BECK さん プロフィール

  •  
BECKさん: 安心のフィリピン留学 BECK 校長ブログ
ハンドル名BECK さん
ブログタイトル安心のフィリピン留学 BECK 校長ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/beck-ph/
サイト紹介文フィリピン留学情報、またすべての人に役立つ英語学習情報を公開中です。
自由文フィリピン留学経験後、イギリスロンドン大学に入学し、その経験から、日本人には適切なカリキュラムを持った学校が必要だと感じ、格安留学が可能なフィリピンに語学学校を設立することを決めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/11/10 11:21

BECK さんのブログ記事

  • 多言語習得のメリット
  • 今回は多言語習得のメリットについてお話ししたいと思います。 世界中どこでも友達が作れる!ってのは1万回くらい見聞きしたんで飛ばしますね。 僕自身が経験した、最大のメリットは脳の活性化が一つに挙げられます。 これに関しては科学的なエビデンスも少し出てきているようですが、そんなことよりも自分で実感できるので、わかり易いです。 というのも私は朝起きて15分間英語の音読をするということを日課 [続きを読む]
  • 英語って簡単?
  • この質問よく知り合いから受けるのでこの機会にみなさんとシェアしたいと思います。 僕はこう聞かれたときに実際なんて答えればいいか正直わからない時があります。 というのも皆が想像している実際になりたい自分が人それぞれ違うからです。 例えば僕の場合、英語はすごく難しいです。僕の場合は英語が商売道具なので常に勉強して、新しい表現を頭の中に取り込んでいかなければいけませんし、そのたびに、英語と [続きを読む]
  • 今日からすぐ取り入れられる英語学習法
  • みなさんこんにちは。 今僕はこの記事をオフィスで書いているわけですが、そのなときふと思ったのが、自分はどのようにして英語を身に着けたのだろうということです。 僕たち日本人の中で英語を挫折してしまった人はたくさん知っていますが、日本語の習得に失敗したという例はいまだに聞いたことがありません。 そこで、子供はどのようにして言葉を身に着けるかと考えてみると、大人とほとんど変わらないな、とい [続きを読む]
  • 当たり前だけどみんなができない英語学習のキモ
  • 皆さんおはようございます。 フィリピンは今日も暑いです。 最高気温31度。これから夏本番です。 長期で留学しようと思っている人には一番いい時期でしょう。 きれいな海には行き放題。雨もなくじめっとすることもなく、日本のような寒さもない。 この時期のフィリピンは日本人からすると楽園です。 さてここからが今日の本題ですが、英語学習のキモでしたね。 自分でタイトル付けて書き出す [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • かなり遅めのご挨拶になりますが、あけましておめでとうございます。 しばらく更新ができない状態が続いていましたが、これからまた、英語学習の道で彷徨っている方々に向けて少しでも役に立つ情報やフィリピンでの生活を綴っていきますので、ご愛読いただけますと幸甚です。 この一年全ての英語学習者の皆さんにとって飛躍の一年となることを祈りつつ、そして自分にとっても飛躍の年になるよう精進してゆきますのでよ [続きを読む]
  • 様々な語学習得法(3) オーディオリンガルメソッド
  • 今日は一昔前に流行ったオーディオリンガルメソッドについてご紹介。このメソッドではパターンプラクティスやドリル等の実践的な練習を通して学習するというメソッドです。当校でもモチベーションの高い生徒さんに対して積極的に取り入れることをお勧めしています。当校ではパターンプラクティスというよりも一人でできる短文暗唱といったほうがしっくりとくるかもしれません。これを教師とやる場合には教師がこの教授法に対して [続きを読む]
  • 様々な語学習得法(2) ダイレクトメソッド
  • ダイレクトメソッドといえば最近日本でも英会話学校等の宣伝で見かけるようになってきました。これは何かといえば、自身が学習する言語のみを使用してその言語の習得を目指すというものです。つまり日本の多くの学校ではネイティブスピーカーが教えています。そもそもこのダイレクトメソッドというのは、赤ちゃんは母国語習得の時にほかの言語使わないよね。だから大人も学習対象の言語のみ使っていればそのうち習得できるっしょ [続きを読む]
  • 様々な語学習得法(1) 訳読法
  • さて今日は世界中で研究されている外国語習得法について見てゆきたいと思います。ことさら今日は英語に絞って話を進めていきます。まずこの訳読法、日本では非常にポピュラーな英語教授法です。別名、グラマートランスレーションメソッドとも呼ばれているこの訳読法では、生徒は文法と単語を覚え文章の読み方を教師から習うという方法を取ります。これを聞いて何を思い出すかといえば日本の英語教育ですね。まさにこの訳読法がメ [続きを読む]
  • 講師の資質
  • フィリピン留学の仕事をしているとやはり他校さんのHPなんかもみて研究する機会は多いのですが、どこの学校もうちの先生は一味違います。とか、安い人件費と豊富な人材を活かして優秀なフィリピン人講師をさらにトレーニングしてます!みたいなうたい文句の一点張りなんですね。まぁかくいう私の学校のHPにも全く同じことが書いてあるのですが。でも本当なんですよ。一応。嘘を書いているわけではないんです。しっかり最大限にト [続きを読む]
  • フィリピン留学効果的な授業の受け方
  • フィリピン留学ではほとんどの学校でたくさんのマンツーマン授業を受けることができます。しかしマンツーマン授業ですから、逆に言うと何もしゃべれないと先生がいっぱいしゃべることになってしまいます。こうなってくると地獄です。昨日今日あった人の話を一日中聞き続けるわけですから、我慢強いでおなじみの私でもなかなか地獄です。さて、それを回避するためには、ある程度自分でクラスをコントロールしなければなりません。 [続きを読む]
  • 言語習得時における大人の優位性
  • 私ごとですが風邪をひいてしまいました。フィリピンで風邪をひくとなかなか大変なので、留学する方は日本から常備薬を少し持ってくると良いでしょう。さて、何が言いたいかというと、風邪の中ブログを書いてる俺すごくない?っていうシュチュエーションに酔ってるんです。本当は普通にブログ書けるんですけど、隣にいるマネージャーに心配してほしい一心で少し大げさに咳き込んだりしてるわけなんですけど。当たり前のように無視 [続きを読む]
  • BECK 校長的オススメ参考書(精読編)
  • さて今回紹介するテキストは精読用のテキストです。精読学習とは、知っている文法知識をどのように使って正しい文章を読むかということを学習する事だと認識してください。つまり皆さんがこの文章を自然に前から後ろに読んでいるように、英語でもまず正確に文章を読めるようになってから、文章を前から後ろに読む技術を身に付けなければいけないのです。つまりこの文章を、まず正確に、読めるようにするスキルを精読学習では身に [続きを読む]
  • BECK 校長的オススメ参考書(単語編)
  • 以前ブログで私は初学者が単語帳で単語を学習するのは、非効率でありつまらないので全くおすすめしないという私の立場を書いてきました。しかし、今日ご紹介する参考書は別です。それがこちら。ネイティブスピーカーの単語力〈1〉基本動詞 (Native speaker series)/研究社出版¥1,836Amazon.co.jpネイティブスピーカーの単語力〈2〉動詞トップギア (Native speaker series)/研究社出版¥1,728Amazon.co.jpネイティブスピーカーの [続きを読む]
  • インプットの量を増やせ!
  • こんにちは。ごきげんよう。さて今日は敢えて今の日本の英語教育の主流である、日本人はアウトプットが足りてないから話せないんだ。だから実際に話す時間を増やそう。という考え方に逆らう形で私の考察を書いていきます。確かに日本の英語教育を見たときに、アウトプットが不足している。という事実は私も認めます。そしてアウトプット、すなわち実際の会話を通した練習が必要なことも事実です。しかし最近そこばかりがフォーカ [続きを読む]
  • 英語の試験との上手な付き合い方
  • 今日は英語テストとどう付き合っていくかについて。日本では相変わらずTOEICが人気ですね。仕事柄TOEICの模試等解いたりする機会は多いのですが、上級者の英語の実力を測るテストとしては、あまりお勧めはできませんが、初学者から中級者、点数で言えば900点を超えるまでは自分の英語力を図るテストとしては非常に優秀です。またこういった英語のテストを活用する学習の最大のメリットは語彙力の獲得にあります。様々な英語の試験 [続きを読む]
  • BECKと他校の最大の違い(2)
  • 前回のブログではBECKと他校の決定的な違いはその教育システムにあると書きました。つまり我々の指導に忠実にトレーニングを重ねれば誰でもしゃべれるようになると。今回は皆さんにもっとBECKのことを知ってもらうためになぜそれが実現可能なのかをご説明したいと思います。まず私が思うのは、人間の能力、時間には限界があり。その能力も大したことない。ということです。どんなに仕事ができる人でも食堂での業務をすべて一人で [続きを読む]
  • BECKと他校の最大の違い
  • こんにちは。ご機嫌いかがですか。ところで今日は、他校と我々BECKの最大の違いについてご紹介させて頂こうと思っています。ハッキリ書いておかないとなかなか伝わらないですからね。(ハッキリ言わない男は女性から嫌われるとこの前呼んだ恋愛指南系の本に書いてありました。)最大の違いは、我々は確実に喋れるようになって、また留学した後も学習を継続できるような英語指導。を理念としています。喋れるようになれないなら、 [続きを読む]
  • 継続は力なり
  • みんな知ってるこの言葉。でも実際に何かを継続する事ってすごく難しいですよね。私も新しいことを初めて、それを続けられる確率はだいぶ低いと思います。なぜなら、その行為が自分にとって楽しくないから。楽しくない事を続けなきゃいけないって地獄ですよね。でもほとんどの人にとって今の仕事がやりたい仕事ではないかもしれないわけで。その点から日本の先進国の中における圧倒的な自殺率を説明できるような気もしますが。そ [続きを読む]
  • 英語が出来るようになる人の特徴
  • 今回は英語が出来るようになる人の特徴を私が今まで見てきた中でお話ししたいと思います。英語が出来るようになる人には絶対的な共通点があります。まず一番の共通点は、自分が将来英語を喋っている姿が想像できているということです。このマインドが圧倒的に違います。なんとなく勉強している人は例外なくしゃべれるようになりません。英語を身に付けた後の自分を想像できる、例えば英語を使ってバリバリ働いているところを想像 [続きを読む]
  • 英文法の学習法
  • 英文法ってみなさんどうやって学習してます?一度使えるようになるととても便利な英文法ですが、この英文法学習で英語学習を挫折してしまう人が非常に多いこと、多いこと。これの解決法は英文法の学習法の見直しとオンライン英会話や留学を通して学習することです。例えば、英文法を学習するにしても、まず例文を読んで解説を読みますよね?その時にその例文を、自分ならどういう状況で使うかな? とか自分がこの例文の質問聞か [続きを読む]
  • 2ヶ国留学のススメ
  • 今回の記事では勉強法から少し離れて、今流行の二か国留学について考えてみたいと思います。なぜ私がフィリピンに日本人の為の英語学校を作ったかと言えば、一つには学費の安さ、そしてもう一つには、フィリピン英語のクセのなさがメインの理由です。まずフィリピン留学が他国留学に比べて安いのはもう皆さんご存知だと思います。そして何よりその安さを活かして、沢山の時間英語に触れられるというメリットがあります。日本では [続きを読む]
  • 音読用オススメ参考書(2)
  • さて第二回です。音読が英語学習において最も大切なトレーニングの一つであることはこのブログを通してみなさんにお伝えしてきました。そこでこのオススメ教材シリーズも書いているわけなんですが、はっきり言って教科書のレベルさえ間違わなければどの参考書でも構いません。オーディオがあって文章があればそれ即ち音読教材になります。音読は教材ではなく、やるか、やらないかです。しかしながら音読用に作られた教材が音読学 [続きを読む]
  • フィリピンのレストラン事情
  • 最近フィリピン特にマニラ近郊には世界中の有名レストラン、中華からイタリアン、もちろん日本食まで。なじみのあるところで言えば、お好み焼き屋の道頓堀、ラーメンの山頭火などのおいしいレストランに気軽に行けるようになってきました。今日はそんなレストランをたくさん紹介して、マニラもいろいろ変わってきて、気軽に留学できるようになったんですよ。なんて記事を書こうと思っていました。でもね、ブロガーとしてあるまじ [続きを読む]
  • 発音について
  • 日本人で非常に多くの方が悩みを抱えているのが、この英語の発音の問題です。私自身は発音の専門家ではありませんので、今まで発音に関する記事は書いてこなかったのですが、今回は考察の意味も兼ねて書いていきたいと思います。まず発音の学習が必要か否かという質問には必要であると断言します。しかしこれは、ネイティブのような発音を習得しましょうね。という意味ではありません。ネイティブが言っていることを理解するため [続きを読む]
  • 英単語の覚え方(2) 
  • 前回の続きの記事になります。英単語の覚え方を読んでいない方は先にそちらを読んでください。さて、前回英単語は文脈の中で覚えないと使えるようにはならないというお話をしました。おさらいしておきましょう。とても大事なことです。ノンネイティブが犯す一番のミスと言ってよいでしょう。I discuss about that matter.>え?これの何がいけないの?って感じた方は英単語の覚え方を今日から変えてみましょう。Discussは他動詞で [続きを読む]