TM さん プロフィール

  •  
TMさん: 負けるな新人!目指せ所長!0から始める現場監督の道
ハンドル名TM さん
ブログタイトル負けるな新人!目指せ所長!0から始める現場監督の道
ブログURLhttp://ntm-project.com
サイト紹介文現役の建築現場監督が、日頃感じている全てのノウハウを新米現場監督へ伝えたいブログ
自由文自分で地図に残る建物を作りたい!希望に満ちて入社したけど、職人さんに質問されても分からない日々が続いている新人現場監督のあなたへ。先輩現場監督である私が全てのノウハウを暴露すると言ったら知りたくない?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2015/11/03 07:45

TM さんのブログ記事

  • 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?
  • 以前の記事で公称直径・公称断面積・最外径の話はしたので興味のある人はこちらの記事を読んでみて欲しい。 また公称直径・公称断面積・最外径の一覧表についてはこちらにも掲載しておくので参考にしてみてね。 JIS G 3112:2010表 4 異形棒鋼の寸法、単位質量及び節の許容限度節の高さ 呼び名公称直径(d)公称周長a)(l)公称断面積a)(s)単位質量a)節の平均間隔の最大値b)節の高さc)節のすき間の合計の最大値d)節と軸線との角度最 [続きを読む]
  • 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?
  • 鉄筋の短い破片を持ってきて「製造者、径、強度を当ててみろ!」と言われると、あなたは答えることが出来るだろうか? 実は私が答えることが出来る可能性は五分五分である。もしも、鉄筋にロールマークが付いていれば可能だけど、ロールマークが確認できなければ無理である。 ということで結論から先に述べると「ロールマーク」と言うのは鉄筋を識別 するために「鉄筋自体についているマーク」のことであり、 「製造メーカー」「 [続きを読む]
  • 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?
  • 鉄筋の強度について以前お伝えしたことがあるが、その時に例外としてあげたのが今回お伝えする予定の「高強度せん断補強筋」である。高強度せん断補強筋というのは、現在では特別な材料ではなく、きっと10階建て以上の鉄筋コンクリート造の建物なら普通に用いられているのでは?と感じるくらいの材料である。 ちなみに高強度せん断補強筋については「監理指針」にて簡単に解説されているので紹介しておこう。 (g) 近年では, [続きを読む]
  • 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み
  • 中途入社であれば新卒で入った人と比べて経験年数が違うし、畑違いのジャンルに就職したら「専門用語」や「業界の常識」がわからない。という人はかなり多いハズ。そんな人からのお悩みだよ。 ぴすたんさんからの質問男、22歳、施工管理暦1年目。はじめまして、私は去年2016年の12月末から施工管理技師として会社勤めをしています。中途で入社しました。それまでは飲食店に勤めていました。なのでまったくの新しい業種でまだ4ヶ [続きを読む]
  • 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)
  • 全国の現場の9割は関係ないことかもしれないが知識として知っておくと良いと感じるので今回お伝えする。 なぜ私が9割の現場は関係ないかと言うと、9割の現場は「SD295A、SD345、SD390」の3種類で構成されるから。 ただし明らかに高強度扱いの溶接閉鎖型フープなどを除くとね。高強度のフープ筋は、それぞれ独自に認定を取得している「商品」なので、今回の議論から外して考えるよ。 そこで「SD295A、SD345、SD390」だけで構成 [続きを読む]
  • 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(公称直径、断面積編)
  • 現場で使用する鉄筋の99%以上は異形鉄筋である。もし、あなたの現場が丸鋼であればこの記事は全く必要ない。 なぜなら異形鉄筋のまさに「異形」である所が今回のポイントだから。 具体的には異形鉄筋には「節」があるため直径や断面積が一定ではないから。直径や断面積を使用する場面において凸凹の鉄筋をどのように取り扱うのか?は普段はあまり関係ないかもしれないけど、いざその必要性が出てきたときに混乱しやすいポイン [続きを読む]
  • 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(メタルタグ編)
  • 鉄筋材料を所定の製造元から出荷されたものであることを証明するにはメタルタグとミルシートが重要である。 なぜなら鉄筋材料メーカーからロール材として出荷された材料には、必ず1束ごとにメタルタグと呼ばれる鋼板がついているから。そして、ミルシートと照合することで正規に出荷された材料だと確認が出来るようになっているから。 (b) 鉄筋には、1こん包ごとに荷札が付けてあり,種別の記号,径又は呼び名,溶鋼番(7,2,10( [続きを読む]
  • 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(鋼材の種類、製造方法編)
  • 今回から数回にわたって鉄筋材料の基本的なところをお伝えしていこう。 まず鉄筋材料はJISで定められており、強度別に種類が分かれている。強度別の種類の記号と呼び名は以下のとおりで種類の記号 : SD295A, SD295B, SD345, SD390,SD490 それぞれの数字は、降伏点(単位は N/mm2)を表す。 また鉄筋径によって呼び名 があり、JISで定められているのはD4, D5, D6, D10, D13, D16, D19, D22, D25, D29, D32,D35, D38, D41, D5 [続きを読む]
  • 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)
  • 工事写真の整理って本当に本当に大変な業務!工事写真を撮影するだけでも時間が掛かるのに事務所に戻って整理するのは残業の温床になっている。 だから私はここ数年間の間ある構想を抱いていた。そして、自分で開発してみようと試みだけど、スキルも時間もなくて諦めていた。 しかしその構想を「完全再現」してくれたソフトが登場したので今回は紹介させていただくよ。 それは株式会社ワイズという会社の作成した工事写真管理ソフ [続きを読む]
  • 配筋検査の時期と内容について伝えておくべきこととは?(2)
  • 前回は、配筋検査の時期についてお伝えした。今回は内容についてお伝えしていく。 まず前回もお伝えしたけど「建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交通省 ]」の内容を再確認しておこう。 (b ) 検査内容(1) 組立時の確認種別,径,本数折曲げ寸法,余長,フック鉄筋のあき,かぶり厚さ定着・継手の位置,長さ補強筋,差し筋スペーサーの配置,数量ガス圧接継手の抜取試験(超音波探傷試験又は引張試験)機械式継手等の [続きを読む]
  • 【10月8日(日)まで】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の違い
  • 「あの人は何故いつも成功するのだろう?」「どうせなら失敗せずに成功をつかむ人生にしたい」「えっ?成功する人には共通のポイントが有るの?」 とかんじたあなたはこの先を読み進めて下さいね。 この記事の最後に紹介していく「無料」(送料のみ)の書籍は実は、世の中のとっても有名な企業や人も推薦していますよ。 ちなみにこちら<「達成する人の法則(書籍)」の実績>【実績1】7年間で13回も陸上部を日本一に導く【実績2 [続きを読む]
  • 配筋検査の時期と内容について伝えておくべきこととは?(1)
  • 配筋検査をあなたは何気なく毎回行っていないかな?工事監理者さんの配筋検査はコンクリート打設前に 行なうのが当たり前と考えているあなたは要注意だよ。 そこで今回は配筋検査の時期と内容についてお伝えしくので、事前に「建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交通省 ]」を確認しておこう。 (a)一般事項材料の種類,鉄筋の加工・組立及びかぶり厚さの精度は,鉄筋コンクリートの構造性能及び耐久性に著しく影響する [続きを読む]
  • 構造図の配筋は見上げか?見下げか? 躯体図との違いとは?
  • 「えっ、そこの配筋6G11Aじゃないの?」マンションなどの基準階のように上下で建物形状が変わっていなくても荷重の関係で「符号」が変わることがある。 そこで最も勘違いしやすいのが「符号の変わる階」を、 1つ上や、1つ下に間違えてしまうことである。 では「何故、階の取り違えが起こりやすいか?」だけど、構造図と施工図の図面の書き方の違いによる所が大きいと私は考えている。 具体的には構造図は「見下げ図」と言 [続きを読む]
  • 鉄筋の役割とは?問題点の解決法の基本的考え
  • 「鉄筋の役割とは何か?」と聞かれても鉄筋コンクリート造を扱ったことのある人なら9割は答えられると感じる。 答えは「引張力」だ。そんなの当たり前だからと心の中で感じたあなたに質問。 「鉄筋がなぜ引張力を負担するのに適しているのか?」 また「鉄筋が引張力を作用させるために必要なことは何か?」と聞いたら答えることは出来るかな? まずは鉄筋が引張力を負担するのに適している理由だけど、 コンクリートとの相性が良 [続きを読む]
  • 錆びた鉄筋の表面状態でコンクリートが打設可能なのか?
  • 鉄筋が屋内の加工場で加工されたものであれば、現場に搬入されたときに非常に綺麗な状態である。 しかし全国の鉄筋加工場の半数以上は「屋外」の加工場だろう。すると、大なり小なり現場に搬入された時には「錆び」がついている事は少なくない。 特に加工のために「曲げ」たりしているところ等から錆びやすいが、 一体どこまでがOKで、どこからがNGなのか?あなたは説明できるかな? まずは「建築工事監理指針(平成28年版上 [続きを読む]
  • 鉄筋工事における建築工事監理指針による基本要求品質とは?(施工編)
  • 前回は材料編出逢ったが、今回は施工編をお伝えする。材料編と違い施工編では何となくイメージつきやすいかもね。施工の基本要求品質とは「規定通りに配筋すること」だからね。 では「規定通りに配筋すること」って具体的にはどういうこと?と言うことで「建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交通省 ]」にはこのように書いてあるよ。 「組み立てられた鉄筋は,所定の形状及び寸法を有し,所定の位置に保持されていること。 [続きを読む]
  • 鉄筋工事における建築工事監理指針による基本要求品質とは?(材料編)
  • 鉄筋工事における基本要求品質とは?と言われて、すぐにあなたは答えられるかな?きっと、何と無く頭に浮かんでくるけど上手く言葉に出来ない。という人が多いのでは?と私は感じるよ。 実は私も同じで、後で答えを聞くと知っていることばかりだし当然確認している当たり前の事だけど、それが基本要求品質と意識しながら仕事をしている訳ではなかった。 まずは答えから見てみよう。「建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交 [続きを読む]
  • 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み
  • 私が製図の試験勉強をしていた時に感じたことは「合格ラインにいる人達の実力はほとんど同じ」ということ。その差は「エスキス」が上手く納まるか? 正直、図面を仕上げる能力に大差はないと考えているので「いかにエスキスを時間内にまとめるか?」が勝負だね。 そんな事を、下書きしていたタイミングでお問い合わせが来たので他の受験生のみんなにも共有しておくよ。 私はこのブログを読んでくれているあなたの合格を心から願っ [続きを読む]
  • 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!
  • 「製図試験で合格するコツは?」と言われて私が答えるのは 「いかにエスキスが早い段階でまとまるか?」 なぜなら合格ラインに達している受験者たちは製図そのものの技術、 すなわち線を綺麗に引くある程度の作図スピートがある重要な寸法・文字を忘れずに書く見た目が綺麗な図面を引くなどの基本事項は備わっていると考えるのが普通だから。みんな、トレースだけなら上手く書ける人たちだから。 そこでどこで差がつくのか?と言 [続きを読む]
  • ガス圧接施工計画書の本音と裏側(2)
  • 前回は、ガス圧接工事の施工計画書の全9項目のうち1〜4項目までをお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。 ガス圧接器具 適切な器具を適切に使用してこそ所定の品質が確保される。と言われればその通りで反論の余地も無いのだけど、所定の品質を確保するには、どんな器具を使用するのか?を記載すべきだよね。 だけど実際には、変な器具を使用して施工しますという業者もガス圧接のような責任施工的な工種ではほぼ無 [続きを読む]
  • ガス圧接施工計画書の本音と裏側(1)
  • 今回からは、鉄筋工事における代表的な継手工法である 「ガス圧接」についての施工計画書をお伝えしていこう。その他の「溶接継手」や「機械式継手」などは今回からの記事を参考にして頂けると幸いなんだけど、不明な点が有ればお問い合わせ等をして頂きたい。要望が多ければ、別途記事にすることも検討するかも。 そして以前の鉄筋工事の施工計画書で結構ガッツリ書いたので重複する部分は軽く流して全体的にも短めにまとめよう [続きを読む]
  • 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(10)
  • 前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち16項目をお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。 17,作業のフロー,管理の項目・水準 ・方法,品質管理体制・管理責任者,品質記録文書の書式とその管理方法等 最後の項目に毎回色々書いているけど、一番大切な内容たち だと私は考えている。 特に「作業のフロー,管理の項目・水準 ・方法」だけど、 どのタイミングで、どのように管理するか? について一番分か [続きを読む]