marie さん プロフィール

  •  
marieさん: Belgium time ..+'..+*
ハンドル名marie さん
ブログタイトルBelgium time ..+'..+*
ブログURLhttps://ameblo.jp/asi-soy-yo/
サイト紹介文ベルギー生活日記です☆週末はビール醸造所に通い、平日はフランス語の勉強!
自由文2015年ベルギー上陸。日々チョコとビールに囲まれてフランス語に奮闘しています。英語もしばしば、ときどきオランダ語。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/11/04 07:28

marie さんのブログ記事

  • サンフランシスコの中華街
  • 今回の旅行ではサンフランシスコに2泊して、ご飯を後回しにしちゃうくらいストイックに歩き回ったのでかなり色んな所に行くことができました。女3人での旅は常にテンション高めで、みんなそれぞれ趣味嗜好が違うのでそれもまた楽しかったり、個人的には緩急もつけることが出来てほんとにいい旅行となりました。一緒に旅行してくれた友人に感謝。私は旅先では全く買い物をしないし、お土産屋さんでのショッピングにもあまり興味 [続きを読む]
  • 坂の街、サンフランシスコへ!
  • 先週末、3泊4日で友人とサンフランシスコに旅行に行ってきました。アトランタからは西方面に飛行機で4時間半、なかなかの距離。時差もなんと3時間もあります。以前、テレビでサンフランシスコの旅番組をたまたま見て、それ以来ちょっと気になっていて、今回友人が日本からサンノゼに2カ月来ていたのをきっかけに遊びに行ってきました(サンホセからサンフランシスコは車で1時間ほど)。正直言っていつも私はあんまりアメリカ [続きを読む]
  • アーミッシュの村を訪れて
  • 前回のフィラデルフィアブログからだいぶ間が空いてしまいました…汗 忘れてしまわないうちに、今回のフィラデルフィア旅行最大の目的であったランカスターのことを書いておこうと思います。ランカスターには大きなアーミッシュのコミュニティがあり、そこではアーミッシュの人たちの「典型的な生活」が営まれています。今回、友人からの誘いで初めてランカスターにアーミッシュの集落があることを知ったのですが、元々アーミッ [続きを読む]
  • フィラデルフィアへ!
  • 今週頭のMemorial day(戦没将兵追悼記念日)の連休を利用して、私たち夫婦と友人3人の計5人でフィラデルフィアに行ってきました。観光スポットもそこそこあるし、同じ東海岸なので2時間弱で行けるし、時差もないからアトランタから行く旅先としてはなかなか魅力的な場所。今回の旅の目的は、アーミッシュ(現代の技術をなるべく拒否して生きるキリスト教系の集団)の人たちの生活をちょっとだけ覗かせてもらう、というもの。ア [続きを読む]
  • ドキドキの写真教室
  • 英語教室の授業がもうすぐ終わるので、何か新しいことをしなければ!と写真教室に申し込んでみました。英語のクラスだったら参加者は外国人だし、英語が下手でも平気ですが、英語以外のクラスとなると、参加者はアメリカ人。ちょっとドキドキでしたが、写真のことも勉強できるし、なんなら英語の勉強にもなるし、一石二鳥だ!ということで参加してみました。ベルギーにいた時も、大好きなビールのこととなると醸造の小難しい説明 [続きを読む]
  • 野生動物がいっぱい!のガラパゴス
  • ウォーキングデッドのせいで、ちょっと尻切れトンボ状態になっていたガラパゴス旅行記ですが、ドラマも落ち着いたので(笑)、忘れないうちに書いておこうと思います。ガラパゴスが最も暑い3月に行ったせいで、すごい日焼けをしてしまい、2週間経った今でも皮膚が剥けてガラパゴスは猛暑だったなぁと思いだします。いつがベストシーズンか、それはガラパゴスで何をしたいかによりますが、自分にとってのベストシーズンがあったとこ [続きを読む]
  • アメリカのドラマに夢中!
  • 最近ブログの更新が滞っていますが、それはアメリカのテレビドラマを見始めたせい…!Walking Dead(ウォーキングデッド)と言うゾンビ物のドラマなんですが、これが面白くて。アメリカでも大人気でみんなが見ていると言っても過言ではないくらい。ざっくり言うと、ゾンビがはびこる終焉の世界を描いたサバイバルドラマなのですが、ただのゾンビ映画と思うなかれ、濃ーい人間模様もしっかり描かれていて、毎回手に汗握る展開です [続きを読む]
  • アメリカの色んな学校
  • エクアドルから帰ってきて、新しい学校に行き始めました。以前紹介したジョージア工科大学ではなく、今回は英語の先生養成学校の生徒による授業を1ヶ月間無料で受講します。向こうは教える練習がしたい、こっちは安く勉強したいということでお互いのニーズが合致ということです。ほんとはジョージア工科大学の英語コースがいいんですが、何しろ高い!1回50分の授業を毎日×8週間で約600ドル。2コマ取ったら1200ドルだしこんなのを [続きを読む]
  • 美味しいガラパコス
  • 1週間もガラパコスにいたので、沢山食事する機会がありました。私は地元のものは何でもチャレンジしたいので、かなり色々と試したと思います。おそらく一通り全部食べたんじゃないかな。 一番の名物料理最初は勝手が分からないので、旅行客用のレストランで名物料理を一通りチェック。物価はちょっと高めで、ワンプレート15〜20ドルほど(ちなみにエクアドルの自国通貨は廃止され現在はドルが使われています)。バナナのフライ、 [続きを読む]
  • 赤道直下の国、エクアドルへ!
  • 夫の大学の春休みを利用して、10日間のエクアドル旅行に行ってきました。目的はガラパコス諸島。エクアドルの首都キトまではアトランタから5時間。いつものデルタ航空で直行便です。アトランタがデルタ城下町で良かった…。デルタ便は日本映画も豊富で(20本くらいある)フライトもあっという間です。キトには夜中に到着。標高が高いので赤道直下と言えども結構寒い。エクアドルは場所によって大きく気候が異なり、4つの気候帯に [続きを読む]
  • アメリカは広い!南西部へのドライブ旅行
  • ちょっと間が開いてしまいましたが、先月アメリカ南西部のアリゾナ州、カリフォルニア州、ネバダ州に行ってきたので、その記録を残しておこうと思います。ラスベガス発着で、レンタカーをチャーターし、10日間アメリカ南西部の雄大な自然の中を駆け巡りました。アメリカってニューヨークのような大都会があるかと思えば、グランドキャニオンみたいな手つかずの大自然があってほんとに広いです。 旅程は、Atlanta⇒Las Vegas⇒ Gra [続きを読む]
  • 効率的なアメリカ
  • アメリカに住んで早半年。アメリカってほんとに便利なところだなと最近つくづく思います。とにかく何でも効率的で、スマートフォンのアプリを使っていろんなことがサクサクと進みます。スマホを持っていないとアメリカでは生きれないんじゃないかってくらいスマホが幅を利かせていて、子供から大人まで持っています。先日ダウンロードしたスターバックスのアプリは、事前にアプリに課金をして、スタバに行く前に商品をオーダーし [続きを読む]
  • パカヤ火山へ!
  • グアテマラで過ごす最後の日曜日は、パカヤ火山に登ってきました。近場はほぼ全て行き尽くしてしまったので、この日は何をしようかとずーっと考えていて、ちょっとハードルが高くて不安もあったのですが、登山することにしました。他の中米の国同様、グアテマラにはとても多くの火山があり、そのうちのいくつかは活火山で、地震も頻繁に起きています。1番大きな火山はフエゴ(火という意味)という山で、私が滞在中も大きな噴火 [続きを読む]
  • マシモンに会いに…
  • 毎日先生と色んなことを話していると、グアテマラの知らなかった一面をどんどん発見します。そんな中、ひときわ私の興味を引いたのが、サン・シモン(マシモン)というグアテマラ人が信仰する神様。スペイン語ではサンシモン、マヤの人達はマシモンとも呼びます。このマシモンがものすごく独特でして。スペイン人のような顔をしていて、背広を着て、帽子を被ってタバコを吸っています。このマシモンという神様は元々マヤの人たち [続きを読む]
  • グアテマラの可愛いお土産
  • グアテマラと言えば民芸品が有名。私はどこに行ってもお土産というのはほとんど買わないのですが、グアテマラの民芸品にはすっかりやられてしまいました。今まで50以上の国に行きましたが、いつも買うのはその土地の食べ物くらい。可愛い!と夢中になった記憶があるのはフランスのハートの雑貨とポルトガルのタイルだけです。でも、グアテマラの雑貨には久しぶりに恋に落ちました。カラフルな色に豊富なデザイン、美しい手仕事、 [続きを読む]
  • インディヘナの村々を訪ねて
  • 授業の一環と称して、数日の間毎日先生に近隣の村に連れて行ってもらいました。行ったのは、以下の3つの村。Santa Maria de Jesus(サンタ・マリア・デ・ヘスース)San Andres Itzapa(サン・アンドレス・イツァッパ)San Antonio Aguas Calientes(サン・アントニオ・アグアスカリエンテス)ちなみに全て聖人の名前がついていますが、村がこの聖人と関係がある訳ではなく、この村のお祭りの日がそれぞれの聖人の日と一致するから [続きを読む]
  • グアテマラのコーヒー農園へ!
  • グアテマラでの生活パターンとして8時に学校に行き、先生と軽く雑談、そしてお出かけというのが定番になりました。普通のスペイン語学校だとずっと缶詰で勉強なのですが、そんなやる気も体力がないし、雑談でも十分勉強になるので座学は初日で辞めてしまいました。先生もとてもフレキシブルに対応してくれて有難い。好奇心旺盛な私には一緒に出掛けて色んなことを聞いて学んだ方が合っている気がします。 今日は授業のあと、先生 [続きを読む]
  • チキンバスに揺られて…
  • グアテマラの名物の一つに「チキンバス」というとてもヤクザなバスがあります。チキンバスとはアメリカ人がつけた名前で、現地の人はCamioneta(トラック/バス)と呼んでいるのですが。このバスがほんとに笑ってしまうくらい派手でして…。首都のグアテマラシティを走ってる分にはまだいいのですが、古都のアンティグアを走ってると、せっかくの風情のある建物の中をこのヤクザなバスが走っててものすごいギャップです(苦笑)。 [続きを読む]
  • アンティグアでスペイン語!
  • グアテマラに来た目的の一つがスペイン語の勉強です。アンティグアはスペイン語圏の中でも有名な学習スポットなのです。私も学生の時からアンティグアに行きたい行きたいと思っていて、十数年ぶりにようやく念願叶いました。なぜアンティグアがこんなに有名なスペイン語学習の場となったのかはよく分かりませんが、何人かのグアテマラ人に聞いてみたところ、スペイン語の語学学校を作ったのが他の国より早かったこと、アンティグ [続きを読む]
  • 原色のグアテマラへ
  • 友人と一緒にグアテマラにやってきました。といっても彼女は2泊3日で帰るので、私はその後1週間一人グアテマラです。ということで友人がいる間はストイックに観光。首都のグアテマラシティはかなり治安が悪いので古都のアンティグアを拠点にします。アンティグアはグアテマラシティからは車で1時間ほど。初日と最終日はアンティグア市内をぶらぶら、中日は終日使えるのでちょっと足を伸ばして近隣の町へ行ってきました。アンテ [続きを読む]
  • 自然がすごい!コスタリカへ
  • 真冬のニューヨークから直行便でコスタリカにやってきました。コスタリカは私にとって、とても思い入れのある国。14年前の大学1年生の春に初めて一人で行った国です。あの時の寂しくて不安でたまらなかった気持ちや、何もかもが新鮮で驚きに満ちていたことは今でも覚えています。そう思うとこの10年ちょっとでだいぶ大人になったもんだなぁ。今回はそんな思い出のコスタリカに母をご招待。私の大好きな中南米を母に一度見てもらい [続きを読む]
  • 真冬のニューヨーク!
  • ニューオーリンズの次はニューヨークにやってきました。ニューオーリンズが珍しく冷え込んだおかげで寒暖差は予想より小さくなったものの、ニューヨークの寒さは段違い。これまでに経験したことのない寒さでした。私たち夫婦は、寒い時は暖かいところへ、暑い時は涼しいところへ、という旅の鉄則があるのですが、今回は母たっての希望だったので、寒い寒いニューヨークへ行ってきました。 最高気温はマイナス5度、最低気温はマイ [続きを読む]
  • ちょっと不気味なニューオリンズ
  • 前回、フュージョンなニューオリンズについて書きましたが、今回はまた別のニューオリンズについて。ニューオリンズは色んな表情がありすぎて、1回のブログじゃ書ききれません。 ニューオリンズはヨーロッパ、アフリカ、アメリカなど色んな国々のごちゃまぜ文化でしたが、もう一つのニューオリンズを特徴づける要素として、標高が低いという点があります。標高が低いことにより、湿地帯(沼地)が本当にたくさん広がっています。 [続きを読む]
  • フュージョン!なニューオリンズ
  • クルーズ旅行から帰ってきたら間髪入れずに、2泊3日でニューオーリンズに行ってきました。ニューオリンズはアトランタからは飛行機で1.5時間、フライトがかなり遅延するというトラブルがありましたが、時差が1時間戻るのでちょっと許せるような気に。相変わらずアメリカ観光よりも中南米派の私ですが、母たってのリクエストで選んだニューオーリンズを思いの外気に入ってしまい、大満足の旅行となりました。アメリカにしては歴史 [続きを読む]
  • 夢にまで見た、キューバへ
  • ちょっと間があいてしまいましたが、、今回のクルーズの目玉であるキューバへ行った記録を残しておこうと思います。キューバは私にとって特別な国。卒論のテーマであり、社会人になって初めての営業先の国でした。 クルーズの記事で前述しましたが、アメリカからだとキューバはとても行きにくくなっています。特にトランプ政権になってからはまた制度が変わって、クルーズの場合でもアメリカ資本のツアーを予約しないと、アメリカ [続きを読む]