marie さん プロフィール

  •  
marieさん: Belgium time ..+'..+*
ハンドル名marie さん
ブログタイトルBelgium time ..+'..+*
ブログURLhttps://ameblo.jp/asi-soy-yo/
サイト紹介文ベルギー生活日記です☆週末はビール醸造所に通い、平日はフランス語の勉強!
自由文2015年ベルギー上陸。日々チョコとビールに囲まれてフランス語に奮闘しています。英語もしばしば、ときどきオランダ語。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/11/04 07:28

marie さんのブログ記事

  • カボチャ好きなアメリカ人
  • ハロウィンの季節がやってきました。日本やヨーロッパでもハロウィンの時期になるとカボチャが出回って、あぁハロウィンの季節かぁと思っていましたが、アメリカのハロウィン感はその比ではありません。もうそこら中がハロウィン(というかパンプキン)一色になる。スーパーに行ったらカボチャ味の食べ物の特設コーナーが出来てるし、カボチャ自体もゴロゴロしてるし、カフェでもパンプキン味のドリンクが出現。えっ、こんなもの [続きを読む]
  • 遺伝子組み換えってなぁに?
  • 最近、砂糖やら食品産業やらの映画を見ていたら、またAmazonビデオが関連作品を紹介してくれました。ちょうど私が最近気になっていたテーマでもあったので、早速鑑賞。「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」というタイトルの映画ですが、原題は「GMO OMG」なので、日本版はだいぶニュアンスが変わりますね。映画監督であるジェレミーさんが、子育てをきっかけに、自分たちが普段食べている食品に含まれる遺伝子組み換えを追ってい [続きを読む]
  • アメリカのビール。
  • ビール大好きな私ですが、そういえばアメリカに来てビールのことを書いていませんでした。心配しないでください、ちゃんとビール飲んでますよ。でも今は糖質をちょっと気にし始めたので控え気味ですが。 アメリカに来て最初の頃ははどのビールを飲んでも「ベルギービールの方がいいに決まってる」という固定観念があったので、あまり美味しく感じませんでした。アルコール度数8%が当たり前のベルギービールの世界から、アルコー [続きを読む]
  • あまくない砂糖の話
  • 「あまくない砂糖の話」という映画を父に勧められて見てみました。この映画、とっても良かった!私の今までの間違った認識をガラリと変えてくれた作品。現代人がいかに糖質を取り過ぎているか、よおーく分かりました。 この映画は、2016年公開のオーストラリア映画。オーストラリア人の超健康的な男性、デイモン(職業:俳優)が、妻の妊娠を機に現代人が毎日普通に摂取している砂糖大さじ40杯を2カ月間摂取するとどうなるか、と [続きを読む]
  • アメリカのこわーい食品
  • アメリカに来て、食事に気を使うようになりました。アメリカに対する、私の偏見もだいぶ入っていると思うんですが、、何だか色んなものを疑ってかかってしまう。ベルギーにいた時はそんなことはなかったんだけど。ベルギーでは生産者と消費者が近くて、近所のマルシェで農家の人から直接有機野菜を買ったりすることができて、安心して買い物をしてたからかな。アメリカではすべてが大型スーパーに集約されていて、自分で納得した [続きを読む]
  • アイヒマンを追っかけて
  • 学校が始まってから、最近あまり映画を見れていません。いや、見る時間はあるんですが、常に頭の端っこに「あぁ宿題やらないと…」という思いがあって、なかなか見る気になれないんです。映画をいっぱい見ようと思って、この間Amazon USAで「Kindle Fire HD8」という映画を見るのに適したタブレットまで購入したのに(なんとお試しのプレミア会員価格で40ドル!安い!)、まだ一度も使っていない。これはジムで運動しながら映画を [続きを読む]
  • Let's make sweets in America!!
  • アメリカに来てからよくお菓子作りをするようになりました。週に2回くらいは作っています。というのも、、お菓子を食べたいと思ってスーパーに行くのだけど、全く食べたいお菓子がないんです。。激甘なカラフルなお菓子ばっかりで、食欲をそそられない。でもやっぱり甘いものは食べたいので、頑張って自分で作っています。ベルギーに住んでいたときはあまりお菓子を作りませんでした。なぜなら、ベルギーには魅力的なお菓子がたく [続きを読む]
  • アメリカとハリケーン
  • アメリカの自然災害といえば、ハリケーン。対岸の火事のように感じてしまっていましたが、アトランタにもハリケーンがやってくるようです。今週頭にハリケーンイルマ(IRMA)はプエルトリコあたりで発生し、北上してマイアミに上陸、そのままさらに北上すると聞いていましたが、進路をちょっと西にずらして、明日月曜日にはアトランタにやってくる見通しです。学校の緊急連絡システムからは、明日と明後日は大学閉鎖のお知らせが [続きを読む]
  • PassionateでOpenなアメリカ人たち
  • 気付けばもう9月ですね。酷暑だったアトランタも最近は30度以下で過ごしやすい日々が続いています。 アメリカに来て1ヶ月が経ち、生活のリズムも整ってきました。私の1週間のスケジュールもやっと固まったところです。色々とやろうと思っていたのですが、沢山やり過ぎると中途半端になってしまうこと、アメリカは移動に時間がかかること(私は運転出来ないので)、家事とも両立させたい、ということからルーチンのアクティビテ [続きを読む]
  • アメリカの大学生とロイヤリティ
  • 授業が始まって1週間が経ちました。レベル分けテストで結構良い点を取ってしまったせいで、上の方のクラスになってしまいとても苦労しています…。日本人に結構ありがちなパターンだと思うのですが、テストの点はいいけど、実践が苦手なせいで、授業についていくのが必死です。先生に言えば、下のクラスのレベルに行くことも出来るのですが、都合の良い時間に授業がないので、今のまま頑張って続けることに。ジョージアテックの集 [続きを読む]
  • 久々に大学生気分!
  • 夫のEmory大学でのオリエンテーションが終わり、私もGeorgia Tech(ジョージア工科)大学でのオリエンテーションが終わりました。さすが大学なだけあって、語学コースを履修してるだけなのにかなりしっかりとしたオリエンテーションでした。ジョージアテックのオリエンテーションはみっちり3日間、コースの紹介はなく(みんな分かって入ってきてるから当たり前か?)、校内の案内、IT関連の説明、スポーツ施設の使い方、守るべき倫 [続きを読む]
  • 「スターリングラード」で独ソ戦を学ぶ
  • Amazonビデオが私の視聴履歴から、第二次世界大戦モノばかり勧めてくるので、今回もまたそういう映画をチョイス。「スターリングラード」という映画を見ました。この映画は高校生の時に映画館で見たことがあるのですが、とてもいい映画だったという記憶しかなく、もう一度見たいなぁと思っていたところ。きっとあの頃とは違うことを感じれたはず。 この映画は第二次世界大戦下の独ソ戦、1942年のスターリングラードでの戦いを、 [続きを読む]
  • アトランタの英語の学校(ESL)
  • 何かやらねばと思い、英語の学校に行くことにしました。タクシーの運転手の英語が驚くほどチンプンカンプンだったので、これはヤバいと危機感を覚えまして…で、まずはどんな英語の学校があるか検索。こちらの日本領事館のHPで、色んな学校の情報が載っているので、まずはここで一つ一つ当たっていきます。掲載されているジョージア州の学校は全部で24校。学校は大きく分けて3つのタイプがあります。大学の運営する語学プログラ [続きを読む]
  • 少しずつ始動開始。
  • 8月1日に新居へ入居して早10日が経ちました。何もやってないようだけど、最初は生活の立ち上げで大忙し!友達ゼロ、勉強もしてない、、とちょっと焦りますが、最初は辛抱、辛抱。事務関係は、車の手配、ガス・電気・インターネット・テレビの契約、家具の手配、銀行口座の開設、現地クレジットカードの契約、運転免許の取得、駐車場の予約、予防接種、、などなどやることは沢山。一方で、生活を整えるために、いくつかのスーパー [続きを読む]
  • アトランタの新居に入居!
  • ベルギーのお家を退去してから約1ヵ月の放浪生活を経て、ようやく定住しました。場所はアトランタ郊外の集合住宅。Theアメリカって感じのところです。セキュリティ付きの大きな門をくぐると、広大な敷地内には1棟に20世帯くらい入っているアパートが20棟ほどゆったりと並び(日本で言う団地とはだいぶイメージが違う)、アパートの管理センターやジム、プール、ビジネスセンター、BBQ施設、巨大ゴミ収集所、などが入っています [続きを読む]
  • アトランタに到着!
  • 24時間の移動の末、やっとこさアメリカに到着しました。ちゃんとアメリカで過ごしたのは中学生の時以来なので、なんと20年ぶり。批判を恐れずに言うと、私はアメリカが嫌いです。アメリカに来るのが嫌でしょうがなかったし、とにかく色んな面が嫌い。でも、せっかく1年間住むなら楽しまなきゃもったいないし、帰国する頃にはアメリカも悪くないな、という心境に変わっているといいなと思います。アメリカ観察・自分の心境の変化の [続きを読む]
  • 「神様メール」キュートなエアちゃんと懐かしのベルギー散歩
  • 早くもベルギーが懐かしくて、ベルギー関連の映画を見ています。今日見たのは「神様メール」という映画。去年公開の映画でずっと見たいなぁと気になってたんです。原題は、「Le Tout Nouveau Testament」で、新・新約聖書という意味で、邦題とだいぶ違いますが、邦題で新約聖書なんて付けたら日本人はちょっと固いイメージを持っちゃいそうだから、神さまメールっていうのはまぁまぁのタイトルじゃないかなと思います。主人公の可 [続きを読む]
  • Au revoir Belgique! ...et Merci beaucoup!!
  • ベルギーに来てちょうど丸2年、ついに先日ベルギーを発ちました。最初は5年くらいいることになるのかな、と思っていましたが、人生何があるか分かりませんね。まさか夫が受験生となり、今度はアメリカで学生になるのですから。私はベルギーが好き過ぎて、永住したいくらい大好きなのですが、今振り返ると、ベルギーに来る前は、日本を去るのが嫌で嫌でたまりませんでした。何がそんなに嫌だったかというと、大好きだった仕事を辞 [続きを読む]
  • 超弾丸!1泊2日のブルガリア旅行
  • もう2週間近く前になってしまいましたが、ベルギー在住中のほんとにほんとの最後の旅行にいってきました。今度は1泊2日の超弾丸でブルガリアへ。なんと行ったのは、ベルギー出国4日前のドタバタ旅行。アメリカビザが無事取れて調子に乗った勢いで(ビザ取得はかなり大変な道のりだった)、ブルガリア行きのチケットを購入。ちなみにパスポートはアメリカ大使館に預けたまま。無事届くかドキドキしながら待つこと1週間、悪名高いbp [続きを読む]
  • 素敵なサプライズ!
  • 会社を辞めて早1週間。引越も終わり、ホテル暮らしの日々が続いています。昨日までのブリュッセルらしい曇り空のうすら寒い天気で、カーディガンを羽織ってもまだ寒いくらい。そんな今日この頃は、朝起きなくていいという幸せを噛み締めながら、大事な人と会ったり、本を読んだり、映画を見たりしています。こういう生活は期限があるからこそ楽しいんでしょうね。そんな昨日、映画を1本見ました。去年公開の「素敵なサプライズ〜 [続きを読む]
  • お花のペイントの村、ザリピエへ
  • 南ポーランド最終日はZalipie(ザリピエ)という村へ。飛行機が早い時間だったので、観光の時間を確保するためにこの日は朝4時起き。夫に運転を頑張ってもらい、ヴロツワフから400キロ、約4時間かけてザリピエに到着しました。アウシュビッツも行ってしまったので、ザリピエは今回行かないと二度と来れない気がして頑張ったのですが、さすがにちょっとハードでした(苦笑)。 クラクフ空港の近くに、 ヴェリチカ岩塩坑というのが [続きを読む]