ゆらぎ さん プロフィール

  •  
ゆらぎさん: 天才アインシュタインは何を言いたかったのか
ハンドル名ゆらぎ さん
ブログタイトル天才アインシュタインは何を言いたかったのか
ブログURLhttp://freecat-walk-2.blogspot.jp/
サイト紹介文数学、統計、物理、それらとまったく関係のない素人が相対性理論と量子論を趣味で考えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 346日(平均0.1回/週) - 参加 2015/11/06 23:17

ゆらぎ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 双子のパラドックスの正解答
  • 最初に前回記事のFX画面は古いものになりました。以前の記事では空間が2つ必要と書きましたが、実際はもっと単純な動作で説明できることに気づきましたが、3次元化できないので証明できないし、自分の知識は幼稚だと再認識したので、これ以上の馬鹿な思考はやめようと思います。*宇宙の作り方 ベン・ギリランド図書館で見つけた面白くてためになる本です。前回最後と書いたのですが、少しだけ心残りをまとめておきます。まずは [続きを読む]
  • 宇宙の始まり(ビッグバン)をグラフでみてみる
  • 私もブログを書くと老眼で疲れてしまい数か月休む年齢になってしまいました。そこで今回はこれまでの考え方の基礎となる図を紹介します。注意:あくまでも個人的な見解ですから、どんな本にも書かれていません。まず最初に相対性理論から生まれた量子論は確率です。このことから以前どこかで書いたように、量子論は数学に挑戦しているわけです。確率の分母は不特定多数で50%の確率を形成する因子を集めています。50%の因子と [続きを読む]
  • E=mc^2ってなんだろう
  • 前回、空間の上下がひっくり返るなどという記事を書きました。空間の上下がそう簡単にひっくり返るのでしょうか?その可能性をE=mc^2に求めてみようと思います。E=mc^2この式はCを定数1とすれば、 質量とエネルギーが等価であることを意味するわけですね。ここでちょっと考えます。 ここからとんでもないことを書きますからご注意を。c^2ということは一辺cの平面になるはずです。すると、エネルギーEは一辺cの平面に占める質 [続きを読む]
  • 数学の確率が笑い話になる日も来るのか?
  • 前回の記事で量子論の限界を考えました。簡単にいうと、基準点が決まらない、というものです。今回は個人的に考える新しい理論を長々と書いています。お暇な人は読んでみてください。アインシュタインの一般相対性理論は、重力と加速度の違いから空間は平面ではなく曲面であり、そこに描かれた平行線は必ず交わる、とする結果交差論が出発点です。空間を曲面と考えると我々は地球の表面に近い状況に存在するので、重力場が曲面を曲 [続きを読む]
  • パラレルワールドは存在しないよ。
  • 最近テレビで、パラレルワールドが本当に存在しているかのような発言を見た。物理学者がそう言っているという前提だが、勘違いだろうと思う。パラレルワールドなんか存在するわけがない! ということで、その理由を考えてみました。そもそもパラレルワールドの発端は何か?そう有名なネコのあれ、”シュレーディンガーの猫”ですね。これは箱の中にいるネコが常に50%の確率で死ぬ、という前提条件であれば、今、その猫が生きて [続きを読む]
  • 過去の記事 …