一華 さん プロフィール

  •  
一華さん: いじめとかについて考えてみた
ハンドル名一華 さん
ブログタイトルいじめとかについて考えてみた
ブログURLhttps://miyoruru.muragon.com/
サイト紹介文いじめとか、鬱とか、ネガティブについて考えたり思ったことを呟いたり
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/11/06 09:44

一華 さんのブログ記事

  • 下ネタ嫌い
  • 潔癖症に近い症状だなぁと気づいたのは最近な方。 おそらく別に言い方はある。 下ネタは嫌い。 銭湯は無理。 昔は恋愛を夢見ていたというのに、現実を知ったときは絶望した。 付き合う時点で、考えなくてはならないこと。 絶対無理。 気持ち悪い。 気色悪い。 大嫌い。 ありえない。 身近な人の、結婚話を聞いたときが決定的だった。 申し訳ないことに。 気持ち悪い。 そんな感情が、微かによぎったのを埋めた。 将 [続きを読む]
  • 心が落ち着きすぎて整理できずに
  • 泣くほど悲しいのに涙も出ない。 声も出ない。 落ち着く薬を飲んだせい? 悲しいのに、泣けない。 苦しいはずの胸が、空っぽで。 ムカつきそうなほど、落ち着いていて。 泣き叫べよと、手を壁に痛め付ける。 苦しめよと、影の首にハサミをあてる。 感情が発散されない。感情が発散されない。発散できない。 ぐるぐるしない。 良いことのはずなのに、納得できない。 もっと苦しんで、暴走しろよと思う 落ち着かない。落 [続きを読む]
  • 私が私を嫌いな理由
  • 失敗する自分が嫌い。 大事なことを忘れる自分が嫌い。 怖がりな自分が嫌い。 私に絶望する。 自分のせいで不幸になる。 私が、私を幸せにしてくれない。 だから嫌いなんだ。 そんな私が嫌いなんだ。 [続きを読む]
  • 喉が辛い
  • 緑茶を飲んで呼吸困難みたいな具合の悪さになったことがある。 たぶん粉茶の粉が喉に引っかかっていたんだとしか思えず。 粉茶というか、お茶はトラウマで避けるようになりました。 とはいえ飲み物は欲しい訳で。 味噌汁。粉というか粒がある。 紅茶。胃酸が活発になって胃酸がやばい。 牛乳。胃にくる。喉につまる。 隊長によって、これがあったりなかったり。 しばらくコーヒーを飲んでいたのですが、今度はコーヒーも駄 [続きを読む]
  • 複雑な花粉症
  • 花粉症の疑いが出た頃に知ったこと。 【花粉症の人に花粉症のことを聞いてはいけない】 今の症状が風邪か、花粉症か。 経験者として参考に、家族から聞いてみたのですが 私があまりに花粉症を知らなすぎて。 他人だったら「花粉症を舐めるな」と怒られそうです。 すごく辛いと理解していたつもりですが、複雑すぎて難しいです。 咳も出るし、寒気もする。 さて、そうなると。 風邪との違いってどれだけあるのでしょうか。 [続きを読む]
  • マナー知らずの子供は
  • 外食で、親からマナーを教えてもらった。 ナプキン、スプーンの置き方。などなど。 ある日の修学旅行。 スープの残りをパンにつけていたら言われた。 「なにそれ、行儀悪い」 親から教えてもらった正しい食事方法だと主張しても、当時はそれを知る術がない。 「嘘つき」 「絶対間違ってる」 他にマナーを知ってる同世代がいなかった。 私は正しいことをしているはずなのに、とても悲しかった。 数ヵ月して、家庭科の授業 [続きを読む]
  • 感情は押さえてばかりで
  • 泣いたらスッキリするらしい。健康に良いらしい。 泣き顔を笑われてから、涙を我慢してばかりだ。 笑われたことしかない。 笑ったら健康になるらしい。幸せになるらしい。 「笑ってるね!」とちょっかいだされるのが苦手だった。 笑うのを押さえるやり方を身に付けていった。 怒っても逆ギレされて良いことなんてなかった。 誰もいないところで怒る一方で。 周囲は些細なことで関係もなく怒鳴り付けて怖かった。 押さえつ [続きを読む]
  • 具合が悪いとき
  • 具合が悪い時、神にも悪魔にも懇願するほどに必死だった。 助けてほしい。どうすれば早く病状が楽になるのか? 懇願しながらも、自力でできることを一生懸命考える。 薬?食べ物?お風呂?マッサージ?睡眠? 私の場合、症状を抑える坪が1つの頼りでジンクスになった。 家族に教えてもらってから、苦しい時はよく押し続けていた。 もう1つはゲーム。 何かに集中している時は、症状のことを少しは忘れられてる感じがした。 [続きを読む]
  • 説明しにくい
  • どうも説明苦手で、症状をうまく説明できない。 胃がキリキリするってなに。 胸が焼ける感覚ってなに。 痛いのは、胃?喉?心臓?肺?どこらへん? 正直言うと「具合が悪い」の一言ぐらいしか最初に頭に浮かばないことも。 あとから一生懸命に言葉を考えて当てはまりそうなのを告げている。 久しぶりに、胸から肺あたりが非常に苦しくなったときも言葉に悩んだ。 熱いんだか重いんだか痛いんだか。 [続きを読む]
  • 診て欲しい私
  • 昔よりは病状が断然いいはずなのに、 それを「よかったね」と言われても納得できない理由を探していた。 今の私の病状が、精神が良いなら改善するとでも思っているのだろうか。 【死にたがりの私がまだ消えていない】のに。 そこで気づく。 私が診て欲しいのは、【今の私】ではない。 知って欲しいのは、おそらく見えない【過去の私】なのだろう。 過去の【消えてしまえ】という気持ちが、まだ消えていない。 些細なキッカ [続きを読む]
  • 心はどこで治せますか
  • 「話を聞いてもらといいよ」 家族にそう言われて出てきたのに。 結局、話せなかった。 そうですね。 最初の時に説明しましたもんね。 説明聞き出せてない方が問題ですよね。 でも。 心の病気かキッチリ判明してから、の流れじゃなかったんですか? 薬飲むだけで良いなら通う意味は何ですか? 今が元気かどうかが大事ですもんね。 少し前の症状の話は必要ないですよね。 あぁでも。 症状良くなってるとか、体に悪いとこ [続きを読む]
  • 食べ物管理は続く
  • お腹がすいても具合悪いし。 少しでも食べ過ぎても具合が悪い。 どっちで具合が悪いのかさえ、わからない時ばかり。 お腹が空いてても、喉が食事を拒絶することもあるし。 お腹が空きすぎて食欲わかないこともある。 食べれば体調が良くなると信じて地道に食べる。 毎回、食べる量を悩みながら計算する日々。 だというのに食後、唐突にお菓子を出してくる親。 刺激物を食べてはいけないという時に、そんなに辛くないからと [続きを読む]
  • 医者に気を使うとは?
  • 違うそうじゃない。 話を聞いてほしい。 そう、言えたら良かったのにね。 お医者様に言って良いことがわからない。 病気を直すところであって相談所じゃないとどこかで遠慮していた。 偉い人に話しているかのような感覚だった。 納得できないことがあれど、専門家の治療法が正しいのだと思えて仕方がなく、 「先生の言うことが、きっと正しいんでしょうね」 と、自分に言い聞かせるように。 批判したい自分から医者をかば [続きを読む]
  • 患者の決意
  • よくあるドラマのように。 医療の処置は患者の意思がなければ決定されない。 手術をしなければ我が子が死ぬとしても、本人が怖くて拒否をすれば決行できないのだ。 本人の意思を尊重していると、わかってはいるのだが。 私の場合は死ほどでは無かったけれど。 決断するのは怖かった。 辛そう。 お金がかかる。 やっても無駄かもしれない。 多くの理由が決断を鈍らせた。 先生からの意見をきたかった。でも。 私が決める [続きを読む]
  • 薬事情
  • 前にも呟いたかもしれないけど、新しく知ったことがあった。 私は錠剤は一番小さめなものしか飲めない。 いや飲めなくはないと思うが辛いキツイ飲もうとできない。 なにせ普通の食事では飲みこまないサイズだ。 子供の頃からカプセルが苦手だった。 それを相談すると、わざわざ叩いて砕いて粉にしてくれた。 なんでも粉を凝縮させただけだから、大丈夫なのだという。 一応薬の種類にもよるが。 胃で溶けて効果が出るまでの [続きを読む]
  • 休みたい
  • 病気になった頃から。 休みたかった。 横になっていたかった。 眠っていたかった。 運動しなきゃと連れ出された。 重い体を引きずりながら、必死に呼吸をしてついていく。 家族のお出掛けに連れ出される。 車の匂いに耐える。 薬を飲んで、しのぐ。 遊びに連れていかれた。 体調が悪くなるのが怖かった。 苦しい胸を必死になだめた。 家にいても、 運動して。ご飯だから起きて。電話に出て。玄関に出て。手伝って。 [続きを読む]
  • 薬生活
  • 日々飲んでいる薬がある。 食前は30分前から飲んで良い。 食後は30分後までに飲む感じ。 食中は食後と食前の間みたいな感じ。 そんな事を学んだのもその時からだ。 初心者からすれば「ジェネリックにしますか?」の意味すらわからないので説明して欲しい。 安いだけで変わらない、というのは薬に詳しい知人から教えてもらったので信頼性は高い。 気持ちの問題なのか、ジェネリックだと効かないという人物もいるらしいが [続きを読む]
  • 誕生は聞かれたくない
  • 誕生日を聞かれるのが苦手だ。 祝われなかった時が悲しいから。 誰かの誕生日を皆で祝うのは複雑だ。 私を含め、他の人も平等に祝ってくれないから。 大事な人の誕生日。 だから祝うのを手伝って欲しいと言われたことがある。 頼まれるだけマシかもしれないが、その大事な人に私は入っていないのだ。 とはいえ私は物覚えが悪く、誕生日が覚えられない。 祝ってくれなかった人間を祝ってくれるはずもないだろうと、諦めた。 [続きを読む]
  • 我慢はしない
  • 体調がストレスもあることもあって、我慢をしないことにしている。 熱い、寒い。 眠れなかったり風邪をひいたり。 節約よりも健康第一で、クーラーをつける。 休みたい時に休む。 無理はしない。 ただ、その環境で健康になっても、再び元の環境に戻せば、そりゃあまた不健康になるわけで。 落ち着いてきた今では、苦手な状況にも慣らしつつ、やはり自分を大事にすることも忘れない。 [続きを読む]
  • 心療内科されてなかった
  • ストレスが原因で病気が治らないのかもしれない。 やっとそういう方向に話が進むまで、どれだけかかったことだろう。 心療内科を案内されて、とりあえず薬を処方された。 病状を聞いては、それに合わせた薬を考えてくれていた。 最初は薬が効いてる気がして、ゆっくりと楽になっていった。 薬が効いてるし、ストレスの時に悪化したので、ストレスが原因だと自分の中で身に染みていった。 このままいけば普通に暮らせると思っ [続きを読む]
  • 泣きたいのに
  • 悲しくて悲しくて。 泣きながらの帰り道、疑問に思った。 なんで我慢してたんだっけ? 泣いたら気持ちが伝わったかも知れない? 泣きそうになっていたのもわかってくれなかった相手が? 悲しい気持ちにさせた相手が? そうだとしても。 泣いても無意味な相手なのだと感じた。 泣くだけ損しかない、泣き顔なんて見せられない。 心配されても言いたいことなんて言えない。 なにより。 泣いたって、 笑われた記憶ばかりの [続きを読む]
  • 想像=経験
  • 親が借りてきてくれた本に、とても興味深いことが書いてあった。 成功するイメージをするだけで、自信につながるだとか。 たとえば眠っている間の夢。 夢の中の出来事なのに、実体験のように感じている。 悲しい夢で泣いてる時もあれば、驚いて目覚めることもあった。 映画などに浸っている時も、あらゆる感情が引きずられている。 何度も言い聞かせることで、偽りを本物を認識するという説もあり。 もっと単純に言えば、楽 [続きを読む]
  • 何が正しい?
  • 知人の言動が理解出来ないという話があった。 私は理解していたつもりだったので自分なりに説明したのだが、どうも噛み合わず。 最終的に、「理解できないなんて言ってない」「そちらの勘違い」 最近そんなことが多かった。 記憶ばかりは検証できるはずもなく、モヤモヤばかり。 家に録音機を仕掛けて毎回チェックしてやりたいぐらいだった。 結局は、「話してるうちに忘れてる」と言われた。 議題のテーマなのに!?一番最 [続きを読む]
  • ストレスを減らす努力
  • 誰か手伝ってくれたらと愚痴ばかりを言われていた。 米を炊いたりと手伝ってみた。 誰かが汚くしてるリビングに文句ばかり言われていた。 何度も何ヵ所も片付けては整理した。 疲れたからとイライラをぶつけられていた。 夜帰るたびに料理をするのがウンザリだと言っていた。 私もウンザリだった。 、、、夕食を作ればいいのでは? 何度かその話題はあったが、問題があった。 献立は?使って良い食材は?買っていい材料は [続きを読む]
  • ひとさじの料理
  • 今までに食事については、かなり改善してきたと思う。 無理な時は栄養ドリンク。 毎日ヨーグルト。 野菜ファースト&味噌汁ファースト=味噌汁の野菜を最初に食べるようにしたり。 突然意識が一瞬消える頻度が増えたことから貧血を疑い、鉄分補給を心掛け。 喉や肺に悪い刺激物などは避け、調味料も控え。 大根おろしに助けられ。 食欲無いのに外食させられたら、分けてもらうか、逆に分け与えるか、単品。 、、、正直、少 [続きを読む]