zuzu さん プロフィール

  •  
zuzuさん: 羊毛絵本
ハンドル名zuzu さん
ブログタイトル羊毛絵本
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yomodoll
サイト紹介文羊毛ドールを試行錯誤楽しく作ってます。絵本や映画などのことも紹介してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/11/04 08:25

zuzu さんのブログ記事

  • 白い苺と苺一会??
  • また出会っちゃいました^^苺可愛すぎる。今回は白い苺が1つ、クリスマスツリーの星のようにパフェの上に??初めて食しました!赤い苺と同じように甘いんですね〜〜??果実園リーベルのこのパフェあまりの苺の多さに友人は食べれるかな?と不安そうでしたが、私は食べる気満々。満足でした。お店の方によると、いろいろな品種の苺を組み合わせてるが、とちおとめがメインとのこと。苺尽くし???????????? [続きを読む]
  • 仲良し猫ちゃん
  • 私たち兄弟姉妹だと思う?親子だと思う?恋人同士に見える?とっても仲良しに見えるでしょ〜〜??なんと島根の縁切り神社に棲みついてるらしき猫ちゃん達なの。縁切り寺や神社には縁が無く、ツアーコースということで初めて訪れました。縁切りなんて物騒というか索莫としたというか穏やかじゃないイメージしかなかったのですが、?悪い縁を切って良い縁を結ぶ神社なのだそうです。ナント!縁は大切にしないとね一期一会 [続きを読む]
  • 苺一会
  • 大好きな苺??苺一会??苺パフェフルーツパーラーがあると吸い寄せられたように入ってしまいました。この苺パフェ、マイブームは1月の2回で終わりそう。最近、寒すぎて・・かな?少しでも暖かくなったら再燃するかも^^フルーツってなぜこんなにときめくのでしょうね [続きを読む]
  • 三匹のプードル
  • なんという事でしょう〜ぼ〜っとしているうちに今年も終わろうとしています・・それに気づき、少し焦り、結局焦ってもしょうがないと開き直って・・・情けないね〜今年でおさらばしたいダメのひとつアンパ〜ンチ!このプードルを作ったのは数ヶ月前秋頃かな?ストラップやブローチになるくらい小さくて軽いピンクやブルー、色々な色で作ってみようかな [続きを読む]
  • 後藤繁栄アナ語録
  • きょうの料理の顔後藤繁栄アナ、ダジャレアナ先日も出ました!土井先生のおせち料理栗きんとんの巻先生が栗を煮るときに「弱火でコトコト煮てくださいね」後藤アナ「ゴトゴトはダメなんですね」先生苦笑い。でもこれが美味しくできるコツの一つ。ゴトーアナのおかげで忘れないわ [続きを読む]
  • 赤いダーラナホース
  • 立川の新しくできたギャラリーで初めての即売展。即売だからか最終日に行くと数少なくなり淋しい事になってました。最終日に赤いダーラナホースも新しいお家へ。赤い羊毛を使い切るために数年前に作ったものです。その方は最近悲しいことがあり、少しでも明るくしたいと玄関に飾る、とおっしゃってました。作り手とはまた違う思いがあり、いかされることもあるのですね。本当にそうなってたら嬉しい。 [続きを読む]
  • クリスマス即売展
  • 即売会の小物作品を急遽作った。多い程いいときき、スピードを上げ頑張ってみた。前に作った羊毛小品も少しプラス。教授以外、皆さん販売は初めてで価格つけるの難しかったですよ。20名程でいろいろなハンドメイド、染織、ミニチュア、木工等々ギャラリーの小窓に羊毛の天使達も飾っていただきました。どうなるかと思いましたが、私の小品も何点か売れましたー?? [続きを読む]
  • ギバサ ゲット
  • 秋田名物ギバサが品薄と聞き諦めてたら、なんと手に入れました。見て!この粘り酢醤油で美味しいのあははー??最近、残念なのはふたご座流星群、確認できなかった友人から、見たー!メール方角か時間間違えたか?くやしいな [続きを読む]
  • あったかブローチ
  • 珍しくブローチを作ってみた。いろいろな色を自由に使って面白くなり、数個作った。疲れてちょっと休み、前に作ったものも探しだし並べてみました。すぐに達成感が味わえますね〜。 [続きを読む]
  • ラクダに乗る
  • 7月末〜8月鳥取島根の旅砂丘のラクダさん。乗ったラクダさんはモンゴル産で暑さに弱いとのこと。砂漠を横断し暑さにも寒さにも強いというイメージを持っていたので、意外でした。ガイドとしてミニ知識を教えてくれただけなのでしょうが、とても暑い日でしたので、そんな事聞くと少し申し訳ない気持ちになった。コブはしっかりとしてた。触られてもとてもおとなしい。穏やか。日本海も見えますね。うちに帰ってこんな大きなスイカ! [続きを読む]
  • 棋士の子
  • 中学生棋士藤井四段で将棋界が注目されてますね。 ほっとするのは、人間対人間の対局だということ。個性的な棋士達のエピソード等、解説を聞いてて面白い。マネのできない程の個性の持ち主さかなクンのお父様もプロ棋士です。囲碁の棋士ですが^ ^どちらも難しいけど、わかるのは勝負の世界ってことだけ。さかなクンは、以前TVチャンピオンで、様々な難題をクリアし、極めつけは裏で焼いた魚の匂いだけで、その魚が何か当ててました [続きを読む]
  • 羊飼いの少女
  • Little Bo-Peepボーピープちゃん(羊毛ドールと兎??????の染め絵を作りました。ポストカードにするとこんな感じですね??ボーピープは何体か作りました。なかなかお気に入りの顔になりません。ボーピープを作ってる頃に吉祥寺にその名のお店が有ることを知りました。お茶とケーキの美味しいお店。この小さなお店は気に入りました。ボーピープさんのかわいい小瓶の紅茶とハーブティーです。見てるだけでカワイイ。 [続きを読む]
  • フェイクスイーツ、何がめでたい。
  • 羊毛スィーツを作る1日講座を提案された事がありました。初心者向けの体験講座という事で。その頃クレイフラワーとプリザの講師をしてたのですが、それに添えるピックを羊毛で作ったところ、そんな話になり...どうしようと思いましたが、試作してみました。和菓子と洋菓子(スワンのシュークリームもある^_^懐かしいですね)作ってて、あまり楽しくなかった記憶が...。本当に食べられるお菓子を作った方が楽しいよぅ。結局クレイの問 [続きを読む]
  • 今月のDVD・映画、ドラマ
  • ~5月~ドラマ~☆☆☆☆コール・ザ・ミッドワイフ ロンドン助産院の物語(舞台は1950年貧しい地域の東ロンドン。ヒューマンドラマ)サウス・オブ・ヘル(グロテスクなシーンがキツくて、1話で挫折。)~また観たいドラマ~☆☆☆スプラップ アンド ビルド(柄本祐主演。祖父役、山谷初男のおジイちゃんぶりがいい。昨年の12月頃)~映画~☆☆☆☆バクダッドカフェ(常にイライラしてるカフェの女主人がだんだんご機嫌になっていくと、映画 [続きを読む]
  • 羊毛ミュージアム
  • 美術館行ってきました。あったらいいな〜のミュージアム。ファイル整理すると出てきた古い画像作った羊毛ドールで画像遊び。もうほとんどあそばなくなった。大分前だが、このサイトまだあるのかしら?面白いものが多かったと思う。 [続きを読む]
  • 懐かしの抱き人形
  • ほとんど羊毛でお人形を作るようになりましたが、以前作った布人形です。なんだかレトロというか昭和の女の子達の抱き人形みたいかな?30cm以上あるお人形。ドレスのフリルが、イヤになるくらい長〜く布をとりました。長〜く切って、長〜く縫って。段々フリル。抱き人形が羊毛のワンコを抱いてますこの子は25cmくらい。シンプルなお顔でしょ [続きを読む]
  • 今月のDVD・映画
  • ☆☆☆☆☆鉄くず拾いの物語☆☆☆リリィ、ハチミツ色の秘密☆☆ギフト(サスペンス・スリラー 主演ケイト・ブランシェット 、 キアヌ・リーブスがDV夫で凶暴な男を演じてます。)・A.I.☆☆仔鹿物語(内容はなま易しくない。子ども向けの映画と思ってみるとギャップがあります。結構サバイバルで、子どもにはハードルの高い試練が与えられていきます。主人公の少年が女の子の様な可愛い顔立ちで、野性と自然に対峙するので [続きを読む]
  • 教室展
  • 搬入の日の国立勉強中のろうけつ染めの絵。なかなか思うような色になりませんが、楽しくて通ってます。染色教室の発表展示会。約30名×約2点。先生の作品多数。元気で楽しい先輩生徒さん達の作品と一緒にゆらゆら並んでます会場は行列のできる人気ベーグル店柿屋さんが道路をはさんでみえる所よ先生は歌手等の着物帯をデザインしたり、TVドラマの部屋等インテリアに飾る絵を提供したり活躍されてます。絵画や絵葉書、ポーセリンア [続きを読む]
  • フェルティングドール講座ポーターの男の子
  • 毎回楽しみなスズキ先生の講座。完成した課題ポーター(ベルボーイ)です。ワラワラと新人研修に行くみたいですねわたしの息子はどこかしら?あ、いたいた!いました!一番奥で、あれまー、不器用な母の不細工なできのトランク提げて、不憫じゃのう鈍感なのか、あまり気にしてないみたい。これから新社会人として新たな環境に希望と不安でいっぱいなのかもね。お客様にホテルライフを十分楽しんでもらえるように頑張れ! [続きを読む]
  • リカちゃんの人魚姫
  • リカちゃんは女優さん。いろいろな役をこなしてますね人魚姫やピノキオ等は人間になりたいと切望する物語の主人公。映画ではA.I. これは最近tvで視聴。母に愛されたいと求め続ける子どものロボット。哀しすぎて不気味です。開発者は心を持ったロボットの成功としてましたが、こんな不幸なロボットは作っちゃダメですね。 [続きを読む]