emma_chetana さん プロフィール

  •  
emma_chetanaさん: 暮らし、あれこれ
ハンドル名emma_chetana さん
ブログタイトル暮らし、あれこれ
ブログURLhttp://emmachetana.com
サイト紹介文コスタデルソル在住のヨガ教師のライフスタイルブログ。地中海での生活、インドや欧州の旅を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/11/10 19:44

emma_chetana さんのブログ記事

  • 晴天続きの春の日々
  • 「ブログが開けなくなっている」と、読んでくださっている方が教えてくれました。 3年ごとに更新しているこのサイトのドメイン契約が、クレジットカードの不具合で自動更新されなかったようだ。Appleやその他の自動更新に使ってい […] [続きを読む]
  • 情報のコントロールと心の関係
  • 今週も引き続き留守をしている夫のクラスを代行しているので起きる時間が普段より30分ほど早く、犬達を連れて表に出ると外はまだうっすらと暗く通りには誰もいない。この数日の朝の空気というか雰囲気が本当に気持ちが良い。空気に含まれる湿度や風の匂いがまだ子供の頃に両親の家に暮らしていた地元の風景を思い出させ懐かしい気分になるし、毎朝クマピーとボンちゃんを遊ばせている場所で緑に囲まれて座っていると、早朝のウブド [続きを読む]
  • 数週間ののんびり1人暮らし
  • 先週の金曜日から夫がスペイン人のヨガグループを引率してインドに行っているので1人でお店を開け、彼のクラスの代行をしてそれなりに忙しくしているけれど、ルイスがいないとちゃんとした食事をするのは1日に1度だけなるので午前の仕事の後はゆっくり出来る。午後はランチ代わりにリンゴとにんじんとセロリの葉でジュースを作る。りんごを切っていると音で解るのかクマピーが必ず後ろにいて、ちんまりと座って待っている。少しだ [続きを読む]
  • 気持ちのいい朝の犬散歩
  • スタジオの通り向かいで工事が始まり、重機が地面をがんがん掘る音が響いていてリシケシのシャラで練習しているような騒音(向こうは工事ではなくクラクションやバイクのエンジン音だけど)。ルイスに聞くとシャヴァアサナ中は少し音が気になると言っていた。土曜日にお店を閉めた後、ランチの約束をしていたクリスティーナとブリアナビーチにあるタイレストランに。何人もの友人がうちの近所にあるこのタイレストランを美味しいと勧 [続きを読む]
  • 40代のシンプルセルフケア スキンケア編
  • このところ随分日が長くなってきて19時でもまだまだ明るくて嬉しい。夕陽が美しい夕方にキッチンで仕事をしながらシャーデーのKiss of lifeを流して黄昏まくっています。今やしっかりとメイクするのはインドTTの卒業パーティーでサリーを着る夜のみで、普段は日焼け止めの後にくすみや毛穴をカバーするTHREEのパーフェクティングプライマーを頬の一部に塗るだけ。夜はビオデルマのクレンジングローションをコットンにとり肌をこす [続きを読む]
  • 40代のシンプルセルフケア ヘアケア編 
  • 再び天気が崩れ雨が降ったり止んだりの週末。暖かくなりしっかりと雨が降ったことでそこらじゅうにあるミモザや野草が咲き始め街中が美しく華やかになり散歩がとても楽しい。月曜日はからっと晴れ、風も気持ちよく吹いていて洗濯日和。ようやくベッドシーツやリビングのラグなどをばりばり洗えて心の底からすっきりした。シーツは3日に1度は洗いたいので、前にも書いたように乾燥機が必要かもと思ってしまうけれどこの時期が過ぎた [続きを読む]
  • 降り続く雨と乾かない洗濯物
  • 先週からずっと激しく雨が降り続いていて、しかもカディス県とマラガ県に集中して雨を降らせているそのTormenta(暴風雨、嵐)の名前は「Emma」らしい。一年のほとんどが晴天のネルハで1日中雨の降る日が続き観光客も住民もうんざり気味だけれど、去年から深刻な水不足が心配されていたのでそれを思うと完全に恵の雨だ。スペイン人は強い太陽がよく似合うし暑さにはおそらく耐性があるけれど、天気が悪く少し寒くなると大げさな真冬 [続きを読む]
  • 雨の朝の幸福感
  • そもそもは日本の会社が発行しているクレジットカードが、なにかの事情でセキュリティーロックがかかってしまい問い合わせの電話をする為、時差の関係で普段の起床時間よりも2時間半程早く起きたことで得た小さな気づき。4:00amに目が覚めたので、もう少し寝られるけれど早めに電話を済ませようとリビングに降り(もちろん真っ暗)小さなランプを一つだけ点け、ストーブのスウィッチも入れカード会社に連絡をして(予想通り生きた人間 [続きを読む]
  • 帰国クラステーマのまとめ
  • スペインに戻り2週間が過ぎマインドも身体もこちらでも日常にすっかり戻ってきたところで、今回の帰国ワークショップでテーマにした内容をまとめてみました。~自己を知る為の練習~「自分を好きになる」「自分を大切にする」といったようなフレーズを様々な媒体を通して目にします。言葉の意味はわかるけど、そのために具体的にどういうことをすればいいのか?身体の柔軟性や骨格などは本当に人それぞれ違い、生まれつき身体の堅い人 [続きを読む]
  • 日本滞在日誌 ②
  • 寒かった日本から自分の暮らしている街に戻ると、夏服を着てビーチサンダルを履いたスカンジナビアン達が通りを闊歩していてあまりの気温の違いにたじろぐ。夜は少し肌寒いけれど日中はもうすっかり暖かいので私も北欧の人たちを見習って、ブーツを仕舞いコンバースとビーチサンダルを玄関に出した。朝の犬散歩もダウンではなくフリースジャケットで十分で大変過ごしやすい。最近知った暖炉の正しい使い方。暖炉にもいろんなタイプ [続きを読む]
  • 日本滞在日誌 ①
  • 3週間の日本滞在を終え無事にスペインに帰国。日本から11時間弱でパリ、パリで4時間ほどのトランジット、そしてパリから2時間と少しでようやくマラガに到着。10歳くらいぐっと老けたような気分で待ち合わせの駐車場に向かうと、ルイスが花束を抱えて待っていてくれた(ちょうどヴァレンタインディだった)。久しぶり(?)に会ったルイスは大いに髭が伸びてアルプスの少女ハイジの爺さんのようになっていた。スタジオとお店と犬達の世話 [続きを読む]
  • 日本な日々スタート!
  • 26日から日本に来ています。出発の朝は5時に起き、犬達を抱きしめてお別れをしたあと(毎度とても切なく大層胸が痛む)夫にマラガ空港まで送ってもらう。エールフランスの朝便でマラガからシャルル・ド・ゴール空港に。1時間半のトランジットだったので走る覚悟をしていたけれど、予定よりも30分早く到着して思いがけずコーヒーを買う余裕まであった。7年ぶりくらいのパリ経由、ちょうどメンズのファッションウィーク直後だったので [続きを読む]
  • 断食満了と帰国前の日々
  • 1週間の断食が日曜日に終わり今週は回復食。私の断食は自家製酵素ジュース、あるいはマハリシ農園で買うオーガニックのふじりんごと人参、生姜のジュースを1日2回摂っているのでとても楽。クマピーの丘と呼んでいる自宅裏の高台の夕日スポット。断食中よりも、眠っていた食欲が出てくる回復食の方が大変。水だけの本断食(昔1度したことがあるけれど2度としたくない)ではないので、回復食も重湯からではなく20gくらいの白米で7分粥 [続きを読む]
  • 寒さ対策と冬のビーチ
  • 急に冷え込んだ今週のはじめ。極端に寒いわけではないけれど、ついこの間まで天気のいい日の午後はワンピースにビーチサンダルで犬の散歩に行けていたのでなんだか急に冬になったような気がする。先週末はしっかりと雨も降り、天気が悪いと犬の散歩や仕事に小さく影響はあるけれど深刻な水不足が心配されているスペインなのでまさに恵みの雨だ。それでも太陽は厚い雲に隠れ、やたら冷たくて強い風が吹いていると寒さで肩が内側に入 [続きを読む]
  • 話すことと書くこと
  • 日常生活で日本語を話す機会がほぼゼロで(本当に一切話さないし、ほんのちょっとした身内の小さい連絡事項なども全てスペイン語か英語)、1年に1度インドで沢山の日本人ヨギーたちと過ごしていると日本語の会話スキルというか、スピーチ力の低下が少し心配になる。日本語での会話力と引き換えに他の言語が上達していれば、まぁなんとなく慰めにもなるのだけれど特にそんなこともなく残念に思う。今世はずーっと語学を勉強する運命な [続きを読む]
  • 新しい年の始まりに想う
  • 元旦の瞑想を、私がまだ日本にいてスタジオをやっていた頃から今に至るまで、日本から離れたインドやスペインにいた私との物理的な距離を物ともせず、大っぴらにではなく目立たないように私の心をそっと支えてくれている大切な人達に捧げた。自分に正直でいることの大切さと難しさについて。正直でいるというのは心にある本心をずばずばと口に出し人を嫌な気分にさせたり、正しさを武器にシャープなナイフのように誰かを傷つけるこ [続きを読む]
  • 年末、あれこれ
  • 若い頃には感じなかったスピードで月日が流れ、1年があっという間に過ぎていく。ついこの間まで夏だったのに気がつけばクリスマスも終わりもうお正月の準備。ヨーロッパでは年末の一大イベントは断然クリスマスで、ただ年が新しくなる程度の位置付けの大晦日や元旦はそれほど存在感がない。日本とは逆でクリスマスを家族でみっちりだらだらとと過ごし、大晦日は年越しイベントやパーティーに友人や恋人と出かけるのが一般的で、元 [続きを読む]
  • クリスマス休暇と日本帰国の詳細
  • 先々週くらいにふと「走りたい!」というめずらしい願望が湧いてきたので、とりあえず走ってみたらゆっくりだけれど1時間程気持ちよく走れた。翌日、若干膝や足首に痛みがあったのだけれどあまり気にすることもなく普通のスニーカーで3日程走り続けたら(4日目にアシックスのランニングシューズを買った)次の日、立ち上がるのがやっとなくらい左膝の内側と両足首に痛みが出てしまう。そして1週間以上経つ今も痛みや腫れが引かず、家 [続きを読む]
  • ボンちゃんのお誕生日とクリスマス
  • ボンちゃんが4歳に。私もルイスも今朝までボンちゃんはこの誕生日で5歳になるとばかり思っていた。ボンちゃんは2歳になる9日前に保護施設から引き取って家族になった。ボンちゃんはそれはそれは犬らしいベタな性格と存在感で毎日私たちを癒し、和ませてくれる。毎朝目を覚ますとまずボンちゃんが真横でぐーぐー寝ているのが目にはいり起きた瞬間から幸せとボンちゃんの温もりを感じる。あの日からまだ2年しか経っていないなんて信 [続きを読む]
  • マラガのクリスマスイルミネーション
  • お店でお弁当を食べた後、息抜きにボンちゃんと散歩をしていると、にこにこしながらものすごく見つめてくる背の高い欧州人とほそい歩道ですれ違い、目が合い何か言われたのだけど聞こえなくて「何?」と聞くと「ドイツ人ですか?」と英語で聞かれた。そんなわけあるか。12月に入り寒くはなったもののスペインの他の地域に比べればずいぶん暖かく「Mejor clima del Europa(ヨーロッパで1番の気候)」と言われているだけのことはある(マ [続きを読む]
  • 冬の始まりと犬達
  • スタジオで扱いたかったオーガニックプロダクツの販売をようやくスタートさせられて少し気持ちが落ち着いた。まだ店内のディスプレイが終わっていないのだけれど、2月までに棚を増やし徐々にインド服屋からオーガニック、エコフレンドリー、フェアトレードの商品を扱うエシカルなショップにシフトしていきたい。オフシーズンのブリアナビーチ先週2日ほど雨が続き晴れ間が戻った週末からうんと寒くなり、朝の犬散歩にもダウンコート [続きを読む]
  • 久しぶりの雨/ショップの今後の展開
  • スペインのメディアでは今年の深刻な水不足が度々取り上げられており、各地域のほぼ空になって干上がる寸前のダムの映像や写真を繰り返し見るたび心配になっていた。ネルハはアボカドとマンゴーの産地として有名で山側の高速道路沿いには広大な畑が広がり、個人的にはアフリカ大陸のすぐ上のこんな乾いた土地にアボカドとマンゴー?と不思議だった。ちなみにネルハ産のそれらは非常に美味しいのだけれど、暑くて雨量の多い気候でよ [続きを読む]
  • マラガの気候 /日本帰国が決定
  • 今年2月にマラガ県の海沿いの街、ネルハに引っ越しをして初めての寒い季節。コルドバにいた頃は毎年11月中旬にインドから帰ると、すっかり寒くてブーツとダウンンコートを出していたけれど、ネルハは夏用の薄いワンピースを着てビーチサンダルの北欧の人たちが沢山歩いている。日中の気温は20度前後(この週末の最高気温は26度)あり薄着でも平気なくらいに暖かいけれど、朝晩は東京とあまり変わらないくらい寒くなるので一体何を着 [続きを読む]
  • 週末のあれこれ
  • キッチンのテラスからの景色、日が暮れるのが早くなった。月曜日にネルハに戻った翌日からばたばたと過ごし、ようやく週末。長い移動の後、あまりゆっくりすることも出来ず身体が疲労していたので土曜日の午前中は部屋を温かくし、フットケアやオイルマッサージをしたり、ヘナトリートメントをしてただただのんびりとしていた。午後はストレッチをして身体の硬い部分を伸ばしたり瞑想をして過ごし、自分と家のことに時間がかけられ [続きを読む]
  • 少しずつ日常に
  • ローマからマラガに戻る機内はもうすでにスペイン!という感じで、私のシートの少し前にいた中年(つまり私くらいの)グループが、初めて飛行機に乗ったのかと思うくらい激しく騒々しくはしゃいでいた。シートに膝立ちになって後ろを向き周囲を気にかけることなく大声で喋ったり、延々セルフィーを取り続けるのをシュールな気分で眺めていた。スペインは集団行動や賑やなことを好む人が比較的多く、なにかというと友達と連れだってや [続きを読む]