バラ栽培支援@岸田 さん プロフィール

  •  
バラ栽培支援@岸田さん: ベランダ・バルコニーに小さなローズガーデンを
ハンドル名バラ栽培支援@岸田 さん
ブログタイトルベランダ・バルコニーに小さなローズガーデンを
ブログURLhttp://verandarosegarden.hatenablog.com/
サイト紹介文ベランダ・バルコニーでバラの鉢植えを楽しみたい方をサポートしていく情報を書きたいと思っています。
自由文これを見て、新たに、バラを育ててくれるひとが増えたら嬉しいなと思い始めました。
本当は、仕事に結びつけばいいのですが、それよりも、バラを育てたいって思ってくれる人が増えること。そして、バラの無農薬栽培でも、ここまでできるということを伝えられたらうれしいです。内容としては、主に、僕の庭の状況がメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2015/11/10 19:36

バラ栽培支援@岸田 さんのブログ記事

  • 意外にがんばっているシリーズ…2
  • 酷暑が終わってきてから、少しずつ咲き出しました。夏は、いつもどおり花は小さく、ほぼ無香です。まぁ、ぼさぼさですが、新しい枝が次々と出ていて、いつも通りの夏を過ごしましたよ。といった感じです。 [続きを読む]
  • 酷暑の爪あと…2
  • 今年の夏は、暑くてもかなり咲いてくれたのですが、実は、このノヴァーリスは暑さに花びらも弱いのですが、今年は葉も小さく、ちりぢり部分が。そう、高温障害。でも、温度が下がってきてから展開した葉は通常に戻っています。この時期なら、夏剪定を兼ねてばっさり行ってもいいし、気にしないのなら、そのまま付いている蕾が花になるまで待って、咲かせてから、切り戻してもいい。ただ、こんなに悠長にしていられるのは、大きく丈 [続きを読む]
  • 酷暑の爪あと
  • 今年の8月上旬までの暑さは異常でした。これが、異常のままで終わればよいのですが…。温暖化はこんな環境を通常にしてしまいそうで…。そんな年でしたが、一番弱ったのはこの品種。でも、まずはシャベルで掘って、コガネムシの幼虫がいないか確認しました。それから、枝の先端の葉の展開状態を確認して、暑さにやられたんだなと。そんなときは、とりあえず、これをあげて様子を見ることにしています。 [続きを読む]
  • 意外にがんばっているシリーズ…1
  • 一回、黒点病で葉を落として、先週の少し涼しくなった以降に葉をけっこう展開してきました。上の写真は今年のシュートにあった黒点病がうっすら出でいた葉をとった状態の写真です。この状態の葉はすぐに、黒点病にかかってしまいやすいので、黒点病のある葉を取ったということです。そして、今年のシュートに優先して栄養分が割り当てられていたので、剪定を少ししました。この状態で、雨の当たりずらいところで育てていきます。 [続きを読む]
  • 黒点病シリーズ…3
  • 黒点病の広がりスピードは比較的というかけっこう速い。そして、すぐ葉を落とすので、これもあっさり、丸裸にして、枯れている枝などを剪定して、少し暑さに弱り気味だったので、数日程度、休眠していただきたいかなと。あと、一番古い枝が、枯れ込んできているので、たぶんダメかな。僕のところでは、ジル・ドゥ・ブリザックの次に、黒点病に弱いのですが、これは、やはり、捨てられないや。比較的、復活が早めだし、香りがすきだ [続きを読む]
  • 違和感を感じたら…
  • 暑い中でも、繰り返し咲いてくる、ポラリスα。その、枯れた葉を取ろうかなと思って、なにか違和感が…。取ってみると、でかいの。僕は、小さなうちは手で、捕殺しますが、大きいとけっこう暴れるので、割り箸でつかんで、踏んでます。パット見おかしいなと思ったら、よくよく見ましょう。 [続きを読む]
  • 黒点病シリーズ…2
  • 雨が少なかったときは、全然問題なかったのですが、台風12号が来たとたんに、黒点病になり始めて、13号が過ぎたらこの有様に。本当に僕と相性が悪いバラなので、取りにこられるかたがいらっしゃったら差し上げますよ。これは無農薬で育てないほうがよいです。香りよい、良い感じの花ですが、樹勢も黒点病への耐性も悪いです。とりあえず、多への蔓延を防ぐために、丸裸に。 [続きを読む]
  • 小さいけれど、けっこう咲いてくれます
  • 復活してきたなーと思っていたら、けっこう咲いてきたというかんじですね。この時期なので、大きな花ではないので、香りは薄めですが、良い香りは顕在です。前回の記事と内容はかぶるのですが、自分で天候や葉の重なり、葉の状態をわかっていて、調子悪いときは、花を咲かせないで、成長を止めて、調子よくなってきたら、咲かせてくる感があるのではないかと思っています。すごい丈夫という訳ではないけれど、賢く育ってくれるいい [続きを読む]
  • またまた咲いてきてくれました
  • 花はこんな感じで、綺麗で春のような感じではないけれど、それでも一度に数個咲いてくれると香りが漂っています。庭に溶け込むというわけではないのですが、自然感のある雰囲気が好きになってきました。今のところ、軒先に置いていることもあって、黒点病は目に見えて出ておりません。 [続きを読む]
  • 黒点病シリーズ…1
  • 久しぶりに咲いて、ティーベースの良いけっこう濃厚な香りを味わせてくれましたが、ほぼ、全ての葉に、黒点病が、しかも、夏の暑さでちりぢりの葉も。ということで、写真はなしですが、ほぼ全ての葉を取り去り、雨の当たらないところで育てることに。ちょうど夏剪定の時期なので、秋には花の見ごろが来るといいなーと思っています。 [続きを読む]
  • 久しぶりに咲きました
  • 上の方の写真のボケている部分のUPが下の写真です。ということで2つ咲いてきました。春先は不調なので咲かせず、その後は新しい幹ばかり栄養が行くので、切り戻し続けたので、ほぼ咲いていませんでした。不完全な夏の花ですが、すっきりとした素敵な香水を思わせる香りです。ちょっと癖のある品種ですが、香りの虜になられた方は是非、お庭にお迎えくださいませ。丈夫さで言えば、普通より少し丈夫くらいな感じです。 [続きを読む]
  • 自宅からほぼ見えないけれど
  • 台風大丈夫でしたか?予想されていたより、被害が少なかったかなと思いますが、今回は、千葉、茨城の方はけっこう内陸にまで、塩分を含んだ水が拡散されているかと思いますので、バラにシャワーをした方がよいと思います。いつも隣家に向けて咲いてしまうので、最近、まともにオーブの花を見たことがないのですが、ここ数日咲いてきました>まだ枝数が少ないので、それほど咲くといった印象ではありませんが、1ヶ月とちょっとで繰り [続きを読む]
  • けっこう伸びる品種だということが実感できたので…
  • 支えがあれば上へ上へと伸びていってしまい、そこで花を咲かせてしまうから、花がら摘む際はいつも脚立になってしまうのも嫌なので、ばっさり切ってしまいました。こちらも、先月折れてしまったシュートも芽が伸びてかなりの高さになったので、切りました。下から、サイドシュートが出てきているので、どちらかというと、そちらに栄養が周ってほしいというのもあったので。カタログには樹高1.5メートルとありますが、それよりは [続きを読む]
  • 復調してきました
  • 先月は、風通しの良くないところの葉は全て落とし、枝枯れも少ししていて、芽も停滞していたのですが、ここ1週間くらいで復調してきました。ベーサルシュートも出てきたので、一安心です。初めて育てる品種で、こんな7月の酷暑が初めてだから、どうなるのかわからなかったのでね。 [続きを読む]
  • 夏に咲くのは辛いかな
  • 正直、これだけ暑いと、暑さに弱ってきてしまうのですが、この子も、風通しの悪いところの葉を落としたりしたので、本当は、花を咲かせないほうが良いのですが、サイドシュートの先端に蕾がついて咲いてしまいました。ですので、これも撮影後、花と一部、虫に食べられている蕾を摘みました。花の色が薄いわりに、暑さで、花びらがやられやすいです。そうそう、比較的、このバラは、つぼみがついて花が咲くまでに時間がかかるので、 [続きを読む]
  • これだけ暑いと色が変わる
  • 最近、咲く花は、比較的かなりオレンジでして、春の花はけっこう黄色が配色されています。最近の色だと、周りから少し浮いてしまいますね。目立ちすぎて。もうほぼ売ってない品種なので、こんなことがありますよと書かなくってもいいのですが…。それにしても、半日の花の命。早く酷暑が過ぎ去って欲しいです。また、今週台風が来ますね。僕を含めて、もっと命に関わる問題だと認識したほうが良いですよ。もう過去の経験は役立た [続きを読む]
  • 久しぶりの開花
  • 黒点病にけっこう弱いほうなので、葉を落としだしていますが、久しぶりに花が咲いてきました。香りはけっこうしますが、夏なので、花びらも少ないこともあり、マイルドです。このあと、開いている花のところは浅く切り戻ししました。このオーバーナイト・センセーションは黒点病になると、すぐ葉を落としてしまうので、葉を少しでも温存しておきたくてね。この暑さ、いつまで続くのでしょうね。昨日、通っている漢方医に夏バテ用の [続きを読む]
  • 色が濃いと日持ちしません
  • 洗濯物が写り込んでいますが、気にしないでね。皆様が必死に写真を撮って選んでいるブログが多いのに対して、いつも気楽過ぎてごめんなさい。この写真の中に4種類のバラの花が写っています。今回は当たり前のことを書きますが、赤いバラは、色やけが激しい。1日で花びらがちりぢりになってしまう。それに対して、暑くない季節、花持ちが悪く思えるコントゥ・ドゥシャンボールは酷暑の中でも2日持つので、何故か花持ち良く感じま [続きを読む]
  • 今月も、肥料をあげましたが…
  • 今年の、暑さはけっこう異常で、人間だけでなく、バラたちにも確実に影響を与えているかと。ただ、しっかり冷えた冬だったこと、雨の降った回数が少なかったことより、黒点病の発生が少ないことから、なんとか持ちこたえているといったバラもあるかと思います。タイトルの肥料をあげましたが…の…という意味は、量を減らしたり、液肥にしたりといった意味なのです。別にあげなくても今月くらいなら、いや、逆にあげないほうが良い [続きを読む]
  • 1000日目
  • おかげさまで、このブログも1000日を迎える事かできました。1人でも見に来てくれる人がいたら書こうということと、とりあえず、1000日は連続で1日1記事をあげようということで、中身のない記事を書き続けてきましたが、とうとう1000日。まずは、いつも読みにきてくださっている読者の方に感謝いたします。今しがた咲いているビブ・ラ・マリエ!の写真を載せておきます。知っている方はご存知の、メイアンと京成バラ園芸提携5 [続きを読む]
  • 2ヶ月後の様子
  • verandarosegarden.hatenablog.comこの写真だと、クレマチスの記事かと思われるでしょうが、アンジェラを斜上から撮ったものです。短いのも含めると枝も5本程度あり、このままでも、来年けっこう花をつけそうです。まぁ、黒点病も出てきていますが、このまま、蕾を取り続けて育てていく予定ですが、けっこう、蕾つけるんですよね。とり忘れて咲かさない様に気をつけます。基本的に、鉢植えというより、地植えにし大きく育てて、 [続きを読む]
  • 黒点病にけっこう弱め
  • 台風の風雨でも、花びらは持ちこたえてくれて、透き通った感がある良い香を楽しませてくれるエウリディーチェですが、下の方の葉はほぼありません。少し前に落ちてしまって、今少しずつ再生中ですが、暑いので、あまり良い感じではありません。早く、涼しくなって欲しいです。 [続きを読む]
  • 開花の間隔が少し開きましたが…
  • こう暑いのでね。なかなか咲かないと思っていましたが、咲いてきました。暑くても、良い香りはちゃんとします。こんな風に、一斉の開花はないのですが、こんな風に蕾がついています。全体的には、少雨なので、黒点病はほぼなしですが、少しずつ出てきました。その代り、ハダニ満開です葉を少しずつ落としているのですが、新しい葉も出てくるので、気にしていません。 [続きを読む]
  • やはり枯れました
  • 台風も遠くに向かっていて、小雨がたまにふったりする程度になったので、庭を見てみると、ほぼ大きな被害なく終わりました。クロード・モネも花が残っていてくれました。落ち葉を少し拾ったりしていて、株元を見たらやはり、枯れていました。数年がんばって、一番元気のないときに支えてくれた枝でしたので、お疲れ様といいたいです。黒点病よりも、暑さに少しやられてきたかなという感じですね。ところで、台風は通り過ぎるので [続きを読む]
  • 台風が過ぎ去ったらどうなるのかな…
  • 昨日、一昨日と遠く(片道2時間)の現場で仕事をしていたので、ちゃんとした台風対策は出来ずに今日を向かえてしまいました。台風も当初の進路とは変わって、先日の豪雨で甚大な被害に会った地域へ向かってしまうことになるみたいで、災害がまた起こらなければ良いなと思って、そっちに行くなと祈っているものの力およばずかも知れません。もう、こここまで、来たら、庭の対策などせずに、人間が逃げる準備をして、必要が生じる少し [続きを読む]