こすりん さん プロフィール

  •  
こすりんさん: スノーホッケーを世の中に広める会2!!
ハンドル名こすりん さん
ブログタイトルスノーホッケーを世の中に広める会2!!
ブログURLhttp://drivers.sapolog.com/
サイト紹介文札幌発祥のスポーツ「スノーホッケー」をたくさんの人に知ってもらいたい
自由文冬場の体力づくりや子ども達に外で遊ぶ機会を作ってくれるスノーホッケー。吹雪でも元気な声が聞こえてくるスノーホッケー。こんなに楽しいスポーツが札幌にはある!!札幌からオリンピック競技を目指します。presented by こすりつけDRIVERS
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/11/10 10:38

こすりん さんのブログ記事

  • いよいよ明日市長杯
  • いよいよ明日に迫りました札幌市長杯争奪スノーホッケー大会本日は会場設営天候にも恵まれて快晴コートを囲うロープを出し上手く解いていきコートを作成するのですがこれが上手くいかないと絡まってしまい中々解けない。最初の解き口で間違えると絡まる。どちらかの紐を引っ張るかの2分の1こっちだあっちだを繰り返し何とか今回は成功!お手伝いの方々がたくさん来てくれていたお陰で14時すぎには終わり、ここから最終練習をしたチ [続きを読む]
  • 留萌市と小平町でスノーホッケー
  • 市長杯を目前にしてネタ切れで苦しんでおります。先日紹介した留萌市の隣にある小平町で「スノーホッケー教室」が行われるとのことで、実際に教室が開かれた様子が記事になっていました。(小平町でスノーホッケー教室→http://drivers.sapolog.com/e467850.html)また、昨年覇者の留萌市の小学校では、市長杯を見据えた練習試合を行い熱戦ぶりが伝わってくる記事もありました。市長杯まで残り3日となりましたが、選手たちの頭の [続きを読む]
  • 【本編】東区スノーホッケー大会2018
  • 本編が公開されました。1回戦敗退により1試合分のまとめしかないため前半は雑談となっていますので、試合からご覧になりたい方は4:56〜まで飛ばしてください。笑https://youtu.be/i6OA4KTlfYUこうみると1試合しかしていませんが、非常に濃く楽しい1日でした。おわり [続きを読む]
  • 小平町でスノーホッケー教室
  • 札幌市を中心に栄えるスノーホッケー冬の体育の授業でも取り入れられる学校もあるほど札幌は盛り上がっているが、中々札幌圏から広がりをみせません。ただ、留萌市ではスノーホッケーが盛んで毎年札幌で行われる市長杯に参加するほどです。昨年は小学生男子の部で優勝と札幌勢を圧倒しました。そんな留萌市の熱が伝染したのか、留萌市の隣、小平町。札幌市から約160km離れた小平町は人口約3200人の町。ここでは町の教育委員会 [続きを読む]
  • 東区大会長・副会長の言葉
  • 1月28日(日)サッポロさとらんどで開催された東区スノーホッケー大会も無事終了致しました。開会式・閉会式に会長・副会長の挨拶がありました。会長・副会長共に共通していたのが大会を開催するにあたり「感謝の言葉」を述べていたことでした。この大会が開催できるのも選手をはじめ父母の方・関係者の方々の協力があってのことです。本当にありがとうございます。そして副会長は閉会式で「皆さんはこの大会を通して自分のこと [続きを読む]
  • 東区大会を振り返る
  • 1回戦エコDRIVERS with G vs フェニックス円陣①「ボールは追わない。待つの」エコDRIVERS with G※詳細は後日アップ予定の動画にてご確認ください11時45分、フェイスオフ昨年東区大会王者「フェニックス」若さ溢れんばかりに、縦に横に王者の走りを魅せられついていくのがやっと。それでもスティックを出し、体を寄せなんとかコースも防ぎつつワンチャンスを伺うエコDRIVERS0−0のまま前半5分早々に体力の限界に達しタ [続きを読む]
  • 東区大会お疲れ様でした
  • 東区大会無事終了しました。天候にも恵まれ、我々の勝利を前祝いするかのように、勝利へ導く朝日がコートにさしていました。前日にメンバーで円陣を考えており、中々決まらず、試合を鼓舞する円陣なだけに適当には出来ないと考えに考え抜き2時間(※詳細は後日アップ予定の動画にて)時間が押し寝不足気味で7時半に会場となるサッポロさとらんどに到着。与えられた担当は火起こし係兼見守り係ということで本部テントを温めていました [続きを読む]
  • ロスタイムを稼ぐのも一つの勝ち方
  • 横綱白鵬の立ち合いでのかち上げが賛否を呼んでおりルール違反でもないのに横審までが口を出し、今場所になって立ち合いでのかち上げ・張り手を封印しました。色々な意見がありますが、個人的にはずっと白鵬のかち上げについては「よろしくない、らしくない」と思っています。相撲の歴史、そうそうたる過去の大横綱をみてると横綱はどんな相手だろうとどっしり構え、受ける。それが横綱そんな「横綱」というイメージを植え付けられ [続きを読む]
  • 北海道新聞の取材が入ります
  • 北海道新聞の方から連絡があり1月28日にさとらんどで行われる「東区スノーホッケー大会」に取材がはいってくれるそうです。ありがたい。自分は昨年まで東区大会の会長をしていまして、開会式での会長あいさつを主に担当していましたが道新の方に披露できないのは残念です。会長退任あいさつしようかな?「みなさん、おはようございます。今週の天気雪なのかどうなのかひやひやしたんじゃな〜い?昨年会長を引退しましたが、引退 [続きを読む]
  • 【東区大会】気になる週間天気予報
  • いよいよ1週間後に迫った東区スノーホッケー大会気になる週間天気予報が発表されました。yahoo!週間天気予報大会前の1週間、今のところ大雪予報ではないようでコート予報も穏やかです。ただ、最高気温が低く「芋掘り」予報も出ていますが、後に平らに固まるでしょう。※「芋掘り」とは、コートに雪が積もりその雪が固まらないためにボールが埋まり、出てきては埋まるを繰り返す。選手たちがスティックで雪を掘りながらプレーし、 [続きを読む]
  • 市長杯のエントリー締め切りとなりました
  • 1月17日(水)をもって市長杯の受付は終了した模様。各学校等に配られた案内では※いかなる理由であっても期日を過ぎた申し込みは受け付けませんと書いてあります。皆さんは無事エントリーしたでしょうか?最近では紙ベースの案内のほかに、札幌市がスマートフォンで閲覧できる「i さっぽろ」というアプリだったり地デジのデータ放送でも札幌市のイベント情報を発信していましてスノーホッケーの大会案内も見ることができます。そ [続きを読む]
  • チーム名は時代を反映する傾向
  • 流行に敏感な小学生では、昨年までに流行ったことなどがチーム名に取り入れられる傾向にあると毎年配られるプログラムをみて思います。そこで2018年に登場しそうなチーム名を予想してみます。※以前の予想と過去にトレンドが反映されたチーム名はこちら→http://drivers.sapolog.com/e451005.html大谷翔平選手が大リーグへ挑戦し世界中の注目を集め、イチローがメジャー最多安打を記録し世界中が沸いた2004年翌年、百合が原イ [続きを読む]
  • 昨年王者留萌潮静球友スポーツ少年団が練習を開始
  • シーズンになるとSNS上でちらほらとスノーホッケーが盛り上がりを見せていますが、北海道新聞の記事にもスノーホッケーを見かけ盛り上がりを見せています。昨年王者の練習開始記事。留萌市にあるこのチーム。地元企業の協力でコート整備を重機で作るなどの記事が昨年の道新で取り上げられていました。地元の協力もあるというのは素晴らしい。そして重機でコート整備…。楽チン!!!そして記事によると昨年11月から室内で練習を開 [続きを読む]
  • コートのレッツ跡
  • 1月28日には東区スノーホッケー大会2月18日には札幌市長杯争奪スノーホッケー大会と続いていきます。各SNSではスノーホッケーの話題もちらほら。2018年がスタートし、早々に練習に励む小学生や一般の動画や写真がアップされており、今はなき体力も頭の中では20代の体力でイメージトレーニングをしてはそわそわしております。イメージトレーニングってつい体力は無限で想像してしまいがちなことに気づき、実際にはそん [続きを読む]
  • 2017年は14記事の更新でした
  • いつも1月は「気持ち新たに」と意気込む月となっております。昨年は年間で14記事の更新と少なかったため今年こそはと今のところは意気込んでいます。今のところ。せめて1月2月のシーズン中くらいは多めに更新したいところ。そんな第35回目を迎えるスノーホッケー大会が来月に控え今月末には早くも東区大会。東区大会の募集期間も1月12日までとなっていますのでお早めに。詳しくは広報さっぽろ1月号にてもしくはスマート [続きを読む]
  • あっという間に年末
  • 気づけばブログが何カ月も放置されており…笑2017年もあっという間に大晦日を迎えてしまったのでせめて今日くらいはと思い今に至ります。年が明けると一気にスノーホッケームードそんなスノーホッケーのかつては一緒にプレーした面々と集まる機会がありました。年々仕事諸々忙しくなり中々全員が集まってスノーホッケーをする機会もなくなってきましたでもこうやって集まったときは10代の頃から変わらずボーリングという流れ。仕事 [続きを読む]
  • 場所が変わってもいつも通りの事を
  • 天売島に渡った話の続き。前回記事はこちら「天売島で感じるスノーホッケー」思いもよらぬ激坂で休憩を入れながら合間合間に訪れる絶景!!スノーホッケーの試合をしているようなスリリングな展開で決して楽で平穏な20分間(スノーホッケーの試合時間)はないようにこの自転車島一周もまたスノーホッケーのそれを思い起こさせるような展開でした。そしてこれはまるでスノーホッケーをしているかのように汗が吹き出し顔いっぱいに [続きを読む]
  • 天売島で感じるスノーホッケー
  • ということで7月23日、日帰りで天売島へ渡りました。羽幌港からオロロンラインというフェリーに乗り試合時間にして4試合半の90分あるので横になってテレビを見たりたまに外の風を浴びたり。なんだかんだ過ごしているとあっという間に待望の天売島に着き。島でのアクティビティというとネット情報では自転車を借りての島1周くらいしかないようで1周10km程ということでまぁ少し頑張れば回れるほどの人口300人程の小さな島 [続きを読む]
  • 【次回】天売島で感じるスノーホッケー
  • 長らく更新が滞っていました。感覚的には1試合程ベンチで休んでたという感覚ですが時間にすると約2ヶ月ですか・・・。スノーホッケー最後の大会少しでもシーズンを長く過ごすために最長で決勝まで進むことが誰よりもスノーホッケーシーズンを長引かせる唯一の方法ですがいざ決勝まで進んでどのチームよりも長くシーズンを過ごせたとしても振り返ればあっという間のシーズンだったっというあの感覚。(尚、ここ数年は決勝に進んで [続きを読む]
  • きっと揉まれることが好き
  • 「ぶらりニセコ旅」去年のGWの様子はコチラ→http://drivers.sapolog.com/e450329.html今年もニセコに行ってきました。峠山頂付近には所々にまだ雪が残っており「はやくスノーホッケーがしたいね」「溶けないでほしいね」・・・なんて会話もなくニセコに向けて淡々と目的地に向かいます。ニセコにはたくさんのアクティビティがあり去年はテニス今年はラフティング。「川下りを楽しむレジャースポーツ」ラフティングと聞くと「穏や [続きを読む]
  • 今度の舞台は雪上ではなく、
  • スノーホッケーはいくら冬の子供たちの体力づくりが目的と言っても流石に1年に1回の大きな大会だけではもったいない。もったいないというのは、このスポーツが楽しすぎるために1年に1回の大会だけではもったいないという意味です。そして雪がないとできないスポーツでもあるということで日本全国どこでも気軽にといかないところももどかしい・・・。先日、雪が降りましたがシーズンオフの降雪は雪に申し訳ないけど流石にスノホ [続きを読む]
  • 除雪道具
  • コートづくりには欠かせない除雪道具道具が良ければ苦難も少しは和らげ作業効率も上昇そんな除雪道具を紹介します。ラッセルプッシャー(出典:http://item.rakuten.co.jp/g-life/226007/)通常のプッシャーだと雪の逃げ場がなく大量の雪をかく場合は重たくなって押せなくなります。このラッセルプッシャーは雪を左右に逃がしてくれるので楽々押せそう。ただ、雪が左右に逃げるのでスノーホッケーのコートづくりには不向き・・・。 [続きを読む]
  • 大会開催日
  • 子供たちの体力増進と冬に外で遊ぶキッカケづくりとして札幌市で考案されたスノーホッケーは市内の小学生を中心として栄えましたが、今では大人でも夢中になってしまう程スノーホッケーの魅力は奥深い。今では大人でも参加できる一般の部が男女ともに賑わっています。というものの、道外への進学・就職・仕事の都合上などなどいつも2月の第3週日曜日に開催される大会に参加したくてもできない人も多く、人集めに苦労するチームも [続きを読む]
  • 留萌市の地域貢献
  • 札幌発祥のスポーツ「スノーホッケー」は札幌市の小学校では毎年冬の恒例スポーツとなっていますが中々札幌から発展し全道へとは広がりをみせていません。そんな中、嬉しいことに留萌市の小学校は毎年札幌で行われている市長杯にまで遠路遥々参加してくれています。留萌市でもスノーホッケーは毎年冬盛んに行われているようです。時折新聞でもその活動が紹介されています。<過去記事参照→各地区市長杯に向けて熱を帯びている模様 [続きを読む]