emma_chetana さん プロフィール

  •  
emma_chetanaさん: 暮らし、あれこれ
ハンドル名emma_chetana さん
ブログタイトル暮らし、あれこれ
ブログURLhttp://emmachetana.com
サイト紹介文コスタデルソル在住のヨガ教師のライフスタイルブログ。地中海での生活、インドや欧州の旅を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/11/10 19:44

emma_chetana さんのブログ記事

  • 明後日の便で日本へ
  • この数日、朝晩が急に涼しくなり一気に季節が変わったように感じる。先週まで日中はしっかりと暑く、今年の日本の夏ほどではないだろうけどかなりいい線いってた(?)ので、こんなにも急に涼しくなってびっくりしている。期間限定でかなり海の目の前に住んでいて、毎朝夕1時間ほど犬達とマリンウォークやビーチを散歩しているのだけれど、9月に入った途端に先週まであんなに人とパラソルでひしめき合っていたビーチががらんとしてい [続きを読む]
  • このごろの食生活
  • アサナの練習やヨガの教えを学ぶ上で意識的な食生活を送ることは不可欠だとますます実感しています ヴェジタリアンという選択と生活は、それ自体が一つの重要なヨガの「練習」で、今までの食生活や習慣をとつぜん覆すよりも、その選択の目的をしっかりと理解して、少しずつ体に取り入れるものを変えていくこと、プロセスを踏んでいくことが大切だと思う。つまりファストフードやコンビニエンスストアのジャンクフード、あるいは加 [続きを読む]
  • 引越し先はフリヒリアナ
  • 先日、洗濯前にソファのカバーについたほこりやちりをテラスではらおうとしたら、カバーの中に私のiPhoneが紛れていたようで2階(日本の3階)の高さからパティオ目掛けて落下してしまった。割とワイルドな壊れ方だったので修理は諦め、翌日にマラガセントロのデパートで新しいiPhoneを購入する。マラガセントロから戻り高速を降りるとネルハ(というかモルチェ)はものすごい強風で椰子の枝が激しく揺れていた。犬達と散歩に出ていつも [続きを読む]
  • 夏のビーチライフ
  • 10月下旬までの期間限定で滞在しているEl Morcheのアパートメントはビーチまで徒歩1分で広いビーチ沿いには長いマリンウォークが続いていて犬の散歩にはもってこい。ネルハから車で15分程海沿いの国道(N340)を走ったところにあるモルチェ(El Morche)。ネルハや隣町のトロックスはスカンジナビアンやブリティッシュのセカンドハウスや移住者が多い。一方トロックスの隣になるモルチェは内陸の県からやってくるスペイン人に人気があ [続きを読む]
  • 私達の練習の目的
  • 9月の帰国ワークショップのサットサンガで取り上げようと思っているテーマのひとつ「私達の練習の目的」について。練習(ヨガサダナ)は自分の軸、自分の内側に戻るためのツールであり、練習によってクリアなマインドをとり戻すことで、自分の本質的な部分を思い出し気づきが得られます。そしてヨガの練習によって自分が快適でいられる状態、あるいは自分が夢中で何かをしているときの意識状態の心地よさを経験することもあります。 [続きを読む]
  • 聖地リシケシと私 〜後編〜
  • 2009年から数年に渡り、プライベートプージャをしてもらったことがきっかけで知り合ったラクシュマンジュラのサッチャダムアシュラム(プレムババで有名な)のスワミジに頻繁に会いに行き、ヨガについて学んだ。私は当時日本に暮らし、一般的な価値観を持ち仕事を一生懸命頑張ることや、常に前向きに前進していくことが大切だと思っていた。自分を高めるために頑張ることは別に悪いことではもちろんないけれど、スワミジがヨガスート [続きを読む]
  • 聖地リシケシと私 〜前編〜
  • 記念すべき初めての渡印はもう10年以上も前のことで、観光ビザで滞在できる6ヶ月の長期滞在、1ヶ月程度の短期滞在を含めて彼の地へ渡った回数は軽く10回を超える。最初の年から3年くらいのインディラガンジー国際空港は、今のモダンな姿への改装前でなんというかもっともっとインドっぽかったし旅をしている人達の雰囲気も今とは全く違うように感じる。インドの政治はよく解らないけれどナレンドラ・モディ首相が2014年に就任して [続きを読む]
  • 砂糖抜き生活の変化
  • 仕事でマラガセントロへ。ルイスが納品に行っている間、犬達を連れて都会でしかできない買い物を済ませる。それぞれの用事を済ませ昼時にマラガにいくと大抵寄るByokoで待ち合わせてランチ休憩。楽しみにしていたタイ風スープ(ココナッツミルクベースで超美味しい)は暑いので夏季はやっていないという。暑いからちょっと辛めのスープが美味しいんじゃ?とか、タイって年中夏じゃなかった?とルイスとひそひそと話しつつ、代案として [続きを読む]
  • 一皮剥けた気分です
  • ヨガサダナや友達の存在がなかったら乗り越えられなかったかもしれないくらい感情面で厳しい数週間だった。あの手この手で努力はしたけれどダメな時はダメだしそういう時期というか節目はだれにでもあるだろう。起きることや避けられないなにかに感情的にならずにどう向き合っていくか、今まで学んできたヨガの教えが本当に助けになったし、最近はスピリチュアルやニューエイジ系のYou tuberの優秀なビデオにたくさん励まされた。 [続きを読む]
  • 40代の食生活の見直し
  • Pranam centerで土曜の夜に私の、日曜の朝にルイスのワークショップがあるので今週末はコルドバに帰省中。ネルハのどの犬美容室よりもコルドバのアルムデナさんが丁寧なので、数ヶ月おきにコルドバでワークショップをする度に予約をしている。朝ネルハを出て2時間ほどでコルドバに到着。すぐに犬達を預けてセントロのカフェで一休みする。ルイスはお店の商品の納品も兼ねているのでカフェで朝ごはんをした後仕事に。ネルハはそこそ [続きを読む]
  • フエンヒローラの週末/ 9月に帰国します
  • いよいよ暑くなってきて夏本番のネルハ。少し前まで毎日ジーンズ履いていたことなんて全く信じられないくらい風通しのいいワンピースばかり着ている。海沿いの村(?)なので観光できている人たちの装いはちょっとバリっぽい。今年もドイツや北欧の大きな人たちは自由な感じでビキニ姿のまま街を闊歩している。私も夏になると少し感覚がおかしくなるというか、肌ざわりのいいビスコースのワンピースが多少透けていても全く気にしなく [続きを読む]
  • 土曜日のビーチと練習用の個室
  • ワールドカップに盛り上がる、リトルコスモポリタンヴィレッジであるところの我が村ネルハ。夕方になるとほっぺたに自分の国旗をペイントした欧州人がビーチの側にあるスポーツバーのスクリーンでフットボール観戦している。Chiringuito(ビーチに面した飲食店)も負けていない。強引な場所に強引な方法で大型テレビを設置してワールドカップ商戦たけなわ、という感じで街全体がお祭り騒ぎ。土曜日の夕方に自宅から最寄りのブリアナ [続きを読む]
  • 夏がはじまった
  • 今年はスペイン全体(もしくは西ヨーロッパ全体?)がおかしな天気だったようで、例年は4月になるとショートパンツとビーチサンダルなのに今年の同じ頃はショートブーツを履いてジャケットを着ていた。とにかく今年の3~4月は雨が多く、深刻な水問題は解決したようだけどツーリストの数は格段に減っている今年のネルハ。6月も半ばになって先週末くらいからようやく例年の気温に戻った気がする。普通は少しずつ暑くなるのだけれど今年は [続きを読む]
  • 往年のロックスター
  • 土曜日はフリヒリアナへ。しばらく前にマラガとアルメリア方面に伸びる高速道路へ降りるGlorieta(ラウンドアバウト)に往年のロックスター、といった風貌の割と年配の人たちの大きなポスターが貼られていた。そのバンドの名前はMedina Azahara。Medina Azahara(メディナアサーラ)といえばコルドバの有名なイスラム宮殿都市の遺跡。西暦1000年頃に世界で最も繁栄していた街だったらしい(世界で最も?スペイン語のサイトをちらっと読ん [続きを読む]
  • 週末は友人宅でのんびりと
  • 先週末はベアトリスとファブリツィオの家へ。ネルハの隣街、トロックスの山側にあるコンペタの山に住んでいる2人の家はネルハから5分ほど高速道路(無料)を走った後、一般道におりてしばらく山道が続く。スペインの山道のカーブには日本には必ずあるミラーが一切ないけけれど皆慣れているようでわりかし飛ばしている。今年か来年中に遠くに海が見えるフリヒリアナに引っ越したいけれど、山道なのでオートマの車が楽だろうな。山の向 [続きを読む]
  • 久しぶりの犬バカ日誌
  • 6月になり山道やそこらじゅうの空き地に咲いていた野草も少しずつ枯れはじめ少しさみしい。今々美しく咲き誇っているのはブーゲンビリア(スペイン語では”ブガンビージャ”)。ネルハはそこらじゅうの家々にブーゲンビリアが植えられピンクやパープルの花の色、白い建物、地中海の深い青のコントラストはとても美しい。散歩とお外が大好きなボンちゃんは、この季節は特に楽しそうに歩いている。クマピーは朝と日差しが柔らかくなる2 [続きを読む]
  • バルセロナ滞在記 ②
  • インドの安宿に長期滞在、みたいな旅スタイルがベースにあるのでヨーロッパ内の短い旅でも今々シンプルな、どちらかというと質素な部屋を選んでしまう。去年の夏、まさに極力宿にお金をかけたくないタイプの女友達とローマに行った時はAirbnbで部屋を探したのだけれど、私達が選んだのはホストが普通に暮らしている家の一部屋を間借りするスタイルでそれも悪くはなかったけれど、個人的には質素でもレセプションに人がいて部屋は完 [続きを読む]
  • バルセロナ滞在記 ①
  • 今年の3月頃になっちゃんから「Julesがバルセロナに来るのでスペインに行こうと思ってる」と連絡があったので早々とルイスさんに休暇を申請(?)しチケットや宿やヴィーガンレストランなどを調べる。Julesさんに会うのは彼が昔のFLOWARTS Yogaで2007年にワークショップをして以来。彼は日本でも大人気の先生なのでそれ以降も度々来日していたけれど、私はスタジオをクローズしたりその後生活のベースを海外に移したりで会うのは11年 [続きを読む]
  • 自分自身であること
  • ある作家が書いた内容にクレームが殺到する、とか、どこかの有名人のとんでも発言に「炎上」、とかそういったことが多すぎる気がする。もちろんみんなが良い気分でいられればいいけれど、そういった大多数のさほど根拠のない正義みたいなものが人の創造力を少しずつ奪い世界を退屈で平凡な場所にしていくのかもしれない。何かを創る人は自分の内側から溢れるインスピレーションや大きな力に従いどんどん新しいものや意見や形を発表 [続きを読む]
  • 朝のサダナと内観する意識
  • 目が覚めてからの2度寝が気持ちいい季節だけれど、自然に目覚めた後再び寝てしまうと朝の時間が台無しになってしまうのでお腹を出してぐーぐー寝ているクマピーとボンちゃんを残してベッドを出る。私は普段6時くらいに起きるので日本基準でいうと決して早起きではないし、もしかしたら遅いくらいかもしれないけれどヨーロッパでは相当早起きの部類になる。ベッドから出て階下に降り、お湯を沸かして白湯を作っている間に祭壇のお水 [続きを読む]
  • 初夏の3日間断食
  • ついこの間、年が明けたような気分でいたらもう5月だなんて!(しかももう10日)再来週からジヴァムクティヨガのワークショップを受けに数日バルセロナに行くのでホテルや飛行機のチケットを予約する。さらにバルセロナから戻った翌日からベアトリスとファブリツィオ達と一緒に大好きなカディス、タリファに2泊の週末旅行に出かけることになったのでそういったイベント(?)が続く前にしばらく前からやりたかった3日間の酵素ジュース断 [続きを読む]
  • このごろの週末は
  • 土曜日。スタジオとお店の営業は午前中だけなので、仕事終わりに親しくしている友人達と待ち合わせて一緒に帰宅してランチの準備をする。ファブリツィオはこの半年のアシュタンガヨガの練習の影響(?)でお肉を食べなくなり、気がつけば2ヶ月ほどナチュラルにヴァジタリアンとして生活していたそう。ファブリツィオが畑で採れたレタスとビーツを持って来てくれたので家にあった胡桃を足したサラダと、シンプルだけどとても美味しいズ [続きを読む]
  • 晴天続きの春の日々
  • 「ブログが開けなくなっている」と、読んでくださっている方が教えてくれました。3年ごとに更新しているこのサイトのドメイン契約が、クレジットカードの不具合で自動更新されなかったようだ。Appleやその他の自動更新に使っている日本のクレジットカード(特にANAのビザカード)をAmazon Spainで使うとかなりの確率でセキュリティロックがかけられてしまうので支払いの際注意深く(?)スペインのカードを選択するようにしているのだけ [続きを読む]
  • 情報のコントロールと心の関係
  • 今週も引き続き留守をしている夫のクラスを代行しているので起きる時間が普段より30分ほど早く、犬達を連れて表に出ると外はまだうっすらと暗く通りには誰もいない。この数日の朝の空気というか雰囲気が本当に気持ちが良い。空気に含まれる湿度や風の匂いがまだ両親の家に暮らしていた子供の頃の風景を思い出させ懐かしくなったり、毎朝クマピーとボンちゃんを遊ばせている場所で緑に囲まれて座っていると、早朝のウブドで「今から [続きを読む]
  • 数週間ののんびり1人暮らし
  • 先週の金曜日から夫がスペイン人のヨガグループを引率してインドに行っているので1人でお店を開け、彼のクラスの代行をしてそれなりに忙しくしているけれど、ルイスがいないとちゃんとした食事をするのは1日に1度だけなるので午前の仕事の後はゆっくり出来る。午後はランチ代わりにリンゴとにんじんとセロリの葉でジュースを作る。りんごを切っていると音で解るのかクマピーが必ず後ろにいて、ちんまりと座って待っている。少しだ [続きを読む]