cutepine さん プロフィール

  •  
cutepineさん: こんな日常
ハンドル名cutepine さん
ブログタイトルこんな日常
ブログURLhttp://www.nichijyo251.com
サイト紹介文若い頃に想像してた日常とはだいぶ違うけれど、 こんな日々の中で思うことを書き留めてみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/11/08 13:08

cutepine さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 人生はローラーコースター
  • なかなか返事をくれないネブラスカの病院に未練を残しつつも、サクッと内定を出してくれた、サウスダコタの病院のオファーをいよいよ正式に受けようとしたその時にだった。ニューオーリンズにある病院のリクルーターから、求人のメールを受け取った。この期に及んでだったが、私はとっさに、あまり考えずに、そのメールに返信した。同様なメールはこれまでにも受け取っていて、こちらが返事しても、それに対してのリアクションはほ [続きを読む]
  • 今ひとたびの就活 (後編)
  • 7月になり失業して、収入の道が途絶えたわけだが、転職の見通しはたっていなかった。手あたり次第に応募していたので、その頃にもなると、新しい求人が出ない限りは、応募する案件もほぼ、出し尽くしていた。何十件という求人に応募していたものの、辛うじて返事が来たのは、そのうちの一割にも満たなかったと思う。地元のモンタナの別の病院には、早々に面接に呼ばれたものの、これまたあっという間に華々しく散ったのだった。手 [続きを読む]
  • 今ひとたびの就活 (前編)
  • 今回の就活は2か月間と、これまでの就活の中では、かなり短かったといえる。しかし、キツさや、土壇場のどんでん返しなどがあって、幾度となく就活・転職活動を繰り返してきた私にとっても、なかなか一筋縄でいかないものだった。前の記事で書いたように、現在働いているリハビリ部門が他社へ売却される、と発表された時点から、転職活動を始めた。時は5月の終わりで、他社への売却は7月1日付。失業してしまうまで、ひと月の猶予が [続きを読む]
  • 6か月先は闇 (後編)
  • それは5月末、確か28日ぐらいだったと思う。病院の社内メールをチェックしていると、いきなりこんな告知がされていたのだ。私が働いているリハビリ部門を7月1日付で、とある老人ホーム経営の会社に売却されることになった、と。寝耳に水、晴天に霹靂、ということわざは、まさにこんな時に使うんだな、と思った。リハビリ部門はいろいろ問題があって、数々のブラック施設を渡り歩いてきた私ですら、「これはちょっとどうよ?」と思 [続きを読む]
  • 6か月先は闇 (前編)
  • 2016年の年末、ちょうどホリデーシーズンの最中に、新しい町に越し、新しい職場で働き始めた。快適なアパートも探すことができ、また都会から過疎地に来たわけだから、運転の難易度はぐん、と下がった。ナンバープレートも変更し、自動車保険料が三分の一近く安くなったことは、とても嬉しかった。NYに住むまでは、これまで北米のいろいろな町を短期間で転々としてきた経験があったから、さほど苦も無く新しい生活にも慣れた。職場 [続きを読む]
  • 運転下手のための、アメリカ長距離ドライブガイド
  • 以前にこのブログで触れたかもしれないが、私は運転が苦手である。日本の教習所で、マニュアル免許取得に挫折し、途中からオートマ限定に切り替えた、と言えば私の運転の技量がいかほどかは、察してもらえると思う。ロサンジェルスやニュージャージーの高速を運転しなければならなかった時は、恐怖で涙した。日本の立体駐車場で、溝にタイヤをうまく乗せられず(しかも車は軽で)、警備員さんに運転をかわってもらったりだとか。ア [続きを読む]
  • 一陽来復 ? 続・就活で起きた奇跡 ④
  • 人材紹介会社が主催した、地方の病院への就職ツアーに参加し、夕食の歓迎会の際、口頭で内定をもらえたところまで、前回の記事で書いた。就職イベントに参加する  続・就活で起きた奇跡 ③文字通り夢心地で宿泊先のホテルへと戻ったのだが、嬉しい気持ちはあるものの、今一つ現実感に欠けていた。これまでどんなに好感触を感じることがあっても、結局は内定をもらえなかったのだ。なので公式にオファーをもらえるまでは、安心す [続きを読む]
  • 就職イベントに参加する ? 続・就活で起きた奇跡 ③
  • 久々に受けた病院の面接を3つ受けて、見事に3連敗した、そのすぐ後ぐらいだったと思う。とある求人、メールを受け取った。それは求人サイトからでも、病院からでも来たメールではなかった。ある看護師専門の人材紹介会社からだった。 看護師のための人材紹介・派遣会社、といってもいくつか種類がある。 一つは私が散々関わっている、日本でいういわゆる派遣会社である。その会社を通じて、仕事に応募し、給料もその会社からもら [続きを読む]
  • ひとすじの光 ? 続・就活で起きた奇跡 ②
  • 去年の初夏、思い立って看護学士取得のために、通信教育を始めた経緯はこちらの記事に書いた。アメリカで通信教育で看護学士取得(RN-BSN Program) ① 始めるまでこの頃から、知り合いの病院浪人(病院で働きたくても働けず、老人ホームなどで働いている)仲間の看護師たちが、晴れて病院に就職できたという噂を耳にするようになった。また、心なしか求人も以前と比べてだいぶ増えてきているような気がした。これは看護師に限っ [続きを読む]
  • あきらめと惰性の間 ? 続・就活で起きた奇跡 ①
  • 誰もが、とわは言わないが、多くの人が惰性で続けているものがあるのではないだろうか。(ひがんでいるわけではないが)結婚生活とか、嫌だけれど何とか耐えられる程度の職場とか、腐れ縁の友情とか。私の場合、それは、病院への就職活動だった。こんなはずじゃなかった… その4 夢破れて就職活動で心が砕け散ったとき闇の中にいた数か月間過去の記事で紹介したように、私は正看護師になった直後の就職活動で、かなりのトラウマ [続きを読む]
  • アメリカで通信教育で看護学士取得(RN-BSN Program) ① 始めるまで
  • これも1年以上前の話となるが、看護学士取得のための、大学の通信教育を始めた。さらっと書いたが、実際始めるにあたり、かなりの迷いや葛藤は存在した。正看護師になってから、はや4年。その間、通信教育をもっと早くやろうと思えばやれたはずだが、踏ん切りがつかずにいた。というよりも、既に(私にとっては)大金の学生ローンにあえいでいるというのに、その上に、決して安くはない学費を払って、看護学士をとったとしても [続きを読む]
  • 車生活、再開
  • 話は一年以上前に遡るが、職場が変わったため、ニューヨークからニュージャージーに引っ越した。 それに伴い、生活の足として、車の購入とあいなった。 実は今回で、アメリカで車を買うのは3台目となる。 最初はまだ結婚していてグアムにいた時。 2台目は、離婚の後、カリフォルニアに引っ越した際、にだった。 半年強の間だったが、アメリカ縦横断するなど、かなり乗り回し、いろいろ紆余曲折があった後、ニューヨークに引っ越 [続きを読む]
  • 2017年近況
  • 最後に投稿してから、1年ほど間があいてしまっていた。その間に、起こったことを覚書として書き留めておきたい。ニュージャージーに引っ越した。↓大学の通信教育を始めた。↓北西部の州に転職することになった。↓引っ越して、仕事開始。↓通信教育終わる ← イマここ [続きを読む]
  • こてんぱん
  • ニュージャージーに引っ越して、はや一か月以上たったのだが、思いのほか、引っ越しが大変だったというか、それに伴う生活の変化も、大変を通り越して、トラウマになるようなレベルで、かなりの想定外の事態となっている。もう少し落ち着けたら、順を追って記事を投稿したい所なのだけど、現状はとてもその境地には至ってない。 [続きを読む]
  • 近況
  • 前回の投稿からだいぶ間が空いてしまったが、Cutepineは元気にやっています。長距離通勤にほとんどのエネルギーを奪われ、今月いっぱい引っ越しにかかりっきりになる模様。変化に弱いアスペルガーなので、かなりブルーなのだけど、なるようにしかならない。落ち着いたら、また投稿を再開したいと思うので、よろしくお願いします。m(- -)m [続きを読む]
  • 過去の記事 …