東京の四季 さん プロフィール

  •  
東京の四季さん: 庭園&公園を歩く(東京の四季)
ハンドル名東京の四季 さん
ブログタイトル庭園&公園を歩く(東京の四季)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yachiyo_teduka
サイト紹介文皇居東御苑、新宿御苑と都立9庭園を中心に定例的に巡回し四季の花や景色をご案内しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1079回 / 365日(平均20.7回/週) - 参加 2015/11/01 21:54

東京の四季 さんのブログ記事

  • 上野不忍池(2018.8.14)その2
  • ◆「上野不忍池の蓮の花・その2」は「観察ゾーン中央部」から西岸を回って「弁天堂」までの「蓮の花」や景色を。?「蓮観察ゾーン」のほぼ中央から。?左(西)に進むほど「弁天堂」と「上野精養軒」の間隔が狭まって来ます。?更に左に寄ると「弁天堂」と「上野精養軒」が重なります。?更に左へ。?西側からは「蓮の花」は殆ど見えません。「ボート場」前に出て「ボート池」付近から「東天紅」を。?「ボート場」前を東に進んで [続きを読む]
  • フリークラス規定による引退・中尾敏行五段(2018.8.15)
  • ◆「藤井聡太君情報」の取材?に関連して「フリークラス」について調べたり記事にしていたところ、日本将棋連盟より8月13日付で「中尾敏行五段」が「フリークラス棋士引退規定」により引退になったという記事が発せられました。◆「中尾敏行五段」は1974年10月24日生まれで現在43歳。1998年10月1日付けで四段昇段プロ入り。1999年度に「順位戦C級2組」からの棋士スタートとなりましたが、2007年度の順位戦で3回目の「降級点」を喫 [続きを読む]
  • 上野不忍池(2018.8.14)その1
  • ◆「不忍池の蓮の花」は7月24日、8月1日に続いて今年3回目。8月1日より花の数が減ったように見えますが茎が伸びた所為かも知れず引続き見頃が続いてあと1週間は十分楽しめそうです。今回は池を時計回りに1周してみました。「その1」は京成上野駅から池に出て東岸から南岸の「観察ゾーン」の中間点付近までの眺めを。?時刻は午前9時頃。「東天紅」の正面に出ました。何故か池辺に近い部分が全体に茎が伸びて視界が悪くなりました。 [続きを読む]
  • 深浦九段が先勝・竜王戦挑戦者決定3番勝負(2018.8.14)
  • ◆「第31期竜王戦・挑戦者決定三番勝負」が今日8月14日に始まり「深浦康市九段」が「広瀬章人八段」を下して1勝目を挙げました。第2局は8月27日に行われる予定です。◆今年度「名人戦」に挑戦して敗れ、「棋聖戦」ではタイトルを失うなど9勝11敗と調子を落としているように見える「羽生竜王」ですが、「深浦九段」とは46勝33敗、「広瀬八段」とは15勝6敗とかなり優位に立っているのでどちらが挑戦者になってもタイトル防衛の可能性 [続きを読む]
  • レンゲショウマ・小石川後楽園(2018.8.14)その1
  • ◆今日8月14日は5日以来久々に出掛けて「上野不忍池」⇒「小石川後楽園」⇒「新宿御苑」⇒「旧芝離宮庭園」⇒「浜離宮庭園」と眺め歩いて来ました。東京都心の最高気温は34.1℃だったそうでタップリ汗を掻きましたが電車に乗ると冷房が効いていて15分も坐っていると汗で濡れたシャツが冷えて来て寒くなります。私は寒さに弱いので上に羽織るシャツをリュックに入れて出掛けるようにしていますが今日はウッカリ忘れて辛い目に遭いま [続きを読む]
  • 谷津バラ園(2018.5.12)その24
  • ◆5月12日の「谷津バラ園・その24」は西側の「パーゴラ」下の北側の区画のバラを。マアマア良く咲いていましたが「名札」が引き抜かれてしまったようで編成を変更しているのかもしれません。?今回は「パーゴラ」下の手前の平地の区画で中央の階段下からの眺め。?ピンクと赤は「ノックアウト」のような感じに見えますが名札が無いので違うかもしれません。?ピンクをアップで。?赤をアップで。?「バレンシア」のように見えます [続きを読む]
  • 谷津バラ園(2018.5.12)その23
  • ◆明日8月14日は久し振りに出掛けてみようと思っているので、もう少し「春バラ」にお付き合いください。5月12日の「谷津バラ園・その23」は「高松宮コレクション・コーナー」の東隣の区画の残りのバラです。?「ローズ・50ならしの」。「50」は「ゴーマル」と読ませます。2004年京成バラ園芸作。「習志野市市制50周年」を記念したバラ。西寄りから?同じく南寄りから。?「ローズ・50ならしの」をアップで。?「つるソニア」。1976 [続きを読む]
  • 谷津バラ園(2018.5.12)その22
  • ◆5月12日の「谷津バラ園・その22」は「高松宮コレクション・コーナー」の東隣の区画になります。殆どの株が咲き揃って見事です。今回はその半分を。?区画の全景。?「カデンツァ」。1967年アームストロング作。?「カデンツァ」をアップで。?「シャンビラン」。1984年シュワ―ツ」(米)作。?「シャンビラン」をアップで。シュラブ系でしょうか??「ロジャー・ランべリン」。1890年シュワ―ツ(仏)作のオールド・ローズ。? [続きを読む]
  • 谷津バラ園(2018.5.12)その21
  • ◆何と5月12日の「谷津バラ園」に手が戻ることになりました。今回は「その21」で「高松宮コレクション」のバラの抜粋です。?「高松宮コレクション・コーナー」を西側から。?「マウント・シャスタ」。1963年スイム&ウィークス作。カップ咲きのハイブリッド・ティ・ローズ。?「ブレチアス・プラチナム」。詳細不明?「パパ・メイアン」だと思います。?「パパ・メイアン」をアップで。1963年メイアン作。つるバラもありますが、 [続きを読む]
  • 将棋のフリークラスについて(2018.8.12)
  • ◆昨日8月11日の「藤井聡太七段vs木下浩一七段戦」で木下七段の談話が見付かったので転載します。マア藤井君の現在の実力は大相撲で言えば「前頭上位」くらいの位置にあるでしょうから木下七段の談話は率直な気持ちであろうと思います。「朝日新聞将棋取材班・村瀬信也記者のtweet」です。なお、木下七段が「フリークラス宣言」をした当時の状況を調べてみました。◆「木下浩一七段」は1967年8月29日生まれで現在50歳。長野県出身 [続きを読む]
  • 藤井聡太君情報(2018.8.11) その2
  • ◆昨日8月11日に行われた「叡王戦予選(七段戦)・藤井聡太七段vs木下浩一七段戦」は木下七段の受けのミスもあって63手という短手数で藤井君の勝となりましたが、木下七段には失礼ながら順当勝ちと言えるでしょう。これで藤井君は通算86勝15敗、勝率8割5分1厘、今期15勝3敗、勝率8割3分3厘。目下5連勝と再び調子に乗るかどうか?「朝日新聞」と「日刊スポーツ」の記事を転載します。藤井七段が勝利 叡王戦、本戦進出まであと2勝 [続きを読む]
  • 昭和記念公園(2018.8.5)その4
  • ◆8月5日の「昭和記念公園」の最終回は「水鳥の池南岸」、「西立川口ゲート」周辺から「渓流広場」を経て「水鳥の池西岸」を回って「花木園」までの様子を。?「水鳥の池・さざなみ広場」から「ボートハウス」に向かう手前の「カシワバアジサイ」。良い色合いを保っていました。?「カシワバアジサイ」をアップで。?「西立川口ゲート」周辺の「サルスベリ」。?同上。?「ネモフィラ」に続いて「コウテイダリア」が見られる丘の東 [続きを読む]
  • 昭和記念公園(2018.8.5)その4
  • ◆8月5日の「昭和記念公園」の最終回は「水鳥の池南岸」、「西立川口ゲート」周辺から「渓流広場」を経て「水鳥の池西岸」を回って「花木園」までの様子を。?「水鳥の池・さざなみ広場」から「ボートハウス」に向かう手前の「カシワバアジサイ」。良い色合いを保っていました。?「カシワバアジサイ」をアップで。?「西立川口ゲート」周辺の「サルスベリ」。?同上。?「ネモフィラ」に続いて「コウテイダリア」が見られる丘の東 [続きを読む]
  • 藤井聡太君情報(2018.8.11) その1
  • ◆本日8月11日東京千駄ヶ谷の将棋会館で行われた「叡王戦予選・藤井聡太七段vs木下浩一七段戦」は珍しく振り駒で先手番を引いた藤井君が序盤から主導権を握ってネライ通り?の「桂馬の空飛び」からの「飛車切り」。軽快な手筋によって僅か63手で勝利を得ました。終局は20時40分頃だったでしょうか。記事が見付かり次第転載します。 [続きを読む]
  • 昭和記念公園(2018.8.5)その3
  • ◆8月5日の「昭和記念公園・その3」は「立川口」から歩いた順に「水鳥の池・さざなみ広場」の花壇に咲き残っていた「カサブランカ」までを。?「あけぼの口」から「立川口」に向かうアプローチの「イチョウ並木」。若葉が紅葉しているように見えます。?「立川口」ゲート側の花壇。?「カナ―ル」東端の花壇。?「立川口駐車場」側の林の中の「アオギリ」。袋に収まった実が鈴生りです。?「実」をズームで。?「カナール」の北側 [続きを読む]
  • 藤井聡太君情報(2018.8.10)
  • ◆藤井聡太君は明日8月11日(土)「第4基叡王戦」で「木下浩一七段(50)」と対戦します。対局開始は19時。持ち時間は1時間なので21時半頃までには決着が付きそうです。「木下七段」は「フリークラス宣言」をして2009年度から「フリークラス」で順位戦以外の棋戦に参加しています。◆「フリークラス」とは「C級2組」で降級点を3回取った棋士の「陥落先」である場合と自ら「フリークラス」を選択(宣言)する場合と2通りあります。 [続きを読む]
  • 東京都薬用植物園(2018.8.5)その8
  • ◆8月5日の「東京都薬用植物園」は今回が最終回で「香料・染料植物区」、「有毒植物区」、「ロックガーデン」で咲いていた花を。?「香料・染料植物区」から「メグサハッカ」。シソ科。?「ハナハッカ=オレガノ」。シソ科。?「ヤナギハッカ」。シソ科。?「チリメンハッカ」。シソ科。?「オオボウシバナ」。ツユクサ科。?「花」をアップで。?「誘導九植物区」に移って「アメリカノウゼンカズラ」。?「花」をアップで。?「マ [続きを読む]
  • 東京都薬用植物園(2018.8.5)その7
  • ◆8月5日の「東京都薬用植物園・その7」は「ふれあいガーデンの花」です。?「ヒマワリ」が少々咲き残っていました。?「大輪のヒマワリ」は自分の重みで項垂れていたので引き起こして。?満開だったキクは「トウゴウギク」のようです。?「花」をアップで。?「ケシとポピーの区画」から「ツノゲシ」。?「クレオーメ」。?同じく「クレオ―メ」。フウチョウソウ科。?「アザミゲシ」。上等でない靴が写ってしまったのでカットし [続きを読む]
  • タイトル保持者同士の対戦は渡辺棋王の勝利(2018.8.9)
  • ◆「順位戦B級1組・渡辺明棋王(先)vs菅井竜也王位戦」は「渡辺棋王」が勝って3連勝。A級復帰に向けて好スタートとなりました。一方、「菅井王位」は1勝3敗となりA級昇級は厳しい状況に。「朝日新聞将棋取材班のTwitter」を転載します。朝日新聞将棋取材班 @asahi_shogiフォロー中@asahi_shogiさんをフォローしています その他 村)B級1組順位戦、渡辺明棋王―菅井竜也王位戦は渡辺棋王が勝ち、3連勝としました。菅井王位は1 [続きを読む]
  • 鬼の棲家と言われるB級1組(2018.8.9)
  • ◆また「将棋ネタ」で恐縮ですが「日本将棋連盟・将棋ニュース」の記事がポップアップされて思い出したことを書きます。ポップアップされたのは今日8月9日に行われている「順位戦B級1組・渡辺明棋王vs菅井竜也王位戦」で「タイトルホルダー同士の一戦」として注目に値すると言えるでしょう。◆今年の順位戦は「C級2組49名・10局戦い昇級3名」、「C級1組39名・10局戦い昇級2名」、「B級2組24名・10局戦い昇級2名」、「B級1組13名、 [続きを読む]
  • 深夜の熱闘に羽生竜王逆転勝ち(2018.8.8)
  • ◆昨日8月8日に行われた「A級順位戦2回戦・深浦康市九段vs羽生善治竜王戦」は終局が午前0時46分という正に死闘。中盤以降、優勢に対局を進めながらも持ち駒不足で決め手を掴みあぐねていた深浦九段でしたが、「と金」で羽生玉を挟み撃ちにして「受け無し」に追い込んで「サア、詰ませるものなら詰ませてみよ」と羽生竜王に手を渡したのは0時過ぎていたでしょうか。形は良くないものの深浦玉の周囲には金銀4枚有って「即詰みは無理 [続きを読む]
  • 東京都薬用植物園(2018.8.5)その6
  • ◆8月5日の「東京都薬用植物園・その6」は「製薬原料植物区の花」です。「ふれあいガーデンの花」は次回にまわすことにしたのでチョット薄味になります。?「ニチニチソウ」。キョウチクトウ科であることは今知りました。「ニチニチソウの薬効成分」は「インド―ルアルカロイド二量体」というのだそうで「抗腫瘍作用、抗ガン作用、血圧降下作用、抗酸化作用、殺菌作用、抗炎症作用、免疫賦活作用」など様々な薬の原料となっている [続きを読む]
  • 東京都薬用植物園(2018.8.5)その5
  • ◆8月5日の「東京都薬用植物園・その5」は「民間薬原料植物区の花」です。?「オオアワダチソウ」。キク科。?「キクイモモドキ」。キク科。?「ニンジンボク」が引続き咲いていました。クマツヅラ科。?「花」をもう少し大きく。?これは「クマツヅラ科の本家・クマツヅラ」。小さな花なので拡大しました。実物は1/4〜1/5くらいの見当でしょう。別名&生薬名は「バベンソウ(馬鞭草)」。馬を追う鞭に使われたのでしょうか??「 [続きを読む]
  • 東京都薬用植物園(2018.8.5)その4
  • ◆8月5日の「東京都薬用植物園・その4」は「漢方薬原料植物区」とその外周の花を。?「メハジキ」。シソ科。乾燥させたものを「益母草(ヤクモソウ)」と呼ぶようです。?「コウホン(藁本)」。セリ科。?「トウガン(冬瓜)」。ウリ科。?南東側外周の「有用樹林区」の「バショウの花と果実」。花の上に「バナナ状の果実」が見えます。?「オオカラスウリ」。ウリ科。生薬名は「カロコン(栝楼根)」。?「キカラスウリ」。ウリ [続きを読む]
  • 東京都薬用植物園(2018.8.5)その3
  • ◆8月5日の「東京都薬用植物園・その3」は「温室の花」を。?「キバナツルネラ」。ツルネラ科。?「オオバナアリアケカズラ」。キョウチクトウ科。?鉢植えの「ゲンペイカズラ」。?同じく「コリウス」。?「ヤコウボク(夜香木)」。ナス科。半開の状態です。別名「ナイト・ジャスミン」。※全開した花の写真を「季節の花300」からお借りしました。?「ツツサンゴバナ」。キツネノマゴ科。?「アカホオオショウガ」。ショウガ科。 [続きを読む]