camp side dish さん プロフィール

  •  
camp side dishさん: camp side dish
ハンドル名camp side dish さん
ブログタイトルcamp side dish
ブログURLhttp://iriecampfire.blogspot.jp/
サイト紹介文キャンプ歴27年の家庭持ちアラフォー2人が流されないスタイルでやってます。
自由文キャンプ歴27年の家庭持ちアラフォー2人がキャンプギアのレビューや画像をアップ!イベント制作等も視野にいれ出来ればと!アウトドア情報交換しましょう!日本オートキャンプ協会会員です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/11/05 01:07

camp side dish さんのブログ記事

  • 『Others』 AIGLE EGG 展示会?斬新な冬モノ広告 
  • スポーツオーソリティーの前から遠目で見ると一見タバート社のエッグ??と思いましたが近寄るとど派手なMiniに牽引されているAIGLEのショウケースでした。どでかいグレーにウッドデッキでクラシックな見た目にどでかいレインブーツを乗せて。まさにどこかのメーカーのお株を奪いに行く気満々。このエーグルレインブーツの存在感は雪降る季節の前、この時期、今が旬。ガラス張りのキャビンの中はエーグルのショウケースとなってい [続きを読む]
  • 『item』ヘッドライト milestone(マイルストーン) MS-B1+
  • milestone(マイルストーン) MS-B1+闇に包まれたときに辺りを優しいオレンジ色の灯りで照らすキャンプ行った時にはそんな灯りが落ち着きませんか?手元や遠くがハッキリ見える白い光も備えてます夜中にノドが乾いた時に水を探る時、同行者を起こさない赤い光も付いてます。 電池含んで96g重さはソコソコですが なんとmicroUSBにて充電式!! 手軽にチャージ可能です。 アジャスターストラップの調整もかなりし易くサッと調 [続きを読む]
  • 『camp』 チャイパビベースで焚火ティータイム
  • 台風を待つ関東地方から朗らかな緩やかな情報を。これがあれば一人一日贅沢に水を使用できる強い味方。いつもの相棒nalgene(ナルゲン) フォールディングカンティーン 3.0Lを2つ。焚火をバックにペアでマッサンは必ず見分けがつくようにNITEIZE(ナイトアイズ) エスビナーを必ず付ける。軽くお出かけの時はこいつが相棒MSRのポケットロケットに蓋がフライパンにもなるライテックトレックケトル&パンで。かなりのお気に入りREIの蓋つ [続きを読む]
  • 『Others』 沖縄はキャンプ天国かも  離島にはバックパッカーも
  • 10月の三連休に両端に有給取得で家族で沖縄旅行にいってきました。久々のファミリー企画で、ワクワク感に比例して準備に時間をかけた様な気がします。10月初旬でも沖縄は日中35℃前後で関東の真夏日程の感覚でした。まずは必ず沖縄へ行く子供連れファミリーが訪れる美ら海水族館へ16:00以降の割引ではいりジンベイザメとの写真なんかを撮り。ホテルは嫁の気遣いでアップグレードで上層階に泊まり正にオーシャンフロントでした。目 [続きを読む]
  • 『DAY』 北アルプス 大天井岳 2,922m
  • お盆ばんは夏休みね私、今年は返上と相成りましたが如何お過ごしでしょうか仲間から写真が届きました。どうやら北アルプスのた大天井岳へ行っているみたいです。大天井岳は 2922m昔、アルバイトですが3年程夏を過ごした山です。北アルプス一景色が良いと言ってもおかしくありません これは夕方の景色ですねcamp side dish まっさんプロフィールへcamp side dish しばプロフィールへ アウトドア(全般) [続きを読む]
  • 『irie』 娘の習い事の合間に海でMSRバーナーとチルアウト
  • 本日またまた娘の習い事にお付き合いで真鶴へ待ち時間がちょっくらではないしそれなりの距離なので暇つぶしの準備を出る前から妄想してます。しかも完全に行く場所は真鶴の琴ヶ浜と言う場所相模湾の西方から中央〜東側の街や海岸線の灯りをキレイに見られる場所。月明かりがとてもキレイに水面に歪んだり。この場所の一番のメリットは無料で停められる駐車場があり(10台ほど)トイレ、自動販売機もある。トイレも割と綺麗です。階 [続きを読む]
  • 『camp』 ちゃいパビで快適潮風海キャンプ
  • 夏に入る少し前の浜辺キャンプの様子少し風の強い夕方からの設営でしたがきちんと張れば快適な幕ですこの日のスタメンは2人で後から泊まらない1人がご来場有料道路の高架下で風は海風でたまに突風、雨は心配ご無用ストロボ影するとこの様な外観になりましたライトなし撮影だと中の様子が影でくっきりわかりますテントの中はこの様に片側サイドはしばスペースコールマンのヒーリングチェアーにアルミフォールディングテーブルの組 [続きを読む]
  • 『item』 Haglofs×BEPAL 付録 ビック・サコッシュ
  • 中途半端なサイズの物入れが欲しくて本屋で発見したのがこちら。ホグロフスとビーパルコラボのサコッシュ。フランス語で袋と意味するこの様な形のバックは財布やカードケース、車のキーや今時の大画面スマホを入れるのに最適なサイズ。箱を開けてみるとネービーカラーに大きめのホグロフスのロゴマーク。そしてこの手のタイプにありがちな肩が痛くなる事間違いなしのショルダーベルト。ベルトは後ほど他の物に交換するとして・・・ [続きを読む]
  • 『item』超おススメ!!蒸れない靴下「DRYMAX」
  • どのような状況下でも常に内部の足の表面はドライに保つ画期的なシステムを搭載した靴下、Drymax。ホントこれ、おススメです。元はトレイルラン用みたいですね。何年か酷使してますがそれでも捨てられない理由があります。(破れたりほつれたりはしてませんが)びっくりするぐらい蒸れません!!!!購入当時は日本ではまだ無名に近く、単純にデザインで選んだのですが、履いた人にしか分からないです。相当、良い買物したと思いま [続きを読む]
  • 『BBQ』『DAY』sea side dish
  • 晴れていたのでちょっとそこまで 日向ぼっこですw ちょっとそこまで、の割にはしっかりと焚き火台用意して薪炊いてお湯まで沸かしたりなんかしちゃったりしながらまったりと日光浴を楽しみました。あっちにもポットこっちにはJETBOIL暑いってのにお湯沸かし用品盛りだくさんでした。しかしこれらがいつも愛車の中に入ってるので気が向いた時、時間が出来た時にはこうして贅沢な時間を楽しんでます。 [続きを読む]
  • 『item』 NITECORE USB充電コンパクトLEDキーライト 45lm TUBE
  • 夜の 町田家 まっさん家ガーデンでの打ち合わせで不意に見せつけられたアイテム何も明かりを付けずに真っ暗闇でキーリングから出てきたナイトコアTUBE真っ暗闇のせいかナイトコアTUBEのボタンを押すとそのコンパクトさからは想像も出来ない明るさに感じたあまりにもライト&エクセレントなライトに即欲しいスイッチが入ったその場で直ぐに欲しくなりアマゾンでサーチするとUSB給電LEDライトのおまけ付きでアンダー1,000ボディー [続きを読む]
  • 『Costco』CleverMade snapbasket cooler ソフトクーラーボックス
  • 最近、暑くなってきましたね〜暑くなってからの野外活動には必要不可欠な道具のひとつにクーラーボックスがあると思いますが、今回はコストコでゲットしたソフトクーラーボックスの紹介&レビューです。使用時:約 横46×縦31×高さ29cm折りたたみ時:厚み約7.6cm【容量】30L栓抜きがついてます。フロントポケットはジッパー付きです。バックポケットはメッシュになってますね。底面には底鋲が付いているので、ある程度は、汚れか [続きを読む]
  • 『item』chinook トレッカー ハードアノダイズドクックセット
  • Chinookのクッカーセットハードアノダイズド加工により、たいへん傷のつきにくい丈夫な表面のアルミクッカー。 収納ナイロンケース付き。ファミキャンするときまでけなげに出番を待っていたのでたまにはお手入れ収納袋を取るとまずは2Lの大鍋この中に鍋とパンが収納されている大鍋の中には2つの鍋と1つのやかん、そして2つのパンが収納されているパンのうち一つはセット外で別途購入だった気がするが。。。セット内容:1000ml [続きを読む]
  • 『item』mountain dax ランチキャリー
  • mountain dax ランチキャリー簡易的なクーラーボックスとして、ちょっとした小出かけなんかに丁度いい大きさです。車の中に入れっぱなしには出来ないけれども、保冷剤なんかと合わせるとそこそこな保冷力もある感じですね。分解はしていないので詳細は分からないですが、フォームも1?弱くらいはありそうです。BIALETTI(2カップ)も分解すれば入った上に小さめのカップもIN出来てコーヒーセットも入るので普段はコーヒーセッ [続きを読む]
  • 『solo camp』 川沿いキャンプでグランドは砂地 屋根なしディープな夜会
  • キャンプというよりテント張らない泊まりが正解かも。川沿いの砂地に陣取り焚き火の枯枝や枯れ木を探し回る。ヘッドライト無いと30センチ先も見えない状態。暗闇に弱い私にはライトは必需品です。みんなそうでしょうけど・・・焚き火を少し離れた場所でやりながらのこの場所に決定川の直ぐ隣に陣取ったので地面が多少水気の含む。汚れ用のモンベルコンパクトマットをが本日のお尻ガード。全てを入れてきたSTREAM TRAILの防水バック [続きを読む]