バラ栽培支援@岸田 さん プロフィール

  •  
バラ栽培支援@岸田さん: ベランダ・バルコニーに小さなローズガーデンを
ハンドル名バラ栽培支援@岸田 さん
ブログタイトルベランダ・バルコニーに小さなローズガーデンを
ブログURLhttp://verandarosegarden.hatenablog.com/
サイト紹介文ベランダ・バルコニーでバラの鉢植えを楽しみたい方をサポートしていく情報を書きたいと思っています。
自由文これを見て、新たに、バラを育ててくれるひとが増えたら嬉しいなと思い始めました。
本当は、仕事に結びつけばいいのですが、それよりも、バラを育てたいって思ってくれる人が増えること。そして、バラの無農薬栽培でも、ここまでできるということを伝えられたらうれしいです。内容としては、主に、僕の庭の状況がメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供382回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2015/11/10 19:36

バラ栽培支援@岸田 さんのブログ記事

  • 大きくしたいから
  • まだつぼみはあるのだが、これはさすがにだめかと…枝も比較的剛性があって、自立していられるので、大きくして目隠しとしたいので、鉢増しすることに。植替え先の、土と肥料を入れて下準備を済ませてから鉢を抜いてみると、根鉢がしっかりしていました。ハサミムシの大きめなものが逃げ出してきたので、コガネムシはいないと踏んで上側の土を落とし、下の根をほぐしたら水を数度に分けてあげておしまい。 [続きを読む]
  • 支えがどうしても要るので
  • 秋の台風の被害の後から、いろいろと考えました。やはり、賃貸で、杭を打っなど、基礎をきちんと作るのは後々面倒なことになるので、倒れやすい構造物は極力減らすことに。ただ、自立できないものはなにらかの支えが必要。このエドゥアール・マネは自立できないので、コントゥ・ドゥ・シャンボールに使用していた、鉄の誘引具の半分を使用することに。そして、ある程度、大きくなったので、鉢増ししたいなと思ったので、やってみま [続きを読む]
  • 予想に反して
  • 少し前に、寒さでだめかも…。と思った記事を書いたのですが、そのころの予想よりも、実際天候が暖かったためか、けっこう咲いてきました。お決まりの、全て下向きでね。香りは、何故か、アルシデュック・ジョゼフに似ているの。柑橘系のまじったティ香とりあえず、咲いたのが見られて良かったです。 [続きを読む]
  • 12月上旬でも
  • やっと、寒くなり始めましたが、それでもまだ咲いているソフィーズ・パーペチュアル。この品種はある程度香りが安定していて、甘いフルーツというかダマスクというか、おいしそうなフルーツ焼き菓子をおもってしまう香りです。コーヒーよりも紅茶が似合うやつね。本当に、4月から12月まで、繰り返し咲いている。これぞ四季咲きといえるかと。葉は、いつも黒点病なので気にしないことにして。枝はこまめにカイガラムシを取ってあ [続きを読む]
  • 今年は無かった
  • verandarosegarden.hatenablog.com秋に入って、なんとなく元気がないので、以前、がん腫らしきものが見つかっているので、その確認をしてみようと抜いてみました。めだったがん腫はないものの、根の張がいまいち。ついでに、茎の下部が嫌な色。湿りすぎていて、ミミズが過剰にいました。(写真は、土からミミズを取り出してみたところ)鉢のサイズダウンをしたかったのですが、すべて使われていたので、鉢底用の炭があっので、少し多 [続きを読む]
  • 2シーズン栽培したので土換えしました
  • 先月、カイガラムシの除去と黒点で取れそうな葉を除去する際に、邪魔になる鉄製の誘引具は半分取り外して置きました。そこで、今回は、残っていた、カイガラムシを除去してから始めることに植替えシーズン入ったところなので、くわしめに書いておくと、使用しなくても良いのですが、鉢底に専用の炭を入れて培養土を炭がみえなくなる厚さで入れて肥料を規定量入れて(真ん中に入れる派とかいろんな人がいますが、お好きにどうぞ)気持 [続きを読む]
  • すごい久しぶりに
  • 今年はほとんど見なかったものが出ていました。うどん粉病。うどん粉病耐性が強い品種が多いので、それほど神経質に見てなかったのもあるかもしれません。うどん粉病が初期にわからないという人がいまして、その簡単な見分け中を伝えたのですが、同じことをここで書いてしまおうと。見た目でわからないという方は指でこすって、指の匂いを嗅いでくださいませ。そうしたら、「カビ臭い」。うどん粉病はカビの一種がつく病気なのです [続きを読む]
  • なんかいいよね
  • 数日前の写真ですが、朝の開花前の良い状態の写真がありまして、没にしようかと思ったのですが、それもなんなので、記事に。例年だと、この時期になかなか咲いていることは少ないのですが、まだ蕾が数個あり、ひょっとしたら、たのしめるかもと思っている自分が…。でも、土曜日から、最低気温がマイナスになってしまうので、だめだろうな。土換えもしてないし…。小さい鉢で、けっこう咲いてくれたものは土換えしたいんですよね。 [続きを読む]
  • 本当に12月なの?
  • このところの暖かさ。異常ですよね。たぶん咲かないだろうと思っていた、アブラハム・ダービーのもう一つの蕾も開花し、秋には咲かなくなった、レンゲローズの枝変わりにも花が…。今週末には寒くなるらしいけれど…。その落差はけっこうありそうなので、風邪など皆様ひかないように。 [続きを読む]
  • 開花?
  • verandarosegarden.hatenablog.com上の記事から3週間程度で咲いて(?)きたのですが、花弁がほぼなく、真ん中ドーンって感じでして…それでも、少しだけ良い香りが…。暖冬ということをあてにして、残りの蕾が開いたら鉢増しすることにしようか、今週末から冷えるらしいので、今度の土日にしようか迷っています。 [続きを読む]
  • やっぱり人気なのわかるわ〜
  • 先日も紅葉途中の写真載せましたが、僕のところのもみじの青龍は、今が盛りの紅葉状態。もう一つ、モミジがあるのですが、黄色だし、葉が弱くて秋まで持たないのですが、この青龍は、葉も比較的きれいに秋まで残ってくれるので、紅葉が綺麗なんですよね。そのようなこともあって、けっこうあちこちのお庭で青龍とおもわれるモミジを見かけます。ぱっと見で選んで買ってよかった例かな。もう一つのは失敗だったけれど。バラだけでは [続きを読む]
  • 月日が経てばこなれてくるものです
  • 台風で庭に地植えしてあった多肉植物がつぶれたり、鉢植えもうまく行っていなかったので、9月24日頃にもらってきたけれど、使っていなかった盆栽鉢に植えてみたんです。でも、すかすかだし、なんかいまいちだったのですが、2ヶ月弱、経てみるとなんだか、しっくりした雰囲気になってきました。最初なかった左上には、根ぐされしてしまった松島セッコクを乗せております。なんとなく、同じ感じでいけるかなくらいののりでやってみま [続きを読む]
  • まだ咲いてくれるかな
  • verandarosegarden.hatenablog.com上のリンク記事で書いていますが、コガネムシの結構な被害からやっと立ち直り咲いてくれました。ただ、10月からの寒さと日照時間の減少で、なかなか蕾が大きくならず、やっとここまでといった感じです。オレンジティーの香りがしています。けっこう季節によって香りが異なるので、それも愉しみなんですがね。他の枝にも、蕾がけっこう(10個以上)あるのですが、たぶん、だめでしょうね。暖冬だ [続きを読む]
  • 日の出直前の美しさ
  • 写真ではなかなか伝わらない。クリーム色の部分がもっと透明感があって、そして、全体的に柔らかな雰囲気。それが、日がでるとコントラストがついた感じで、柔らかな感じが少なくなる。個人的好みの問題であるが、晩秋から初冬にかけてのオーブは上品で、柔らかく美しい。だから、この時期に咲いてくれるように剪定で調整して欲しいと思います。枝がもう少し柔らかくとか、黒点病にもう少し強くだとか、欲を言い出せばきりがないの [続きを読む]
  • 良い香りはすれど…
  • 寒さと日照時間が短いからか、花もこれくらいの開いた状態で止まっているし…。ただ、香りは強いフルーツ香がしっかりあります。黒点病がけっこうついていますが、去年よりは、良い状態でシーズン終了かな。近々鉢増し予定ですが、来シーズンはどこに置こうか悩みどころでして…。今年、少し雨があたりにくいところに置いたので、黒点病もすくなくて少し元気になったのもあって…。 [続きを読む]
  • 開花なんだろうけれど…
  • verandarosegarden.hatenablog.com上のリンク記事の続きです。黒点病は出ていますが、ここまで元気になってきました。ただ、窒素分が多かったのか、これで、全開の奇形の花が咲いていました。これでも良い香りがするのでびっくりですが、もう一つもたぶん、奇形ですが、どんな感じになるのか、そもそも寒さで咲けないのか…。 [続きを読む]
  • 今年最後かな
  • 急に、平年並みの冷え込みとなり、蕾のままで終わりかなと思っていたら、咲いていました。比較的丈夫な部類に入りますが、黒点病は出ます。そして、直立であまり大きくならないので、ガーデンローズではなく、鉢植えで、雨が直接あたらない場所、ベランダなどで、育てて、その濃厚な香りを楽しむ品種だと個人的には思っています。何度も書いていますが、濃厚なフルーツ香です。個人的にはフルーツ香が好きで、フルーツ香の強いもの [続きを読む]
  • 今年はあまり良くないけれど…
  • 昨日、庭の寄せ植えの紅葉も色づいて来たから、「どうかな〜。」と少し期待して、高幡不動の薬局の待ち時間中に、高幡不動尊へ。全体的にはこんな感じ。細かく見ると、葉っぱがいつもより痛んでいて、台風の被害が思い起こされました。台風でかなり枝が折れて心配していた、トイレ近くのいつも綺麗に紅葉するもみじは、枝数が少なくなってしまいましたが綺麗でした。ちょっと狙った構図で。夕暮れ前だったので、全体的に暗い感じで [続きを読む]
  • 昨日は天気が良かったので…
  • バラの家さんへ培養土と肥料を買いに行ってきました。3連休ということもあり、道路がけっこう混んでいました。椎名林檎さんの歌の「高速渋滞とは言っても低速だろ〜」って歌詞をつい口ずさんでいたら、隣にいた連れに笑われました。ここにくるといつも、買い物半分、自宅にある品種と同じ品種をまじまじと見てしまうのでした。庭が狭くて欲しいなぁーと思っていた品種とかもね。帰りに、杉戸町にある温泉施設に始めて行って来ま [続きを読む]
  • 香り高き比較的丈夫なバラという評価かな
  • 久しぶりに咲いてきました。このバラも香りは、一般の人がバラと聞いてイメージする香りではなく、香水をイメージさせるような香りです。まだ新苗で買って1シーズン終わろうとしている段階ですので、耐病性云々は決定ではありませんが、うどん粉病にはまぁまぁかからず、黒点病に少しかかるレベルかなと。こんな感じの葉があるので。数年たったら、また変わるかと。 [続きを読む]
  • これもやってしまいました
  • 今年は、秋の長雨でかなり黒点病が出てしまって、それに、けっこう虫に芽がやられてしまって、花が咲きませんでした。1つだけ蕾があったのですが、だんだん寒くなっていることと、日の当たらない時間が長いので、切っていったら、剪定まで一気にやってしまいました。 [続きを読む]
  • 美白
  • この写真を載せたいなと思っただけの記事です。今時期だけに見られるのかな。凍らず花が長く持つ時期だから。ちなみに、この写真は今年6月ごろの写真。薄いビンクですが、上の写真ほど白くないでしょ。 [続きを読む]
  • お勧めのファーストローズは…
  • 今日も咲いています。4月の終わりから11月の終わりまで、途切れることはほとんど無く咲いている感じがします。前も書いたかもしれませんが、オールドローズに分類されていますが、現在のブランドローズに引けをとらない、いや、それ以上のものもあるバラです。欠点から書けば、黒点病にかかりやすい。バラのカイガラムシに好かれてしまう。花の命が短い。そして、花びらがばらばら散らばる。位かな。ただし、黒点病にかかっても [続きを読む]
  • 今年もこんな季節
  • 昨日、近くのイオンモール日の出のクリーニング店に行ったのですが、ついでに食べ物でもとモールを歩いていたら、クリスマスの飾り付けが。もうそんなシーズンなのかと思い、ツリーを今年も作ろうかと重い腰を上げました。今年は、玄関先に設置するのはやめて、室内から自分が眺めて見えるようにベランダ部分に設置しました。本当は室内でとも思ったのですが、受け皿がないのと、虫がけっこう出てきそうなので、やめました。 [続きを読む]
  • 枝のやわらかいうちにやってしまいました
  • 右側の、アルシデュック・ジョゼフの花がら摘みと切り戻しをおこなったついでに、荒れ放題だった、左側のローズ・ドゥ・グランヴィルの枝も整えることに。正面から見ると、アーチには沿っている感じですが、横から見るとはみ出し放題でして、1本はどこに向かっているのかという伸び方だったり、アーチの内側へ伸びだしている枝もあったりでした。黒点病に葉もかなりなっいたので、それらは遠慮なくむしりとり、弱小枝も切り去りた [続きを読む]