜も入っています⇒勢いでネット応募しちゃいま [続きを読む]
  • 「記憶喪失のシンデレラ」とローラ・アンソニー
  •  誰か気付いてあげて〜! 記憶喪失のヒロインPART2「記憶喪失のシンデレラ」 祝・銅メダル:世界陸上男子400Mリレー!! 予選の様子を見て(⇒イギリスチームの調子が良かったので)、今回はちょっと無理かな〜と思っていた私が馬鹿でした。やってくれましたね、男子リレー! ボルト選手の予期せぬ怪我がありましたが、運も実力のうちで結果が全てです(⇒日本チームだって脚に違和感があり本調子でない、ハキーム、ケンブリ [続きを読む]
  • 「緋色の記憶」とデブラ・コーアン
  •  気持ちの悪いヒロインに興ざめ。記憶喪失のヒロインPART1「緋色の記憶」 あらすじを読みサスペンス色が強い(=ラッキ〜、楽しみ♪)という理由で借りた作品です。 警察官だった父親が何者かに殺害されたショックで、ヒロインは父の同僚でもある警察官ヒーローとの婚約を一方的に解消した。父親と同じようにヒーローも殺されてしまうという、悪夢から逃れるための行為だった。 そして、一年が経過した。ヒロインには新たな恋 [続きを読む]
  • 「緑の乙女に口づけを」とベティ・ニールズ
  •  ご訪問いただき、誠にありがとうございます。「緑の乙女に口づけを」 カウンターがいつの間にか20000を超えていました。ブログを始めてはや4年(*2013年8月3日スタートだったのね、すっかり忘れていたわ)、ご訪問いただいた皆様のお蔭です。 記念すべき(⁉)今回は、ベティ・ニールズの作品です。働き者で心優しい看護師のヒロインは、ある夜勤の日に事故で運び込まれた幼い兄妹と知り会う。妹は軽傷だったが、兄の方は両足 [続きを読む]
  • 「幸せへの扉」とジェニファー・テイラー
  •  高慢ヒロインが痛い。「幸せへの扉」 オレ様系傲慢ヒーローは数多くいるけれど、ワタクシ系高慢ヒロインは……たま〜に登場しますね。今回はヒロインの思い込みが鼻に付いた作品です。 破産寸前の父親を救うため、ヒロインはヒーローと形だけの結婚をした。公の場に出る時は仲の良い夫婦を演ずるも、四六時中仕事で忙しい夫とは別居状態だ。 ところが、何の連絡もなく突然ヒーローが、ヒロイン兄の結婚式のため帰国する。それ [続きを読む]
  • 「ばら屋敷」とジェシカ・スティール
  •  愛は昭和の香り「ばら屋敷」 書かれた当時が一昔前のような印象で、どこかのんびりした雰囲気の作品です。 幼い頃に父親を亡くしたヒロインは、1か月前に母親までも病気で失った。母の遺品を整理していると、父方の祖父からの手紙を発見する。父は裕福な家の跡取り息子だったが、母と駆け落ちし家族を捨てた。 亡き母が別れの際に、祖父が暮らす屋敷へ行くよう約束させられたヒロイン。だが、遺品の手紙を読むと祖父は母を心 [続きを読む]
  • 「花嫁の誓い」とベティ・ニールズ
  •  不器用にも程がある。「花嫁の誓い」 今夜9時からスタートするTBSドラマ「ごめん、愛してる」は、私がハマった数少ない韓国ドラマのリメイク版です。もう何年も前なのにラストが納得いかず、余計に印象深い作品になっています。日本版の内容は原作と同じなのか、はたまた変更があるのか? ちょっと期待しながら見たいと思っています。 今回はお久しぶりのベティ作品です。同僚達とオランダに旅行中のイギリス人看護婦のヒロイ [続きを読む]
  • 「シャーロットの冒険」とデボラ・シモンズ
  •  天然なのか、それとも……!?「シャーロットの冒険」 モデルのミランダ・カーがマレーシアの投資家から810万ドル(約8億円!)のダイヤモンドのジュエリーを贈られていたそうな。投資家が政府系ファンドの資金から450億ドル(約5兆円!!)を流用したという事件が発覚し、貰ったジュエリーは既に返却されているという。 ミランダの元恋人という噂もあるが、そうではないらしいとの噂もあって……恋人でもない男から、8億円も [続きを読む]
  • 「プロポーズは本気で」とシャーロット・ラム
  •  イギリス流のコメディなのかしら!?「プロポーズは本気で」 ヒーローの本気度に参ってしまった作品です。 ラジオ局の社長ヒーローの秘書として働くヒロインは、あるパーティーの夜から生活が一変する。したたか酔ったヒーローがこともあろうにパーティー最中に、ヒロインにひざまずいてプロポーズしたのだ。 勿論、ヒロインはこれが酔った上での行為だと理解していた。ところが、翌日のヒーローの全く記憶がないとふてくされ [続きを読む]
  • 「サンレモ、運命の街」とミシェル・リード
  •  麻央ちゃんは天使のような人だと思う(*女優:板谷由夏さんの悼む声より)。「サンレモ、運命の街」 まさかの訃報に心が痛いです。小林麻央さん、34歳。やりたいことも沢山あったでしょう、可愛い子供達の成長も見守りたい、愛する夫とも添い遂げたい……幸せがいっぱい詰まった人生の途中、独りぼっちで旅立たなければいけないとは、さぞかし無念だったと思います。テレビ画面を通して見る麻央さんの姿はいつもキラキラ輝いて [続きを読む]
  • 「大富豪の天使を抱いて」とキャスリン・ロス
  •  お前が言うか、その台詞。「大富豪の天使を抱いて」 今月13日、女優・野際陽子さんがお亡くなりになりました。以前から闘病中という情報が耳に入っていましたが、まさかという感じです。大好きだったドラマ「ずっとあなたが好きだった」と「トリック」でのキャラクターの違いには随分と驚かされました。81歳という年齢には見えなかった美貌に気品、いでたちの美しさには、女性として見習うべきところが多いです。心からご冥福を [続きを読む]
  • 「君がターゲット」とヘレン・ビアンチン
  •  男ってやつは……「君がターゲット」 最近の芸能スキャンダルは、薬と色事ばかりが続いています。色事については栃木のプリンスの買春騒動や、某俳優の未成年淫行疑惑(⇒はめられた感たっぷりで、華やかな世界の闇を見たような気がします。裏で未成年を食い物にする大人の影がありそうで、余計に腹立たしいです。若い女の子=金になるという図式を、根底からなくさないといけません!)、美人女優を娶りながらも浮気をする俳優 [続きを読む]
  • 「あなたに会えた奇跡」とヘレン・ブルックス
  •  トラウマ対決、ヒロインの勝ち。「あなたに会えた奇跡」 あぁ、またもやトラウマ抱えたヒロイン作品を読んでしまいました。今回もヒロインのダークな過去が暴かれていきます。 公積算士(せきさんし *イギリス特有の建物や土地造成設計等の、都市建設事業と不動産事業にかかわる職種の中で、建築積算を専門におこなうby Wikipedia)のヒロインは、あるパーティで大成功を収めたホテル経営者ヒーローと出会う。 過去の忌まわ [続きを読む]
  • 「一夜のあやまち」とケイ・ソープ
  •  何が悪かったのか、よく考えてみよう。「一夜のあやまち」 うっかりミスが多いのですが、これって性格なのでしょうか? それとも……小さい頃から落ち着きがなく、不注意から忘れ物や落し物、ミスも多くて問題視されてきました(⇒成績表には毎回これらの項目に《要注意》と記されていたほどです)。まだ私が小学生の時代には発達障害なんて言葉もなかったから、学習能力に欠けた《だらしがない子供》だと認識されていたかもし [続きを読む]
  • レイシー3姉妹の物語とキム・ローレンス
  • トン吉、 チン平、カン太 by「ひみつのアッコちゃん」「罪深いほどに」「火遊びは終わり」「背徳の天使」 我が家の玄関上にある巣に、ツバメが戻ってきて1か月が経ったでしょうか。先々週、小さな卵の殻が落ちていたと思ったら、可愛い赤ちゃんツバメの姿が3羽確認できました。 今回紹介するのは容姿が余りにていない3つ子の物語です。 「罪〜」では医師ヒーローと元バレリーナのマッサージ師ヒロイン(長女)。「火遊び〜」 [続きを読む]
  • 「別れは恋人たちの街で」とナタリー・アンダーソン
  •  紙一重の作品でした。「別れは恋人たちの街で」 プロの声楽家を目指す妹と共にロンドンを目指していたヒロインは、旅の途中でイタリア・ヴェローナに立ち寄った。今夜は楽しみにしていたオペラ鑑賞だ。しかし、前に座る男性が周囲への迷惑を考えず、開幕直前まで携帯電話をいじっているではないか! そして、あろうことかイラつくヒロインの姿を撮影したのだ。 ヒーローは後ろの席に座る美しい女性が気になって仕方がなかった [続きを読む]