Wein, Weib und Gesang さん プロフィール

  •  
Wein, Weib und Gesangさん: Wein, Weib und Gesang
ハンドル名Wein, Weib und Gesang さん
ブログタイトルWein, Weib und Gesang
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/pfaelzerwein
サイト紹介文ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供379回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2015/11/02 17:27

Wein, Weib und Gesang さんのブログ記事

  • 敵はバイロイトにあり
  • 日曜日のフィラデルフィアからの放送は価値があった。いくつも語ることがあるが、先ず一曲目のベルヴァルト作曲交響曲三番ハ長調が素晴らしかった。九月にヴィーナーフィルハーモニカーで聞いたので比較すると、たとえ指揮者がブロムシュッテットのようなスペシャリストであっても、今回のネゼセガン指揮の演奏とは比較にならない演奏だった。つまり今回のようにこの曲の本質的な牧歌的でそのスカンディナヴィアの風景が心象風景と [続きを読む]
  • 新支配人選出の政治
  • 先週のニュースの反応が不思議である。ヴェルト新聞のヘイトアホ親仁が書いている通りだ。SWR2などの関係する報道機関のみは事実関係だけを短報として伝えている。だから週末まで気が付かなった。ザルツブルクの復活祭はそれなりに催し物として公認されていて、そこの新支配人が決まるというのは文化ニュースとしてそれなりの価値がある。ヘイト親仁は肝に据えかねたのか今になって報じた。周りを見ていた臆病者に違いない。狐に包 [続きを読む]
  • オペラとはこうしたもの
  • 二十数年ぶりにマンハイムの座付楽団の演奏を聞いた ― 最後はジュン・メルケル指揮かもしれない。こちらの耳も変わっている部分はあるかもしれない、会場も全く変わっている、楽師さんも重なっているのはほんの一部だろう。N饗のMeTooデュトワ指揮によるフランクフルト公演と昨今の生中継の差異を考えるのと同じような感じである。勿論よくなっている部分もあって、時代的な背景があると思う、しかし根本のところは同じだ。地方 [続きを読む]
  • 論理逸脱にドラマあり
  • ひょんなことで急に楽劇「マイスタージンガー」を聞くことになった。九月の記念公演で堪能したのだが、最終稿とはならなかった。ハンスザックスの急遽の交代もフォークトの体調も両方とも制限があったからだ。それでも自分の書いたものを読み返すと思い出すことも多い。だから本当はほかの演奏を聴くのは厄介なので、三幕だけを訪れる。出来れば楽譜を復習しておきたい。理由は正しく批判するためである。どうも中途半端に悪くはな [続きを読む]
  • 無色透明な音の世界
  • 床屋にやり手婆しかいなかった。入ったのも遅かったが、男女一人づつを相手していた。初めは待っているといったが、お気に入りの髪結いさんも誰も居らず、これは退去した方がよいと思った。待ち時間よりも同じ金を出すなら上手い人にやってもらいたい。来週来るわと言ったら、午前中ならまだ誰かいるからと言っていた。やはり暇な時にお暇を出したのだろうか。朝一番で行くしかない。床屋となると年末年始だけでなく一月のチューリ [続きを読む]
  • 次をリストアップする
  • メインノートブックを旧HDDで使っている。しかしSSDの静かさなどを知ってしまうと完全移行も早めに済ましたくなる。ここしばらくは暖かいので、日差しの下でつまり籠り部屋から出ての座業が増える。つまり8.1までインストールしたSSDを外して再び1TのHDDを入れて仕事をしている。それで喧しく感じるとなればあまり猶予はない。一方ストレージのNASを発注しなければいけないが、じっくりと将来性も考えて検討している。SSDにインス [続きを読む]
  • アップデートの数々
  • 想定以上に苦労した。予想以上に時間が掛かった。先ずは、フォーメーションとパーティションが上手く捗らなかった。FUJITSUのマザーボードのBIOSがまず出ないところから躓いて、そのUefiを出してのシステム作りが今までとは違っていた。前回HDDのクリーンインストールの時は問題にならなかったことばかりだ。そして最後にはCD-ROMからのインストールで止まってしまった。やり直しだった。それでもDディレクトリーを切らずにCだけの [続きを読む]
  • 邪魔になるZDFクルー
  • 一走りして汗をぬぐいながら肉屋に立ち寄る。店前で若者が屯していた。挨拶もしないのでどういった連中かなと思っていたが、店内に照明が立っていたので聞いてみるとTV撮影だという。地元のSWRかと聞くとZDFだという。どちらもMainzからだが、後者は世界に流されるので全国規模だ。前者はローカル番組が主体となる。ドイツで一番有名な肉屋さんの一つだからTVでも頻繁に取り上げられているが、ZDFはあまり記憶になかった。ボストン [続きを読む]
  • イアーゴに騙されるな
  • 試飲会では一口小皿が出る。しかしこのミュラーカトワール醸造所のそれはラインガウのロベルトヴァイル醸造所の本格的なガーデンパーティーものとは異なる。片やその食い逃げを避けるためにも最低購買数を決めて、さもなければ最初に出した30ユーロは返ってこない。今年は結局最初から取られなかったが、要するに増えに増えた迷惑客は一掃されたことになる。しかしこちらのワイン街道の方は一本当たりの価格も低いが、それだけの予 [続きを読む]
  • もぞもぞとした地所の味
  • ボストンからの生中継を録音した。上手くいったようだ。同時刻にアーカイブ録音として、エッシヘェンバッハのアメリカデビューをセル指揮でというのがあった。クリーヴランドの楽団からも「いいよ」を貰ったが聞けなかった。やはり過去のものよりも現在のトレンドの方が重要な情報だ。その過去もそのモーツァルトのピアノも嫌というほど聞いているので確かめるだけでしかなかったからだ。実は寝入ったのは、放送が始まる午前一時の [続きを読む]
  • 狩りの日だった土曜日
  • 森の駐車場へと向かった。ジープがコンボイを組んでいる。直ぐには分からなかったが、狩りの連隊だと分かった。いつもの峠からの下り道は閉鎖されていて、おばさんが尋ねてくる。昨年の経験から道の内側で見張りを立てていると教えたが、やっぱり他の方面にしておくわと去って行った。実際峠まで上がって行っても見張り番は居らず、脇道に車を見かけたぐらいで、以前とは違った。前回の時は追いかけられてきたバムビが左上方から降 [続きを読む]
  • 赤みが薄い今年の紅葉
  • 再び日差しを浴びた。しかし日照時間も限られていて、日が陰ると寒くて座ってもいられない。籠り部屋から出て序にWIN8.1で音が出なかったモニターからもう一つのモニターに接続して状況を見てみる。問題がなさそうだ。ドライヴァーの関係かもしれないが、よくわからない。森の中も、どうもブドウへの酸の乗り方と同じで、夏の間の朝晩の冷えは殆ど意味がなくて、最終段階で冷え込まないといけないのだろう。2018年産はその意味から [続きを読む]
  • 再び240GのSSDを発注
  • 朝起きして、PCを開けた。前日に気になっていたモニターの解像度を確かめる。メインのノートブックを籠り部屋に持ってきて比較した。大分違った。部屋の日差しの関係で眼がしょぼしょぼしていたのかなと思っていたが、やはりグラフィックカードの相違だ。A4ノートブックにはgma 4500mhdと称する一体性型のものを使っている。ドライヴァーなどを探したがあまり可能性はなさそうだ。小さなモニターが付いている機種であるからそもそ [続きを読む]
  • 緊急避難で迎える万聖節
  • 引っ越しを済ませた。緊急避難処置である。寒くて座っていても仕事にならない。我慢しても価値が無い。引っ越し時間三十分ぐらいで、初めての暖房で部屋が温まる頃には、PC関連も仕事の出来る状態になっていた。コツコツとここ暫く準備をしていたお陰である。先ずはA4ノ−トブックを籠り部屋のモニターにHDMI接続する。最初はコンタクトが悪かったのか、上手く行かなかったが直に設置完了。電源も既に設置済みのものが流用可能と確 [続きを読む]
  • 索引 2018年10月
  • 籠もり部屋からの操作 2018-10-31|暦 来夏の宿を予約する 2018-10-30|雑感 すっきり目覚めの冬時間 2018-10-29 | 暦 課題を徹底的にやる? 2018-10-28 | 雑感 解決そしてまた次の課題 2018-10-27|テクニック C:ディレクトリーの清掃 2018-10-26 | 生活 新たに分ったことなど 2018-10-25 | 雑感 電池駆動のシャープさ 2018-10-24 | テクニック味わい深い楽の音 2018-10-23 | テクニック 夜も眠い、昼も眠い 2 [続きを読む]
  • 籠もり部屋からの操作
  • ブルゴーニュは雪がちらついているようだ。流石に寒い。天気予報で明後日あたりから再び陽射しが射して暖かくなるということで我慢している。しかし期待されたように摂氏17度は難しそうだ。するとそろそろ暖房を入れて冬籠りとなる。先ずは久方ぶりに風呂に浸かって体を温めたが寝室は寒かった。朝の森も雪こそはちらついていないが肌寒くて初めてフリースを羽織って走った。薄手のセーターを出したが、それでも足りなかったので、 [続きを読む]
  • 来夏の宿を予約する
  • メルケル首相が引退を宣言した。2021年とはキリル・ペトレンコ音楽監督、ミュンヘン歌劇場支配人のバッハラーが辞めるときでもある。代議士にならないだけで、政界引退とはいっていないようだから、大統領でも目指しているのだろうか。先ずは党務からそして国政からである。既にこの日が来るのは夏休み明けから分かっていて、ベルリンでの政権内での基盤が崩れていた。思うような人選も儘ならなかったので当然だろう。興味深いのは [続きを読む]
  • すっきり目覚めの冬時間
  • やっと夏時間が終わった。朝白み始めて目が醒めると八時前だった。これでよいのだ。前日までは九時前だ。気持ち良く目が醒めたのは何週間ぶりだろう。朝が辛くて仕方が無かった。寒くても気持ちが良い。パン屋に出掛けるのにも初めての長袖のフリースである。寒いとはいっても気温摂氏5度ほどなのだが、風が強く、体感気温は零度に近い。ショーツ、Tシャツの限度に近づいている。就寝時にも起床時にも軽い頭痛のようなものがあって [続きを読む]
  • 課題を徹底的にやる?
  • 月末なので来月の支払いでティケットを一枚買った。一月の演奏会で都合がつくかどうかは分からない。出来ればスキーと組み合わせたい。初めてのパーヴォ・ヤルヴィ指揮の会である。プログラムがなかなか良くて、流石に世界中で常任指揮者を務める音楽家のプロデューサー手腕である。きっと移動の飛行機の中では指揮する楽譜の傍ら出版屋さんからのニュースレターを読んでいるのだと思う。但し室内管弦楽団での成功に対して、故郷エ [続きを読む]
  • 解決そしてまた次の課題
  • 夜も更けるとアルコールの勢いも治まって酔い覚め状態となる。ベットに潜り込むのがなによりもの幸せだ。それでもPCオーディオなどを聞いているとつまらぬことを考えてしまうのも常だ。課題になっていた動画コピーソフト比較のレヴューなどを読んでいるうちに簡単に試せそうなものを見つけた。その名もSimpleScreenRecorderと称する。ベットに入ろうかという時で、下手して弄っているとい予期せぬ夜更かしになるので触りたくないが [続きを読む]
  • C:ディレクトリーの清掃
  • 毎年恒例の冬籠りの準備を進めている。長袖シャツへの移行も今年は進めたい。昨年までのシャツも破れて遺棄した一方少なくとも二着のシャツは準備出来ているからだ。この冬の為に古着を貯めたようなものだ。既にNASストレージ導入の意向は言及した。それによるノートブックの一年延命の可能性を再度点検した。たとえD:ディレクトリーを掃除してもWIN8のシステムを入れてあるC:を整理しないことには延命が難しくなるからだ。D:が空 [続きを読む]
  • 新たに分ったことなど
  • 就寝前に来年のべルリナーフィルハーモニカーのオープニングツアー情報が入った。オープニングでは第九交響曲となって、もう一つのマーラーの八番ではなかった。それは驚かないが、そうなるとジルフェスタ―コンツェルトのプログラムが気になる。こちらが第九でベートーヴェンイヤーになると思っていたからだ。マーラーの八番は三日間だけフォアアールベルクで地元の交響楽団と演奏されて、それでしばらく時間をおくとしても、その [続きを読む]
  • 電池駆動のシャープさ
  • 引き続き朝が辛い。暗いうちにパンを取りに行って走ってから仕事なんてとてもではないが今の時期は無理だ。夏ならば陽射しを避けて、新春ならば朝の光を求めてもあるが、今はどうしようもない。毎年活動が落ちて気分も落ち込む季節であるが、今年は一寸違う。それは乾いた気候と遅くまでの強い陽射しゆえのコントラストだろうか。乾燥ゆえに気分の落ち込みは個人的な事を除けばそれほどでもなく、せめて歯根の事が無ければ最も秋を [続きを読む]
  • 味わい深い楽の音
  • PCオーディオの世界は奥が深い。CDプレーヤーなどならばメーカーがお膳立てしてくれていて、デジタル音響技術に係らないが、PCオーディオではスタディオ以上に様々な可能性が生じて来る。大きな差は、信頼性のプロの世界とは異なって可能性を組み合わせると夥しい実験が可能になる。同じようにアップルとかウィンドーズを使っていればそれなりに信頼性があって、楽に楽しめるのだが、LINUXとなると可能性が広がると同時に判断をす [続きを読む]
  • 夜も眠い、昼も眠い
  • 眠い、朝も眠いが、走って来て午後も眠い。ベットに入ったのが三時ごろになったからだろう。ASUSのノートブックに結局MINTのシナモンをインストールした。古いデスクトップに一昨年入れて気に行ったので、それにした。最初は二種類のWIN8をインストールしようとしたが、ライセンス取得で引っ掛かった。それならLINUXしか方法は無い。勿論ウィンドーズの方がオーディオや映像に関しては使い慣れているので、不透明感があるが仕方が [続きを読む]