東京の四季 さん プロフィール

  •  
東京の四季さん: 庭園&公園を歩く(東京の四季)
ハンドル名東京の四季 さん
ブログタイトル庭園&公園を歩く(東京の四季)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yachiyo_teduka
サイト紹介文皇居東御苑、新宿御苑と都立9庭園を中心に定例的に巡回し四季の花や景色をご案内しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供892回 / 365日(平均17.1回/週) - 参加 2015/11/01 21:54

東京の四季 さんのブログ記事

  • JR総研・平兵衛まつり2017レールの表面検査(10月7日)その6
  • ◆10月7日の「JR総研・平兵衛まつり・その6」は溶接したレールの破断実験です。何tの荷重に耐えられるか?リハーサルでは136tで折れたとのこと。?溶接したレールを加圧機に入れているところ。?手前の「ネジ棒」の影になっていますが、同じような「ネジ棒」でレールに圧力を加えていてレールがしなり始めたところだと思います、100t近い段階ではないかと思います。?加圧装置にレールを入れるまでを動画でご覧ください。https: [続きを読む]
  • 新宿御苑(17年10月7日)その4
  • ◆10月7日の「新宿御苑・その4」は「日本庭園・中の池」から西に向かって「上の池」の手前までの様子を。「中の池」と「上の池」を繋ぐ水路沿いの「ホトトギス」が見頃に入りました。?「中の池」の西側部分。前方はJR新宿駅方向です。手前の「ドウダンツツジ」が少し色付きました。?「サザンカ」が咲き始めました。?「サザンカ」をアップで。?「カツラ」の大木。なかなか紅葉の見頃に当たらないの今年こそは、と思っていますが [続きを読む]
  • 藤井聡太君情報(17年10月19日)
  • ◆本日10月19日の「第59期王位戦予選」は18時52分、110手にて「小林裕士七段」が投了し「藤井君」が勝ったとのことです。これで9月14日以来8連勝になりました。記事が見つかり次第転載します。「王位戦の次局の対戦相手」は「北浜健介八段」になります。◆「にほんブログ村ランキング」に参加しています。    して頂けると嬉しいです。          ↓ ↓ ↓ ↓ ↓https://photo.blogmura.com/p_tokyo/rankin [続きを読む]
  • 藤井聡太君情報(17年10月12日)
  • ◆このところ藤井君の対局日程を調べるのを怠っていましたが、10月12日に「名人戦・順位戦C級2組・5回戦」が戦われており、藤井君が勝っていたことが分りました。これで藤井君は順位戦5連勝と「一期抜け」に一歩前進しました。◆なお、現在5連勝は「増田康宏四段」(順位5位)、「藤井聡太四段」(45位)、「今泉健司四段」(47位)の3人だけ。同星の場合は順位上位者が上位となる規定なので藤井君は目下第2位で昇級枠3名の中に入 [続きを読む]
  • JR総研・平兵衛まつり2017レールの表面検査(10月7日)その5
  • ◆10月7日「JR総研・平兵衛まつり・その5」は溶接したレールの表面検査の様子を。赤いペイントを塗って拭き取ります。これは、もし傷があれば傷にペイントが浸み込んで、後から赤色が浮き出てくるという目視検査。更に超音波の測定器により傷の有無を検査します。?「実験棟」の中にレールを運び込んで「表面検査」から右奥の装置による「破断実験」(次回UPします)が行なわれます。?これは「染色浸透探傷剤」です。「赤」は「浸 [続きを読む]
  • 新宿御苑(17年10月7日)その3
  • ◆10月7日の「新宿御苑・その3」は少しだけ咲いていた「バラ花壇」が中心で併せて「日本庭園・中の池」の「レストハウス」前までの様子を。?「バラ花壇」は春バラが終った後、四季咲きのバラが少しずつ咲き継いで来たので秋バラの開幕という感じが希薄です。今年の秋バラは遅れ気味なので見頃ピークがいつになるか見当がつきません。苑の見どころ情報を頼りにしたいと思いますが月末になるでしょうか?「アツバキミガヨラン」が咲 [続きを読む]
  • 新宿御苑(17年10月7日)その2
  • ◆10月7日の「新宿御苑・その2」は「サービスセンター」前から「大木戸休憩所・玉藻池」周辺の様子を。?「サービスセンター」前の西側、「十月桜」の向かい側の「寒桜」。 慌て者で年内にも開花が始まりそうです。?「サービスセンター」の東隣は「旧洋館御休所」。「ミツマタ」に早くも「蕾」が付きました。?「ミツマタの蕾」をアップで。?「洋館」の北側の少し奥まった処の「レモン・ポンテローザ」は「実」が目立って来まし [続きを読む]
  • JR総研・平兵衛まつり2017レールの溶接3(10月7日)その3
  • ◆10月7日の「JR総研・平兵衛まつり・その3」は「レールの溶接」の最終段階で「型枠」を外して目地塞ぎの粘土?を落とし、盛り上がった溶接部の鉄を叩き落すまでを。?「型枠」を外すと接合部はまだ灼熱状態です。?「カッター」と思われる機械がレールに乗せられました。盛り上がった接合部の鉄を切り取るのかと思いましたが、叩いて折れる程度まで切り込みを入れるだけのようです。?盛り上がった部分をハンマーで折り取りました [続きを読む]
  • 新宿御苑(17年10月7日)その1
  • ◆既に1週間以上過ぎてしまいましたが10月7日の「小雨の新宿御苑」を。「タイワンホトトギス」、「イイギリの実」などが見頃になって秋色が漂い始めました。?「新宿門」近くの「ウメモドキ」。?この日は芝生の保護が解除されていたので近くで見られました。?枝下から芝生広場を。?隣の「シリブカガシの花と実」。?「ウメモドキ」枝下の右手前方の「モミジバスズカケの実」は容易に落ちません。?「三角花壇」は「ベニヒモノキ [続きを読む]
  • JR総研・平兵衛まつり2017レールの溶接1(10月7日)その2
  • ◆予定を変えて10月7日の「JR総研・平兵衛まつり」と「新宿御苑」を交互にUPすることにしました。今回は「平兵衛まつり・その2」で「レールの溶接の実演」。「型枠」と「釜」の予熱から「酸化鉄粉末」と「アルミニウム粉末」の爆発的反応(テルミット反応)による「純鉄」の注入の場面までを動画入りで。?25mmの間隔を持たせたレールに「型枠」を装着したところ。?接合部をズームで。?「釜」の位置決め。?同上。?同上。?「 [続きを読む]
  • 旧古河庭園(17年10月12日)その9
  • ◆10月12日の「旧古河庭園」の最終回は「植治」こと七代目「小川治兵衛」が京都から出張して造成した「日本庭園」の様子を。?バラ園から下段の「ツツジ・サツキ園」を抜けると「日本庭園」で「渓流」と称する水路に出ます。これは東の「大滝」方向の流れ。?こちらは池の中央部に注ぐ流れ。右手前方に見える「石橋」は後ほど全容を。?「渓流」沿いに「大滝」方向に進んで池辺に出て東岸から南岸の眺め。中央左寄りの木は「ハゼ」 [続きを読む]
  • 秋バラ・旧古河庭園(17年10月12日)その8
  • ◆10月12日の「旧古河庭園・その8」は秋バラの最終回で「洋館」南西面のバラ園の残り半分です。今年の「旧古河庭園」は「一発勝負」のつもりでしたが一寸食い足りない感じが残ったことと「谷津バラ園」の進行が遅そうなので「もう1回」があるかも。?「ローラ」。?窓辺の3輪をズームで。?「桃香」。?「桃香」をアップで。?「インカ」。?奥の方でしたが「インカ」の良い姿を見たのは久しぶりの感じ。?「プリンセス・ミチコ」 [続きを読む]
  • 秋バラ・旧古河庭園(17年10月12日)その7
  • ◆10月12日の「旧古河庭園・その7」は「洋館」南東面のバラの北側と南西面(テラス側)のバラの半分ほどを。?開き過ぎた「クレオパトラ」。?「アブラカダブラ」。?「ジッフェ」。?「ジッフェ」をアップで。?「香貴」。?「レオニダス」。??の右奥の花をズームで撮ったようです。?「洋館」の南西面に移って「バニラ・パフューム」。「Perfume」は「香水」、「香料」、「香り」。?「バニラ・パフューム」をドアップで。?同 [続きを読む]
  • 秋バラ・旧古河庭園(17年10月12日)その6
  • ◆10月12日の「旧古河庭園・その6」は「洋館」の南東面、芝生広場側のバラ園を。?「芝生広場」に入って右手の小さな区画の手前の「青の軌跡」から。?良い状態の花を見る機会は少ないのですが、この日はマアマア。?イブ・ピアッチェ」。花形は「シャクヤク咲き」。?「スターリング・シルバー」。?「わたらせ」。?「マイダス・タッチ」。触れる物全てを金に変える能力を取得したものの、食べる物まで金になってしまいマイッタ [続きを読む]
  • 秋バラ・旧古河庭園(17年10月12日)その5
  • ◆10月12日の「旧古河庭園・その」は中段のバラ園東側の残りのバラです。?「ソニア」。?同じく「ソニア」。左のピンクは「マリア・カラス」です。?「旧古河庭園のバラ園」は「ハイブリッド・ティ・ローズ」が圧倒的に多いので「量より質」というポリシーを感じますが、「フロリバンダ・ローズ」も少々。「緑光」は咲き始め。?「万葉」は大分咲き進んで4分咲きほど。?「万葉」をアップで。?「万葉」をもう1枚。?「丹頂」の別 [続きを読む]
  • 秋バラ・旧古河庭園(17年10月12日)その4
  • ◆10月12日の「旧古河庭園・その4」は中段のバラ園東側中央部のバラを。往年の名花「マリア・カラス」、「イングリッド・バーグマン」、「カトリーヌ・ドヌーブ」が妍を競います。◆「妍」という字は滅多に使いませんが「女偏に幵(ケン)」という字で構成されるようです。「浅田真央ちゃん」のライバルであった「キム・ヨナ選手」の名は漢字表記では「金妍児」。神社の境内のような場所に美女が集まって美を競う=美人コンテスト [続きを読む]
  • 秋バラ・旧古河庭園(17年10月12日)その3
  • ◆10月12日の「旧古河庭園・その3」は中段のバラ園の西側の残りのバラと東側のバラの半分ほどを。?「アロマテラピー」(ピンク)の別区画と「キラリ」の別区画。?「きらり」の区画と「洋館」。?「カーディナル」。?同じく「カーディナル」。?東側の区画に移って「ヨハネ・パウロ2世」。左のピンクは「ハーモニー」、後ろの赤は「ラブ」のようです。?「ヨハネ・パウロ2世」とその周辺のバラ。左のピンクは「ハーモニー」、右 [続きを読む]
  • 秋バラ・旧古河庭園(17年10月12日)その2
  • ◆10月12日の「旧古河庭園・その2」は中段のバラ園の西側の続きを。黄色からピンク、オレンジ、朱色と変化する「リオ・サンバ」が良い状態で咲いていました。?色の変化が魅力の「リオ・サンバ」ですが、花数があまり多くない中で多彩な色合いを見せていました。?同じく「リオ・サンバ」。ほとんど黄色の花も。?同上。?少し離れた別区画の「リオ・サンバ」。?同上。全体的に花はまばらでチョット寂しい感じ。?西側の奥まった [続きを読む]
  • 秋バラ・旧古河庭園(17年10月12日)その1
  • ◆一昨日10月11日に「谷津バラ園」のHPを見ると10月2日から更新されていないので電話で問い合わせてみると「まだ咲き始め」とのこと。「見頃入りは20日頃からになりますか?」と訊くと「そうですねえ、遅い方が沢山見られるようになりますねえ」とハッキリしない返事。暑さのブリッ返しも12日までで秋雨が続くとの天気予報もあるので昨日10月12日に見頃に入ったという「旧古河庭園」に行って来ました。◆開花状況は50%程度でマア [続きを読む]
  • 昭和記念公園(17年10月1日)その5
  • ◆10月1日の「昭和記念公園」の最終回は「花木園の花壇」から立川口を出るまでの様子を。?「シオン」の集落の近くで「イイギリの実」が見られるというので探してみましたが見付かったのは「モッコクの実」。?「モッコクの実」をアップで。?諦めかけたところ「モッコク」の後ろに「イイギリ」を見付けました。 木が見つかったので「実」を捜すとテッペン近くに1房有りました。?「花木園・売店」前の花壇。?正面の円形花壇の中 [続きを読む]
  • 昭和記念公園(17年10月1日)その4
  • ◆10月1日の「昭和記念公園・その4」は「こもれびの丘」の山野草の残りと見頃真っ盛りであった「キバナコスモス畑(レモンブライト)」の未掲載の写真などを。?「ツリフネソウ」が見頃とのことでしつこく捜しましたが見付からず。「キツリフネ」は大きな集落ですぐ見つかりました。「ツリフネソウ」はそれらしき「葉」の集落があったので終わっていたようです。?「キツリフネ」をアップで。?「オケラ」のようです。?「シラヤマ [続きを読む]
  • 昭和記念公園(17年10月1日)その3
  • ◆10月1日の「昭和記念公園・その3」は「渓流広場」に設けられた小さな「ダリア園」から「こどもの森」の南側外周を経て「こもれびの丘」の南側斜面までの様子を。?メインの「皇帝ダリア」は6月からずっと「咲き始め」とサッパリですが、この「特設?ダリア園」は見頃です。?色取り取りの「ダリア」をご覧ください。?前方は「みんなの原っぱ」北側の「桜の園」のようです。???????????「こどもの森」の南側外周園路 [続きを読む]
  • 昭和記念公園(17年10月1日)その2
  • ◆早くも10日が過ぎ去ってしまいましたが10月1日の「昭和記念公園・その2」に入ります。今回は「渓流広場」に設けられた「コスモス見本園」を。コスモスの品種を覚える絶好の機会かと思いましたが、名札の近くに別の品種が混じり込んでいたようなので間違った判別が有ると思いますので適当にご覧ください。?先ずは立川口のアプローチの「イチョウ並木」から。早くも黄色くなったいます。?入園して「カナール」前の花壇。?「水鳥 [続きを読む]
  • 向島百花園(17年9月26日)最終回
  • ◆9月26日の「向島百花園」は北西側奥の「福禄寿尊堂」から「御成座敷」周辺の部分が残ってしまいました。1週間前の9月19日から余り変わらないので省略しようかとも思いましたが記録として。?前回の「メイゲツソウ」の近くの「チカラシバ」。?この後、後回しにしていた「福禄寿尊堂」に向かう途中、池南岸の「藤棚」周辺の花を。水辺に咲いている「ミゾカクシ」が遠くて小さな的ながら意外に鮮明に写ったので拡大してみました。 [続きを読む]