mirac さん プロフィール

  •  
miracさん: アダルトチルドレンでも望む未来を引き寄せられる
ハンドル名mirac さん
ブログタイトルアダルトチルドレンでも望む未来を引き寄せられる
ブログURLhttps://ameblo.jp/miraculum/
サイト紹介文アダルトチルドレンでも引き寄せで未来を創れるのか!リアルタイムの記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/11/06 12:16

mirac さんのブログ記事

  • うまくいかないのは親のパターンが愛になってしまっているから
  • 親との関わりの中で、愛の形と言うのを学びます。恋愛や友達関係で拗れる時って、愛のパターンを間違って認識してしまっているケースがほとんどじゃないでしょうか?クレクレちゃん状態なんでやってくれないの!!なんで分かってくれないの!!!わたしの話を聞いてよ!!!!これを口に出してヒステリックになる人も居れば口には出さないけど、精神的に負荷をかけていく人も居ます。これは、どちらも言うことを聞いてくれるのが愛 [続きを読む]
  • 寂しさは悪者じゃない。寂しさを避ける程孤独になっていく
  • 感情の中で、どんな感情を1番感じたくないですか?わたしが1番感じたくなかったのは寂しさ、孤独感でした。1番味わいたくないもので、感じないようにひたすら避けていました。だからこそ、寂しさを人に埋めてもらいたかったんです。それに、わたしはずーっと自分は孤独だと信じ込んできてしまったところがあって…セルフイメージが孤独だし寂しさは感じたくないそんな感じなので、ドンドン寂しさを感じる方向へ誘われて行きました [続きを読む]
  • 【重要】感情を感じるってアダルトチルドレンには難しい
  • 感情を感じましょう。たくさん言われますよね。感情を感じれば終わるから。そう、普通の人はそうなのです。でも、アダルトチルドレンはまるで違います。感情を感じてるつもりなのですが、これは違うんですか?って思うんです。わたしは、この感情を感じるを何度テーマにしたことでしょう…………昔35万費やしたマンツーマンサポートセッションで、匙を投げられたことがあります 苦笑感情を感じようとすると「なんでなのー!」とか [続きを読む]
  • 家族の中での愛が、愛の定義になってしまう
  • よく、愛の定義がズレているとか支配や指摘を愛だと思っているからパワハラになるとか聞きます。支配や指摘が愛だと認識してるのは潜在意識で、無意識なので自覚はありませんこの意味が、わたしはイマイチ分かっていなかった。パワハラの人、モラハラの人と関わる機会が多かったわたしはその人から愛情なんて感じたことは一度もないからです。愛の鞭を受けていると感じたことももちろんない。そして、相手もまたわたしを好きだった [続きを読む]
  • 今のまま幸せになっていい
  • 昨日凄く久々にとあるセミナーへ行ってきました。その方のセミナーは約6〜7年前に行ったことがあります。その先生のブログとは相反するダークさに圧倒された記憶があります。それが、結構今回は何とも思わなかったというかダークなままでもいいんだな完全に癒えている必要なんてないそう思えたんですよね。その方は、パフォーマンスかもしれませんが、多分癒えきっていません。人を呪いながらも幸せになりたいと思ってきたと仰って [続きを読む]
  • 失敗はカッコ悪いことじゃない〜お手本が身近に居た〜
  • わたしにとって、イベント出店したり、自分のものを販売したりするのってとても怖いこと。自分の作品が売れなかった時自分の作品が好きだからこそ、ガッカリしたくないカッコ悪いから宣伝出来ない怖くてチャレンジできないこう思っていて凄く足がすくんでしまう……それが…それが………近くに神がいた!!それはうちのお姉ちゃんなのです。うちのお姉ちゃんは、鬱で引きこもりではあるのですが……高校生の頃からコミケに出店して [続きを読む]
  • 待たないと言う強い意志〜仕事優先の人との付き合い方〜
  • 顧客優先のお仕事をしている人と過ごす時のコツみたいなのがようやっと見えてきた。ビジネスマンと一緒に居れば居る程ブンブン振り回される機会が増える。その人にとってやりたいことがお仕事になっている以上、優先順位がどうしても仕事に傾いてしまう。それは正直どうしようもないこと。で、そこでこちらが合わせてしまうと正直疲弊してしまう。そこで待って、気を遣ってってやってるとドンドンドンドン後回しされて行く傾向に行 [続きを読む]
  • セルフイメージは上がるのではなく修正して正しく認識を戻すだけ
  • 昨日もまたまた友達と話していてお互いに、お互いのコンプレックスに思ってることって既に今持ってるよね?ってことに気付いて放心してました 笑自分の為に頑張れないこと、恐怖に負けてチャレンジ出来ないことがコンプレックスだったわたしそれを、おいおいちょっと、それ既にやってるよね?と教えてくれてハッ!!ってなりましたわたしは、そのチャレンジのイメージが仕事だと思ってきたけど、実は恋愛で相当やっている……いや [続きを読む]
  • 闇が強ければ光も強い
  • 仕入れ先さんの紹介で、仕事の打ち合わせをしてきました。ゆくゆくは仕事でディレクターになりたいと思ってますが、そのまさかのディレクターになって欲しいと言う話でしたて、展開が早い 苦笑でも、もうわたしは激務を手放すと決めているので、そこにガッツリ入り込む仕事のスタイルをするつもりはありません。今の感じだと報酬の交渉もしやすいですが、わたしの体だけでは足りない仕事量…なので、わたしだけでは手に負えない… [続きを読む]
  • 好きと感じられるだけで幸せ
  • 仕事を休み始めたのは5月のことこれより2年くらい前からかな…わたしの世界から少しずつ少しずつ色が消えていった。幸せを感じられるのは週末しかなかった。好きって感情より苦しみの方が強かった。恋愛が終わり、周りの誰もが認めるパワハラに巻き込まれ…わたしはドンドン暗闇の中で迷子になるようになっていった。同僚にわたし何が好きなのか分からない。何がやりたいのか分からない。仕事を辞めたところで、何になったら良いの [続きを読む]
  • 人も神様にしてしまう遊び
  • 神様のお蔭と思うことで、やたらに自分のお蔭みたいな風に思わなくなってきた。わたし凄い!を人に見せたいと思わなくなってきた。不思議なものです。ミラクル体験を書いてわたし凄いでしょ!って悦になりたかった自分がどうもどこかに行ってしまっている。神様のお蔭とかお願いを聞いてくれたお蔭で、貢献したいと思えたとかそんな感じになってきた。平たく言うと感謝ってことでしょうか?目立ちたがり屋なはずなのに……不思議で [続きを読む]
  • 神様に委ねて生きる
  • 今月、お友達と東国三社参りをしてきました。鹿島神宮、息栖神社、香取神宮この三社参りをしてきました。わたしは何を隠そう、元々スピスピ人間。何を今更ですが笑でも、人間である自分の感覚と人間である自分の経験値をとても大事にしてきた。超自立な考えをしようと頑張ってきています。実力をつけよう、努力しよう。その為、わたしは神様も宇宙も大好きだけど頼らない。頼っているつもりだけど信じていなかった。神様に意識的に [続きを読む]
  • 怖がりな自分との付き合い方
  • チャレンジの話をしましたがわたしは、とにかく怖がり怖い怖い怖いってすぐになってしまってやりたいことより恐怖を優先してしまう。それが許せなかったみたいなのです。だからなのかな?怖がってる人で、特に相手に能力も才能もある場合、頭にハテナがたくさん浮かんでいた。なんでそんなに出来るのに、なんでそんなにビビってるの????出来なくて怖がってるのは理解出来るんですけど、出来て怖がってるのは全く意味不明でした [続きを読む]
  • チャレンジしてきたことを知る
  • この記事でコンプレックスのことを書いてきた訳なのですが、周りから見ると、どうもわたしの自分に対する評価とは違う。元同僚も取引先も友達も「ずっと頑張ってきたよね、努力してきたよね、チャレンジし続けてきたよね、実際成果もあげたよね」そう言われる。チャレンジをどう言うことだと思ってるの?そう聞かれてこたえる。自分を越えることだと。自分の出来る範囲ではチャレンジしてきてるの?と聞かれたのでそれは当たり前の [続きを読む]
  • コンプレックスを受け入れる
  • わたしには、何人かもう仕事で大活躍し、メディアにも出まくっている友達が何人か居ます。彼女たちは、わたしの憧れ。わたしは昨日記事にも書いた通り自分で勝負出来ないことにとてもコンプレックスがあるんです。それなのに、そう言う子と仲良くなるのだから世の中不思議です…お付き合いしていた方もそんなだし…ええ、コンプレックスを引き寄せます…そのうちのひとりは、とても感覚がよく似ていて、感性もよく似ている。バイオ [続きを読む]
  • 頑張れない自分が嫌い
  • わたしの過去を知っている人は、わたしのことを頑張り過ぎと言う。でも、わたしにとっては頑張れない、続けられない自分がコンプレックスだった。頑張るって言うのには方向があって人の為に頑張ったり、人に振り回される中でやってきたという意味では相当頑張ってきた。その一方で、自分の為に頑張ると言うことが出来ない、続かない。自分の為の踏ん張りどころで踏ん張れない。ここがわたしにとってはコンプレックスだった。自分の [続きを読む]
  • 変化が怖いと言えば嘘になる
  • わたしはいつだって変化を求める。でも、それは変化を恐れるが故。自分のスタイルでやりたくて、自分のペースでやりたくて、自分のルールでことを運びたい。だからこそ、予定通りに行かない、予定のキャンセルはとても苦手。その変化に対して切り替えられなくて、なかなか適応出来ないから。だから、変化があると逃げたくなってしまう。人の本能ではありますよね、きっと。急に願いが叶うよりコツコツ努力する方が安心するのかもし [続きを読む]
  • 両親みたいになりたくないと言う制限から卒業する
  • 今でこそ、とても仲の良い家族だけれど小さい頃はまるで違った。わたしは、いつも頭の中では違う家族と一緒に居た。大家族に憧れて居て、頭の中では大家族で、兄、姉にとても可愛がられ、自分も妹と弟を可愛がって居た。幼馴染と一緒に居れば、このうちの子供になりたいと思った。友達の家に行っても、このうちの子供になりたいと思った。わたしは、自分の家になど帰りたくなかったのだ。今でこそ、家族には感謝しているし、両親の [続きを読む]
  • 許した先
  • ダメでも良いとか、最悪を許した先をやろうって思い始めた。たくさんの後悔や罪悪感があったことの中にある努力や、よくやってきたことを拾い上げていく他の誰も知り得ないことを自分はよく知っていて、よく分かっている。小さな小さなことも拾い上げていく。マイナスは受け止めたから、後はプラスを拾い上げていく。本当にあれはただの失敗だったのか?本当にそれはただの間違いだったのか?それに自分が気付かないでどうする。そ [続きを読む]
  • 自分癒しの旅の終焉
  • 自分を許せるようになってきて、自分を愛せるようになってきて気持ちが変化したなと思う部分がある。わたしはなによりもヒステリックな自分が許せなかった。ずっとそのことを責めてきた。周りにどんなに「あれはなって当然」「仕方なかった」と言われても無理だった。それが、不思議なくらい受け止められるようになった。ヒステリーだろうと、愛されない理由にも、価値がない理由にも、受け入れられない理由にもならない。わたしは [続きを読む]
  • 欲しかった感情が手に入る
  • わたしはずっと全てを包み込んでくれる愛が欲しいと思ってきた。こと、愛に関してはとても強く愛に溢れた人に出会うと、ワンワン泣いてしまうくらいだった。初対面にもかかわらず、会っただけで泣いてしまい驚かれたこともある 笑イギリスのヨガアカデミーの創始者のサイモン・ロウこの人に出会った時、わたしは自分の求めている愛を知ったんですよね。この気持ちが欲しいのだと確信した。この気持ちが溢れ出ている人に出会ったの [続きを読む]
  • 今世の人生のテーマがそろそろ終わりそう…
  • わたしが、ずっとずっと思ってきた人生のテーマがあって真実の愛を学ぶこれに尽きるのです。これ学んだら、後は死ぬだけだなくらいに思っていました。本気で今世のテーマは真実の愛で、それが分かってきたら、もう来世来世みたいな…ところが…わたし、真実の愛が理解出来るようになってきた…わたし死ぬのかな…もうここさえ分かれば良くて、真実の愛が分かったら、その中で生きるとかも考えてなかった。気付いたらもういいやーみ [続きを読む]
  • ほかの何かになろうとしない
  • わたしの大切な人の晴れ舞台を観に行きました。久々に泣き過ぎて手が震えた。その人の人生に関われたこと自体を幸せだと思った。負けたくない、勝ちたいと思っていた人に完敗した。もう勝てないと知った。敗北。その負けたくなかった方はとても素晴らしい人だった。わたしは、その人たちに近付きたかった。その人たちみたいになりたいのになれなくて必死だった。ずっとずっと葛藤してきた。わたしがわたしであることよりもその人た [続きを読む]
  • 本格的に変わる準備が出来てきた
  • もう、ここのところずっと全て自分ごととして生きようって気持ちにずっとなっています。自分で決めて人のせいにしないわたしは、物凄く批判する気持ちが強かった。それは歪んだ自己愛であり、自己肯定感ではないということが分かってきました。常に比較の中にあって何かを下げて自分を上げるこうしてきたんです。きっと誰の中にもこの想いって存在するし、多くの人がこの想いを持ってます。競争社会の中に居れば、もっとこの想いは [続きを読む]
  • 人に興味がないって?
  • 自分の中で、腹をくくり始めた自分が居て人への依存も期待も適切にしようと腹積もりを始めています。相手がどう思うかなんて…コントロール出来ないそれは止められない。こう思われたらどうしようと思っても、そう思われることはもう止められないのだ。残念なことに…………それでも、やっぱりどう思われるかが怖くて自分の意見を言えなかったりする。だって怖いもの。自己中なのが例えバレて居たとしても、怖くて言えないのだ。相 [続きを読む]