mana さん プロフィール

  •  
manaさん: 「私だって幸せになります」(デカ女の婚活記)
ハンドル名mana さん
ブログタイトル「私だって幸せになります」(デカ女の婚活記)
ブログURLhttp://konnkatuseikatu111.blog.fc2.com/
サイト紹介文小学生の頃から「大きいね」などと周囲からよく言われてきたいわゆるデカ女です。三十路を迎え婚活中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供313回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2015/11/11 05:05

mana さんのブログ記事

  • 彼に話した
  • あまり自分の弱い所を、自分から話すというのは、私の性格には合いません。でも、彼は知ってないと困ると感じました。彼は、指のケガ以外は、私が普通の健康体と思っているのです。毎日続く、目まいと視覚の不調。28日の眼科ドッグまでに、まだ何かありそうな気がします。昨日は、リビングで彼の耳かきをやってあげたのですが、視野が定まらなくて、ずっと片目を閉じたままやってあげていました。だけれども、左手が使えないから [続きを読む]
  • 「ご褒美に、半殺しにしてあげるね!」と彼に
  • こんなことって、普段だったらまずないのですが、目の見え方がおかしかったからなのでしょうか。昨日の昼食の準備で包丁を使っているときに、ざっくりと自分の手の指を切ってしまいました。タイミング悪く、前の日によく研いでおいた包丁だったので、それがよく切れたんです、深く切れてしまいました。左の人差し指からは、次々と血が噴き出すように出てきました。すごい出血でした。大急ぎで水道で洗って、きれいなタオルをとって [続きを読む]
  • 「ぼく、お腹(おなか)が痛かったんだからねー」と甘える彼
  • 彼を見ていると、結局、言えなかったです。だって、あまりにも幸せそうなお顔してるんですもの。昨日は、3連休の初日。気候も雨だけど、涼しかったし、過ごしやすかったですよね。私も体調が良ければ、出かけたいと思う気候でした。彼は、お昼近くまで寝ていて、午後からはジムへ。私はというと、やっぱり家でゆっくりすることにしました。と言っても、その間に、お掃除や洗濯、お部屋の整理をした私です。でも、目がおかしいので [続きを読む]
  • 「思い切りやりますからねー」と言う彼に
  • 普段から、体調が悪くても、できる限り顔には出さないようにしている私。だから、会社では、私がただ眼帯をしているだけとみんなは思っていたみたいでした。でも実際は、もう頭が頻繁にクラクラでした。昨日は、倒れそうになったこともしばしば。ついでに吐き気までしてくるんですから、最悪でした。病院へ行ったことは、彼にはきちんとお話しているけど、こういうことまでは言ってはいません。心配性の彼だから。話せば、必要以上 [続きを読む]
  • 原因は何?
  • 健康なところが私の一番の取り柄だったのに、それが崩れてしまっていると、やっぱり私らしくないです。私が体を壊していることを知った会社の人たちが、昨日たくさんのメールをくれました。心配してくださる方が多くて、本当にうれしかったです。それにしても、原因は何なのだろう?メールの中には、冗談半分で、「急に痩せたのも良くなかったのではないですか?」と言ってくれるひともいました。それもあるかなー?と私。確かに、 [続きを読む]
  • 眼科ドックへ
  • やっぱり今朝になっても、目がおかしい。目に映るものが左右対称にならない。昨日、普通の眼科に行ったのですが、行った眼科が良くなかったのでしょうか。高齢の女医さんだったのですが、最新の医療について知識があるのかな?と思ってしまった私でした。明快な答えを出してくれないで、「疲れからきているのでしょう」とかいう程度。そして、帰りに目薬をだすだけだったのです。そうじゃないんだって・・・。結局、納得できずに、 [続きを読む]
  • 今日、病院へ
  • やっぱり体調がよくありません。右目で見えるものと、左目で見えるものの大きさが違っていて、両眼で見ると、見えるものがずれているのです。そして、時々急にくらくらするし。今日は、会社を休みます。彼にも話しました。一緒に病院へも行ってくれるというのですが、ひとりで行ってきます。こんな症状は、初めてです。すごく不安です。応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===> [続きを読む]
  • 疲労感に包まれて
  • 私って、すごく強い女と思われることが多いです。でも体の大きさや表情とは正反対に、本当は心は繊細で傷つきやすいし、体だってすぐに風邪をひいたりもします。だからでしょうか。昨日は、色々と心労も重なっていたのかな、両親のこともあったし。それとも、長い猛暑が続いてきて、体もバテてきていたのでしょうか。疲労困憊と言う感じになって、会社を早退させてもらいました。もう、立っていられなくて・・・帰宅すると、即ベッ [続きを読む]
  • ・・・アザになっちゃったんだから
  • 案の定、昨日彼が起きたのは、お昼ちょっと前。寝室でテレビの音が聞こえ始めたので、入って覗いてみると。目覚めた彼がテレビのスイッチを入れて、ベッドの上で観ていたのです。「おっはー、良く寝たねー」というと、「うん」という素直な返事がかえってきました。「先週は、母のことで、色々とアンガトネ!」というと。「とんでもないですよ」と、急に真面目なお顔をこちらに向けて言ってくれた彼。そして、そのあと、逆に感謝さ [続きを読む]
  • 両親をみていて、夫婦っていいなって
  • 不思議ですね、夫婦って。昨日、うちの両親をみていてそう思いました。父が来るまでは、私に父の事、さんざんに悪口を言っていた母だったのに。父が迎えに来たら、もう一変してしまいました。最愛の人に会えた時の幸せそうな表情。「何で、もっと早く迎えに来てくれなった?」と、父に詰め寄って甘える母。もういい歳してラブラブなんだから。でも、夫婦っていいなって思いました。私たちもいい歳になっても、こうありたいなって思 [続きを読む]
  • 母の手を握って
  • 彼には、ほんとに申し訳ないけど、昨晩は母と一緒に寝ました。色々とこれまでのことを考えてきたら、どうしても母にそうしてあげたくなったのです。今日土曜日に、父が迎えに来ることを、昨日のうちに母には話しました。「お父さんが来たって、あたしは帰らないよ」と言って、まだ強情を張っている母。その母を見ていると、愛おしさがこみ上げてきたのです。未だに少女みたいな一面を残している母。懸命に私や妹を育ててくれた母。 [続きを読む]
  • 母の手料理
  • 母の手料理を、結婚後に自分のマンションで食べられる日が来るとは想像してもいませんでした。昨日は、母が夕飯を作ってくれていました。炊き込みご飯に、かぼちゃのバター炒め。それに、厚揚げとおなす、オクラを醤油で味付けした煮物。母の作る炊き込みご飯は、私の大好物。彼も、「美味しいですね!」と、お世辞だろうけど言ってくれて、おかわりまでして食べてくれました。明日、父が迎えに来る予定です。両親には、もういい歳 [続きを読む]
  • 私は、親不孝?
  • 一昨日から、母が来ています。内心は、早く帰ってくれないかなー、なんて思ってしまっている自分がいます。これって、ほんとに親不孝。自分の親に対して。本当だったら、お互いの親を自宅に呼んで、ゆっくりしていってもらわなければならないのに、私は、まだそれもやっていないし、自分たちのことばっかり考えていた。今回のことで、結婚して半年近くなるというのに、私はお互いの親を、まだ自宅に招待もしていなかったことに気づ [続きを読む]
  • 母が来た
  • 昨日から母が来ています。これまでも、私の独身時代に何度かありました。父とケンカすると、時には家を飛び出して、私のところに逃げてくるのです。だから、私のマンションのお部屋の鍵も母は持っています。お昼ごろに電話があって、私の家においてほしい、と言ってきました。もう、いい歳してやめてよ!と言いたくなってしまうのですが、まさか来ないでちょうだい!とは言えないし。父は父で、こういうのに慣れていて、別に探そう [続きを読む]
  • 二人して働きすぎ?
  • 彼、昨日は朝、あんなに早く出勤したのに、帰宅したのは午後11時過ぎ。夏休みの宿題の点検や夏休みの作品展に出品する作品の整理など、仕事が山ほどあるんですって。そして、私はというと、帰宅は午後10時ちょっと前。だから、昨日は夕飯を食べながら、ふたりでゆっくりお話しする時間なんて全然なかったです。彼の希望で、先に、帰宅してきた私の方から、お風呂と食事を済ませて、休んでいました。二人とも、働きすぎ?と、こ [続きを読む]
  • 「えっー、こんなに早く行くの?」
  • 今日から、彼は2学期。といっても彼の学校は2学期制で、前期と後期になっているので、正式には2学期ではなくて前期の途中なんだそうだけど、とにかく、夏休み明けの初日という節目の日です。気合は十分のようでした。顔つきが全然違うのです。夜のときの甘えん坊の彼は、どこへ行ったのだろうと、不思議にさえ思います。てなわけで、昨夜も遅くまで学級通信とかいうのを書いていて、私が先に休むことにしました。その後も、私に [続きを読む]
  • 留守番をしてくれていた彼へのご褒美
  • 疲れていても、早起きの私。朝が大好きなんです。習慣ってすごいですよね。どんなに疲れていても、どんなに遅くに寝ても、いつもの時間には起きてしまうのです。ところで・・・昨日、帰ってきました。お蔭さまで、無事に帰ってこれました。新幹線だから、乗っちゃえばあっという間だったけれど、移動距離が長いというのは、やっぱり疲れるものですね。私、大阪と名古屋で、しっかり営業してきましたよ。今回は、若い子も経験をつん [続きを読む]
  • 彼、失神?!「もうやってあげないから!!」
  • 私、今日から出張に行くことになりました。3日間です。同じ部署のひとが体調を崩していて、またピンチヒッターになりました。こういうときにすぐに私がその代役をすることになるのです。でも、来るものは拒まないのが私の信念なので、喜んで行かせてもらうことにしました。場所は、それほど遠くはないのですが、2泊してきます。ノートPCは持っていかないし、同僚も一緒なので、ブログはお休みします。というわけで、それを昨晩 [続きを読む]
  • 人としてのバランスかも?
  • お天気には、絶対に文句はいえないけれど、この暑さには、うんざりぎみの私です。本当に厳しいですよね。体力には、自信のある私でさえ、少々疲れ気味だもの。今朝は、体が重いし。目覚めも良くないし。毎晩、彼のペースに合わせてきたから?ひとのせいにはできませんよね。ずべて自分の責任なんだから。ところで、彼は、この前の水風呂から、これが気に入ったみたいです。昨日も水風呂にして、ひとりで入っていました。私は、水風 [続きを読む]
  • 朝から、水のお風呂で
  • 昨日は、日曜日。当然彼は、朝寝坊すると思っていたら、びっくりです。6時には、起きてきて、私がパソコンに向かっていた書斎にしているお部屋に入ってくるのですもの。私、だから、昨日はブログ書けませんでした。入ってくると、彼は、「公園まで散歩しませんか?」なんていうのです。彼によると、前々から早朝の散歩っていうのをやってみたかったんですって。しかも夫婦でやってみたいのだと。でも昨日も朝から猛暑が予想されて [続きを読む]
  • ジムで走る私の後ろ姿を見ていた彼が
  • 一昨日、帰りが遅くなった分、昨日は定刻で退勤しました。駅が近づいたころ、電車の中から彼にメールをしてみると、「ジムへ行ってます」、という返信。それなら、私もと思って、帰宅するとすぐに準備をして、彼を追いかけるようにしてジムへ出かけました。私がジムへ行くと、出入り口の方から見ると、彼は背中を向けて、トレッドミルにのって、けっこうゆっくりのスピードで走っていました。更衣ルームで急いで着替えてきた私。彼 [続きを読む]
  • 早く帰りたかったのに・・・
  • 昨日は、彼のためにも、早く帰りたかったのに・・・。むしろ、普段よりも帰宅が遅くなってしまいました。私が帰宅できたのは、午後11時近くになってからでした。どうしても仕事が抜けられず。妻、彼のために美味しい夕飯を作ってあげたかったのに。ほんとに、悔やまれます。でも、事前に彼にはメールしておいたためか、彼は全然気にしてないみたいにしてくれたあとがありました。彼はうちに帰ってくるときに、駅前の吉野家さんで [続きを読む]
  • 「明日、帰ります」と彼から
  • 昨夜、彼から、「明日、帰ります」と連絡がありました。休暇はあと少し残っていたのですが、次の台風が接近しているからだそうです。なので、昨日は、ずっと復旧作業というよりも、次の台風への備えての作業だったそうです。それで、台風で作業は中断するしかないので、もう帰ることにしたそうです。4日間も大変だっただろうな、と思います。早ければ、今日のお昼過ぎには、東京に着くとか。それで、今日は私もできるだけ早く帰宅 [続きを読む]
  • 『早く帰ってきて!』という気持ちとは裏腹に
  • よく眠れないで、いつもよりずっと早起きしてしまった私です。正直、寂しいんです。寂しくて寂しくて、仕方ありません。一人の夜が、こんなに辛いなんて・・・それを、今、実感してます。彼がいたから、寝化粧をしたり、夜のおしゃれもしたりしてたことに、今、気づきました。彼がいないと、そんなことは、まったくする気なし。もう、色気も何もあったものではありません。独りの時に着ていたオバサンみたいなブカブカのパジャマを [続きを読む]
  • やっぱり寂しい・・・夜
  • 昨日、帰宅途中にペットショップに寄りました。なぜか寄ってみたくなって、自然に足が向いたのです。そこでみたチワワやトイ・プードルなどの犬の可愛さって言ったらありゃしない。でも、今は犬は買える状況じゃないし、結局見てるだけなんだけど、癒されました。もう30半ばになる私だけど、子どもがいないというのは、無意識のうちにもコンプレックスになっているのかな、と思ったり。その隣の金魚とかのコーナーへ行ってみまし [続きを読む]