doctor さん プロフィール

  •  
doctorさん: 全国の名医・専門医まとめ
ハンドル名doctor さん
ブログタイトル全国の名医・専門医まとめ
ブログURLhttp://doctor110.com/
サイト紹介文全国の名医と呼ばれるスーパードクターをご紹介します。
自由文最近の健康ブームもあり、メディア等で名医と呼ばれるドクターがよく取り上げられるようになりました。もし自分や家族ががんや大病を患った時、医師の選択は最も重視したい所ではないでしょうか?そこで当サイトでは全国の名医と呼ばれるドクターをご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/11/03 15:37

doctor さんのブログ記事

  • 抗がん剤治療の名医・専門医13名
  • 化学療法とは抗がん剤による治療になります。抗がん剤はがん細胞を小さくしたり、消失させるための目的で使用されます。抗がん剤にも様々な種類があり、がんの発生場所や種類によって使い分けられます。抗がん剤と聞くと吐き気などの副作用というイメージがある人も少なくありません。現在では抗がん剤と同時に吐き気止めの点滴が行なわれることも多く、昔ほど強い症状が現れることは少ないとされています。しかし、副作用は個人差 [続きを読む]
  • めまい・メニエール病の名医・専門医28名
  • 一時的なめまいを「疲れが溜まっている」「ストレス」だと思って放置してはいませんでしょうか?めまいには色々な原因がありますがメニエール病も代表的な症状の1つです。原因は内耳の異常と考えられており、内耳器官に異常を起こすことで平衡感覚を保てなくなりめまいを生じます。このメニエール病は、めまい・耳鳴り・難聴が三大症状とされます。他にも頭痛・吐き気・傾斜感(フワフワした感じ、真っ直ぐ立っていられない等)な [続きを読む]
  • 腎がん(腎臓がん)の名医・専門医30名
  • 腎臓がんには腎細胞がん(腎がん)と小児にみられるウィルムス腫瘍とがあります。その他、肉腫などもありますが稀になります。腎細胞がん(腎がん)の発症年齢は50〜70歳にかけて増加し、男女比では2〜3:1で男性に多いがんです。初期段階では腎臓のみに極限していますが、進行すると肺や骨などへの血行性転移を起こすことがあります。症状としては、血尿・腫瘤・疼痛が三大症状と言われていますが、これらが揃うことは珍し [続きを読む]
  • 頭頚部がんの名医・専門医30名
  • 頭頚部とは首から上部の構造を総称して呼びます。主に、鼻、口、耳、上顎、下顎、のどにできるがんを頭頚部がんといいます。(目や脳、脊髄は含みません。)頭頚部がんは中高年の男性に多く見られます。頭頚部がんは発生頻度が他のがんと比べても非常に低いがんで患者全体の5%ほどになります。がんが発生する場所は様々で種類も多く、発生部位によって予後も大きく異なります。また、頭頚部は口や鼻などがあるため、がんによる直 [続きを読む]
  • 便秘症の名医・専門医15名
  • 便秘症と言っても症状は様々ですが、毎日の排便がなくても2〜3日に一度排便があれば便秘症とは言えません。便秘症とは、1週間に2回以下の便通を指します。便秘症の主な症状としては、下腹部の膨満感、お腹の痛み、便が硬くて出ない、排便時の残便感等が挙げられます。このような症状がある場合には、例え毎日排便があっても便秘症と診断されることがあります。便秘症の原因は、運動不足、水分不足、日常生活でのストレス、内服して [続きを読む]
  • 不眠症の名医・専門医19名
  • 不眠症とは、「寝付けない」、「夜間に何度も目が覚める」、「熟眠感が得られない」などの症状が続き、日中強い眠気に襲われたり、集中力や注意力が散漫になるなど日常生活に様々な影響が出てしまう状態を指します。不眠症は20〜30代の女性多くみられ、中年期から更年期にかけては症状が悪化する傾向があります。不眠症の種類入眠困難:床についてからなかなか寝付けない(30分〜1時間)。中途覚醒:一旦眠りについても、翌朝起 [続きを読む]
  • 肥満症の名医・専門医35名
  • 肥満とは体脂肪が体内で過剰に蓄積した状態を指し、一般的に身長と体重から計算したBMI数値が目安とされています。肥満症は肥満自体が病気ではなく、肥満により様々な合併症を併発します。例えば、体重を支えている膝、股関節、高血圧、脂質異常症、糖尿病、脳卒中、心疾患など、命に関わる病気を併発することも少なくありません。肥満症の主な原因は、消費カロリーと摂取カロリーの違いにあります。当然ですが摂取カロリーが多け [続きを読む]
  • 皮膚がんの名医・専門医17名
  • 皮膚がんで最も多いのが基底細胞がんです。基底細胞がんは、局所に発生するものが多く転移することは稀になります。発生する場所は、鼻周囲、耳周囲、まぶたなど毛穴が集中している箇所が多く、手の甲などにできることは少ないです。黒く色調が変化することが多く、中心は潰瘍のようになる場合があります。悪性黒色腫というメラノーマとも呼ばれる、きわめて悪性度のたかいがんもあり、特徴としては皮膚が黒く変色してきます。また [続きを読む]
  • 前立腺肥大症の名医・専門医25名
  • 前立腺肥大症は50代以降で多く見られる疾患です。原因は不明ですが、加齢と共に男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れてくることや、内分泌系の異常が関係していると考えられています。尿道の周囲が肥大するため排尿の異常が現れることで病気に気付かれる人が多くいます。主な症状としては、蔓延性排尿(尿が出始めるまでに時間がかかる)、苒延性排尿(尿が出始めてから終了するまでに時間がかかる)、頻尿、残尿感、えつ流 [続きを読む]
  • 痔の名医・専門医15名
  • 痔は直腸や肛門の静脈から発生した静脈瘤の一種です。外痔(がいじ)と呼ばれるイボ痔は、皮膚の部分に発生するので肛門痛を発症します。このイボ痔は破綻(つぶれると)すると出血を引き起こします。激しい痛みが主な症状ですが、通常は1〜2週間で痛みは軽快して痔も小さくなって行きます。一方、内痔(ないじ)は肛門の中に発生する痔です。内痔は、出血・疼痛・脱出が3大症状といわれています。出血は排便時のいきみで起こり [続きを読む]
  • 卵巣がんの名医・専門医23名
  • 卵巣腫瘍は、良性・悪性ともに発見が遅れることも少なくありません。理由は腫瘍が発生しても卵巣機能に異常をきたすことが少なく、腫大しても周囲の臓器への圧迫症状が少ないためです。 そのため、進行期で発見されることも少なくありません。悪性腫瘍(がん)の初期症状として、下腹部膨満、腫瘤感、食欲不振、頻尿、便秘などが挙げられます。発症年齢はがんの部位によって違いはありますが、20〜60歳代と幅広いです。発がんの危 [続きを読む]
  • 網膜剥離の名医・専門医21名
  • 網膜剥離とは、目の網膜が破れて視覚障害をきたす疾患です。 網膜に小さな穴が開いて、そこに水が流込むことで網膜がどんどん剥がれて行きます。放置していると失明する可能性があるので早急な処置が必要です。症状は様々で網膜の剥離する部分によって視野障害が発生し、一気に見えなくなる事もあります。他に光視症といって眼のなかでピカピカと光って見えたり、跳蚊症という目の前で虫が飛んでいるような症状もあります。網膜剥 [続きを読む]
  • 糖尿病の名医・専門医35名
  • 糖尿病とは、インスリンの作用や生産不足によって慢性的に高血糖な状態が続くことを指します。高血糖が状態が続くことで血管が傷害を受け、合併症を引き起こします。糖尿病はこの合併症が危険で命に関わるものもあります。糖尿病の三大合併症と呼ばれているのが、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害です。糖尿病の中でも1型糖尿病は、インスリンを生産する細胞を自分で攻撃して破壊してしまい、インスリン自体が作ら [続きを読む]
  • 真菌症(水虫)の名医・専門医21名
  • 真菌症で多いのが白せん菌によるもので、カビの一種である白せん菌は、足や体、頭皮などに入り込んで感染を起こします。水泡ができるため水虫とも呼ばれます。 主な感染減は、高温多湿なパンプスや長靴、革靴、ブーツなど日常的に着用することで感染率が高くなります。この白せん菌は人から人へ移り、スリッパやお風呂のマット、タオル、銭湯やプールの脱衣所、居酒屋の畳など、日常的に触れる機会が多くあります。注意が必要です [続きを読む]
  • 過敏性腸症候群の名医・専門医23名
  • 過敏性腸症候群とは、下痢や便秘などの便通異常、腹痛や腹部の不快感を訴えていながらも、検査をしても気質的な問題のないものを指します。 原因は不明とされていますが、主にストレスや脳の異常等が要因の一つではないかと考えられています。人口の10%〜15%が罹患していると推定ますが、医療機関への受診率はそのうちの1割程度と言われています。国内では今後、増加することが予想される疾患の1つで、症状によってQOL(生活 [続きを読む]
  • 緑内障の名医・専門医36名
  • 緑内障とは、眼圧が上昇し視機能が障害される疾患のことを指します。目のなかに流れる水(房水)の量が増えることで眼圧が上昇します。 通常、房水の量は一定に保たれますがこれが保たれなくなり、圧が上昇することで緑内障が発症します。緑内障は、解放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障の2種類にわけられます。さらに閉塞隅角緑内障には、急性閉塞隅角緑内障(急性緑内障)と慢性閉塞隅角緑内障があります。一方の解放隅角緑内障は、 [続きを読む]
  • 食道がんの名医・専門医35名
  • 食道がんは、食道が心臓・大血管・気管・気管支など重要な臓器と多く接しているため、手術が難しいとされる消化器がんの1つです。男女比は8:2で圧倒的に男性に多く、主に60〜70代に好発します。発症原因は不明ですが、危険因子として喫煙・飲酒・熱いものの飲食・家族性因子などがあるとされています。喫煙が1日30本と飲酒日本酒換算で1.5合以上で、非喫煙非飲酒者と比べて発症率は40倍以上になるとされています。食道がんで日本 [続きを読む]
  • 突発性難聴の名医・専門医22名
  • 難聴とは音が聞こえにくい状態を指します。難聴は伝音性難聴と感音性難聴があり、これらが同時に存在するものを混合性難聴と呼びます。突発性難聴は感音性難聴に分類されます。原因は不明だとされていますが、血管系の障害・ウイルス感染などの説もあります。また、疲労やストレス・耳への負担(歌手などの音楽活動をしている)なども原因の1つとして考えられています。通常は1側性(片側の耳)で高度の難聴が突然生じます。耳鳴 [続きを読む]
  • 腰痛・椎間板ヘルニアの名医・専門医42名
  • 国内では国民の10人に1人が腰痛を持っている言われており、神経を圧迫した痛みや痺れ(しびれ)を伴うのが腰椎椎間板ヘルニアになります。国内における椎間板ヘルニアの患者数は、じつに100万人を超えると考えられています。腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状は、言わずと知れた腰の痛みになります。さらにお尻から足にかけての坐骨神経痛なども多く見られます。坐骨神経痛とは、腰から足先にかけて神経が圧迫されるために腰 [続きを読む]
  • 白血病・悪性リンパ腫の名医・専門医43名
  • 白血病は血液のがんと言われることでも有名ですが、白血病と一口でいってもその分類は複雑で様々な種類があります。白血病は末梢血液中や骨髄でがん細胞が増えるのが特徴ですが、同じ血液の病気である悪性リンパ腫では「しこり」が発症するという特徴があります。それぞれタイプによって治療方法が全く変わってきますので、どの白血病なのかを確認しなければなりません。国内における白血病の発症率は年々増加傾向にあり、年間10 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎の名医・専門医38名
  • 少し前までアトピー性皮膚炎と言えば、乳幼児期に発症して成人前には自然治癒する病気と言われてきました。しかし、最近では一時的に症状が治まったアトピー性皮膚炎が成人後に再び現れるケースや、成人になっても症状が良くならない場合が増えています。患者さんの中には成人してから初めてアトピー性皮膚炎の症状が現れる人もいます。このような状況から厚生労働省の疾病調査によると、20歳以下では10人1人、40〜60歳代 [続きを読む]
  • 小児外科の名医・専門医24名
  • 小児外科では、新生児・未熟児をはじめとする子供の病気を専門に扱う科になります。子供は大人とは違って小さな体となる為、大人と同じ治療方法・手術では子供は行えません。体の臓器(肺・腎臓・肝臓など)が発育が未発達となり、年齢を重ねるにつれて発育していく子供の特性をよく知った上で、薬や手術を決めなければなりません。このように大人とは違う子供の特徴をよく知る専門医が必要なことから小児外科があります。ここでは [続きを読む]
  • てんかんの名医・専門医22名
  • ニュースで取り上げられたことが切っ掛けで認知度が高まったてんかん。てんかんとは突然に発作を起こし、意識がなくなる病気ですが、原因や症状は人によって異なります。国内の患者数は60〜100万人にも上り、かなり身近な病気のひとつと言えます。発症年齢は幅広く、子供から高齢者まで発病する可能性がある病気です。このてんかん発作とは、一部の脳神経細胞が一時的に通常とは異なる電気活動を発することで生じる病気です。てん [続きを読む]
  • 不整脈の名医・専門医30名
  • 不整脈とは心臓が収縮を繰り返し、血液を送り出す回数やリズムが一定でない状態のことを指します。心臓は筋肉のかたまりと言われますが、心臓の心筋という筋肉には電気が流れ、日々リズムよく動いています。このときに何かしらの原因によって電気が発生しなかったり、うまく伝わらなくなるなど、洞房結節から心筋にうまく電気が流れない状態になることで、心臓の収縮リズムや回数が乱れ、不整脈が発生するのです。不整脈の原因とし [続きを読む]
  • 不妊症治療の名医・専門医31名
  • 意外にも世界で日本は有数の不妊大国となり、不妊症カップルは今なお増加傾向にあります。この不妊症の増加が社会問題となり、少子高齢化にも繋がってくると考えられています。国内においては、じつに男女カップルの約6組に1組が不妊症の問題をかかえており、実際に不妊症の治療を受けているカップルは46万人以上(厚生労働省調べ)にも上ります。最近では世間的に不妊治療の知られてきており、積極的に検査を受けられるカップ [続きを読む]