SATORICHI さん プロフィール

  •  
SATORICHIさん: 臓・気・体
ハンドル名SATORICHI さん
ブログタイトル臓・気・体
ブログURLhttp://fanblogs.jp/naizouwotuyokusuru/
サイト紹介文健康維持はもちろん、体造りやダイエットなどに取り掛かる前に「臓器」の構造や特性を知る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/11/10 22:34

SATORICHI さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 黄砂か花粉か
  • 車のボディーに付着する薄黄色の粉のようなもの屋根に、ボンネットに両サイドのドア何処を見ても薄黄色の粉だらけはるばる中国から飛来してくる黄砂なのかこの時期の花粉だと・・・ヒノキでしょうか?干している洗濯ものや布団にも同様に付着しているかと思うとゾッとするこの薄黄色の粉を吸いながら生活しているのだ恐ろしい空を眺めても何も見えないのに・・・AD style="display:block" data-ad-client="ca-pub-13439743 [続きを読む]
  • インフルエンザにかからない
  • インフルエンザにかかりたい訳ではないのだが、本当にかからない。過去、感染はしているのかもしれない・・・でも発症はしない。周囲の人達が立て続けにインフルに侵されていく。あいつが・・・あの人も・・・こいつも・・・次は誰だ・・・の連鎖。AとB両方という人もいる。二週目もあるぞ・・・と一部の人がビビっている。それほどまでに感染力が強い。会社の課ごとに拡大してるインフルエンザ。課と課を経て、階上、階下へと拡大 [続きを読む]
  • ズキンズキン頭痛の原因
  • 同じ片頭痛でも症状は様々で、片頭痛以外を原因とする頭痛と共にそれぞれの頭痛が混合することもあるようです。これを混合型頭痛と呼ぶそうで、原因を突き止めにくくて悩んでいる方も多い。片頭痛は、頭部の片側に発生することが多く、痛み方としては、「ズキンズキン」と言ったような脈打つような痛みが多いようです。頭痛が始まると、半日程度で治まる人もいれば3日続く人もいるそうです。いずれにしても鬱陶しい痛みで日常のあ [続きを読む]
  • 炭水化物は糖分
  • 飲み食いに糖分を気にすることは食事管理する上で必要不可欠なことの一つ。身体に良いからと、ついつい食べ過ぎ、飲み過ぎの傾向になりがちです。中でもポカリスエットは分かり易いいい例で、風邪やインフルエンザなどで発熱した際、身体に浸透しやすいとして医者が勧めるほどの飲料。しかし、風邪薬を飲んだ後の2〜3時間は飲まない方が良い・・とか、糖分を多く含むために、摂り過ぎると糖尿病になるなど、薬と同じで服用の仕方に [続きを読む]
  • 満腹にしない習慣
  • ご飯を食べた後に襲ってくる強烈な眠気。そしてそれを我慢せずに寝ちゃうときの気持ちの良さ。とてもぐっすりと眠ることが出来る。しかし、そんなことがいつもできるはずもない。食べたものを運ばれた胃袋では盛んに消化活動が行われ、体内の血液が胃に集中する。脳に運ばれるべき血液が不足すると同時に運ばれる酸素量も減ることになり、眠気を感じる。避ける手段の一つとしては満腹感を得ないこと・・・だ。腹八分・・・物足りな [続きを読む]
  • 喉の痛み、声のかすれの症状が多い
  • 風邪が流行っているようです。特に「喉」をやられてしまう人が多く声がかすれてしまい、変な声になる人も少なくない。女性なのに男性の声と間違えるほど・・・。恐らく、起床時に喉がヒリヒリするなど、何らかの違和感を感じる方は多いのではないでしょうか?寝る時のマスク着用は必須で、起床時にうがいをすると尚の事良いそうです。睡眠不足解消や、食事内容も免疫に直接関係するので大事ですが、若い人はそんなことお構いなし・ [続きを読む]
  • ”水に流す”ではなくて、”水で流す”
  • 尿結石と胆石は耐え難い激痛を伴う。どちらも水分を多く摂ることが必要となる。ひたすら水分を補給し、流す、これに徹する。改善するには生活習慣を見直す必要があるが石が詰まってしまった時ではもう遅い。その石を取り除く以外に方法はない。だから、まず流す。手術は最後の手段だ。流せ・・・とにかく流せ・・・痛い・・・気を失うほどの痛さになることもある。長時間の痛みにも耐えなければならない。まずは、流してしまおう。 [続きを読む]
  • お風呂場と脱衣所に潜む魔物
  • 魔物は突如として人の命を奪っていく。魔物は何処にでも現れるがこれからの時期は特に注意が必要だ。魔物は季節に合わせて活動拠点をずらしてくることもある。これからの季節、要注意が必要な場所の一つにお風呂場と脱衣所が挙げられる。そして、そのターゲットになりやすいのが高齢者だ。歳と共に気温差への対応力が落ちてくる。高齢者で高血圧症の方は更にリスクが高まる。世間ではヒートショックと言っていて、温度の急激な変化 [続きを読む]
  • 風邪にも病期があることを知る(後編)
  • 前回は太陽病期・少陽病期・陽明病期について簡単なお話をさせていただきました。風邪の重症度が悪化していく過程を分けると6段階に分けることが出来る。今回、後編として4、太陰病期(たいいんびょうき)5、少陽病期(しょうようびょうき)6、厥陰病期(けっちんびょうき)についてのお話です。太陰病期になると、熱感が無くなり、身体が冷え始める。肺や胃をはじめとする臓器が冷え始めて痰が多く出るようになったり、腹部の張り [続きを読む]
  • 風邪にも病期があることを知る(前編)
  • 漢方医学において風邪をはじめとするすべての病気には「病期」があり、それぞれ病状・病態から「病期」を診断する。病期は全部で6期に分けられます。1、太陽(たいよう)病期2、少陽(しょうよう)病期3、陽明(ようめい)病期4、太陰(たいいん)病期5、少陰(しょういん)病期6、厥陰(けっちん)病期1〜3の病期は生体の抵抗力・回復力・・・つまり免疫機能がウイルスや細菌などと戦っている状態で、発熱症状はこの時期にあたり [続きを読む]
  • 尿の色
  • すっかり夏らしくなってきました。とは言え、まだまだ梅雨は続きます。日差しが強くてじりじりと暑い日は水分補給が必要になります。こまめな水分補給は簡単そうで意外とできないものです。梅雨時期の水分補給もまた難しいもので、皮膚からの発汗がしにくい事も危険な状況でもあります。ポイントは、喉が渇く前に水分補給をすることだそうです。汗をかいてしばらくたつと喉の渇きを感じますが、その時に水分補給しても、代謝の効率 [続きを読む]
  • 健康管理に足止め
  • 健康を維持するためには日々の健康管理をどのよう内容でどのように管理維持し続けていくか・・・が重要なポイントとなってくると思います。当たり前の事ですが、この当たり前のことが出来ない、続かない、と言うのが現状ではないでしょうか?日課となり、持続しないと気持ちが悪い・・・というレベルになりたいものです。私も、日々健康管理には興味関心を持ちながらも、あれこれ試しつつ、中途半端な管理方法でのらりくらりと過ご [続きを読む]
  • 酎ハイをジュース代わりに呑んでしまう人へ
  • これからの季節、冷たいビールや酎ハイが美味しい季節ですね。ここ数年、酎ハイの人気が高まっています。特に、糖類ゼロ、カロリーゼロのシリーズのクオリティが半端なく上昇しています。私は昨年まではストロング酎ハイが好きだったのですが今年に入ってからは、もぎ立てにドはまりしている次第です。ただ、ジュースのように飲めてしまうものですから翌日に残ってしまったりするなどして、支障をきたすことも・・・。でも、最近覚 [続きを読む]
  • アルコールの選び方
  • 週に5〜6日はアルコールを口にします。最近では芋焼酎とウイスキーにハマっています。少し前までは安物の酎ハイばかり飲んでいました。糖類ゼロの酎ハイ中心に飲んでいたのですが、安物の酒類には不純物が多く含まれているとの未確認情報を植え込まれ、その影響を受けた結果、今日現在に至っています。ウイスキーは一級酒以上、芋焼酎は銘柄で・・・混合酒などは選択しません。ここからは個人の感想ですが、質の良い酒類(アルコー [続きを読む]
  • 貧血には種類があるのをご存知ですか?
  • 小球性低色素性貧血鉄欠乏性貧血貧血の約70%がこの鉄欠乏性貧血の様です。一般的な貧血症状に加えて、爪がスプーン状になったり口角炎、舌炎などの症状が見られます。鉄剤などを服用するなどして鉄分を補給することで改善します。普段から鉄分の多いバランスのとれた食事がおススメです。慢性疾患による貧血癌やリウマチ、慢性感染症など色々な病気が原因で引き起こされる貧血の事を言います。この場合、原因となっている疾患の治 [続きを読む]
  • リンゴで回復した風邪
  • 先日子供が風邪を引きました。熱はなく、喉の痛みと鼻水の症状が出ていました。息子と娘がほぼ同時に発症し、マラソン大会やテストなどに影響が出そうだと危惧していました。そんな時、風邪を引いたと騒ぎだした2日目の事。この時期の天下の回りもの・・・リンゴをいただきました。すぐに子供に提供すると、美味しいと言いながら2つのリンゴを平らげてしまいました。その翌朝、娘は喉の痛みが引きました。黄色い痰が出始めました。 [続きを読む]
  • 朝鮮朝顔で毒殺未遂
  • 恐い世の中になって何年経つのか?と聞かれても答えられないが恐い世の中になった。異常気象が毎年続いて毎年恒例になっているがそれでも少しずつ度は増している。スーパー台風の本州上陸は近い。それらと同じようにして日本の治安も悪化の一途だ。恐ろしいのは、いろんな事件が身近に迫っているということだと思う。ニュースの中での出来事・・・としか捉えることが出来なかった子供の頃とは違い近所で・・・身近で色々なことが当 [続きを読む]
  • 理想の睡眠時間は6時間半から7時間・・・睡眠不足は仮眠で賄う
  • 理想の睡眠時間 心身の健康を保つためには、1日6時間半〜7時間の睡眠時間が必要です。ちなみに、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが90分なので、その倍数で目覚めると目覚めが良いとも言われています。体内時計のことも鑑みますと、理想の就寝時間は22時前。遅くても就寝時間は24時を超えない方が良いそうです。お昼寝それにしても、1日6時間半から7時間・・・中々摂れないのが実情ではないでしょうか?不規則の出張や、深夜残業 [続きを読む]
  • 家のみのおつまみに最適
  • 暑い夜はお酒がすすみます。ここ数日は、休肝日を忘れる勢いです。暑苦しい夜・・・だからこそビールがうまい。だからこそ、つまみが欲しい。止まらないアルコールに、止まらないポッコリお腹。つまみをヘルシーにしなければ・・・摂取カロリーを制限しなければ・・・最近の発泡酒や、第三のビールに糖質ゼロだのプリン体ゼロだの・・・と体にやさしい・・・しかし、おつまみでカロリー摂取、糖分摂取していたら全く意味をなさない [続きを読む]
  • 熱中症になりかけました・・・危なかったです。
  • ・・・足がかゆい・・・午前3時半、不快な気分で目覚めた私はボケボケ・・・最初は眠気が勝っていたので、そのまま眠りにつこうと目を閉じました。しかし、一度かじってしまった患部のそれはけたたましいかゆさを感じさせ、蚊ではなくて、変な毒虫なのかも・・・と思わせた。しぶしぶ起き上がり、起き上がりついでにトイレに行きコップ一杯のお水を飲み、患部に薬を擦り込むようにして塗った。念の為、薬のついた指は水で念入りに [続きを読む]
  • 薬代の節約術あります
  • POINT CARD style="display:block" data-ad-client="ca-pub-1343974353992968" data-ad-slot="96157
    94330" data-ad-format="auto">市販の風邪薬などの購入に”Tポイント”などのポイントカ
    ードを利用するのは当たり前の時代・・・なるべく5倍デーに購入するなどの工夫をされているこ
    とと思います。このシステムが薬局でも使えたら・・・などと.. [続きを読む]
  • 血圧の仕組みと心臓
  • 血圧で健康チェック style="display:block" data-ad-client="ca-pub-1343974353992968" data-ad
    -slot="9615794330" data-ad-format="auto">心房と心室は交互に収縮と拡張を繰り返しな
    がら血液を体中に流しています。この時、心臓から押し出された血液が動脈の内側にかける圧力
    を「血圧」といいます。大動脈と直結の左心室が最も収縮した時が「最高血圧」で.. [続きを読む]
  • 心臓の力
  • 心臓スポンサーリンク style="display:block" data-ad-client="ca-pub-1343974353992968" data
    -ad-slot="9615794330" data-ad-format="auto">内臓の中でも特に、止まったら即命に係わ
    る心臓は言わずと知れた命の要。収縮と弛緩を休みなく繰り返し、酸素と栄養分を含んだ血液を
    体中の隅々まで運んでいます。体の中心のやや左側、左右の肺の間に位置していま.. [続きを読む]
  • 石坂浩二さんの直腸がん
  • スポンサーリンク style="display:block" data-ad-client="ca-pub-1343974353992968" data-ad-sl
    ot="9615794330" data-ad-format="auto">俳優の石坂浩二さんが直腸がんを克服されたこ
    とは既に知られていることと思います。大腸がんの中でも、肛門の近くに発生するという直腸が
    んの症状としては、排便時に出血がみられるのが特徴のようです。紛らわしい症状.. [続きを読む]
  • 寝るだけで調子を良くする単純な選択
  • 人は一日の約1/3〜1/4を寝て過ごします。寝るが一番と言いますが、それは本当です。寝過ぎは勿論良くありませんが、体調の悪い時・・・眠気に襲われた時は体が休みたいというサインを発しているからです。適度に睡眠を摂って、体をリセットさせましょう。うつぶせ寝動物レベルで考えてみてください。思い浮かべてみてください。脊椎動物で、仰向けで寝る動物はいません。人間だけです。仰向けで寝ない理由はいくつか挙げられますが [続きを読む]
  • 過去の記事 …