HSTZ さん プロフィール

  •  
HSTZさん: To TAKARAZUKA once a month at leastー観劇・備忘録
ハンドル名HSTZ さん
ブログタイトルTo TAKARAZUKA once a month at leastー観劇・備忘録
ブログURLhttps://ameblo.jp/hirs921/
サイト紹介文有楽町を中心に観劇。宝塚市栄町にも時々遠征しています。 実際の観劇日数は、月に2〜6日位でしょうか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供310回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2015/11/04 16:44

HSTZ さんのブログ記事

  • スカイステージ通信 2018.6
  • 今日届きました。■TAKARAZUKA SKY STAGEスカイステージ通信   2018.6新放送は、まず①『王妃の館 −Chateau de la Reine−/VIVA! FESTA!』('17年宙組・東京・千秋楽)放送日2018/6/3、7、10、12、18、27「みりおん」の退団公演ですね。『サヨナラショー』も、とても良かった...。放送が楽しみです。続いて②『神家の七人』('17年専科・バウ)放送日2018/6/10、14、17、19、25まあ、これはいいとして...(笑)③『Ar [続きを読む]
  • 1789 ③ ‘18年・帝国劇場 「エリート軍団?」
  • 1789 -バスティーユの恋人たち-潤色/演出:小池修一郎音楽監督/太田 健  振付/桜木涼介,KAORIalive,Twiggz  歌唱指導/山川高風,やまぐちあきこ美術/松井るみ  照明/笠原俊幸  音響/大坪正仁  衣裳/生澤美子  ヘアメイク/富岡克之(スタジオAD)  映像/奥 秀太郎  擬闘/栗原直樹  舞台監督/広瀬泰久  演出助手/坂本聖子,伊達紀行  プロデューサー/服部優希,篠?勇己平成30年4月22日 帝国劇 [続きを読む]
  • 1789 ② ‘18年・帝国劇場 「宝塚版との違い」
  • 1789 -バスティーユの恋人たち-潤色/演出:小池修一郎平成30年4月22日 帝国劇場 午後17時公演 1階J列下手側S席<タイトル通りのネタバレ記事です(笑)。ご注意ください>○宝塚版との違いストーリーの大きな流れは同じですが、セリフは勿論、場面構成、ストーリーの細部はかなり異なっています。細かな違いまで挙げていくとキリがない (し、よく覚えてもいない (笑)) ので、明らかに場面構成やナンバーが違う部分を、宝塚 [続きを読む]
  • エリザベート先行画像
  • ↓↓↓?私が、実際に観劇したのは、↑の二つです。次の月組が、三つ目となります。今回の先行画像は...正直、今一つ、トートとシシィのイメージに、シックリこない気もします...特に、トートは、イロツヤがよくて、その眼差しも、とっても生身の人間的...(まあ、だんだん慣れて (?) くるのかもしれませんけど)...っていうか、「みりりんトート」......って、美しすぎますね...ポスターよりも、先行画像の [続きを読む]
  • カンパニー ⑦ ‘18年・月組・東京 「絶妙のコンビ」
  • ミュージカル・プレイ『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』〜原作 伊吹 有喜『カンパニー』(新潮社刊)〜脚本・演出/石田 昌也平成30年4月15日 東京宝塚劇場 午後15時30分公演 1階17列センターS席午後は、7列下がったけれど、ほぼセンターで、舞台全体を見やすい位置でした。まあ、出入りがちょっと大変ですけど(笑)○ストーリーの瑕疵?そういえば、『カンパニー』のス [続きを読む]
  • BADDY ⑤ ‘18年・月組・東京 「Mission:Impossible?」
  • ショー・テント・タカラヅカ『BADDY(バッディ)−悪党(ヤツ)は月からやって来る−』作・演出/上田 久美子平成30年4月15日 東京宝塚劇場 午後15時30分公演 1階17列センターS席○唯一?さて、今回の月組公演は、『芝居/ショー』が、その内容傾向的に (?)「真逆」みたいなところが、一つの大きな魅力でしょう。ですから、同じ方のそれぞれでの「キャラが全然、違う...」のが普通ですね。要するに「青柳/Baddy」のキャ [続きを読む]
  • BADDY ④ ‘18年・月組・東京 「ちょっとデータを整理」
  • ショー・テント・タカラヅカ『BADDY(バッディ)−悪党(ヤツ)は月からやって来る−』作・演出/上田 久美子作曲・編曲/青木朝子,甲斐正人,斉藤恒芳  振付/御織ゆみ乃,若央りさ,上島雪夫,桜木涼介平成30年4月15日 東京宝塚劇場 午前11時公演 1階10列最上手側S席○油断?この日は「組長さん」の声がひどく掠れていて、別人のような声になっていました。そして、芝居の方の「新解釈・白鳥の湖」について説明する場面の [続きを読む]
  • カンパニー ⑥ ‘18年・月組・東京 「1.5番...」
  • ミュージカル・プレイ『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』〜原作 伊吹 有喜『カンパニー』(新潮社刊)〜脚本・演出/石田 昌也作曲・編曲/手島恭子, 音楽指揮/寺嶋昌夫, 振付/AYAKO, 擬闘/清家三彦, 装置/稲生英介, 衣装/加藤真美, 照明/安藤俊雄, 音響/大坪 正仁, 小道具/松木久尚, 歌唱指導/飯田純子, 演出助手/栗田優香, 舞台進行/中島 [続きを読む]
  • 『MESSIAH』ポスター
  • ↑がこうなりました。「ゆきちゃん/流雨」は”聖女”みたいですね (ちょっとマナっぽい)。対して「れいちゃん/山田右衛門作」は、”Dark系”みたい。漆黒の髪のインパクトも強いですね。最後に「魔王」に変身してもおかしくないかも(笑)「みりりん/天草四郎時貞」は、どんなキャラなんでしょう。「先行画像」ほど”Dark Hero”的な感じは受けないけど...「タケヒコ」みたいな「正統的英雄」には全然みえない...。「 [続きを読む]
  • BADDY ③ ‘18年・月組・東京 「○○○○ ジョーダンじゃね〜」
  • ショー・テント・タカラヅカ『BADDY(バッディ)−悪党(ヤツ)は月からやって来る−』作・演出/上田 久美子作曲・編曲/青木朝子,甲斐正人,斉藤恒芳  音楽指揮/井上博文  振付/御織ゆみ乃,若央りさ,上島雪夫,桜木涼介  装置/大橋泰弘  衣装/有村淳  照明/勝柴次朗  音響/大坪正仁  小道具/加藤侑子  映像/奥秀太郎  歌唱指導/KIKO  演出助手/樫畑亜依子,熊倉飛鳥平成30年4月8日 東京宝塚劇 [続きを読む]
  • SUPER VOYAGER! ② ’18年・雪組・全ツ  「残り15%以上?」
  • レヴュー・スペクタキュラー『SUPER VOYAGER!』−希望の海へ−作・演出/野口 幸作平成30年4月7日 イズミティ21 午後14時公演 18列下手側,午後18時公演 14列上手側「だいもん成分90%」とか書いてしまって...ちょっと、「またやっちゃった」感がありますが...(笑)。ショーの感想を、もう少しだけ...。○「だいもんだけじゃない」っていうのは、勿論当たり前。そういった意味では、何と言っても第3章 OCEAN  S [続きを読む]
  • SUPER VOYAGER! ① ’18年・雪組・全ツ  「85%?」
  • レヴュー・スペクタキュラー『SUPER VOYAGER!』−希望の海へ−作・演出/野口 幸作作曲・編曲/青木朝子,手島恭子  録音音楽指揮/西野淳  振付/羽山紀代美,麻咲梨乃,ANJU,ASUKA-TAKAHASHI,三井聡  装置/大橋泰弘  衣装/加藤真美  照明/湯田史人  音響/米田将也  小道具/西川昌希  歌唱指導/KIKO  演出助手/樫畑亜依子  装置補/稲生英介  舞台進行/政村雄祐平成30年4月7日 イズミティ21 午 [続きを読む]
  • 誠の群像 ① ’18年・雪組・全ツ 「80%」
  • 幕末ロマン『誠の群像』−新選組流亡記−原案/司馬 遼太郎 作「燃えよ剣」「新選組血風録」脚本・演出/石田 昌也平成30年4月7日 イズミティ21 午後14時公演 18列下手側「燃えよ剣」は、私の10数冊程度の司馬読書歴の中でも、最も好きな小説の一つです。とはいっても、実際に読んだのは、すごーく前なので、詳細は全然覚えていないのですが(笑)、とにかく「土方の生き様のカッコよさ!」は衝撃的でした。そして、それまで [続きを読む]
  • シトラスの風−Sunrise−① ’18年・宙組・宝塚 「MVP」
  • ロマンチック・レビュー『シトラスの風−Sunrise−』〜Special Version for 20th Anniversary〜作・演出/岡田 敬二平成30年4月1日 宝塚大劇場・午前11時公演 1階7列最下手側S席幕間は、少し外に出て、花の道をブラブラ...。桜吹雪...とまではいかないけど、「桜小雨」くらいの感じだったでしょうか(笑)。もうずいぶんと散ってしまったでしょうね...。「良い時期に来れた...また来年もこの季節に」って思っていま [続きを読む]
  • 天は赤い河のほとり ① ’18年・宙組・宝塚 「MIP」
  • ミュージカル・オリエント『天(そら)は赤い河のほとり』原作/篠原 千絵「天は赤い河のほとり」(小学館)脚本・演出/小柳 奈穂子平成30年4月1日 宝塚大劇場・午前11時公演 1階7列最下手側S席さて、すっかり「妖狐の幻術」にハマってしまっていて (?)、こちらの感想は、全然書いていませんでした...。すでに、かなりが忘却の彼方へ...。東京で新鮮に再会できるかも...(笑)でも、とりあえず、おおざっぱな印象 [続きを読む]
  • 義経妖狐夢幻桜 ②  ’18年・雪組・バウ 「こんなに...」
  • 『義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)』作・演出/谷 貴矢作曲・編曲/太田健  振付/若央りさ,Mami  殺陣/清家三彦  装置/國包洋子  衣装/加藤真美  照明/笠原俊幸  音響/大坪 正仁  小道具/市名史弥  映像/溝上水緒  歌唱指導/堂ノ脇恭子  演出助手/熊倉飛鳥  舞台進行/阪田健嗣平成30年4月1日 宝塚バウホール 14時30分公演 上手側4列「花の道」の桜は散り始め...。そして、 [続きを読む]
  • ポーの一族 ⑬ ‘18年・花組・東京 「二番手」
  • ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』原作/萩尾 望都「ポーの一族」(小学館フラワーコミックス)脚本・演出/小池 修一郎平成30年3月18日 東京宝塚劇場 午後15時30分公演・前々楽 2階9列センターA席The orthodox TAKARAZUKA MADAMESにおかれましては、“Edgar loss”の日々をお過ごしの方が多くいらっしゃることでしょうが、個人的には「もう、お前の笑みを見ることは無いのか!!」という日々となっております...(笑) [続きを読む]
  • みりりん・先行画像
  • 『MESSIAH』の先行画像が出ました。「また、違う」みりりんがいるみたい...と言うことで、手元にある「阪急交通社貸切公演」でもらえるスチールを引っ張りだして、ここ3作の先行画像を確認してみました。もちろん、どれも、みりりんですけど...。やはり、雰囲気は全然違いますね。それと、ここ2作は一人写りなんですね。○ 『金色の砂漠』最初に、「ギィ」は、“Dark Hero”的な感じだったでしょうか?この画像でも、眉間に [続きを読む]