一華 さん プロフィール

  •  
一華さん: いじめとかについて考えてみた
ハンドル名一華 さん
ブログタイトルいじめとかについて考えてみた
ブログURLhttps://miyoruru.muragon.com/
サイト紹介文いじめとか、鬱とか、ネガティブについて考えたり思ったことを呟いたり
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/11/06 09:44

一華 さんのブログ記事

  • 薬事情
  • 前にも呟いたかもしれないけど、新しく知ったことがあった。 私は錠剤は一番小さめなものしか飲めない。 いや飲めなくはないと思うが辛いキツイ飲もうとできない。 なにせ普通の食事では飲みこまないサイズだ。 子供の頃からカプセルが苦手だった。 それを相談すると、わざわざ叩いて砕いて粉にしてくれた。 なんでも粉を凝縮させただけだから、大丈夫なのだという。 一応薬の種類にもよるが。 胃で溶けて効果が出るまでの [続きを読む]
  • 休みたい
  • 病気になった頃から。 休みたかった。 横になっていたかった。 眠っていたかった。 運動しなきゃと連れ出された。 重い体を引きずりながら、必死に呼吸をしてついていく。 家族のお出掛けに連れ出される。 車の匂いに耐える。 薬を飲んで、しのぐ。 遊びに連れていかれた。 体調が悪くなるのが怖かった。 苦しい胸を必死になだめた。 家にいても、 運動して。ご飯だから起きて。電話に出て。玄関に出て。手伝って。 [続きを読む]
  • 薬生活
  • 日々飲んでいる薬がある。 食前は30分前から飲んで良い。 食後は30分後までに飲む感じ。 食中は食後と食前の間みたいな感じ。 そんな事を学んだのもその時からだ。 初心者からすれば「ジェネリックにしますか?」の意味すらわからないので説明して欲しい。 安いだけで変わらない、というのは薬に詳しい知人から教えてもらったので信頼性は高い。 気持ちの問題なのか、ジェネリックだと効かないという人物もいるらしいが [続きを読む]
  • 誕生は聞かれたくない
  • 誕生日を聞かれるのが苦手だ。 祝われなかった時が悲しいから。 誰かの誕生日を皆で祝うのは複雑だ。 私を含め、他の人も平等に祝ってくれないから。 大事な人の誕生日。 だから祝うのを手伝って欲しいと言われたことがある。 頼まれるだけマシかもしれないが、その大事な人に私は入っていないのだ。 とはいえ私は物覚えが悪く、誕生日が覚えられない。 祝ってくれなかった人間を祝ってくれるはずもないだろうと、諦めた。 [続きを読む]
  • 我慢はしない
  • 体調がストレスもあることもあって、我慢をしないことにしている。 熱い、寒い。 眠れなかったり風邪をひいたり。 節約よりも健康第一で、クーラーをつける。 休みたい時に休む。 無理はしない。 ただ、その環境で健康になっても、再び元の環境に戻せば、そりゃあまた不健康になるわけで。 落ち着いてきた今では、苦手な状況にも慣らしつつ、やはり自分を大事にすることも忘れない。 [続きを読む]
  • 心療内科されてなかった
  • ストレスが原因で病気が治らないのかもしれない。 やっとそういう方向に話が進むまで、どれだけかかったことだろう。 心療内科を案内されて、とりあえず薬を処方された。 病状を聞いては、それに合わせた薬を考えてくれていた。 最初は薬が効いてる気がして、ゆっくりと楽になっていった。 薬が効いてるし、ストレスの時に悪化したので、ストレスが原因だと自分の中で身に染みていった。 このままいけば普通に暮らせると思っ [続きを読む]
  • 泣きたいのに
  • 悲しくて悲しくて。 泣きながらの帰り道、疑問に思った。 なんで我慢してたんだっけ? 泣いたら気持ちが伝わったかも知れない? 泣きそうになっていたのもわかってくれなかった相手が? 悲しい気持ちにさせた相手が? そうだとしても。 泣いても無意味な相手なのだと感じた。 泣くだけ損しかない、泣き顔なんて見せられない。 心配されても言いたいことなんて言えない。 なにより。 泣いたって、 笑われた記憶ばかりの [続きを読む]
  • 想像=経験
  • 親が借りてきてくれた本に、とても興味深いことが書いてあった。 成功するイメージをするだけで、自信につながるだとか。 たとえば眠っている間の夢。 夢の中の出来事なのに、実体験のように感じている。 悲しい夢で泣いてる時もあれば、驚いて目覚めることもあった。 映画などに浸っている時も、あらゆる感情が引きずられている。 何度も言い聞かせることで、偽りを本物を認識するという説もあり。 もっと単純に言えば、楽 [続きを読む]
  • 何が正しい?
  • 知人の言動が理解出来ないという話があった。 私は理解していたつもりだったので自分なりに説明したのだが、どうも噛み合わず。 最終的に、「理解できないなんて言ってない」「そちらの勘違い」 最近そんなことが多かった。 記憶ばかりは検証できるはずもなく、モヤモヤばかり。 家に録音機を仕掛けて毎回チェックしてやりたいぐらいだった。 結局は、「話してるうちに忘れてる」と言われた。 議題のテーマなのに!?一番最 [続きを読む]
  • ストレスを減らす努力
  • 誰か手伝ってくれたらと愚痴ばかりを言われていた。 米を炊いたりと手伝ってみた。 誰かが汚くしてるリビングに文句ばかり言われていた。 何度も何ヵ所も片付けては整理した。 疲れたからとイライラをぶつけられていた。 夜帰るたびに料理をするのがウンザリだと言っていた。 私もウンザリだった。 、、、夕食を作ればいいのでは? 何度かその話題はあったが、問題があった。 献立は?使って良い食材は?買っていい材料は [続きを読む]
  • ひとさじの料理
  • 今までに食事については、かなり改善してきたと思う。 無理な時は栄養ドリンク。 毎日ヨーグルト。 野菜ファースト&味噌汁ファースト=味噌汁の野菜を最初に食べるようにしたり。 突然意識が一瞬消える頻度が増えたことから貧血を疑い、鉄分補給を心掛け。 喉や肺に悪い刺激物などは避け、調味料も控え。 大根おろしに助けられ。 食欲無いのに外食させられたら、分けてもらうか、逆に分け与えるか、単品。 、、、正直、少 [続きを読む]
  • 呼び出しって怖いよね
  • 一人をトイレに呼び出して忠告やら尋問やら。 漫画でベタなパターンではあるけれど。 正直呼び出しの時点で怖いと思う。 行かなければ良いというもの正論ではあるだろうが、時と場合にもよる。 元より呼び出しを避けたら更に揉めるのは明白だろう。 時と場所を選べる状況のうちに、収めるのも手の内だと思う。 そもそも何故トイレ。 人目があるから、という理由にしても他にあると思う。 トイレ使おうとして入ってきた人が [続きを読む]
  • ストレス発散できない
  • 楽しいことをすれば忘れられるタイプがいる。 私には無理だ! 嫌なことがあったばかりで娯楽?ご馳走? 楽しめるはずがない!憂鬱でしかない!! 家の鍵を閉め忘れたか心配したまま出掛けられるタイプかと問われればNOな思考回路だ。 諦めて出掛けても落ち込むし気になるし早く帰りたい。 問題解決した後ならば、解放感から気分を切り替えることは可能だ。 だが私は問題に縛られ続けている 。 私の中では解決してない! [続きを読む]
  • 睡眠
  • 睡眠が大事だと知った時のこと。 元からではあったものの、風邪の頻度が増えたので原因を調べてみたのがキッカケだった。 風邪になりやすい免疫低下の行動で思い当たったもの。 疲労、ストレス、そして寝不足。 他二つは生活上どうしようもなかったが、寝不足だけは自己管理でどうにかなる範囲だったので、寝ることを心がけた ある時、知人が睡眠を削ってまで努力してきた。 しかしその結果、寝不足で体も頭も回らず。 「ち [続きを読む]
  • 傷と痛みと
  • どこかに、かすったらしい。 少し切れて血が出ていた。 私は、、、、喜んでいた。 リスカできない私は、自分では傷をつけられない。 と、悩んだ時があったからだろう。 うっかり目をぶつけた。 激痛がした。 どこかで、痛め付けたことを喜んでいた。 なにかに期待していた。 やっぱり、やばい。 このままだとやばい。 改めて、自意識の修復に力を入れることを決めた。 [続きを読む]
  • 体力が無い
  • 思い返してみれば、人より体力が無かった。 すぐ疲れるし、力も無いし、肺も強くなかったみたいだし、暑さにも弱かったし、風邪もひきやすかった。 自発的に体力をつけようと心掛け始めた時期には、 頑張りすぎて不調、というのも珍しくなく。 まぁ、自分が休む分だけ他の人も休みやすくなるだろうと前向きには思うことにした。 体調が落ち着くようになったのは、スポーツドリンクを飲むようになってからである。 基本的に、 [続きを読む]
  • 昔好きになった歌
  • ラフメイカーを知った。 痛みの塔を知った。 それをカラオケで叫ぶのが好きだった。 ちょっとした自己投影でもあり、聞いてるあなたもこうですか?と心の中で聞いていた。 そんな思い出もあって、大好きな歌です。最近思い出しました。 昔は寂しがり屋だったなぁ。 [続きを読む]
  • 目から来る体調疲労
  • 目が初めて異常になったのは、体育の時。 短距離を調子に乗って全速力で走りすぎた。 スタート地点に戻る間に、立つのも辛いほどの疲労感。 先生に許可を貰ってから私は座り込んだ。 ふと目を開けた時、視界が真っ赤になっていた。 驚いて、慌ててもう一度目をつぶる。 しばらくしたら戻ったが、とても印象に残った。 更に驚くことになったのは、運動前のストレッチ。 やはり気合をいれすぎていたようで、疲れていた。少し [続きを読む]
  • ストレスの不安
  • ストレスの原因は様々あるものでして。 具合が悪くなる要因もそこにあったりする訳で。 だけど真っ先に思い付くストレスは、 病。 一番取り除きたいストレスであり、苦しい状況へと導く元凶だ。 これ以上の苦しみが今どこにある?!と叫びたいばかりだった。 ところが、それを頑なに否定してきた聞き役がいた。 「症状はストレスに対するSOSであり、本当のストレスはそこにはないのではないか。嫌いな自分を否定していな [続きを読む]
  • 喉の病は恐ろしい
  • 食べられない 食べたくない 話せない 話したくない 歌いたい 歌えない 吐き気がする 吐き気が消えない 苦しい 息苦しい 息辛い 生き苦しい 生き辛い むせる 咳き込む 酸素が足りない 眠れない 理解されない間、ずっと喉に悪い食事のままで [続きを読む]
  • 未練があるなら
  • 橋を見た時、飛び降りてしまいたかった。 事故に遭ってみたいと思ってしまった。 紐を見るたびに、首を縛りたくなった。 世界で一番大好きなものがある。 人生を共に過ごしたいほど大好きなものがある。 鬱の症状として、好きなものに興味を失う、喜びを失うということがあるらしい。 それならば、きっと。 世界で一番大好きなもの。それに興味を失った時が私の末期なのだろうと思 好きなものは、私を殺そうとはしない。生 [続きを読む]
  • 寝起きから良くない
  • 電気を消して寝たい。 ついてないと寝れない家族に合わせる。 その気になれば眠れるから。 起きる直前に見ている夢は、大抵つけっぱなしのテレビの夢だ。 つけてないと眠れないらしい。 それぐらいは仕方がないと思っていた。 悪夢を見た。 テレビで殺人事件のドラマが流れていた。 寝る直前、食事時、逃げられない時に怖い番組を家族が好き好んで見ている。 何度もテレビの悪夢を見る。 さすがに何度もこれだと憂鬱にな [続きを読む]
  • 頼りきれない
  • 慰めてくれそうな人に思いきって、泣き言を言ってみたことがある。 「私も毎日辛いよ」と言われた。 違うそうじゃない。 お前の苦労を聞いても良いが、今聞く気分じゃない。 生きるのが辛い、と言ってみたことがある。 「逃げてもいいんだよ」と言われた。 言いたいことはわかるんだが、そうじゃない。 生きることが辛いなら逃げろって、死ねって意味にしか聞こえない。 [続きを読む]
  • 会話って難しい。
  • 女性は話がしたい。 男性は結論を導きたい。 そんな話を聞いたことがある。 つまり大抵、すんなりと会話は噛み合わない。 例えば、「酷い目にあった」という話がしたい場合。 「なら予防すれば良いじゃない」なんて結論を聞きたいだろうか? 「それはお前が悪い」といった感じに、酷い目にあった人物に汚点があるとかならまだしも。 人にもよるが「解決方法を教えて欲しい」「どうしたらいい」と質問されないかぎりは、そこ [続きを読む]