S.B.林久 さん プロフィール

  •  
S.B.林久さん: 自分でわが家を作るということ
ハンドル名S.B.林久 さん
ブログタイトル自分でわが家を作るということ
ブログURLhttp://self-build.techblog.jp
サイト紹介文自然素材を使った素朴で手作り感のある家をセルフビルドで建てたい。家の解体から新築完成までノウハウ満載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/11/04 22:38

S.B.林久 さんのブログ記事

  • 庇屋根の上に足場を建てる
  • 以前に一度だけ屋根の上に足場を組んだことがあったので、まあ、やれるだろうと軽い気持ちでいましたが、やってみるとやっぱり緊張感ありますね。新品の瓦を傷つけたくないし汚したくないですから、慎重になるのも当然。余っていた床用のシートを使い保護してみました。 瓦... [続きを読む]
  • 仮設足場を組み上げる
  • わが家の外壁他、外部作業のため足場を組むことにしました。足場資材について通常は建設機械レンタルのお店で借りていましたが、今回はいつもお世話になっている材木屋さんのご好意で無料で貸していただけることになりました。材木屋さんの倉庫の奥に置き去りの使う事のない... [続きを読む]
  • キシラデコール
  • 2017年の9月10月は例年に比べて非常に雨の多い月となりました。しかも10月に台風が上陸するという異常事態も。せっかくの綺麗な木材が雨でシミになりそうで、、、、結構あわてて塗装にかかりました。わが家は構造上長い軒を支える柱が何本も外部に露出しています。直接雨や... [続きを読む]
  • 外壁の下地板を斜めに貼ってみた
  • 外壁の最終的な仕上げは漆喰系の材料での塗り壁になるのですが、そのための下地を作っていかなければなりません。その第一段階として野地板と呼ばれる板を貼っていきます。12mm厚で幅は105mmと135mm、長さが1820mmの杉材を使用しました。一坪分が1束になっていて2000円くらい... [続きを読む]
  • 間柱を取り付ける
  • やっと木工事らしくなってきました。柱と柱の間の柱「間柱(まばしら)」の取り付けです。幅75mm 厚さが30mmの杉材です。これがないと外壁の下地板を張ることができません。 窓の取り付け位置には柱に数mmの削り込みを入れておきました。後日、鴨居と敷居をはめ込... [続きを読む]
  • 基礎コンクリートを補修する
  • 基礎コンクリート立ち上がり部分の型枠が強度不足のため、その後の生コン打設が非常に不安の残る結果となってしまいましたが、その不安を少しでも解消したく思い補修することにしました。型枠の固定が甘かったため生コン打設時のバイブレーター掛けが十分にできず、予想通り... [続きを読む]
  • 上棟を終え感慨にひたる
  • 「上棟」「建前」「建舞」「棟上げ」 地方によっていろいろ呼び名があるようですが、私の暮らす地域では「建前」と呼んでいます。土台、柱、梁、桁、小屋組みなどの家の基本となる構造材を組み上げる最も重要な作業です。こればっかりは素人が手を出すと後々危険かと思い... [続きを読む]
  • やっと埋め戻し
  • いや〜ここまで長かった〜。基礎コンクリートの周りに山積みだった土をくずして平坦にならします。布基礎でも普通はならした土の上全面に数cmのモルタルを敷いて仕上げるのですが、わが家では土はむき出し状態にします。理由については以前の記事「べた基礎にしない方がいい... [続きを読む]
  • 基礎鉄筋の組み立て
  • 捨てコンクリートが固まったら次は鉄筋の組み立てです。鉄筋は異形鉄筋という竹みたいに節のある鉄筋を使います。太さは13mmと10mm。場所によって使い分けます。わが家の鉄筋工につきましては当初専門業者さんに全てお願いするつもりでいましたが、いろいろと検討した結果、... [続きを読む]
  • 捨てコンクリート打設
  • ランマーで地固めが終わったらいよいよコンクリートの打設です。最初に行うのが捨て(均し)コンクリートの打設ですが、「捨て」と言っても捨ててしまうほど無駄なものではなく、基礎本体を立ち上げるための重要な下地となります。いうなれば、基礎の基礎。強度はあまり重要... [続きを読む]
  • 割栗石を小端立てる
  • 布基礎部分の掘削が終わったら次は「割栗石」です。昔の基礎は河原で拾い集めた石を敷き詰めたそうですが、現在は大きな岩石を割って作った角の尖った石を使います。これが割栗石です。わたしが自宅で使用したものは 50〜150というもので大きさが50mmから150mm... [続きを読む]
  • 生石灰と消石灰
  • 今回の基礎工事で私は消石灰を頻繁に使用しました。いろいろな場面で非常に役立つ材料です。消石灰は壁塗り材料の漆喰の主成分であることはよく知られていますが、それ以外でも農業用の土壌改良材としてもよく使われます。PHの低い(酸性)土壌に消石灰を混合すれば中和され... [続きを読む]
  • 家の直角を出す
  • 遣り方(丁張り)で家の外周に柵が出来たら今度は直角を出します。直角って、どうやって出すんだろう?三角関数で3辺の長さを測って調整する?、、、いやいやレーザーレベルを使う?、、、いやいやトランシットで、、、いやいや「カネピタ」があるでしょなんと!我が家には... [続きを読む]
  • 言い訳
  • いつの間にかゴールデンウィークも過ぎ、すっかり春?どころかもう梅雨が来そうな。。。今年に入ってもうず〜〜〜っと基礎工事中です。ほぼ土建屋です。作業もそこそこ進んでおります。夜は疲労でやる気が起きず、ブログ放置状態でした。そろそろ再開しようかと思っており... [続きを読む]
  • 自分で登記をすることについて思う
  • 家の解体を終え今回初めて「登記」というものを自分でしてみたのですが、その際に参考にさせてもらったのが以前の記事でも紹介しました「自分で登記をする会」です。実はずいぶん前からこちらの会のことや発行されている書籍は知ってまして、数年前からメールマガジンの会員... [続きを読む]
  • 遣り方のやり方
  • 地縄張りで家の建つ位置を確認したら次は<遣り方(丁張り)> です。事前に建築屋さんに聞いたりネットで調べたりした知識での初挑戦です。遣り方とは地縄から50cm~1mくらい外へ離して杭(水杭)を打ち込んで柵を作る作業になります。この柵の横板(水貫)の高さを水平にす... [続きを読む]
  • 地縄張りはけっこう大事
  • 今までずっと家を壊すことばかりやってきましたが、いよいよ本格的に家を建てるような雰囲気になってきました。更地になった状態からまずやることは<地縄張り>家の位置、大きさ、方角などを決めて地面に縄を張っていく作業です。50m巻のトラロープを購入して使用しました... [続きを読む]
  • バックホーとユンボ
  • 「ユンボ」というのはもともとはフランスの建設機械メーカーSICAM社がつけた商品名で固有名称です。それに対して「バックホー」というのは油圧式の掘削機械の一般名称で、ユンボと同型の物は全て「バックホー」と呼びます。1960年代初期に三菱重工がSICAM社と業務提携して製... [続きを読む]