東京の四季 さん プロフィール

  •  
東京の四季さん: 庭園&公園を歩く(東京の四季)
ハンドル名東京の四季 さん
ブログタイトル庭園&公園を歩く(東京の四季)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yachiyo_teduka
サイト紹介文皇居東御苑、新宿御苑と都立9庭園を中心に定例的に巡回し四季の花や景色をご案内しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1136回 / 365日(平均21.8回/週) - 参加 2015/11/01 21:54

東京の四季 さんのブログ記事

  • 秋バラ・新宿御苑(2018.10.20)その5
  • ◆10月20日の「新宿御苑・その5」は「西バラ花壇」の南東辺のバラを。?東角の「プリンセス・アイコ」。この日は最高の状態は見られませんでした。2002年京成バラ園芸作。?「オリンピック・ファイヤー」。1992年タンタウ作。?「フェロー・シップ」。1992年ハークネス作。?「ラバグルート」。1978年コルデス作。中輪の「フロリバンダ・ローズ」。咲き始めでしょう。?「シャンパーニャ」。1985年コルデス作。?「シャンパーニャ [続きを読む]
  • 秋バラ・新宿御苑(2018.10.20)その4
  • ◆10月20日の「新宿御苑・その4」は「西バラ花壇」の北東辺のバラ全部を。?北角の「ゴールド・バニー」はこの日1番の咲きっぷり。?南側から。?内側から。?外側からのアップ。内側の方が向きの良い花が有ったのに撮り忘れました。1978年メイアン作。?「ストロベリー・アイス」。1975年ピース作。?「ユリイカ」。前方は「ストロベリー・アイス」、その先の「赤」は「シュタット・エルトビレ」で次に奥から見た花を掲載します。 [続きを読む]
  • 秋バラ・新宿御苑(2018.10.20)その3
  • ◆ノンビリと記事UPをし過ぎたようでネタ溜まりを起こしそうです。10月8日の「新宿御苑」の残りはお蔵入りになるかも?◆さて、今年のバラは都内周辺でも場所場所で差が有るようで明日行く予定の「旧古河庭園」では10月18日に「見頃ピーク宣言」が出て平年並といったところですが、今回UPする「新宿御苑」は10月19日の案内で30%との見立てでピークは10月末から11上旬になりそうです。また「谷津バラ園」は台風24号に荒らされた区 [続きを読む]
  • 新宿御苑(2018.10.20)その2
  • ◆昨日10月20日の「新宿御苑・その2」は一寸目立った花をチョイスして。?10月19日付の「みどころ情報」で「キツリフネ」が母と子の森で咲いているとのことで楽しみに探しに行きましたが見当たらず。「新宿御苑」は広いので「皇居東御苑」のようにMapを付けてくれないので探すのに苦労します。見つからない時には事務所に電話をして訊くことにことにしているのですが「ラクウショウのCの区画」という回答。「ラクウショウ」の区画 [続きを読む]
  • ビックリ仰天・新宿御苑(2018.10.20)その1
  • ◆今日(10月20日)「新宿御苑」に行ってきましたが、いつも通り「都営新宿線・新宿三丁目駅」で下車して「新宿門」に向かい手前の横断歩道まで来ると「アリャッ!?」。アプローチの両サイドが更地になっていました。一瞬、以前の姿を思い起こせず記憶を取り戻すのに数秒掛かりました。確か以前は「ハナミズキ並木だったよな」。台風24号でなぎ倒されたのか?とも思いましたが10月8日に来た時には「ハナミズキ」に被害は見られな [続きを読む]
  • シュウメイギク満開・皇居東御苑(2018.10.20)その1
  • ◆今日10月20日は10月8日と同じく「皇居東御苑」⇒「北の丸公園」⇒「新宿御苑」というコースを歩いて来ました。「皇居東御苑」では「シュウメイギク」が各所揃って満開であったほか「ツワブキ」が咲き始め、「新宿御苑」では「キツリフネ」が見られたほか「バラ花壇」が苑の発表で30%との発表でしたが半分ほど50品種ほどキレイなバラを撮ることができました。また、気に掛かっていた「旧古河庭園の秋バラ」は18日のTwitterで「見 [続きを読む]
  • 皇居東御苑(2018.10.8)その7
  • ◆10月8日の「皇居東御苑」の最終回は「富士見多聞」下の「小さなバラ園」から「本丸跡」の西側外周を北に向かって「北桔橋門」手前までの様子を。?「小さなバラ園」は四季咲きのバラがポツリポツリ咲いていますが先ずは「テリハノイバラの実」から。?「コウシンバラ」は本格的な開花と思われます。いつもよりピンクが薄い感じ。?「コウシンバラ」をアップで。?「ノゾミ」は「実」の中から「花」が顔を出した感じ。?「フロー [続きを読む]
  • 皇居東御苑(2018.10.8)その6
  • ◆10月8日の「皇居東御苑」を大急ぎで。「その6」は古種果樹園の様子を。?東側の柑橘、桃、梨の区画から「江上文旦」。成長はほぼストップした感じで少し黄色を帯びて来ました。?「ミカンのLサイズ」ほどの果実は皮も「ミカン」のよう。?「サンボウカン(三宝柑)」はまだ緑。?「紀州ミカン」。艶やかです。?「桃」は早くも紅葉の気配。「マンザエモン」です。?西側の区画は「柿」と「リンゴ」。「柿の実」が遠目でもハッキ [続きを読む]
  • 皇居東御苑(2018.10.8)その5
  • ◆このところ出掛けることが減って来ていて10月8日の「皇居東御苑」をノンビリとアップしていますが明日はマアマアの天気になりそうなので都営地下鉄500円パスを利用して「皇居東御苑」と「新宿御苑」を見てくる予定です。また22日は友人との定例会合があるので会合時間まで「旧古河庭園の秋バラ」を見て来る予定で、この2日でまたネタが溜まりそうなので10月8日分は急がねばなりません。「皇居東御苑・その5」は「本丸跡」の東側 [続きを読む]
  • 皇居東御苑(2018.10.8)その4
  • ◆10月8日の「皇居東御苑・その4」は「都道府県の木」の区画から「梅林坂」を上がって「本丸跡・書陵部」周辺までの様子を。?「鹿児島県の木・カイコウズ」は息長く咲き継いでいます。?「梅林坂」の手前の「クコ」は花も実も2度目のお目見え。?「花」をアップで。花が咲いて実が成り、実が落ちた後でまた花が咲いたのでまた実が見られるかと思っていましたが案の定。?「クコ」に絡まって花を咲かせていたつる草。?「梅林」は [続きを読む]
  • 藤井聡太君情報(2018.10.17)その4
  • ◆昨日10月17日に行われた「新人王戦三番勝負第2局」は「最年少記録」達成の可能性大ということで取材陣が大挙して詰め掛けていて、TVでも各局がニュースやバラエティ番組で取り上げておりました。昨日の勝ちで通算111戦94勝17敗、勝率.847となり、次の記録更新は「通算100勝」となりそうです。あと6勝なので年内に達成するかどうか際どいところ。現在の最短記録は「中原誠16世名人」の121局目、最年少記録は「羽生善治竜王」の17 [続きを読む]
  • 皇居東御苑(2018.10.8)その3
  • ◆10月8日の「皇居東御苑・その3」は「二の丸雑木林」の木の実や花の残りを。?「花だより」では「ハリギリの花」が咲いているとのことでしたが「花」は見えず。かなりの高木なので上の方で咲いているのでしょう。ウコギ科で「ヤツデ」に似た花を咲かせるとのこと。枝に鋭いトゲがあるのが名の所以とのこと。◆ジュゲムシャの「樹木図鑑」より花とトゲの写真をお借りしました。?「ノダケ」は咲き始めの様子ですが遠くて良く分かり [続きを読む]
  • 皇居東御苑(2018.10.8)その2
  • ◆10月8日の「皇居東御苑・その2」は「二の丸雑木林」の木の実や花の半分ほどを。?「二の丸休憩所」の西側の区画で「ナンテンハギ」だと思いますが「フジマメ」に似ています。?台風でなぎ倒された「オミナエシ」。?竹林沿いに花菖蒲田の方に向かって「ガマズミの実」。?隣に「ウメモドキの実」。?「新雑木林流れ」沿いの「オトコヨウゾメの実」。?水源に近いところに咲いている「ユウガギク」。?「チカラシバ」が少々。?「 [続きを読む]
  • 藤井聡太君情報(2018.10.17)その3
  • ◆「新人王戦三番勝負第2局」は105手までで「出口三段」が投了。随分と早い15時00分の終局でした。これで藤井君は「史上最年少新人王」とまた1つ記録を塗り替え「平成最後の新人王」というオマケ付きの「プロ入り2度目の棋戦優勝」となりました。棋戦2勝目も「史上最年少」であろうと思います。藤井君もタイトル棋戦の全てで敗退してブームも一段落という感じでしたが、これでまた1つ話題を提供して「連盟」も一安心でしょう。先に [続きを読む]
  • 藤井聡太君情報(2018.10.17)その2
  • ◆「新人王戦三番勝負第2局」は午後に入って69手まで進んでAIの形成判断は「藤井優勢」。藤井君の消費時間は1時間28分。対する出口三段は僅か29分。勝負どころから終盤の寄せ合いに時間を残しておく作戦でしょうか?「新人王戦中継ブログ」を転載しました。対局再開12時40分、対局が再開しました。http://kifulog.shogi.or.jp/shinjin/images/2018/10/17/img_2685.jpg(12時30分頃には、両者が着座していた)http://kifulog.shogi. [続きを読む]
  • 藤井聡太君情報(2018.10.17)その1
  • ◆昨日10月16日の「王座戦第4局」は期待通りの熱戦で、しかも「挑戦者・斎藤七段」が1分将棋になってから40手余り手数の応酬が有って「セッカチな私」としては理想的な展開になりました。◆さて、今日10月17日は「第49期新人王戦三番勝負第2局・藤井聡太七段(先)vs出口若武奨励会三段戦」が「関西将棋会館」で行われます。対局開始は午前10時。持ち時間は3時間で夕方17時前後の終局と見積もっています。◆藤井君は七段で「shogid [続きを読む]
  • 皇居東御苑(2018.10.8)
  • ◆このところ出掛ける頻度が減って来てネタが古びて来ていて恐縮ですが、今回は10月8日の「皇居東御苑」で既に1週間以上経過してしまいましたので現状は大分変って来ていると思います。「その1」は毎度のことながら「白鳥」の様子から「大手休憩所」の周辺までを。?夏場から「桔梗濠の白鳥」が遠出していることが多くなりましたが、この日は2度目の不在。飛べないハズなのに何処へ行ったのか気になります。代わりに暫く姿を見せな [続きを読む]
  • 中村王座勝って最終局へ・王座戦五番勝負第4局(2018.10.16)その3
  • ◆「第66期王座戦五番勝負第4局は22時15分頃137手までで「斎藤慎太郎七段」が投了。対戦成績は2勝2敗となりタイトルの行方は最終局に持ち越されました。94手目で持ち時間を使い切った「斎藤七段」は1分将棋になり、時間をタップリ残していた「中村王座」も85手目で54分の長考。93手目で残り15分と難しい寄せ合いで時間を消費して忙しい展開になり、どうなることかとハラハラしながら進行を見守っていましたが、自陣に手を戻すと負 [続きを読む]
  • 王座戦五番勝負第4局(2018.10.16)その2
  • ◆「王座戦第4局」は混戦模様になって17時45分頃の時点で79手まで進んで残り時間は「中村王座」が2時間8分、「斎藤七段」が1時間09分。まだ大分残っているので夕食休憩に入りそうです。午後の対局再開から72手目までの様子を「王座戦中継ブログ」でご覧ください。混戦模様http://kifulog.shogi.or.jp/photos/uncategorized/2018/10/16/20181016_72.gif図は△7六桂と打った局面。控室の検討では、代えて△7六歩と打っていれば後 [続きを読む]
  • 王座戦五番勝負第4局(2018.10.16)その1
  • ◆「第66期王座戦五番勝負第4局・中村太地王座(先)vs挑戦者・斎藤慎太郎七段戦」は本日10月16日、新潟県南魚沼市の「越後六日町温泉・御宿『龍言』」にて午前九時に対局が開始されました。「斎藤七段」が本局に勝てば3勝1敗となり初のタイトル獲得となり、「中村王座」が勝てば決着は最終第5局に持ち越されることになります。現在昼食休憩中で54手まで進んで早くも「中村王座」が「銀損」ながら「斎藤玉」の脇腹に「と金」を作 [続きを読む]
  • 東京都薬用植物園(2018.9.22)その11
  • ◆9月22日の「東京都薬用植物園」の最終回は「有毒植物区」と「温室」の花を。?「染料・香料植物区」の残りの花で「ガジュツ」。ショウガ科。生薬名は同じで「ガジュツ(我朮)」。芳香性の健胃剤などに。「ウコン3兄弟NO1のモテ男」とのこと。?同上。?「有毒植物区」に移って「ヒガンバナ」がやや見頃を過ぎていましたがキレイな花も沢山ありました。有毒とは初めて知りました。?「花」をアップで。?「イヌサフラン」。毒性 [続きを読む]
  • 明日は王座戦第4局(2018.10.15)
  • ◆明日10月16日は「第66期王座戦五番勝負第4局」が行なわれます。「中村太地王座」、「斎藤慎太郎七段」。どちらも応援したい棋士で熱戦を期待したいと思います。出来れば山梨県甲府市の「湯村温泉」での最終局を見たいものです。以下「日本将棋連盟」と本日10月15日に行われた検分の様子を「王座戦中継ブログ」でご覧ください。中村太地王座VS斎藤慎太郎七段、第66期王座戦五番勝負第4局更新:2018年10月15日 18:30中村太地王座 [続きを読む]
  • 東京都薬用植物園(2018.9.22)その10
  • ◆9月22日の「東京都薬用植物園・その10」は「ロックガーデン」から「染料・香料植物区」の花を。?「ロックガーデンの2区」の続きで「ツリガネニンジン」だと思いますが「イワシャジン」かも??「ヤマグルマの実」。ヤマグルマ科。?「実」を拡大してみました。別名「トリモチノキ」。?「ヤマジノホトトギス」。?「シモバシラ」。シソ科。?「シモバシラ」をアップで。?「カリガネソウ」。クマツヅラ科。横向きに咲いていたよ [続きを読む]
  • 東京都薬用植物園(2018.9.22)その9
  • ◆9月22日の「東京都薬用植物園・その9」は「ふれあいガーデン」から「ロックガーデン」へ。?「ふれあいガーデン」の中心部にある売店兼イベント会場「草星舎」の商品から手前左から「ケイトウ」、「サルビア」、「コリウス」。?「観賞用トウガラシ」という名札が付いていました。赤い実が見えないので「五色トウガラシ」ではないようです。?「コスモス」。?「クランベリー」。?「ヒメリンゴ」。盆栽用でしょうか??地植えに [続きを読む]
  • 東京都薬用植物園(2018.9.22)その8
  • ◆9月22日の「東京都薬用植物園」に戻って「その8」は「製薬原料植物区」の残りと「ふれいあいガーデン」の花を。?「製薬」の区画から「イヌサフラン」。?「イヌサフラン」をアップで。ユリ科。種子、球茎が痛風の治療薬「コルヒチン」の原料に。。?「サフラン」(アヤメ科)に似て「サフランでない」が故の「イヌ」かと思いますが薬の原料になって役立っているのに気の毒な名のように感じます。?「マルバタバコ」は咲き始め。 [続きを読む]