acoron さん プロフィール

  •  
acoronさん: 気まぐれ銀の豚***ひとりごと
ハンドル名acoron さん
ブログタイトル気まぐれ銀の豚***ひとりごと
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/acco5736
サイト紹介文温泉とお酒が大好き!旅路はどっぷりどっちもの泉に浸かりたい 気まぐれ湯巡り。
自由文各地の温泉巡りが趣味→一人旅好き→ぶらり酒飲み好き→気まぐれ自由人・・・飽きるまでこのスタイル崩しません♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/11/01 22:46

acoron さんのブログ記事

  • 飯坂温泉 橋本館
  • 温泉と餃子と地酒を目当てに訪れる毎度の飯坂。1万ポッキリで遊べちゃうのも魅力な訳でして・・・訪れた宿は 飯坂一等地 十綱橋のたもと「橋本館」何度か立ち寄り湯はフラれ 執念深くも宿泊でお邪魔しました。もの静かで上品なご夫妻が営むご様子で膝を付かれお迎え頂き 素泊まりながら恐縮。以前から玄関より見えるフロントロビーのアンティークぶりが気になっていました。館内を案内され潜入すればするほど そのアンティー [続きを読む]
  • しつこく飯坂温泉 餃子の照井〜絶好鳥〜安達太良高原リゾート
  • 沼尻・横向より 暑い下界へ・・・そして更に熱い 毎度の飯坂温泉に。ほんとまだまだ嵌ってます 飯坂(笑)来るたびイイとこ発見 そしてひとりでも知ってもらいたくてまた訪れる・・・押し付けがましいかもしれませんがまーだ止めれません(笑)そして今宵の宿も またまたディープな飯坂を発見♪立ち寄り湯では何度もフラれていたのでもう宿泊でチョイス。 飯坂一等地に位置する 「橋本館」実に良かったです!! 昭和レトロ [続きを読む]
  • 2018定点観察 沼尻元湯。
  • 今年も定点観察 沼尻湯元へいざっ!7月に入り毎週末 暑い下界から回避 訪れたのは7月21日。今回は お初の沼尻 かしまし女史を引き連れて・・・山歩き初心者さんも居り・・・整備されていない登山道を歩き自己責任で行く危険地帯なので いつものことですが歩く距離は短くても歩き安く 怪我をしないような恰好 歩きにも細心の注意で行きます。最近聞くんです 滑落して怪我された方々。もちろん一番危険なのは 硫化水素ガ [続きを読む]
  • 桧枝岐から 尾瀬トレッキング
  • ♪遥かな 尾瀬〜〜♪ には なんなく来れたんだなっ^^**********************************************************会津高原たかつえからの2日目。 当初の予定では 駒止湿原か宮床湿原散策で帰路に着こうとしていました。ここまでせっかく来たのであれば 早めに出発してマイカー規制あるシャトルバスの運行時間に間に合わせれば尾瀬も歩けるじゃない!と。聞けばシーズン中は 運行時間に関係なく ピストン運行の模様。尾瀬 [続きを読む]
  • 会津駒ヶ岳トレッキング
  • 出発は 午前3時。向かったのは南会津町。近いようで遠いんです・・・南会津。雪湯巡り以来の訪問です。清清しい景色に降り立ったのは朝6時前から釣り人賑わう 清流 伊南川。この日は 鮎解禁日でした。絶好の釣り日和でもあり・・・連日の真夏日灼熱の下界から離れるべく・・・桧枝岐へ。遥かな 尾瀬〜♪といつかはと焦がれるものだけど 本格的に目論むとまぁ色々まだまだ遥か彼方なんです(笑)で その一歩手前で 山日和 [続きを読む]
  • あつみ温泉 萬国屋
  • あつみ温泉王道の宿 創業300余年の和風旅館「萬国屋」”プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選” に連続入賞山形県の代表的 おもてなしの名宿とも言えるでしょう。観光・団体旅行でもしない限り 来る事は無いと思っておりましたがビギナー的今回の親睦会にはやはり好評なお宿でした^^私的にも久々の大型テーマパーク的ホテルは 幹事であることを忘れ 存分に委ねられまさに旅行にきた気分♪絢爛で広いロビーラウンジ 土産屋コー [続きを読む]
  • あつみ温泉 湯之里公衆浴場 〜下の湯 〜 正面湯
  • あつみ温泉の集いより 早めのチェックインは ”萬国屋”夜の宴まで のんびりタイムの間にちょいとミッションを♪あつみ温泉には 共同湯が3つ。 以前訪れた際は 宿湯1軒だけ立ち寄っただけでしたので今回はこの機会に よーく堪能してみました。まずは 飲泉。熱めの湯は ほわ〜んと温泉臭 そしてほんのりたまご味もします。最初に向かったのは 温泉街からちょっと離れにある湯之里公衆浴場 14:00〜22:00 200先客は  [続きを読む]
  • 鼠ヶ関 〜あつみ温泉の集い。
  • 新潟・村上を経て シーサイドドライブ。県境の鼠ヶ関 弁天島より・・・今年も恒例 小さな親睦会のプチツアーを。低予算ゆえ せいぜい車で走っても2〜3時間の範疇。温泉に行ければ良いという私の最大の願望さえ叶えれば今回は 随分淡白なツアーになったしだい(笑)まぁ ”どうでもいい会”なので クレームもなし(笑)① 鼠ヶ関マリンパーク〜弁天島 鼠ヶ関は県境の歴史と港の街 1300年前から関所があったと言われ源義 [続きを読む]
  • 飯坂温泉 on cafe 〜十綱湯 〜 切湯
  • 6月の中旬 新緑の大きな欅に誘われて訪れてみたのは・・・旧堀切邸。はい。またまた飯坂温泉。 暇さえあればちょいと来てしまうもので。近すぎてまともに来たことないという湯友と一緒に改めて新鮮な湯散歩をして来ました♪江戸時代から続いていた豪農・豪商の旧家 堀切邸は純和風の佇まいの内覧から広い庭園で足湯など 無料で観覧できる癒し 憩いのスポットなんですね・・・週末の昼時 混雑前に ランチ。鯖湖湯前に佇む  [続きを読む]
  • 飯坂温泉 新松葉
  • レトロな大理石の湯舟から望むのは 朽ち果ての美でした。*******************************************************************切湯の通り 摺上川沿いにある 「新松葉」へ。日帰り入浴の看板は堂々とあるのですが 一度フラれておりリベンジの訪問でした。主が居られる気配はあるんですが・・・何度呼んでも出てこない。玄関先で電話を掛けても出ない(笑) 今回も。しばし居座ってみれば 賑やかな話声が近づき・・・女将と [続きを読む]
  • 日本酒ナビゲーター認定〜谷根千 根津釜竹〜六龍鉱泉
  • 久しぶりの上京は 上野〜。ちょっと頼もしく楽しく 嬉しい講座のお誘いをいただきまして次はいつ開催されるかわからない!?とならば これは是非とも!!参ったのは 日本酒ナビゲーター認定セミナー♪(温泉ファン向け Special Ver.)いつも温泉やお酒の集いでお世話さまさま ブログのfanでもある日本酒学講師・きき酒師 masumi先生の講座に受講ですっ!(※引用ですが・・・)今や世界に羽ばたく 日本の誇る國酒 ”日本酒 [続きを読む]
  • 魔女の瞳トレッキング 〜 高湯ブルー〜 空cafe
  • 猛暑の下界になんて 居られなーーいっ。気温19℃ 最高の避暑地でした♪*******************************************************酷暑続きの週末。 こんな日は別天地に行くしかない(笑)今季も 魔女の瞳に逢いに行きました。早朝 雲海の磐梯吾妻スカイラインより浄土平へ・・・半日周遊 お気軽コースの 一切経山からの五色沼トレッキングです。強い日差しに汗ばむけど 時折吹く風はとても気持ちいいもの。そして 香しい [続きを読む]
  • 今季も始動 磐梯山を登ってきました♪
  • 6月初め 遅いスタートではあるけれど今季も ヘタレ登山部始動です。移動と重装備をかけての山には行きません(笑)日帰りで体を苛めて 歩かないと見れない景色を見て温泉に入れればいいんです♪ 足慣らしは 磐梯山。 3度目の登頂を。山日和の絶好の陽気は 日差しが容赦なく・・・ヘタレは 1/3登った 噴火口の平地でもう景色に満足。時折 どこかで岩が崩れ落ちる轟きと土埃常に 山は生きているという 大自然の驚異も [続きを読む]
  • 馬頭温泉郷 那珂川温泉旅館
  • 心地よい風に揺れる黄金色の麦畑の那珂川の畔より馬頭温泉郷 〆の湯浴みは 鄙び感たっぷり ほのぼのする素敵な湯処に会いました。温泉郷のなかでも 少し離れた所に位置し広い田園の奥に佇む一軒宿。那珂川温泉旅館看板はあるも 宿の雰囲気一切見られない 閉めっきりの玄関。目立つは 漁業券発行所の看板。はて!?営業してるのかしら・・・お断り覚悟で こんにちわ〜腰の曲がったお婆ちゃん 快くご案内。浴場までの木造民 [続きを読む]
  • 馬頭温泉郷 小口館 下の湯
  • 謎の大金温泉をあとに 仕切りなおして(笑)那珂川町 馬頭温泉郷へ里山に清流 長閑で自然豊かな町並みの那珂川町は歴史も深く 美術館も点在し 芸術と文化が詰まっている町のようです。そうそう ここは海はないのに 河豚の養殖が名物というのは聞いたことはありました。 馬頭温泉の恵みの産物 温泉とらふぐ♪そんなことを語りながら 向かったのは 鄙びの湯処。ちょっと細道の集落に入り・・・看板から なかなかの鄙びモ [続きを読む]
  • 宇都宮 國酒の仕業 〜 南那須大金温泉グランドホテル
  • 今季は 山歩きよりも芝刈からのスタート。恒例の会社のゴルフコンペは 那須C.C練習もしないので毎度変わりない按配ですが(笑)暮れからジムに通ってるせいか 体幹はイイ感じ♪そして汗をかいた昼時の ビールが非常に旨いっ。だから!? 下手糞でも たまにでも・・・ゴルフはやっぱり面白い^^そして ここまで来たならば・・・ちょいと久しく行っておきたい逢っておきたい 酒処がありまして離脱 宇都宮へ宇都宮駅前に構え [続きを読む]
  • 小原温泉 旅館しんゆ 〜 白石湯沢温泉 旅館やくせん
  • 宮城側より小原温泉の玄関口にある 旅館しんゆ 小原温泉でも ここは気づきませんでしたねぇ先の かつらの湯 いづみや・・・は 把握してはいたのですがどちらも 自家源泉とならば こちらも自家源泉 且つしんゆさんは泉質も違うというじゃありませんか♪日帰り入浴も受け付けているのですが事前に問い合わせした方がいいかもしれません。日曜でもあってこの日は 唐突に伺ってもOKでしたが。ひっそり地味な外観ですが 館内 [続きを読む]
  • 宮城蔵王 不忘の湯
  • 緑降る作並温泉。立ち止まることのない温泉地でした。大型観光ホテルの立ち並びに 良泉に恵まれないと思い いつもスルー。公にはできない 何も手を加えない純な素晴らしい湯処があったんですね・・・ 秘密のミッションを巡り感無量。そしてまた南下 南蔵王方面へ向かう道中よりランチを。笹谷街道より 山あいの中でも賑わいを見せる美味しいラーメン屋さん♪”ラーメン渓流”濃厚味噌スープ モチモチ自家製中太麺がマッチ  [続きを読む]
  • 蔵王温泉 すゞのや旅館〜湯けむり屋台 つまみ
  • 赤湯〜かみのやま温泉を巡り・・・今宵腰を落ち着けるのははい・・・またも蔵王温泉。お連れの湯友さんも何度も来ている湯処でもあり もう蔵王はビジネスホテル泊感覚で来る温泉地(笑)そう あそこが出来てからなおさら♪そして今宵は すゞのやもちろん素泊まり 安宿チョイスです。でも宿泊者が居ない限り 営業せず立ち寄り湯も受け入れていないご様子。数年前に 閉業した山形屋から経営が代り現在に至っておりこの日伺えば [続きを読む]
  • かみのやま温泉 葉山 寒河江屋旅館
  • 幾度と訪れる界隈でも より一層フレッシュでディープな湯めぐり♪赤湯温泉から 上山温泉へ。上山温泉は 5つの地区の源泉群を総称して呼ばれているのですが 組合で集中管理していることもあり旧国道13号を境にして 上山地区(温泉)と葉山地区(温泉)に大きく分かれているのです。今回は 共同湯は無く 湯宿も少なめ でんと高台に構えるは 日本の宿 古窯がある側 葉山温泉へ。寒河江屋旅館さんへ。一見営業しているのか [続きを読む]
  • 赤湯温泉 旅館 清茂登
  • 長岡より湯友さん いらっしゃ〜い♪積もる話に 湯談義を交えながら 穴場の湯巡りを。赤湯温泉 清茂登小さな古びた宿湯は ほど良い大きさの湯船に新鮮な良泉そして独泉できるので もう宿湯めぐりのポイント。玄関より何度も呼びかけても返答あらず 上がって奥の居間へ足の不自由なおばあちゃん 声が聞こえても動けないご様子。大女将さんだったのでしょう。快く受入いただき お金を置きます。玄関脇が浴舎。期待を裏切らな [続きを読む]
  • IWC 2018 日本酒チャリティ試飲会 in 米沢
  • 先月は 温泉もさながら後半は 飲む泉三昧だった5月でした。イベントの催しを見て即チケットを購入♪なんて嬉しいイベントでしょう! それも歩いて行けるし!!IWC2018 ”SAKE部門”やまがた開催記念日本酒チャリティ試飲会。IWCとは・・・インターナショナル・ワイン・チャレンジ1984年からロンドンで行われている世界最大規模のワイン品評会。2007年に 日本酒の審査部門が創設され世界の著名なソムリエ バイヤー ライターな [続きを読む]
  • 水沢温泉郷 駒ケ岳温泉 〜 南郷温泉 共林荘
  • 青荷山荘をあとに 水沢温泉郷〆の湯浴みを。やはりここは 外せないでしょう。駒ケ岳温泉乳頭温泉郷 鶴の湯と同じ系列のお宿。青荷山荘の特典より 割引の入浴券を利用。チェックアウト客と入れ替わり ほぼオープンアタック。浴舎は 別棟。大浴場の手前には 貸切風呂がふたつ。拝見だけさせていただけば 湯溜め中。清流と森林浴・・・もちろん雪景色も・・・ロケーションばっちり♪ とても心地よさそうです♪利用時間は6:00 [続きを読む]
  • 水沢温泉 青荷山荘
  • 一点集中型水沢温泉湯めぐりより 今宵の宿は温泉旅館 青荷山荘。どうもついつい こじんまりとした家庭的な湯宿を選んでしまう性質。でも いいんです♪ 静かだし 新鮮な湯に恵まれるしお風呂は常に貸切状態だし・・・この日も 私を含め宿泊客は 2組のみのご様子。女将さんも愛想よく お宿の対応も良かったです。お部屋は二階 ”あざみ”の間洗面・トイレは共同 明るく快適なお部屋です♪冷蔵庫が無いのが難点ですが・・ [続きを読む]